色選び大へん!

テーマ:

寒くなりましたね!体調はいかがですか?


では前回のお約束通り早速エクステリアと色の関係を・・・!


色の決定は出来れば部屋の中より現場にて行なうのがいいですよ。但し日中の


直射日光の当る所でなく、色の判別しやすい所で決定する方が良いですね!


又、影の所で見ますと日陰の影響を受けて又これも


色の判断に問題がでます。少しくもっているほうが良いみたいです。


このように色決めには気をつけて下さい。(日射や日陰によって明度差や彩度差に影響を及ぼす為です。)


建物の外壁の色とエクステリア商品の色の比較は得に


現地にて比べて見ることをおすすめします。


この前に、ブログ記載しました様に建物と


エクステリアの素材関係はもちろんの事ですが


互いに影響しあう事ですので色について十分に検討してみてください。


(色についてのアデバイス、必要ですネ!)


次回は色と関係の深い素材について少し書いて見ます。


AD

イメージUPを!

テーマ:

前回はガーデニングと色の関係を少し述べてみました。


今回は門・塀などの外構工事やエクステリアプランにおいての


色と関係を少し記載したいと思います。


基本的には主となる建物の壁の色や窓やドアなどの


色・そして瓦の色など、背景又は中心となる物の色と


エクステイア素材とその色の関わりを考える事が大切です。


よって建物の計画時点で外構工事も含めたイメージを


創ることが必須ですネ!


イメージ出来ない場合は色や素材について全体イメージからアドバイスのできる


アドバイザーの方に相談出きれば良いですネ・・・・!


廻りにその様な方がいない場合,当方創園舎までお問合わせ下さい。


(宣伝!宣伝!)


次回は色とエクステリアの関係をもう少し詳しく述べて見たいと思います。


AD

色の組合せを!

テーマ:

ガーデニングに入っている色は基本的なベースである


背景の色はグリーンを意識しますネ。


緑は一般の持つ色相での暖色~寒色の


基準で行くとその中間位置しますが


更に青に近づくと寒色となります。


気分を落ち着かせるなら赤・顆・黄などの暖色系でなく


寒色に近いほうが良いと思われます。


しかし青の多いと気分がなんとなくブルーになりますネ!


よって緑の中に暖色系の花ものをあしれうことによって


その花がよりカワイク感じたり、暖かく感じるのです。


にぎやかにするには明るい暖色系の花を増やすと


気分は楽しくより明るい気分となって気持を高揚させます。

白や青などの花が多くなると静的で現知的な色として現れ、


それも又別な庭空間として面白いですね。


よって“お庭で自分の気分を何処に置くか”と言う様に


気分に合わせた空間創りも考えて見て下さい。


ガーデニングは色も大切です。


(花の色も・・・葉の色もですヨ!)



AD

個性がでますよね

テーマ:

何気なく見過ごしている“色”について少し今回は


お話をしたいと思います。


色には皆さん良く知っていると思いますが


暖色と寒色、突出色と後退色、膨張色と収縮色、重たい色と軽色等々


色彩が心理に及ぼす効果が多くさんあります。色彩によって


なごやかな気分になったり緊張したり・遠近を感じたり・


服の色によって太って見えたり痩せて見えたり・


明るい気分になったり暗い気分になったり。


この様な気分をいつの間にか目から入った色が、


今の心理に影響を与え、気づかない内に今の気分


の自分が存在するのです。


ではガーデニングについて色はどの様な役割を果しているのか


次に少し考えて見ましょう・・・・・。


続きは次回に記載してみます。(私個人の意見と判断だすけどネ・・!)