パートナーとの別れ

テーマ:





悲しいお知らせです。



このたび、長い間連れ添ってきた、パートナーと別れることを決意しました。


今日、その書類に押印をして正式に分かれることとなりました。



思えば、旅行に、キャンプに、いつも一緒でした。

文句も言わず、機嫌も損ねず、いつも気持ちよくついてきてくれました。


しかし、やはり「嫁と何とかは新しいほうがいい・・・」と昔から言いますように。

そろそろ古さを感じ。


しかも、首都圏では一緒にいることができないと言われ。


この際、泣く泣く別れを決意しました。



昨日は、最後のドライブへ行ってきました。


首都高をぐるぐると、きれいな景色を見ながらのラストデート。


大黒ふ頭でお食事をして、お別れの花束を渡しました。

























帰宅前に、きれいに洗ってあげて。





別れの前夜を過ごしました。



ということで。


ディーゼル規制により、東京では平成23年までしか東れない僕の愛車。
ビッグホーン。
平成13年に購入して、7年のつきあい。
来年の1月には車検も控えている。車検の費用もかなりかかる。
車検を通しだからといっても、規制がかかった頃に手放そうにも、二束三文になってしまうのではないか・・・
とも考え。


多少なりとも価値のある今のうちに売却した方がいいのではないか。
と思って、中古車の買い取り屋さんにコンタクトをとってきたここ最近。


平成13年式 イスズ ビッグホーン
プレジール2 ディーゼル3000cc ドラゴングリーンマイ力
4インチリフトアップ
キャンピング仕様 8ナンバー
社外アルミ
ルーフラック
オーディオ移設
ボディ傷多数



4社ほどあたって
T社 70万円
N社 53万円
G社 40万円
R社 30万円

ディーラーでは30万円ほどが相場のよう。


一番高値をつけてくれたT社にしました。

ビッグホーンの場合は、国内向けより海外輸出がメインらしいです。
うちの車も、東南アジアや、アフリカヘ行く可能性が高いとのこと。

T社とは

東京中古車査定センター

http://www.t-kaitori.com/

です。


今日、契約書に印鑑を押しまして、正式に売却しました。



最後に、いつも車へ乗ることを楽しみにしている愛犬を車に乗せてあげました。









彼は運転席が大好きなのです。









もう、この車でキャンプへ行くことはないんだよ。


さびしいね。





お別れの記念写真。






久々に車内の物をすべて出したらかなりすっきりしている。

あたりまえか・・・









そして・・・


いよいよ引き取られていくことに。









次は、どこの国で活躍するかわからないけど、事故に遭わないように頑張って走ってね。


さようなら。



2008.8.3

AD

魚料理

テーマ:

釣ってきた魚を、なんとかすべてさばきまして。





数えたところ


・ハナダイ 19匹

・アジ 11匹

・サバ 3匹

・イナダ 1匹

・カンパチ 1匹


合計 35匹


まあまあです。

自分の実力からしたら十分かと。


1匹200円とした場合、6800円。

うーん。



まずはカンパチ(と思っている)


3枚におろして

刺身は半身でこんだけ






次にイナダ








アジ








あとこんだけ





ハナダイ


ウロコを落とします






サバ









AD

今日は、お休みをいただいて釣りへ行ってきました。

夏休みの一環として、珍しく職場の人たちと海釣りです。





今朝は、深夜0:30に家を出ました。

4:30出船だったもので。




途中、豪雨が何度も降って、大丈夫かね?これ。

と、思ったのですが出航時には雨がやみました。








しかし、途中でものすごい豪雨。

なにやってんだか。














そのあと、雨が上がると綺麗な虹が!

久々に虹を見ました。
















メタルジグでカンパチが釣れるということだったので、ハナダイのあたりがなくなるとジギングに切り替えてみたりしたものの・・・・イナダ1匹のみ。

乗船していたルアーマン(船宿のスタッフみたい)は、シイラやらカンパチやらイナダやらヒラメまで釣ってました。

ばしばし釣ってましたが、リトリーブ速さはテクニックはもちろん、ロッドとリールに決定的な違いがあります。

僕のは、いつものオールマイティータックルだったので。

後から聞いたのですが、魚は船の下にもぐりこんで集まっていたらしい。コマセに集まって。

そもそも僕の狙っていたところもぜんぜん違った。


↑ルアーがうまい方々


↑ルアーがうまい方々の成果(ほんの一部)





お昼上がりで、港に向かうころには夏らしい空が顔を出しました。

いまさら・・・








船を下りたあとには、ランチ(カレー)のサービスがあります。

頑張った後のカレーはおいしい。







今回利用した船宿は「喜美丸」さんです。

船長は、まあ時には厳しいのですが基本的にやさしいです。

スタッフも親切に面倒を見てくれます。

初心者には安心です。

船も大きいし快適です。


「喜美丸」

http://www1.ocn.ne.jp/~kimimaru/index.htm


料金が少々お高い?(1万円)このあたりの相場なのでしょうか。





肝心な釣果ですが、

・アジがぽつぽつ

・何度かサバが釣れ

・イナダ1匹

・カンパチ1匹

・ハナダイけっこうたくさん

こんな感じです。

隣近所に配れるくらいの数はもってきました。



ほしい方、ぜひ我が家へお立ち寄りください。




今、まだ体がグラグラ揺れてます。

ちと気持ち悪い。

寝たい。

しかし、魚をさばかなければ。























AD

7月13日 曇り ほとんど雨



6:00 起床


7:00 姫沼散策
・曇り空のため湖面に映る利尻岳はみられない
・散策道で湖を一周歩く



万年雪を見に行く
利尻山麓にある雪渓(万年雪)を見に行った
町から未舗装の砂防工事用道路を走り、行き止まりまで。
車を置いて、川沿いに遡る。
風が強く、霧雨で状況悪し。
当然ながら、人の気配が全くないので、多少心細い。
途中から、雪渓が見えてくる。
足下は瓦磯、両脇の山肌に落石の気配があるので途中までにする。
遠目に、雪渓を眺める。
晴れていれば、綺麗だと思う。


こんなに綺麗にみれたらよかったのに・・・

  利尻であそぼ! さんのページより

  http://blog.goo.ne.jp/kumap2005/e/195a988d886f7103eb453d1d8a270a86




仙法志岬公園 再び
あいかわらず、アザラシはいない。
早朝なので観光客もいない。
漁協の土産店で昆布を調達する
雨畑土産店で昆布を調達する




オタトマリ沼
小雨。散策道は歩かない。
 「白い恋人」のパッケージはここがモデルとのことだが、利尻岳が見えないのでまったく実感無し。
観光バスが既に多く止まっている。
 「利尻亀一」土産店にはいる。観光客には好待遇だが、個人客には対応無し。
万年雪ソフトを食べる
利尻Tシャツを購入


  利尻亀一

  http://www.sogopage.com/spon/0163831446.html



昼食ヘ


フェリーターミナルヘ行く
 「磯焼亭
 ・ホタテラーメン 850円
 ・利尻ラーメン 1300円
いずれも、素材のだしが効いていて旨い。
タレントのサイン多数。



買い出しヘ
セイコーマート
港の近くにある。
夕飯用のカップラーメンを調達



キャンプ場へ戻る


昼寝


甘露泉を汲みに行く 再び



温泉へ行く
 「利尻富士温泉
緑色に近い湯の色
やや、ヌルリとした感触
露天風呂有り 但し、ヘドロのようなにおいがした


  利尻富士温泉 利尻富士町の公式サイト

  http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/guide/hotspring.html

  立ち寄り温泉ミシュラン

  http://www.asahi-net.or.jp/~UE3T-CB/spa/risiri/risiri.htm




バンガローに戻る


カップラーメンを食べる 

水がいいのか、うまい


ミルビスを飲む うまい


今日は終わり

就寝



http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/030726/20.html


トラバ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/195a988d886f7103eb453d1d8a270a86/cd


利尻・礼文の旅 (利尻へ)

テーマ:

7月12日

苫小牧から深夜の移動をした。


ノシャップ岬到着
・3時頃に到着してしまった。
・予想以上に快調な走行によるもの
・ノシャップ岬手前にラブホが1件あリ


稚内
・FTが移転したとのことなので場所を確認


宗谷岬
・最北端の碑を見る
 夜明け前なので人がいない
  写真撮影








・宗谷岬公園
  人がいない
  高台の静かな公園
  キタキツネが2匹






・島へ渡る前に給油をする
  最北の給油所 安田石油 7:30ころに開店
  店員が機敏に走り回る
  給油証明書、ホタテ貝のキーホルダーをもらう








8:30 稚内へ戻る


9:00 稚内フェリーターミナルヘ


ハートランドフェリー

http://www.heartlandferry.jp/







9:50 乗船手続き開始
・それほど人は多くない。予約なしでも乗れそう。車両は15台程度。









10:40 乗船開始
・車両の乗降ロは1つ。乗船時はバック走行で。




12:50 利尻島着

初上陸!!








13:00 昼食
かのう亭
・利尻で最初の食事
・うに丼
・ほっけ定食














   かのう亭(食べログ.com)

    http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1007523/



14:30
利尻北麓野営場 着
・ケビン 3000円/1泊(4名まで)
  マットレス、毛布、枕は標準装備
  ロフト式 1名は2階のベッドで
  車場から近いので荷物運びはラク
・登山道の入口になっているため、登山客が常に行き来している
・駐車場は登山客のものが混じる
・比較的にぎやか








    利尻富士町 観光課 キャンプ場ガイド

    http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/guide/camp.html



甘露泉
  キャンプ場から登山道を歩いて10分もしない位置にある。
  歩道は整備されているのでサンダル履きでも行ける
  下山途中に休憩する人が多い
  水量は豊富
  このとき、途中でおなかが痛くなったので、早々に戻る。










キャンプ場を出発して利尻島観光 


その1



ミルピス
・利尻島名物 最北の乳酸飲料
・ぽつんとある店舗
・牛乳瓶に入った飲み物
  ミルピス2本、こくわ味、ハマナス味、やまぶどう味、しそ味を購入
  おまけで、行者ニンニク味をもらった。
・店の外に、ウミネコが物欲しそうにうろついていた



















   ミルピスのレビュー(アスクユードットコム)

   http://www.asku.com/RV/010R/?_item_id=1110171&_user_id=23740&area_id=01



仙法志岬公園
・アザラシは不在だった
・物産品店でコンブを購入
  折っていない、長いままの姿で購入。2枚で千円。
  長いままでいいと行っているにも関わらず、ハサミで手入れしようとする親切なおじさん。








  御崎物産

   http://www.sky.sannet.ne.jp/ken1/misaki.html




利尻町営 ふれあいの湯

 ・町営ホテル利尻の裏手にあるのでわかりづらい
 ・黄土色の湯
 ・露天有リ
 ・加温していない33℃の湯 意外に温まる

 ・期待していなかったのだが、予想以上にいいお湯だったと思う










  利尻町ふれあい保養センター

   http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bssbk/bunrec/sisetu/ri01/ri01n005/index.html




夕陽丘展望台
 ・曇りがちながら、雲の切れ間はあったが‥・西の空は雲がとれず
 ・夕日はみれず
 ・利尻岳の姿は、この日初めて見れた



















夕食
一膳飯屋 眉倶楽部
怪しげな雰囲気を醸し出す店
店内にはいると、誰かの家に上がったような雰囲気
雑然としていて一人では勇気がいるかも
オーナーは一人で店を切り盛りしているのか?
客と気さくに会話をしているが、代わりに料理が出るまで待だされることもあリ・・・
とはいえ、遅くなったお詫びにと、みそ汁をおまけしてくれた
ノートにコメントを残すことが義務とされる


















   眉倶楽部

   http://w3s.dip.jp/~mayu/sm1.htm



一日目は終わり。

7月11日


フェリーで一日を過ごす。


深夜便のフェリーには食堂はない。軽食コーナーに軽食の自動販売機あり。
物流トラックメインと思われる。
深夜の風呂は2:00まで

















19:45 苫小牧港着。下船。


20:00 FT出発


カレーラーメンを食べる
 「ラーメン大王」 21:00 まで
 ・カレー味のスープがおいしい
 ・熱いのでロの中を火傷するおそれあリ











味の大王 オフィシャルページ

http://homepage2.nifty.com/daiou_souhonten/

味の大王 総本店 (食べログ)



高速道路の情報
・深夜割引はない
・通勤割引はある 20:00まで
・SAの給油所は夜中閉店している;苫小牧市街で給油すべき

深川JCT
・留萌まで自動車道が開通している
・片側1車線ながら高速移動可能





留萌の情報
24時間営業のGSあり。比較的安い。
・24時間営業 マックスバリューあリ




日本海沿いの国道(232)
・交通量が極めて少ない
・沿道の店はほとんど開いていない
・道の駅が数力所あリ トイレのみ

利尻・礼文の旅 (出発)

テーマ:

7月10日


仕事から帰宅し、急いで出発準備をする。


20:30 自宅を出発

22:30 大洗に到着


フェリーターミナル周辺の情報
・マクドナルド 有リ(インター近く) 10分以内の距離 24時間営業
・ファミリーマート 有リ 5分以内の距離 24時間営業
・SHOP99 有リ 5分以内の距離 24時間営業



22:50 乗船手続き
・同乗者は23:30で一度乗船が中断される
・車両は22:30までに手続きが済んでいればすぐに乗船できる
・22:30以降の到着車両は待機


24:10 車両の乗船

・車の中で待機していた時間がとにかく長かった。

・22:30までには必ず手続きを済ませておいた方がいいかもしれない。

・とはいえ、僕のような大きな車は貨物車のエリアに誘導されるのでいずれにしても後回しになるかもしれない。





商船三井フェリー (さんふらわー)

http://www.sunflower.co.jp/ferry/index.shtml

初めての富士総合火力演習へ行ってきました!!!


雨で若干の内容が中止となったけど、間近で見る戦車の火砲はすごかった!


ビデオに録画したのでどうぞごらんあれ。

場所が悪くて、お見苦しい点もあろうかと思いますが、ご了承くださいませ。