ランチを終えて、ホテル出発までしばらく時間があるので、周辺でお土産を物色しようと思いまして。

周辺散策です。




599






ホテル内は、綺麗な花壇がいくつもありまして。

センスがいいなーと思いました。

571



敷地内にミニバスも走ってます。


568




572




スパです。


575

580

586





ホテル内のお土産ショップ。

588

600





ホテル周辺の小さな町です。

ホテルが閉まると、お店も閉まるようです。

607

612



現地の押しボタン式信号機。


624

627

609



こぶ。

これが名産?らしい。

636




なぜか、半額の店が多かったです。

シーズンオフでもあるけど、そうでもないらしいし。


637




テンションのあがる、アウトドアショップ!!!

250



お土産そっちのけで、買っちまった・・・







251

252




隣のホテルにて。

こっちのホテルのほうが雰囲気はよかったような。







これが、うちらの泊まったプリンセスロッジです。




630

400

639

645




ホテル内のカフェで注文しているシノコ。

255





AD

デナリ国立公園から、再びプリンセスロッジへ戻りまして。

ランチです。

レストランは、おなじみ、キングサーモン。


593

597

594

サンドイッチでした。



395

243

244

246

ボリュームたっぷり。



245

249

なによりでかかったのは、このアイス。

自分にとっては幸せ~だったのですが、同行者のご年配さんたちは、ほとんど残してました。

なはは。


AD

デナリ国立公園から、再びプリンセスロッジへ戻りまして。


ランチです。



レストランは、おなじみ、キングサーモン。


593

597

594



サンドイッチでした。



395

243

244

246



ボリュームたっぷり。




245

249



なによりでかかったのは、このアイス。

自分にとっては幸せ~だったのですが、同行者のご年配さんたちは、ほとんど残してました。

なはは。




いよいよ、デナリ国立公園へ出発です。

早朝発なのですが、バスがお迎えに来てくれます。








ランチバスケット?モーニングバスケットです。


235


中身↓

360

361




ガイドさんの挨拶(動画)



デナリは、この日が初雪でした。

あいにくの天気。

481



国立公園のゲートにて、レンジャーさんが登場。

挨拶をしてくれました。


動画↓






487

491




途中でティータイム。

カップとホットチョコの粉が配られました。

236

このカップが気に入ったので、使わずにお持ち帰り。







雷鳥の群れがいました。
366







443

450




途中休憩。

今日は、スペシャルデーということで、普段は入場が制限される自家用車(但し、地元の人だけ)についても、抽選で当たった人のみ入場できるとのこと。

なので、たくさんの車が来ていました。

474

449

459




お茶を飲むお湯をいただいているところ。

こんなところに蛇口があります。


498

502







505

514

516







オオカミの群れが出没しました!!

534

387


動画↓






542

546

549




トイレ
240

デナリの街にあるホテルです。

ロッジといいますが、かなり綺麗な施設です。

ホテルです。

ログハウス風の外観ですが、立派なホテルです。

スパもありました。


ちょうど、今シーズンの営業は、今日で最後だそうで。

なかなか貴重なときに宿泊することになりました。



216

217

223

430

438


440

441

222

224

225

226


これ、ステーキではありません。

ローストビーフだそうです。

日本人客にはステーキは食べきれないからといって、旅行会社のほうでローストビーフに変更してくれたそうなのですが・・・

これで!?

ステーキってどんだけ!!?



227

228


このケーキもすごい。



ボートに乗っているときに、乗客の一人が、指差しました。

ガイドさんも気が付いて、ボートを止めると。


あの、白頭鷲がいました。



高いところにとまっていたけど、カメラの望遠でなんとか撮影成功!!

なかなかラッキーです。


もっと間近で、でかさを実感したかったのでありますが。




269

287

290

293

294

295

296

297

298

299

300

301


303

306

308

309

311

316

331








023




ボートからいったん上陸しました。



030



そこには、昔の暮らしぶりがわかる生活の跡がありました。

ガイドさんが、それぞれどのように使っていたのかを説明してくれました。




033

毛皮などを干す、物干しのようなもの。




031

036

作業場、というか、テントのような。





040

ビーバー用の罠。

支えてある枝をかじると、大きな枝が頭の上に落ちてくるという仕組み。

そんなにかんたんにひっかかるのか?




044

047

051

061

064

067


090


099


昔は毛皮が大事な資金源だったそうで。

ガイドさんも、その加工には携わっていたそうです。





071


ダッチオーブン。





ベースとなる小屋です。

ガイドさんが作ったそうです。

ほんの数日でくみ上げてしまうそうです。



083



102

105

107

113








再びボートへ。

152

169

189

215

232

238

241

リバークルーズの前にランチをということで、植村直己氏ゆかりのモーテル&レストランへ到着。


ですが、予定より早く着いてしまったので、近くで時間調整となりました。





235

236

238

837

239




トナカイさんです。

799

802

804

805

225



227

809

816

817

843

844





キャンプ場がありました。

行きたい・・・・

854

855




紅葉

865

267







こちらのハンギング、レジ袋のようなものを使っていて、アイディアだなぁと。

しかも、かっこ悪くない。

869






アラスカ鉄道が来ました。

878



881

882

887

890

891

909

919







さて、時間となったので、ランチです。

199

200

201

202

203


206

207




植村さんの写真が飾ってあります。

このお店を最後にして、帰らぬ人になったそうです。

208

209

210

212

213

847

853

856