御用始め

テーマ:

そとあそ!ブログ ★ そとぶろ ★






天気はすばらしくいいのですが、気持ちは晴れず。








そとあそ!ブログ ★ そとぶろ ★






今年もまた、一年間仕事をしていかなきゃならないのかと思うと・・・・・





そとあそ!ブログ ★ そとぶろ ★




御用始めの初日から、皇居のお堀端を自転車でチャリチャリ本部へ向かって走ってました。





AD

今日の銭湯

テーマ:

今日は、我が家のガス漏れに関連して、風呂が使用不可。


ということで、銭湯へ行きました。


でも、近くの白鷺湯が定休日。


車で中村橋まで行ってきました。



ニュー銭湯和倉

http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00023707


駐車場があるということだったのですが、ありました。

しかし、少々小さいのでうちの車は、はみ出ました。


風呂は、温泉風の「塩+湯ノ花」風呂があり。

白濁湯でした。温泉ぽいのでよいです。

しかし、塩素くさい。


ジェット風呂の勢いがよかった。


電気風呂というところがあり、いわばEMSのように筋肉がプルプル来る感じ。

ちょっと怖いが、電気マッサージのようで面白い。


サウナもありますが、別料金(500円)です。


比較的空いていて、なかなか良かったです。


久々の銭湯。


明日は白鷺湯の予定です。


081117_2228.jpg

081117_2227.jpg

081117_2151.jpg



AD

本日、参集訓練

テーマ:

でした。



自宅から自転車で勤務先まで行きました。

愛車のMTBにて。


小雨だったけど、朝は快調に走ることができて、

中野区鷺ノ宮から千代田区一ツ橋まで

50分

で到着。


電車通勤の時間と、ほぼ一緒。




今は、足がだるいです。





AD

三洋が史上初のリーグ戦全勝/ラグビー
日刊スポーツ - 10時間前
三洋電機がトップリーグ史上初のリーグ戦全勝を記録した。NECを攻守に圧倒して34-7で撃破。開幕から無傷の13連勝で、上位4チームで争うプレーオフに乗り込む ...
三洋電機が無傷13連勝、プレーオフ4強決定…ラグビー最終節
読売新聞 - 2008年2月9日
ラグビー・トップリーグ(9日)――雪で延期された最終節の残り2試合が行われ、すでに1位を決めていた三洋電機がNECに快勝し、無傷の13連勝を飾った。 ...
堅守と多彩な攻めで全勝=プレーオフへ気持ち引き締める三洋-ラグビー
時事通信 - 2008年2月9日
三洋電機がリーグ戦初の全勝を達成した。宮本監督は「全勝は(3連覇を達成した)東芝でもできなかった。素直にうれしいし、選手を誇りに思う」と、満足そうに話した。 ...
三洋電機、高い守備力で金字塔達成 ラグビー
MSN産経ニュース - 2008年2月9日
快進撃を続けてきた三洋電機が、ついにリーグ初の13戦全勝という金字塔を打ち立てた。「全勝は(3連覇中の)東芝でもできなかった。素直にうれしい」と宮本監督。2 ...
三洋電機、リーグ初の全勝 ラグビートップリーグ最終節
朝日新聞 - 2008年2月9日
ラグビーのトップリーグは9日、雪で順延されていた最終節の残り2試合が秩父宮であり、すでに1位を決めていた三洋電機はNECに快勝。リーグ創設5季目で初の全勝を ...
トップL 三洋電機がリーグ初の全勝
デイリースポーツ - 2008年2月9日
ラグビーのトップリーグ最終節最終日は9日、東京・秩父宮ラグビー場で雪で順延されていた2試合を行い、三洋電機がNECを34-7で下して、開幕から13連勝を果たした ...
三洋電機史上初 リーグ戦全勝V…社会人ラグビー トップリーグ
スポーツ報知 - 14時間前
◆ラグビー トップリーグ最終節最終日(9日、東京・秩父宮ラグビー場) 雪で延期になっていた最終節の2試合が行われ、首位の三洋電機がNECに34―7で快勝し、 ...

宿直明けの今日、やっと今、年賀状の準備してます。

今年もいろいろお世話になりました。




ちょっとばかり早いのですが、飾りました。


でずにーしーで買ってきたものです。


来年は、自分も年男・・・

3周目です。

早いものです。



それにしても年末も早いものです。

時間がなくて、大掃除どころではありません。



年賀状の到着が遅くなりますが、ごめんなさい。


mixiからのお知らせです。モーニング こーしー さんのページ全体のアクセス数が
6000アクセスを超えました。記念すべき6000アクセス目の訪問者は
あに門 さんでした!


以下のURLより あに門 さんのプロフィールを見ることができます。
これをきっかけにアクセスしてみてはいかがですか。
プロフィールを見る→ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8874407



ご訪問ありがとうございましたニコニコ


紅白歌合戦:ダンサーの衣装巡り抗議相次ぐ 番組中に謝罪

 31日夜に放送されたNHK紅白歌合戦で、白組のDJ OZMAの後ろで踊っていた女性ダンサーが着ていた衣装を巡って視聴者から抗議が相次ぎ、アナウンサーが番組中に謝罪した。衣装は、女性の裸がデザインされたボディースーツだったが、視聴者からは「裸ではないか」「子供も見ているのに、ふさわしくない」など、番組終了までに250件を超える抗議がNHKに寄せられた。そのため総合司会の三宅民夫アナが「視聴者のみなさんに誤解を与える結果になり、申し訳ありません」と謝罪した。

毎日新聞 2006年12月31日 23時33分 (最終更新時間 1月1日 0時38分)

年賀状

テーマ:

を、今日になってやっと書きまして。

午後から夜中にかけて書き終えました。

さきほど、郵便局に持っていったところです。



来年分は、結局93枚ほど書きました。

最近は枚数を抑えていたのですが、今回は特別な告知もあるのでちょっと広めてみました。



ああ、今年もあとのこすところ2日間?

部屋の片付けしないと。


のんびりすごしている時間がまったくないです。


元旦はめでたく当直勤務だし。




特定非営利活動法人産学連携推進機構では、技術を資源とした集客事業=秋葉原先端テーマパーク構想を推進しております。このたび、本構想にもとづく技術の普及・啓発イベント「アキバ・ロボット運動会2006」を開催致します。
本イベントは、昨年度“世界初のロボット即売会”で話題となりました「アキバ・ロボット文化祭2005」の展開版として、秋葉原クロスフィールド内「AKIBA_SQUARE」(秋葉原UDXビル2階) を会場に開催致します。
ハイパフォーマンス・ロボットのデモンストレーション、自作ロボットの持込競技、ロボット製作教室など盛りだくさんの内容で、子どもから大人までロボットに触れながら楽しめる参加型のイベントです。


http://www.akibatechnopark.jp/project/robot2006.html







行きたいけど・・・

2006年10月11日(水) 夕刊 1・5面
嘉手納に本体搬入/機動隊、反対派を排除
 米軍の警備要請を受け、県警は十一日早朝、うるま市の米軍天願桟橋前で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)のミサイル本体の嘉手納弾薬庫への搬入を阻止していた市民グループ約五十人を、機動隊員らを動員して強制排除した。輸送船が天願桟橋に接岸してから丸二日間、膠着状態が続いていたが、米軍は同日午前、計二十四基のミサイル本体を輸送船から民間トレーラーに移し、嘉手納弾薬庫へ搬入した。ミサイル防衛(MD)を目的とするPAC3の国内配備は初となる。

 十一日午前六時前、機動隊員らを乗せた県警のバス六台が、市民グループが座り込みを続ける天願桟橋近くに到着。同六時二十分、盾を手にした約百人の機動隊員と約二十人のうるま署員らが市民グループを取り囲んだ。県警はスピーカーで繰り返し退去を呼び掛けた上で、腕を組んで立ち並ぶメンバーらの両脇を抱えるなどして一斉に排除。ゲート前の横断幕やのぼり、テントを次々に撤去した。けが人などは出ていない。

 阻止行動の解除を受け、米軍や日本人作業員を乗せたワゴン車やバス、民間の大型トレーラーが天願桟橋内へ進入。午前九時半、ミサイル本体とみられるコンテナを積載したトレーラー十五台が車列をつくって天願桟橋を出発し、約十五分後に嘉手納弾薬庫に入った。うち九台は二往復し、午後零時八分までに二十四基すべてを搬入した。

 ミサイル本体を積載していた輸送船は十一日午前十一時十分ごろ、天願桟橋を離れた。那覇軍港へ回航し、発射台などを陸揚げするとみられる。同日以降、嘉手納基地への搬入作業が再開される見通し。

 装備品などを積載した第一陣の輸送船は先月二十九日に那覇軍港に入港。今月五日未明まで四日間かけて約三百六十台(コンテナ含む)を嘉手納基地へ搬入した。

 米軍はミサイル本体や装備品などの移転、組み立てを約一カ月間で完了させ、年内に一部運用、年度内に本格運用をスタートする方針。

     ◇     ◇     ◇     

機動隊ごぼう抜き/反対派「何を守るのか」

 【中部】県警は十一日早朝、米軍と那覇防衛施設局の警備要請を受けて機動隊らを出動させ、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)ミサイルの本体荷降ろし阻止に向けて座り込みを続ける沖縄平和運動センターなどのメンバーを強制排除した。施設局は前夜まで「対話継続」を強調し、人数が少なくなったところを見計らったかのような強行突破。ひきずり出される反対派から「だまし討ちだ」「県民でなくミサイルを守るのか」と叫び声が上がった。ミサイル本体を積んだトレーラー十五台は、「爆発物」と書いた看板をつけ、交通量の多い県道に出て、嘉手納弾薬庫に向かった。

 「排除」。午前六時半、短い号令が下った。反対派約五十人に対し、向き合った機動隊員らは二倍以上の百人余り。互いの腕を組んでゲートを封鎖していた反対派を、一人一人両脇を抱えてひきはがしていった。

 大きな抵抗はないが、「やめて」という女性の叫び声が聞こえる。五十枚近いジュラルミンの盾がゲート周辺を固め、報道陣もその輪の中からはじき出した。

 道向かいの米軍施設では、陸海軍の将兵が談笑しながら、フェンス越しに混乱の様子を見守った。米国総領事館のカーメラ・カンロイ副領事は「警察は素晴らしい仕事をした。搬出が成功してとてもうれしい」と語った。施設局の職員十二人も、現場に立ち会った。

 この日も施設局との交渉が続くと考えていた反対派は午前四時半ごろ、「機動隊投入」を伝える朝刊が届くと、色めきたって対応を協議。平和センターの山城博治事務局長が「排除はされても、負けるのは、われわれを欺いてまで歴史的暴挙を働く施設局だ」と提起し、非暴力を貫くことを決めていた。

 三夜連続でゲート前に泊まりこんだ宜野湾市の川上佳子さん(43)は、「警察も施設局も、何を見て何を守ろうとしているのか」と悔しさをあらわに。他の参加者も「PAC3は戦争の火種になる」「最後は結局、権力で市民の声を押しつぶした」と声を震わせた。

 午前九時半前、ミサイル本体を運ぶ民間会社のトレーラーがゲートを出る際には、機動隊が県道の交通を完全に遮断。長い車列は「特別待遇」で嘉手納弾薬庫に向かった。


市民グループが抗議する中、機動隊員らに守られながら米軍天願桟橋を出るミサイル本体を積んだとみられるトレーラー=11日午前9時29分、うるま市




2006年10月11日(水) 夕刊 4面
「だまし討ち」騒然/車列盾に守られ
 米軍の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)のミサイル十五基をコンテナに梱包して積み込んだ民間運送会社のトレーラー十五台は十一日午前九時二十九分、Yナンバーの乗用車を先頭に天願桟橋を出発した。長い車列をつくりながら県道75号を北上し、うるま市具志川後原から国道329号を南下。同四十五分までに同桟橋から最も近い沖縄市池原の嘉手納弾薬庫ゲートに次々と入った。

 民間会社の車両のため、物々しい雰囲気はなく、道行く人もミサイルの運搬とは気付かない様子。ただ、フロントガラスの下には英語で「爆発物」の文字があり、迷彩服を着た米兵が一台に一人ずつ助手席に乗り込み、無線でしきりに連絡を取り合っていた。

 同桟橋に近い北丘自動車学校に来た専門学校生の金城尚さん(19)は、ミサイルの搬送が行われたと知って驚いた。「世界が仲良くしなければならない時代に、なぜこんな兵器が配備されるのか」と憤った。

 沖縄市池原でバスを待っていた七十代女性は「これだけ反対の声があっても、朝から堂々とミサイルが運ばれるのは占領下と変わらない。日米間で沖縄の声は踏みつぶされている」とため息。国道沿いで商店を経営する六十代女性は「北朝鮮の核実験があったので心配だ。ミサイルが使われないことを祈る」と不安そうな表情で話した。

「県民は望まない」
中首長一斉反発

 県警機動隊が反対派を強制排除し、米軍がミサイル本体の嘉手納弾薬庫への搬送を始めたことに中部の関係市町村首長から一斉に反発の声が上がった。

 「パトリオットを載せたまま一刻も早く米国に持ち帰ってほしい」。知念恒男うるま市長は十日に那覇防衛施設局に抗議したばかり。「県民が望まないものを強行に配備するという政府や米軍の気持ちが分からない」とため息交じりに話し、市民団体の排除については「職務上やむを得なかったにしろ、警察の多くも同じ県民であるはずだ」と述べた。

 パトリオットの配備先とされる沖縄市の東門美津子市長は「県内のほとんどの首長が配備に反対している。なぜ沖縄に配備なのか、なぜ県民が反対していることを強制的にするのか、何もかも納得できない」と批判。「政府や米軍が県民の声に耳を傾けていない。市民団体の座り込みを見て、県民の思いをくみ取ってほしい」と述べた。

 嘉手納町の宮城篤実町長は「ミサイル搬入で嘉手納基地の機能強化が始まった。あらためて配備反対の意思を示したい」と語気を強めた。北谷町の野国昌春町長は「県民の大多数が反対する中でなぜ、機動隊を使ってまで強行するのか。配備にずっと反対してきただけに、非常に残念だ」と述べた。


http://www.okinawatimes.co.jp/day/200610111700_02.html




米軍、24発嘉手納搬入 反対派を強制排除
 
 在日米軍再編合意に基づく米陸軍パトリオット・ミサイル(PAC3)の沖縄配備に伴い、米軍は11日午前、PAC3ミサイル24発を天願桟橋(うるま市)に陸揚げし、嘉手納弾薬庫に運び込んだ。配備に反対する沖縄平和運動センター(崎山嗣幸議長)のメンバー50数人がゲート前で搬出阻止を図ったが、県警の機動隊ら約100人が強制排除した。ミサイルを載せていた貨物船は同日午前、那覇軍港に向け出港した。発射台は同軍港で陸揚げされ嘉手納基地に搬送される。PAC3の関連装備がそろったことで、年内の一部運用に向け作業が加速する。 貨物船は9日午前に着岸していたが、市民団体の座り込みでミサイルを搬出できなかった。11日午前、船上からミサイルを積載したコンテナを降ろし、民間輸送車両15台に分乗させ、2往復して嘉手納弾薬庫へ運んだ。一般道では無停車で移動できるように信号を操作、沿道では県警の警官が警護に当たった。
 機動隊に排除された平和運動センターのメンバーは、那覇防衛施設局が10日夜の時点までは協議を続けると話していながら強制的な手法が取られたことに「県民だましだ。ミサイル搬入は許さない」などと強く抗議した。
 施設局職員は、座り込みが提供施設内だとして立ち退きを求めたが反対派は従わなかった。続いてうるま署が「道交法違反」と警告を繰り返したが、これにも従わないため機動隊を投入し強制排除した。
 桟橋に面する米陸軍施設内では、施設局の岡田康弘施設部長や在沖米国総領事館のカーメラ・カンロイ首席領事らが状況を見守った。
 在日米軍基地のPAC3配備は米軍再編で日米が合意。その後、国内で唯一、嘉手納基地と嘉手納弾薬庫地区への配備が発表された。県内で在日米軍再編合意が実行に移されるのは初めて。日米弾道ミサイル防衛協力の一環で、日本政府も航空自衛隊へ順次PAC3配備を計画している。
(琉球新報) - 10月11日16時30分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061011-00000019-ryu-oki






抗議の“壁”動かず にらみ合い続く パトリオットミサイル阻止


 9日午前に接岸した米軍パトリオット・ミサイル本体の搬入作業を阻止しようと、うるま市の米軍施設・天願桟橋ゲート前で8日から座り込みを始めた市民団体メンバーと現場を見守る米兵らとのにらみ合いが10日午前も続いている。
 北朝鮮の地下核実験が報じられる中、座り込むメンバーは「沖縄がミサイル戦争に巻き込まれる」と阻止への決意を一層強くし、那覇防衛施設局職員からの五度の説得にも応じず、現場の緊張感は高まっている。 市民団体メンバー約50人は10日午前7時40分、貨物船に向かって「パトリオットはアメリカに持ち帰れ」などとシュプレヒコールを繰り返した。集会で沖縄平和運動センターの山城博治事務局長は21日に「パトリオット・ミサイル配備反対県民大会」を沖縄市内で開くことを報告、協力を呼び掛けた。
 10日午前11時10分ごろ、那覇防衛施設局の桝賀政浩施設企画課長が「座り込んでいる場所は米軍への提供施設内。そこから出てほしい」と9日から合わせて五度目の座り込み解除を求めたが、山城事務局長は「好き好んで座り込んでいるわけではない。貨物船がアメリカに帰るならここから出る」と拒否。桝賀課長は米軍と対応を協議する場で、市民団体の意向を伝えることを約束。断続的に交渉を続けることを確認して立ち去った。
 市民団体は9日早朝から米軍警察など米軍関係者が桟橋内に入ろうとするたびにスクラムを組んで阻止した。9日午前7時ごろ、ミサイル本体を積んだとみられる大型貨物船が伊計島の沖合方向から近づくと、船を桟橋に接岸させる米軍の誘導員がゲートから進入を試みたが、人の壁に阻まれた。このため貨物船はしばらく桟橋から数十メートル離れた地点で停泊し、午前8時45分に自力で接岸した。
 その後も市民団体がミサイルの搬入作業に当たる作業員や米軍関係車両の進入を阻止。9日は結局、ミサイルの陸揚げや輸送は行われなかった。
(琉球新報) - 10月10日16時10分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061010-00000000-ryu-oki





抗議で陸揚げできず PAC3船天願桟橋着岸

 在日米軍再編に伴う米陸軍パトリオット・ミサイル(PAC3)の沖縄配備で、ミサイル本体(24発)を積んだ米民間貨物船「グローバル・パトリオット」が9日午前、米軍天願桟橋(うるま市)に着岸した。配備に反対する沖縄平和運動センター(崎山嗣幸議長)のメンバーが座り込みによる阻止行動を続けたため、10日正午現在もミサイルは陸揚げされていない。 PAC3は1日から関連装備の搬入が始まっているが、反対行動に作業が阻まれたのは初めて。
 ミサイルを積載した貨物船は9日午前8時45分ごろ、天願桟橋に接岸。昇降用階段を下ろした。座り込みを続ける反対派は憲兵車両の通行を阻止。那覇防衛施設局が、係留ロープを操作する作業員を中に入れるよう求めたが、拒んだ。
(琉球新報) - 10月10日16時11分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061010-00000003-ryu-oki