設計図が明暗を分ける!

テーマ:

多くの人には『行動パターン』というものが存在します。

これを予想しているかどうかが、営業の成約確率に大きく影響します。



ただ、ひたすらやればいいという訳ではない

というより、そんなことをしてたら、体がいくつあっても足りません。



予想しながらやればいいの?

それも違います。

器用な人は出来るのかもしれませんが、通常の人は一度で2つのことは出来ません



では、どうすればいいのか?



まずは、考えることです

家を建てる時もそうですが、まずは設計図を書かないことには家は建ちません。


予算や規模などに合わせた、設計図を描き、期限を決める。

そうしたら、それに当てはめて、日々のするべきことを決定する。



そうしたら、後はひたすら日々のやることをこなすのみ。

余計なことは考えず、ひたすらこなし続けるのです



そして、1日を終えたら、「今日の自分(の結果)」を振り返り、検証する。

目標に達していなければ、あらかじめ用意されている「空白の時間」でそれを補うための設計図を描く。


そして・・・



と、こんな感じです。




って、多くの方が「そんなの当たり前じゃん!」「ただの、PDCAサイクルじゃん!」って思うことでしょう。


ただ、それを頭で分かっていても実行しているかどうか、継続してできているかどうかが重要なのです。




こうやって僕もブログにすることで、自分に言い聞かせています。




ペタしてね

AD