スマートプレートを活用したJR千葉駅東口における

タクシーショットガンシステムの社会実験の実施について



平成18年10月24日
<問い合わせ先>
自動車交通局
技術安全部管理課

(内線41145)

TEL:03-5253-8111(代表)

 

 国土交通省では、自動車交通の高度化を図る上で不可欠な個車情報に関するインフラとして、平成12年度からスマートプレート(電子ナンバープレート)の実用化を図るための研究開発を行っています。
 今回、JR千葉駅東口周辺の客待ちタクシーによる渋滞問題の解消のため、渋滞が著しい平日の午後9時から午前1時30分までの間、千葉駅より約2キロ離れた千葉市役所駐車場の一部を第2タクシープールに転用し、千葉駅への入構権を持つタクシー1300台にスマートプレートを装着したショットガンシステム(注)による社会実験を実施します。
(注)ショットガンシステムとは・・・ 駅周辺における客待ちタクシーの待機列を解消するため、駅乗り場(第1プール)から離れた大規模タクシープール(第2プール)を活用し、タクシーの駅乗り場への流入を調整する施策

*

「スマートプレート」とは、ナンバープレート上のICチップに自動車登録番号等を記録したもの。
*

これまでの実証実験等の概要
平成12年、13年度は、試作したスマートプレートを用い、屋外での電波ノイズの影響や走行状態における電波特性等を検証しています。
 平成14年度は、東京都駐車場公社の駐車場で、平成15年度は、成田空港第2ターミナルビル業務用車両駐車場地下通路において、走行時における通信状況や通信範囲等スマートプレートの実用性を検証しています。
 平成16年度は、ITS世界会議におけるスマートプレートの展示、名古屋市と共同で長者町繊維問屋街における物流効率化のデモンストレーションを行っています。
 平成17年度は、愛知万博において、シャトルバスの個車識別のデモンストレーションを行っています。
 

1. 説明会日時
平成18年11月2日(木)19:00~20:00
※説明会終了後、千葉駅、千葉市役所における社会実験の状況について、ご案内します。

2. 説明会場所
千葉市役所内 議会棟3F 会議室(住所:千葉市中央区千葉港1番1号)

※ 社会実験の取材希望社におかれましては、10月27日(金)17:00までに国土交通省自動車交通局技術安全部管理課宛 電話またはFAXにて社名、所属及び出席者名を登録してください。TEL:5253-8111(内線41145) FAX:5253-1639


http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/09/091024_.html

AD

飲んだら宿泊無料?~飲酒運転撲滅キャンペーン


 足立市街地開発株式会社が運営する北千住マルイ駐車場の料金を、同店9階のレストランで飲酒した場合、午後11時から翌朝9時まで無料にするキャンペーンを実施する。期間は11月1日から来年3月31日まで。
 利用するには、車をマルイの駐車場にとめ、レストランで飲酒した場合、その店の担当者に「一泊」希望を申し出ると『夜間駐車料金割引引換券』が渡される。翌日、その引換券と駐車券を駐車場出口にいる担当員に渡すと、「一泊」分の駐車料金が無料となる。ただし、午後11時前と翌日午前9時を過ぎた場合は別途料金が発生する。当面はマルイのレストランでの飲酒に限定だが、今後ルミネのレストラン街等の利用者にも対象を広げていく予定。
 このキャンペーンは、社会問題になっている飲酒運転を撲滅しようと、足立市街地開発株式会社が千住警察署・千住交通安全協会・北千住マルイの協力を得て実施の運びとなった。


http://www.ayomi.co.jp/kiji/200610/200610kiji/036.htm


AD

DATE 2006年10月25日

三菱自動車、未来形スモール『i(アイ)』がグッドデザイン大賞を受賞

『i(アイ)』




三菱自動車は、(財)日本産業デザイン振興会が主催する2006年度グッドデザイン賞*1において、未来形スモール『i(アイ)』が最も栄誉ある「グッドデザイン大賞」(経済産業大臣賞)を、軽自動車として初めて受賞したと発表した。

『i(アイ)』は、軽自動車の新時代を切り拓く革新的なプレミアムスモールを商品コンセプトとし、既存の軽自動車の課題であった、「従来の軽自動車には無い斬新なスタイリングと居住性」「軽快なハンドリングと快適な乗り心地」「居住性と全方位からの優れた安全性」という二律背反するテーマを克服するため、エンジンを車体後部、後輪車軸の前に置く「リヤ・ミッドシップレイアウト」というユニークなプラットフォームを採用。このプラットフォームが生んだ、革新的なデザインが評価された。

同社の社長益子修(ますこおさむ)は"『i(アイ)』がこの度、「グッドデザイン大賞」を軽自動車として初めて受賞できたことを大変光栄に思っております。『i(アイ)』は、「軽を超えたデザイン」「未来を形にしたクルマ」としてお客様にご好評いただいており、また、『i(アイ)』で新たに採用した「リヤ・ミッドシップレイアウト」は、走行性能や衝突安全性の向上のみならず、革新的なデザインを生み出すことができる、ポテンシャルの高いプラットフォームです。今後もお客様の期待に応える新たなクルマづくりに挑戦してまいります。"と語った。

※1 本年度で創設50周年を迎えるグッドデザイン賞は、全ての生活分野、全ての産業分野にデザインは必要であるという視点から、原則的にあらゆるものごとを審査対象としており、本年度の審査対象は2,918件であった。


http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pressrelease/j/corporate/detail1539.html


http://www.g-mark.org/library/2006/grand-kouho/06A08014.html


http://www.g-mark.org/library/2006/award-best15.html



AD

吉祥寺、渋滞解消へ共同荷さばき場や地下駐車場を整備

 東京・多摩地区の代表的な商業地域である吉祥寺(武蔵野市)で、配達用トラックによる慢性的な道路混雑を解消し、街の魅力を高めようという計画が動き出した。商店街や運送業者が共同で荷さばき用の駐車場を確保するほか、将来は吉祥寺駅前に地下街を造り、駐車・駐輪場を整備する。「歩いて楽しい街」づくりを通じて、立川や新宿などとの地域間競争に対応する。

 武蔵野市はこのほど、荷さばき用駐車場の確保などに取り組む組織(吉祥寺荷さばき協議会=仮称)を官民共同で設置する構想を地元商業者や運送業者らに提案した。商業者、運送業者の双方が運営費を出し、行政の補助金も得て事業を行う。

 吉祥寺は大型店と、自前の駐車場を持たない中小商店が混在している。中心部の道路に多くの荷さばき車両が進入したり駐車したりして街の快適さを損なってきた。


http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20061023c3b2304g23.html

圏央道:「早期完成を」 総会で決議、国に要請--建設促進会議 /東京


 東京都心から40~60キロの地点を円状に結ぶ首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の建設促進会議の総会が23日、千代田区内で開かれた。総会では、国に対し早期完成や道路特定財源の重点的投資、自然環境への配慮などを強く求める決議を行い、総会後に国土交通省や国会などに要請した。
 同会議は都と神奈川、埼玉、茨城、千葉の4県、横浜、千葉の両市が、沿線の85市町村とともに組織。この日の総会には各自治体の代表のほか、梶山弘志・国土交通政務官や衆参両院の国土交通委員長らが来賓として参加した。
 総会では、今年度の会長を務める石原慎太郎知事が「日本全国に高速道路をつくるのは無理があり、道路建設に優先順位がないのはおかしい。首都圏の4000万近い人間が効用を期待しており、国は10年以内に全線を開通させてほしい」とあいさつした。
 圏央道は、横浜市と千葉県木更津市を結ぶ約300キロで計画されている。これまでに、あきる野市―埼玉県鶴ケ島市間など計53・5キロ(全体の18%)が開通し、今年度中に茨城県内などの計19・6キロが開通する予定。【北村和巳】

10月24日朝刊
(毎日新聞) - 10月24日12時1分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061024-00000105-mailo-l13

日産自、新型軽自動車「オッティ」の受注状況が発売後3週間で目標台数の2倍超を達成

新型軽自動車「オッティ」の受注状況について

--発売後3週間で目標台数の2倍超--


 日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)が10月3日に発売した新型軽自動車「オッティ」の受注が、発売後3週間で目標台数の2倍を超える非常に好調な立ち上がりとなっている。受注状況及びその内容については、以下の通り。

■受注台数
累計受注台数 5,510台 (10月23日現在)
<10月3日発表・発売/月販目標台数:2,600台>

■受注内容・内訳

<グレード別>
RX     10%
RS     11%
E      32%
S      47%

<駆動別>
2WD   82%
4WD   18%

<ボディカラー別>
クールシルバー   22%
ミディアムグレー   15%
ブラック        14%
ホワイトパール    8%
ペールベージュ    8%

<購入年齢層>
20代以下      10%
30代         30%
40代         10%
50代         20%
60代以上      30%

 シンプルで機能的なデザイン、立体駐車場にも入る取り回しのよいボディサイズ、広々としたゆとりのある室内空間、使い勝手の良い豊富な収納などが好評で、ターゲットである30代女性を中心に幅広い層から購入頂いている。

以 上


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=144230

http://www.nissan-global.com/JP/

春秋(10/23)

 昨年の交通事故死亡者は? 警察庁は6871人と言い、厚生労働省は4割多い9970人と答える。前者が24時間内の死亡に限るため生じる差は年々開く。医療の進歩は喜ばしいが過去10年で4割減と誇る警察の言は素直に頷(うなず)きにくい感が残る。

▼いじめ自殺が7年間ゼロという文部科学省の統計も釈然としない。マイナス情報ほど曖昧(あいまい)なままでも迅速に共有するのはリスク管理の基本のはず。減らすべきはいじめか、いじめの数字か。今後、各地の担当者は多すぎず少なすぎず、横並びの数字作りに神経を注ぐのだろうか。そんなことはないと思いたいが。

▼「だから大本営発表は」では済まない。ある民間シンクタンクが算出した各種経済効果の総計はその年の経済成長分を大幅に上回った(門倉貴史『統計数字を疑う』)。受けのいいプラス面は水増ししマイナス効果は発表しないからと元地銀系研究所員の著者。エコノミストも人間だもの、と温かく見守るべきか。

▼数字と実態や実感との乖離(かいり)は数字自身への不信を招く。広く情報をつかさどる立場の為政者や専門家はもっと真摯(しんし)に数字に向き合ってほしい。数字が当てにされない社会は近代社会とは呼べまい。数字はウソをつかないがウソつきは数字を使う。そんな俗諺(ぞくげん)が説得力を持つようではまずい。


http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20061022MS3M2200122102006.html

[新製品]東陽テクニカ、居眠り運転を、頭やまぶたの動きなどから検知するシステム


 東陽テクニカ <8151> (福本高一郎社)は10月23日、ドライバーの視線や頭部運動などをリアルタイムに収集・分析し、居眠り運転や脇見運転の研究が行えるシステム「AntiSleepシステム」「Proシステム」を発売したと発表した。


 2つのシステムともに赤外線発光装置、赤外線CCDカメラ、カメラ用スイッチボックス、専用ソフトを入れたパソコンで構成。赤外線CCDカメラでドライバーの顔を撮影し、リアルタイムで画像情報を収集することで、ドライバーの「視線」「まぶたの開き」「頭部運動」などを分析する。

 例えば、まぶたの開きが小さかったり、頭部が左右に動いているようであれば、居眠りをしている可能性が高いというようにドライバーの状態が把握できる。結果は数値やグラフなどで表示する。システムはスウェーデンのスマートアイ社が開発した。

 赤外光の波長だけが通過するフィルターを装備したCCDカメラを利用しているため、ドライバーの顔に直射日光があたり、明暗の差が非常に激しくなる状況や突然トンネルに入ったり出たりして瞬時に光の状態が変化する状況などの光環境でも連続で安定した測定が可能。

 また、赤外線はメガネやサングラスを透過するため、メガネ、サングラスはもちろん、コンタクトレンズ、さらに目の色が違っても影響を受けることなく、ドライバーの状態を測ることができるという。赤外線の反射は軽減することもできる。

 「AntiSleepシステム」はCCDカメラを1台使用。ソフトのスタートボタンを押すだけで、ドライバーの特徴を自動的に認識して計測と解析が行える。画像分析に3次元処理ソフトを利用することで、1台のカメラでも対応できるようにした。

 一方、「Proシステム」は複数のカメラを使用し、測定の範囲を広げると同時に精度を高めたシステム。「AntiSleepシステム」同様、スタートボタンを押すだけで、計測と分析が可能。ただし、ドライバーの特徴は最初にカメラで撮影を行い、セミオートマチックか手動での設定が必要。登録作業はセミオートマチックモードならば10分程度、手動でも20分程度で完了する。

 税別価格は2システムともに最小構成で600万円から。東陽テクニカでは自動車ドライバーの人間工学研究を行う研究機関などでの利用やフライトシミュレーターといった分野での用途を想定、初年度で1億円の売り上げを見込む。

[BCN]
(BCN) - 10月23日15時50分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061023-00000016-bcn-sci


“住民パトカー”急増 7千台、昨年の4・9倍
 地域住民らが自主防犯パトロールに使う青色回転灯を装備した自家用車や公用車は、6月末時点で全国に7211台あり、前年同期の約4・9倍に増えたことが23日、警察庁のまとめで分かった。
 “住民パトカー”の急増について警察庁は「子供の安全に対する関心の高まりが背景。こうした防犯活動が大きな力となり、犯罪の減少につながると思う」としている。
 まとめによると、青色回転灯の装備車両を使ってパトロールしている団体は、前年同期の約4倍に当たる2360団体。町内会や自治会の住民らでつくる団体が全体の43・4%を占め、市区町村は34・2%。
 都道府県別で、装備車両が最も多かったのは静岡県の901台。次いで愛知県の697台、北海道の687台。最も少なかったのは香川県で5台だった。
 東京都八王子市の加住地区町会自治会連合会は2月に11台を導入。毎日午前8時から9時までと午後2時から4時までの2回、小中学生の通学路などを中心にパトロールしている。
 同連合会の細井衛会長は「空き巣の被害もすっかりなくなり、住民から喜ばれています」と手応えを口にした。
 青色回転灯は、装備が認められた直後の2004年12月末には装備車両が120台しかなかったが、昨年6月末は1460台、同12月末は4129台になった。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006102301000434


「駐車違反取締り強化に関するアンケート」集計結果について
~7割強が「路上駐車に対する関心・意識が高まったと思う」~



  JAF(社団法人 日本自動車連盟)は9月21日~10月10日にかけて、JAFのホームページ上にて「駐車違反取締り強化に関するアンケート調査」を行ないました。
 今回の調査は、今年6月1日から施行された改正道路交通法により、民間の駐車監視員制度に基づく違反駐車の取締りが強化されたことに伴うドライバーの意向や要望を把握し、今後のJAFの啓発・要望活動に活用するのが目的です。

 回答者数は470名。アンケート結果によると、この制度の施行によって、「路上駐車に対する関心・意識が高まったと思う」という方が349名(全体の 74.3%)、「駐車禁止区域での駐車違反が減り、渋滞が緩和されたと思う」という方が235名(全体の50.0%)にのぼり、同制度による違反取締りの効果が認められました。
 また、「駐車違反の取締りが強化されたことにともない、あなた自身が、駐車禁止地域やその周辺へ車で出かける機会はどのように変化しましたか」という質問には、408名(全体の86.8%)の方が「車での外出(使用)はこれまでと変わらない」という回答を寄せられました。

 一方、「車での外出(使用)を控えるようになった」「車では全く外出(使用)しなくなった」という方は計62名(全体の13.2%)。「駐車場を確保するのが大変になったから」(46名、62名のうちの74.2%)、「新たに駐車料金がかかり、負担になるから」(22名、同35.5%)というのが主な理由でした。

 さらに、ドライバーからは、違法駐車追放のために今後必要な対策として、「公共駐車場等の増設」(369名、全体の 78.5%)、「駐車違反禁止地区の駐車場案内・空き情報の積極的な提供」(266名、全体の56.6%)、「宅配業者等への規制緩和」(214名、 45.5%)などが寄せられました。

 JAFは今回の調査結果を行政機関等へ提出し、今後のよりよいクルマ社会づくりへの資料とするよう要望していく方針です。


http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2006_22.htm