夏休みキャンプ2012

テーマ:

夏休みの旅行として、キャンプへ行ってきました。

静岡県の朝霧高原の付近です。

息子に、カブトムシ採りをさせたかったので、選んだのは西富士オートキャンプ場
です。
カブト山といって、カブトムシ採りのために用意されたエリアが有るとのこと。
楽しみに向かいました。



が、雨。

二日間とも雨でした。

周辺観光も何もできず。
雨では、山の中に入ってもカブトムシは現れず。
何の収穫もなしでした。

バンガローの中でうだうだしているだけ。
チェックアウトして、早々に帰宅しちゃいました。
なんだか消化不良です。


今回泊まったのは、西富士オートキャンプ場。
バンガローが安いです。4人向け、エアコン、冷蔵庫付き6000円でした。古い感じはするものの、乳幼児がいるとエアコンはありがたいです。でも、エアコンはつかいませんでしたけどね。涼しかったから。








まだ夏休み初めということで、宿泊者は5組のみ。
とっても静かでした。

場内はけっこう広くて、うっそうとしているところもあって、探検気分で散歩するにもよかったです。子供には。
ただ、雨の関係で、河原への立ち入り制限がかかっていて、行けませんでした。
普段は、子供の遊べる綺麗な河原だそうです。残念。






お風呂は、家族風呂の貸し切り形式です。30分ごとに予約を入れて、ささっと入る感じです。夜中じゅう空いているのですが、家族で夜中に入ることは難しいですね。平等にチャンスが有るように、1家族1回のみ入浴可能。
2m四方くらいの湯船でした。ちょっと熱いくらいの、よく暖まるお湯。温泉ではないのですが、ラジウムの石を沈めてあって、体にいいそうです。

特筆すべきは、お水です。あの、バナジウム水だそうです。バナジウム効果はわかりませんが、味は甘い感じのするおいしい水です。持ち帰り自由とのことでしたので、たっぷりとタンクに入れて持ってかえってきました。



西富士オートキャンプ場
http://www.nishifuji.com/

AD

バーベキュー中止

テーマ:
明日は、バーベキューの予定だったけど、息子が熱を出してしまい。 赤い顔してます。 明日は、みんなで家でおとなしく過ごすことに。 残念です。 日曜は、夫婦ともに仕事。 残念です。 子供たちを、職場に連れて行くことにします。 荒業ですが。 誰も預かってくれないので。
AD

新しいダッチオーブンを買いました。


厳密に言うと、新品だけど新品でない。

B級品です。


幕張のアウトレットにあるA&Fのお店にて。







いつもチェックを入れているのですが、「蓋にガタあり」などの、買うにはリスキーなものが多かったのですが、今回は、8インチというほしかったサイズ、それに、「錆び・汚れあり」という気にならない内容だったので。





アウトレットを1周回ってからA&Fに戻り、購入!!









どうせね、錆なんていずれ出るし、シーズニングで落とせるし。


ロッジのキャンプオーブン。

5000円でした。




ほんとは、8インチでキッチンダッチがあるといいなーと思っています。

ロッジ製では出ていない。

と思う。知る限り。




さーて、いつデビューになるかな。


ゲンダイネット


結構広い!どこまで使えるか 軽キャンカー

660ccの軽トラを改造


 わが国のキャンピングカーの保有台数は約26万台と10年前よりも約3倍に増えた。特に近ごろは、排気量660ccの軽トラックをベースにした「軽キャンカー」が人気を呼んでいる。小型化が得意な、いかにも日本らしい商品だが、価格は安めで、小回りが利いて装備もちゃんとしている。


●ユーザーの会ができた
 この6月に「軽キャンカー」のユーザーを中心にした「660cc(ろくろくまるキャンパーズ・クラブ)」が結成された。メンバーは「軽キャンカー」ユーザーのほかに軽自動車でキャンピングを楽しんでいる人たち。家族会員を含め40人弱からなる。「軽キャンカー」の楽しさをブログで伝えている愛知県一宮市在住の本多徹氏(47歳)が呼び掛けた。代表の本多氏や10人弱のメンバーが乗っている「軽キャンカー」は商品名「ラ・クーン」で、「オートショップアズマ」(埼玉県越谷市)が4年前から製造販売している。


●価格は250万円から
 この車は、簡単に言えばマツダの新車軽トラ「スクラム」とスズキの新古車で同じく軽トラ「キャリイ」の荷台に“居住部分”となるFRP製「シェル」を乗せている。室内はテーブルを挟み対面対座するスタイルと、ベンチシートスタイル(テーブル付き)があり、どちらかを選ぶ。いずれも大人2人が楽に寝られるベッドにチェンジできる。小さなキッチンと後ろの上部と両サイドの上部に扉付き収納庫を装備。運転席の天井スペースには小学生なら2人寝られる。価格は250万~300万円で、新古車ベースなら20万円ほど安い。
 1年半前に新車ベースのものを購入した本多氏はこう言う。
「私は、この車を往復1時間弱の通勤や買い物、趣味のキャンプや旅行、スキー場の往復にも使っています。3、4泊程度なら大丈夫。キャンピングカー展示会で車を見て気に入りました。排気量3リットル弱クラスのキャンピングカーでも価格は400万円台。とても手が出せないと購入を諦めていたとき、『軽キャンカー』に出合ったわけです」


●TVや冷蔵庫もあるゾ
 メンバーの佐伯昌二氏(50歳)は「車はもっぱら海釣りで使います。室内には自分で小型のテレビや冷蔵庫なども設置しました」という。
 車の弱点もある。登坂時はスピードがダウンするし、高速道路で大型トラックとすれ違う際に風圧で横揺れが起きやすい。横風にも弱い。


●普通特殊車両扱いだが…
 また排気量は軽自動車だが、高さ、幅、長さが軽の枠を超えているので、車は普通特殊車両(8ナンバー)の登録となる。自動車税は年間2万3600円、重量税は2年間で2万5200円、強制加入の自賠責保険(25カ月)は3万7660円と、軽自動車よりも高い。
 それでもメーカーに注文してから納車されるまで約3カ月待たされるとか。
 キャンプや釣り、旅行などが好きな中高年には「軽キャンカー」は魅力ではないだろうか。


http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=17105

今日から野反湖

テーマ:

昼出発で、群馬県の六合村・野反湖を目指します。



野反湖は2回目。

ノゾリキスゲで有名な、花の湖です。


マイナーなので、あまり知られていませんが、それゆえに、ひっそりとしていて好きです。



宿泊は、もちろん「野反湖キャンプ場」

http://www.vill.kuni.gunma.jp/nozoriko/index.html


BE-PALの「気持ちのいいキャンプ場」でNo.1を獲得したことのある、知る人ぞ知るキャンプ場です。

確かに、テントサイトは、静かな湖畔のロケーション、あまり手付かずの状態で、自然と一体化した感じでよかったですよ~

しかも、トイレと水場は綺麗なのです。

すばらしい。


但し、リヤカーに荷物を積んで10分以上歩きます。

これがとてもきつい。。。




ということで、今回はバンガローをチョイスしました。

のんびりしようかなと。




しかしね・・・

天気が。

悪いらしい。

雨100%か!?

http://weathernews.jp/pinpoint/cgi/search_result.fcgi?service=11&lat=36.6175688888889&lon=138.599176944444&ameno=42121&name=%c1%f0%c4%c5&pref=42



でも、花は咲き始めたようです。

http://www4.ocn.ne.jp/~nozori/



だいたい、こんなことをしにいきます

「ゆーりの休日」さんのサイトを引用

http://yu-ri.jp/drive/gunma/nozori/nozori.html



六合村

http://www.vill.kuni.gunma.jp/







お近くにお越しの際は、立ち寄ってくださいませ。



【GWキャンプ】裏磐梯へ

テーマ:

GWを利用して、キャンプへ行きます。

でも、そこらのキャンプ場では、もう、予約しない限りは入れません。

というか、予約はいっぱい


そんなギュウギュウのキャンプ場では面白くない。


とすると、かなり遠くへ行くか寂れたところへ行くか


昨年も、同じころにあれこれ検索したのですが、結局、見つからず。
湯西川の安が森キャンプ場へ行きました。

逆に、ガラガラ
風が強く、寒かったですが、天気もよく、新緑の中散歩したりして、それはそれでよかったです。


さて今回。
どーしようかなと考え、今回は3連休を使い、裏磐梯へ行くことを決めました。
いつもお世話になっている、ママキャンプ場に行きましょう!

てなことで、現地へ電話をしてみました。

・・・つながらない。
まだ開けてないのかな?


数日後・・・
つながらない。
あれ?


また数日後・・・
あ、つながった。

おばちゃんが出たので、「ご無沙汰してます~」と挨拶するなり、すぐにご主人と交代して、「どもども」と挨拶を交わしました。
僕のことを覚えてくれて、大変うれしいです。


でもって、連休にキャンプへ行くことを告げると、

『まだ、雪がたくさん残ってるべ。70cmもあるよ』

ということでした。

なんと。

どうしよう。
そんなわけで、メンバーと相談です。


・・・結果。

当然ですが、毎回、異常気象と言われるような環境の下、ママキャンプ場さんにはお世話になってます。
今回も、ゴールデンウィークの雪上キャンプとして、遊びに行きます。


バスフィッシングがどうなんやろ?
わかさぎ釣りしようかな。


会津見て歩きより
http://homer.pro.tok2.com/sub4-2(kitasiobaramura).htm
http://homer.pro.tok2.com/sub4-02(photo1-3mama).htm


※通年営業のこちらも候補でした

桧原西湖畔オートキャンプ場
http://www.hibara-ac.com/