スズキのCMを契約破棄された松浦亜弥の逆境


 こういうのを弱り目に祟(たた)り目というのか。松浦亜弥(20)がバイクのCMを降ろされたという。

 松浦が出演していたのはスズキのバイク「レッツ4」「アドレスV50」のCM。04年10月に発売されたレッツ4のCMからキャラクターに起用された。

 異変が起きたのは最近のことで、このCMについてある“騒動”が持ち上がった。「週刊アサヒ芸能」(10月12日号)が、松浦が原付免許の筆記試験に17回も落ちたことを報じたのだ。このことと“降板劇”は関係がありそうなのだ。ベテラン芸能記者によると、「CM自体は私有地でスクーターをクレーンで引っ張って撮影しているので、法律的な問題はない。でもスズキ側は“バイクのキャラになる以上、きちんと免許を取って欲しい”と切望してました」という。

 ところが免許は取れなかったようだ。

「スズキは辛抱強く松浦の合格を待っていたが、ついにしびれを切らして9月末にCM契約を破棄したそうです。契約金は4000万円以上と聞いています」(前出の記者)

 スズキ広報部に問い合わせたところ「契約には守秘義務があるので破棄したかどうかはお答えできません」、松浦の所属事務所も「お答えできません」という。

 最近の松浦はピンチ続きだ。主演映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」は苦戦中だし、先日は顎関節症でコンサートをドタキャンした。そこにCM契約の破棄と続き、まさに“三重苦”。

 ファンは一日も早くこの逆境をはね返してあややパワーを見せつけて欲しいと思っているのだが。

【2006年10月16日掲載】

2006年10月19日10時00分


http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2596757/detail


AD

雛形あきこさん コスプレに興味津々?<10/9 22:53>

 女優・雛形あきこさん(28)が、警視庁渋谷署から一日署長に任命され、東京・渋谷区ハチ公前で9日、交通安全キャンペーンに出席した。

 19歳で免許を取ってから、9年間無事故無違反の“ゴールド免許”という雛形さん。問題となっている飲酒運転に触れ、「お酒を飲むときは、お酒を飲むとわかっているのだから、車で行かなければいい。家族や第三者に運転をお願いすればいいのでは」と、飲酒運転撲滅を呼びかけた。

 警察の制服で登場した雛形さんは「ドラマやイベントで着たこともあるが、警察の制服は身が引き締まります」と話した。報道陣から「ほかに着てみたい制服は?」と聞かれると、「似合うと言ってくれるなら何でも着てみたい」とコスプレに意欲を見せた。

 また、03年にCMディレクターと離婚し、6歳の長女のシングルマザーとなった雛形さんに、報道陣から「助手席に乗る予定は?」「新しい運転手は?」と相次いで質問が飛んだが、「ありません」「いません」とキッパリ答えた。


http://www.news24.jp/68687.html



AD

吉村涼「飲酒したらタクシー使って」

 女優・吉村涼(28)が24日、東京・品川警察署の1日署長を務め、北品川で行われた「品川宿場まつり」で交通安全パレードに参加した。制服姿でオープンカーに乗車した吉村は、人生初の体験に「学生の制服と違ってビシッと背中が伸びますが、月1ぐらいで着たいですね。気分が変わりますから」と笑みを見せた。飲酒運転事故が多発する最近の現状については、「タクシーで帰った方がいっぱい飲めますし、気分的にも楽になると思います」と訴えていた。
(デイリースポーツ) - 9月25日11時14分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060925-00000006-dal-ent


AD

保田圭さんが一日署長

テーマ:

飲んだら運転しないでネ


保田圭さんが一日署長



 秋の全国交通安全運動のイベント「マナーアップ埼玉2006」(県警、県交通安全協会など主催)が23日、さいたま市中央区本町西のイオン与野ショッピングセンターであり、元「モーニング娘。」のメンバーで現在はソロで活躍する保田圭さんが一日署長を務めた。

 浦和西署の米山泰正署長から一日署長に任命された保田さんは「お酒はおいしいから大好きです。でも、悲しい事故を起こさないよう皆さんも飲んだら運転しないか、代行を頼んでください」と呼び掛けた。

 保田さんは「車はほとんど運転しないので、自転車や徒歩が多い。日ごろから事故に巻き込まれないように気を付けてます」とも話し、交通安全クイズや手品ショーにも参加して家族連れやファンらを楽しませた。 (山口哲人)


http://www.tokyo-np.co.jp/00/stm/20060924/lcl_____stm_____002.shtml





川村ひかる「飲むなら乗るな」


 タレントの川村ひかる(26)と歌手のmica(23)が23日、警視庁高輪署の一日署長、副署長を務め、JR品川駅前で行われた交通安全フェアに参加した。

 クラシックのオープンカーでパレードした川村は、最近多発している飲酒運転報道に「自分でも運転するので、飲むなら乗るな、乗るなら飲むなを徹底します」と気を引き締めた。またmicaは小島くるみ(21)とともにJR渋谷駅前で行われた交通安全キャンペーンにも参加。「ひとりひとりが協力し合ってなくしてほしい」と飲酒運転しないように呼びかけた。

(2006年9月24日06時04分 スポーツ報知)


http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060924-OHT1T00074.htm




飲酒運転は絶対ダメ!相川梨絵が千住署で1日警察署長


相川梨絵

6月に共同テレビを退社したフリーアナウンサー、相川梨絵(29)=写真=が17日、警視庁千住署の1日警察署長に就任し、JR北千住駅前で行われた「交通安全のつどい」に参加。「飲酒運転は絶対にダメ」と訴えた。1日署長は初体験で、「制服は高校以来なので緊張しました。今後はいろいろなことに挑戦していきたい」と意気込みを語った。





http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006091811.html


http://www.centforce.com/profile/t_profile/aikawa.html


交通フェアで飲酒運転撲滅訴え “双子警官”息ぴったり


 飲酒運転による事故が大きな社会問題となるなか、内閣府などが主催する「交通安全フェア」が16日、東京都文京区の東京ドームシティ・プリズムホールで開幕した。入場は無料で、17日も開催される。

 一日交通安全大使には、NHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」出演で一躍人気となった双子の女優、三倉茉奈さん(20)、佳奈さん(同)が任命され、女性警察官の制服姿で、「ちょっとくらいいいかという思いなのかもしれませんが、飲んだら運転しないようにしてほしい」と訴えた。

 今年で30回目の節目を迎えたことから、交通安全活動の歴史を振り返る展示コーナーが設けられたほか、交通安全教室など各種イベントが開催された。

 警察庁によると、飲酒運転事故件数は2000年の2万6280件をピークに、04年は1万5178件まで減少した。ただ、今年8月に福岡県で幼い子供3人が犠牲になるなど、悲惨な事故が相次いでいる。警視庁は15日夜から16日未明にかけ飲酒運転の一斉取り締まりを実施。21日からスタートする秋の交通安全運動でもさらに取り締まりを強化していく方針だ。

 また、自動車メーカーが飲酒を感知するとエンジンがかからないようにする技術の開発に乗り出すなど、民間サイドの取り組みも活発化している。
(フジサンケイ ビジネスアイ) - 9月17日8時32分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060917-00000000-fsi-bus_all



マナカナ、恐縮しました…一日交通安全大使


 双子タレントの三倉茉奈、佳奈(いずれも20)が16日、東京ドームシティで行われた「第30回交通安全フェア」で一日交通安全大使を務めた。

 女性警察官の制服姿で任命状を受け取った2人は「気持ちが引き締まる」(茉奈)「背筋が伸びます」(佳奈)と恐縮しきり。介助犬や救急処置のデモンストレーション、時速6キロの衝撃を体験。「飲むなら乗るな。乗るなら飲むな!」と声をそろえて飲酒運転撲滅も訴えるなど、精力的に動いていた。

(2006年9月17日06時03分 スポーツ報知)


http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060917-OHT1T00060.htm


大石恵が5年半ぶりにニュースキャスターとして本格復帰!


大石恵


タレント、大石恵(33)=写真=が日本テレビ系新報道番組「NEWS ZERO」(10月2日スタート、月~木曜後10・54、金曜後11・30)の金曜担当キャスターとして5年半ぶりに本格仕事復帰することが3日、分かった。

大石は平成12年12月に人気ロックバンド「ラルク アン シエル」のボーカル、hydeと入籍。結婚後は活動を休止し、15年12月に第1子出産後も雑誌などの仕事はこなしながらも、事実上子育てに専念していた。

同局の山田克也チーフプロデューサーは「子育てを経験し、母として妻として語ってくれる新しい大石さんに期待している」と起用理由を説明。

本格復帰を前に、大石は「早く10月にならないかと楽しみな半面、5年半ぶりのお仕事なのでとても緊張しています」と本音をチラリ。とはいえ東京女学館短大卒業後、初仕事がテレビ朝日系「ニュースステーション」だっただけに、「報道の現場には愛着があって、仕事に戻るなら報道へと希望していました」と気合十分で、「1児の母として、ものを見る目が変わりました。原点に返って、新しい気持ちで頑張ります」と決意を新たにしている。

メーンキャスターは元大蔵官僚の村尾信尚氏(50)、月~木曜キャスターは小林麻央(24)が務める。


http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006090404.html



渋谷で「アイドル万博」-ブース開設・プライベート撮影も



 レンタルオフィス事業を手掛けるティーズグループ(渋谷区渋谷2、TEL 03-3797-1806)は8月13日~15日の3日間、同社が運営するレンタルスペースを会場に「アイドル万博」を開催する。

 同社は現在、渋谷・宮益坂周辺に「ティーズビジネスタワー」(渋谷区渋谷2)など3施設を開設しており、各施設の貸しスペースはオフィスや会議室、イベント会場などに利用されている。

 今回企画された「アイドル万博」は、施設の稼働率アップを目的にネットなどで活躍するアイドルやプロダクションにレンタルスペースを無料開放するもの。イベント当日は、3施設に設けられた各会場に6~10人のアイドルが集まり、それぞれがブースを開設。写真撮影やゲーム、トークなどの有料サービスをチケット制(500円~4,000円)で提供し、売り上げの50%をティーズグループとシェアする。参加アイドルについては現在調整中で、決定後はアイドル自らがホームページやブログで会場を呼び掛けるという。イベントは、各日10時~13時、14時~17時、18時~21時の3部構成。

 ティーズグループの福澤さんは、「(アイドルやプロダクションにとっては)賃料が高く、こうしたイベントを思うように開催できないのが現状。そうしたユーザーの需要は大きい」と話している。


http://www.shibukei.com/headline/3522/index.html

http://www.tsgroup.jp/idol/index.html

岡本綾の女優生命は?

テーマ:

獅童の車同乗余波、岡本綾CMから削除


 女優岡本綾(23)がキャラクターを務める製薬会社のホームページのCM欄から写真が28日までに削除された。歌舞伎俳優の中村獅童(33)が酒気帯び運転と信号無視で摘発された際、同乗していたことが発覚。獅童の飲酒を知らずに乗っていたとしているが、トラブルに巻き込まれたためPR活動を自粛したようだ。同社は「この件についてはコメントを差し控えたい」としている。

[2006年7月29日6時29分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20060729-67582.html







獅童の車同乗余波、岡本綾のCM写真削除


 女優岡本綾(23)がキャラクターを務める製薬会社のホームページの

CM欄から写真が28日までに削除された。歌舞伎俳優の中村獅童(33)が酒気帯び運転と信号無視で摘発された際、同乗していたことが発覚。獅童の飲酒を知らずに乗っていたとしているが、トラブルに巻き込まれたためPR活動を自粛したようだ。同社は「この件についてはコメントを差し控えたい」としている。
(日刊スポーツ) - 7月29日9時58分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060729-00000028-nks-ent








岡本綾の女優生命は? (ゲンダイネット)


 今回のスキャンダルは女優生命に大きく響く。

 7月12日早朝、信号無視と飲酒運転で警察に捕まった中村獅童(33)の車に同乗していた岡本綾(23)である。

 当初、獅童は会見で、同乗していたのは「一般の女性」だと強調した。これは大ウソで、一緒にいたのは、かつて交際がウワサされた岡本と判明した。

 事件当夜、2人はバーで会食。そこに知人が合流して、最終的に6~7人になった。店を出た獅童が岡本を送っていく途中で検挙され、岡本も事情聴取を受けたというのが真相。発売中の「女性自身」が報じている。泥酔した岡本は、聴取を受けて泣きじゃくっていたという。

 岡本と獅童は、04年5月にも、東京ディズニーシーでのデートを女性誌に報じられた仲だ。獅童が女優の竹内結子(26)と“できちゃった婚”したのが05年6月だから、岡本とは結婚前からの付き合いということになる。
[PR]

「彼女が同乗の事実を隠したのはマズかったですね。“まだ関係が続いているから隠した”と勘繰られても仕方ない。こうなると竹内がいつ離婚を切り出してもおかしくありません」(芸能リポーターの川内朋子氏)

 日刊ゲンダイ本紙はこの件を事前にキャッチし、報道される前日に事務所に確認している。しかし、岡本の所属事務所は「担当者に伝える」と答えただけで、音沙汰なし。後になって、テレビの取材に「報道された通り把握しております」と認めた。発覚すれば大変なことになるのがわかっていたのだろう。

 ちなみに、竹内と岡本には、不思議と共通点が多い。

 まず、NHKの朝ドラ。99年10月から半年間放映された「あすか」のヒロインが竹内で、翌年10月にスタートした「オードリー」が岡本だ。

 また、岡本はJAバンクのイメージキャラクターを02年に竹内から引き継いでいる。

 極め付きはホラー映画の「リング」。劇場版の「リング」(98年)で竹内が演じた大石智子の役を、テレビ版の「リング~最終章~」(99年)では岡本が演じた。

 なんとも因縁めいた話だが、岡本が常に竹内の“後追い”なのが気にかかる。獅童と別れなかったのは、常に竹内の2番手に甘んじてきた岡本の反撃だったのか。

「清純派で売ってきただけに、今回の一件での岡本のダメージは大きい。現在キャラクターを務めているのが東京メトロやJAバンクといった“堅い”企業だから、即降板もあり得ます。これで獅童が離婚したら、岡本は完全に悪者ですね」(川内氏=前出)

 岡本はこのところドラマで味のある脇役を演じ、それなりの評価を得ていた。今秋には主演映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の公開を控えている。そんな順調な女優業にブレーキだ。

【2006年7月26日掲載記事】

[ 2006年7月29日10時00分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/takeuchi/story/29gendainet07020521/