文化祭のおしらせ

テーマ:

高校の文化祭の話。



高校んときのラグビー部でお世話になった顧問の先生からお知らせメールがきました。

皆さん、お元気ですか。今年も恒例の文化祭OB戦を行います。日時は10月7日(土)14時キックオフです。場所はもちろん本校グラウンド。多数の参加を現役一同お待ちしております!





ということで、今年のOB戦は、10/7だそうです。


当然ですが、自分は参戦しません。
ていうか、参戦できません
ここんとこ、

急激に育った腹。
慢性的な運動不足。
今の悩みのひとつです。



ただ、もし都合がつけば、文化祭を覗きにだけ行くかもしれません。
先日、久々に田町の芝浦口を車で通ったら、劇的に変わっていることにびっくりです。
ゆっくり覗きに行きたい。

まだなんとも言えませんが、今週末くらいには来月の勤務予定とかが出ると思うので、決まると思います。

もし、都合の合うかたいましたら、高校のほうへ遊びに行ってはどうでしょうか。
10月7日、8日が文化祭だそうです。




東工大附属高校ラグビー部
http://torg.ath.cx/~rugby/


東工大附属科学技術高校のサイト
http://www.hst.titech.ac.jp/
ニュースレター
http://www.hst.titech.ac.jp/NL/index.html


AD

道路公団民営化1年 新雑誌やスタバ… “体質改善”加速
.

 赤字体質や天下り体質が批判を浴びた旧道路公団が民営化され10月1日で1年。分割民営化後の東日本、中日本、西日本の高速道路会社では、新雑誌創刊のほか、10月から人気カフェの「スターバックスコーヒー」の出店を東北道で予定するなど試行錯誤しながら利用者へのサービスを工夫。「旧道路公団時代はアイデアを出しても通らなかった」(関係者)という体質から変わりつつある。(三枝玄太郎)

 ■高速ウォーカー

 今年4月20日にSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)に置かれた「エリアガイド」(道路地図)がリニューアルされた。東日本高速道路が角川クロスメディアと提携し、「ハイウェイウォーカー」5月号が創刊。毎月20日発行の同誌は年960万部を発行、一部はインターネットで高値で売買されるほどの人気だ。

 東日本高速道路によると、旧公団時代は年8億4000万円かけていた発行費用が3分の1で済んだ。角川が広告を集め、収入を得る代わり、リスクも負うが、高速道路会社はドライブ旅行を誘引できる。「旧公団時代は民間会社との提携はご法度でした」(広報室)という、旧公団時代からすれば画期的なことだ。

 旧道路公団時代にはなかった「SA・PA味めぐり」などSA・PAレストランの目玉メニューや温泉地の紹介などもある。越後川口SA(新潟県)のへぎそばは掲載後、前年比40%も売り上げが伸びた。

 旧公団時代のエリアガイドは折りたたみ式の大きな地図が書かれただけのそっけないものだった。

 表紙にも人気女優の長澤まさみさん、堀北真希さんらを起用、角川クロスメディアが発行する「東京ウォーカー」を意識した表紙の体裁になっている。

 ■「やさい村」

 スターバックスコーヒーの出店も10月から東北道・蓮田SA(埼玉県)の上りにオープン予定だ。今年4月29、30日に関越道・高坂SA(埼玉県)で試行した車の移動販売店での販売で1日1000杯以上の売り上げがあり、ニーズを再認識した。

 また昨年10月から常磐道・守谷SA(茨城県)上りと、上信越道・松代PA(長野県)上り、東北道・前沢SA(岩手県)上下で年中無休(守谷のみ週末、祝日の午後)行っている「やさい村」と呼ばれる野菜即売所も好評だ。

 生産者の高橋甚一郎さん(60)=守谷市=は7反の畑で作付したしょうが、なす、じゃがいもなどをすべて「やさい村」に出荷している。

 高橋さん自ら守谷SAで、消費者と対話しながら売る。「農協を通すと、形の悪い3分の1の農作物は捨てなければいけない。前日の夕方か当日朝に取った野菜を安く販売でき、消費者、生産者双方にメリットがある」と高橋さんは話す。

 東日本高速道路会社は今後、現在、管内で7店舗のコンビニエンスストアを増やす計画も立てている。ある職員(37)は「旧公団や旧道路施設協会時代は、何かアイデアを出しても営利は追求しない、という旧公団の性格があだになって通らなかった。上の人もつぶす理由を考えている感じで、職員の顔がお客さまに向いていなかった。今は仕事が楽しい」という。

 一方、別の職員は「民営化されたとはいえ、一般的な企業よりはやはりお役所気質が抜けない。今後2、3年で道路会社は変わった、と言われるようにがんばりたい」と話している。

【2006/09/28 東京朝刊から】

(09/28 08:10)


http://www.sankei.co.jp/news/060928/sha004.htm



AD

飲酒運転、公務員ピリピリ

2006年09月28日


 飲酒運転による事故が社会問題になり、飲酒程度の軽い「酒気帯び」であっても「発覚すれば懲戒解雇」などの強い姿勢を打ち出す役所が増える中、職員らの間で「自分の体にどのくらいアルコールが残っているか、どうやったら正確にわかるのか」と戸惑う声が出ている。夜に酒を飲んで翌朝にアルコールが検出されるなど、飲酒運転する意図はなくても検問に引っかかるケースもあるためだ。
 高松市役所の50代の部長はいま、市販されているアルコール検知器の購入を検討中だ。きっかけは16日、道路課の男性職員(54)が道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑でさぬき署に現行犯逮捕された事件だった。
 職員の供述によると、前日の午後7時ごろから友人宅でビールを中ジョッキ3、4杯飲んで就寝。深夜にのどが渇いたため缶ビールを1本空け、また眠りについた。翌日、友人と釣りに出かけようと乗用車で出発した午前9時過ぎ、シートベルトをしていなかったため警察官に停止を求められた際、呼気からアルコールが検出された。
 後日、釈放された職員に市が事情を聴くと「(酔っているという)自覚はなかった。捕まるとは夢にも思わなかった」と話したという。
 部長は「朝目覚めて体調が良ければ、自分ではどれだけアルコールが残っているかわからない」と困惑する。「検知器でチェックする以外に、完全に飲酒運転を避けることはできないでしょう」
 50代の課長級男性も「何をどれだけ飲んだり食べたりすれば大丈夫なのか、物理的な基準がないと判断しにくい」と戸惑う。仕事柄、酒の付き合いが多いという40代の課長補佐級男性は「寝てもアルコールが残るということがわかった。(酒を飲む席は)早めに切り上げるが、心配だ」と話す。
 医療機器メーカーの「タニタ」(東京都)が個人向けに販売しているアルコール検知器は、9月以降出荷が急増。在庫がない状態が続いているという。
 元々は、自分の酔い具合を測定して健康管理に役立ててもらおうと開発した商品。警察が検問で使っている機械と同一ではないため、万一数値が違っても責任は持てないとして「この製品は飲酒運転の可否を判断するものではありません」と注意書きをつけている。だが「多くの人に飲酒に対して神経質になってもらい、飲酒運転を防ぐために役立っているならよいこと」と同社。
 実際、飲酒してどれくらいたてば車を運転することができるのか。
 飲酒が人体に与える影響を研究してきた元日本大学総合科学研究所所長の塚本昭次郎さんによると、呼気中のアルコール濃度は飲酒後1~2時間で最高値になったあと、1時間たつごとに1リットルあたり約0・075ミリグラムずつ減る。ビール中ジョッキ3杯を飲んだ場合、道路交通法上の基準値(1リットルあたり0・15ミリグラム)を下回るには、少なくとも9時間は経過しないといけないという。
 だが、これは体重60キロの平均的な体格の日本人の場合で、体重や体質、当日の体調、また飲酒時に食事をとったかどうかなどによって分解速度は変化する。ちなみに「酒に強いか弱いか」は、アルコールの分解能力とは無関係。逆に「強い」人ほど多量のアルコールを摂取しがちなので、分解に時間がかかり注意が必要だという。
 塚本さんは「翌朝から車を運転するのなら、夜は10時ごろまでに酒を飲み終えた方がいい」と話している。


http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000609280001


AD

皇室の新専用車、国会開会式出席で初めて出番

 宮内庁に7月に納入された新しい皇室専用車(御料車)が28日、天皇陛下の国会開会式出席の行き帰りに初めて使われた。

 専用車は、トヨタ自動車の大型リムジン「センチュリーロイヤル」(全長約6メートル、幅約2メートル、8人乗り、5250万円)。約40年にわたって「ニッサン・プリンス・ロイヤル」が使われてきたが、老朽化で整備が難しくなり、更新された。

 宮内庁によると、専用車の昨年の利用は計50回で、国賓など外国賓客への提供が33回、国会開会式や全国戦没者追悼式など両陛下の重要な行事での利用が7回。今後も外国賓客への提供が増えそうだという。さらに同型車を3台購入する方針。
(2006年9月28日23時51分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060928ic25.htm


2006年9月28日
簡単な操作で駐車をアシストする
「Hondaスマートパーキングアシストシステム」を新開発


―10月5日発売のライフに搭載―

 Hondaは、ステアリング操作の支援と音声ガイダンスを組み合わせることにより、スムーズな駐車をアシストする「Hondaスマートパーキングアシストシステム」を新開発し、10月5日(木)発売の「ライフ」に搭載する。

 スムーズな駐車をするためには、バックを開始するのに最適な位置まで車両を前進させることと、バックの際に最適なステアリング角度にすることが重要となる。
 このパーキングアシストシステムは、予め設定された走行軌跡に基づいてステアリングの転舵を自動で行うことにより、最適なバック開始位置まで車両を誘導する。その後は、音声案内による操作の指示で、煩雑なステアリング操作なしに、バック駐車および縦列駐車が行えるものであり、映像モニターを必要としないシンプルなシステムとなっている。

<操作方法>
STEP1
フロントドアライニングのマークと、駐車場所の枠線(縦列駐車の場合は、駐車車両の前端)が合ったところで車両を停め、操作スイッチを押す。
STEP2
ブレーキを緩め、ゆっくり前進すると、アシストシステムがステアリングを転舵し、最適なバック開始位置まで誘導する。
STEP3
ステアリングを保持したまま、音声案内があるまでバックする。
音声案内にしたがって一旦停車し、ステアリングを操作した後、そのままバックして駐車する。


http://www.honda.co.jp/news/2006/4060928.html





ホンダ、軽自動車向けに駐車時支援装置を低価格で販売

 [東京 28日 ロイター] ホンダ<7267.T>は28日、軽自動車向けに、縦列駐車や車庫入れをしやすくする機能を備えた装置を低価格で販売すると発表した。10月5日に発売する軽自動車「ライフ」の一部改良車に税込価格5万2500円でオプション設定する。
 縦列駐車や車庫入れなどをする際に、駐車場の端などに位置を合わせて装置を起動させると、自動で舵角を調整しながら車両が前進して、後退開始位置を決める。変速機をバックにして、運転手がブレーキで適宜スピードを調節することで、車庫入れや縦列駐車を完了させる。所要時間は、最短で35―40秒で、一部のコインパーキングなどを除く全国約9割の駐車場で利用ができるという。同社の藤永政夫・主任研究員は「女性ドライバーや初心者の多くが車庫入れに不安を抱いている」として、拡販に期待を寄せる。
 車輪の回転速度を測定する車輪速センサーなどの低価格なセンサーを用いて、コンピューターで車両の位置や舵角などを計算するシンプルな構造とした。藤永主任研究員は「高価なモニターやカメラを必要とせず、音声だけで指示を出す仕組みにしたため低価格が実現できた」と述べた。
 同様の装置はトヨタ自動車<7203.T>が03年9月からハイブリッド車「プリウス」に採用し、順次対応車種を拡大している。モニター画面を見ながら操作する必要があるため、カーナビなどとのセット販売で税込み24万1500円―36万円としている。
 今後の車種展開について、ホンダの藤永主任研究員は「(コンパクト車の)フィットなどへは搭載できる」と述べた。しかし、より大きなセダンやミニバンなどの車両では「利用できる(ほど広い)駐車場は限られているので、実用性が低くなる」として、採用する可能性が低いとの見通しを示した。
(ロイター) - 9月28日14時22分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000116-reu-bus_all





苦手な縦列駐車もボタン一つ…ホンダが新システム開発

 ホンダは28日、日本で初めて、バックで駐車したり縦列駐車する際に自動的にハンドルが動き、音声で車を最適な位置に誘導してくれる駐車支援装置を開発したと発表した。

 10月5日に一部改良車を発売する軽自動車「ライフ」にオプションでつけることができる。

 この装置は「スマートパーキングアシストシステム」といい、駐車したい場所に車を止めて、ハンドルのそばにある「バック駐車」の操作ボタンを押すと、ハンドルが自動的に動いて、バック駐車に最適な場所まで前進できる。

 その後、音声案内に従ってバックすれば、駐車が完了する。「縦列駐車」ボタンを押せば、同様に最適な位置に誘導して、音声案内で駐車を支援する。
(読売新聞) - 9月28日19時23分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000111-yom-bus_all





ホンダ、軽「ライフ」に駐車支援システム搭載


 ホンダは28日、ステアリングの電動操作や音声でバック駐車や縦列駐車を支援するシステムを開発、一部改良する軽乗用車「ライフ」に搭載すると発表した。最適なバック開始位置まで車両を誘導し、その後は音声でハンドル操作を指示する仕組みで、煩雑な操作をしなくても円滑に駐車ができる。

 トヨタ自動車もブレーキ調整だけでハンドルを持たなくても目的の位置に誘導する技術を、ハイブリッド車「プリウス」などに搭載している。ホンダはトヨタと違い、センサーやモニターを使わない簡便なシステムに仕上げたのが特長だ。


http://car.nikkei.co.jp/news/main/index.cfm?i=2006092808603c0




★広告のほうもポチっと ↓ クリックお願いします ↓  (*゚ー゚)ゞ


酒気帯び運転:警視庁交通課の警官逮捕 千葉・帰宅途中


 千葉県警東金署は28日、酒を飲んで普通乗用車を運転したとして同県東金市油井、警視庁交通部交通執行課巡査部長、藤崎信一容疑者(47)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

 調べでは28日午後11時5分ごろ、大網白里町金谷郷の県道で、酒を飲んで自動車を運転した疑い。検問で分かった。

 藤崎容疑者は「都内の居酒屋でビールや、焼酎の水割りを飲んだ」と供述。都内から電車でJR大網駅まで帰宅し、駅近くにとめていた自家用車で自宅に戻る途中だった。【倉田陶子】

 ◇懲戒免職処分を検討

 警視庁交通総務課によると、藤崎容疑者は28日、勤務後の午後5時半ごろから約4時間、同僚7人と東京・銀座の飲食店でビールや焼酎を飲んだ。同僚は、藤崎容疑者が車で帰ることは知らなかったと話しているという。

 藤崎容疑者は昨年10月から交通執行課に勤務。交通違反をして出頭しない者への呼び出し業務などを担当していた。

 扇沢昭宏交通総務課長は「国をあげて飲酒運転撲滅にとりくみ、また交通安全運動のさなかに、このような事案を起こしたのは遺憾。再発防止に取り組みたい」としている。同庁は懲戒免職処分を検討している。

毎日新聞 2006年9月29日 12時28分 (最終更新時間 9月29日 13時22分)


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060929k0000e040073000c.html


霧降高原有料道路:日光市、無料化のPR兼ねキャンペーン /栃木


 日光市の霧降高原有料道路は30年間の料金徴収期間が終了し26日、無料化された。地元では日光地区観光協会連合会のメンバーらによるPRを兼ねたキャンペーンがあった。
 同有料道路は日光市瀬尾と同市所野を結ぶ全長16・3キロで、最高地点は標高1441メートル。通行料金は普通車930円で、76年に供用が開始された。沿線には約26万株の「ニッコウキスゲ」の群落地や362ヘクタールを誇る県酪農業協同組合の大笹牧場などの観光スポットがあり、約713万台が利用した。無料化に伴い、「一般県道青柳日光線」に改称された。
 紅葉を中心とした秋の観光シーズンを控えた大笹牧場前では同日、観光協会と霧降地区活性化委員会のメンバー12人が集合。車やオートバイの観光客らにマップやパンフレット、沿線観光施設のサービスクーポン券を配り、霧降観光をPRしていた=写真。【浅見茂晴】

9月27日朝刊
(毎日新聞) - 9月27日11時2分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060927-00000039-mailo-l09


郊外の居酒屋チェーン店 送迎バス好評

2006年09月27日

 全国に約500店舗を展開する居酒屋「つぼ八」チェーンで、県内のある郊外店が、客の飲酒運転を防ぐため、10年前から送迎サービスを続けている。車は26人乗りの小型バスで、「安心して酒が飲める」と利用客に好評だ。

 地方都市の郊外は、鉄道やバスの便が悪い。このため、店の経営者の男性(56)が何か手を打たないと、客の飲酒運転につながる、と思ったのがきっかけだった。自ら大型免許を取り、小型バスを購入した。
 片道30分ぐらいまでなら、駅、自宅、どこにでも迎えに行く。現在のバスは2台目で650万円。ガソリン代は月に2万円。それでも「事故をおこされるよりいい。他店にないサービスとして売りにもなる」という。
 送迎サービスを利用し、仕事帰りに同僚ら6人で飲みに来た会社員の男性(42)は、同僚らと月1回のペースで使っているという。いつも会社まで迎えに来てもらい、帰りは駅や自宅などそれぞれの目的地まで送ってもらう。「今の時代、飲酒運転でつかまればクビ。これなら安心して飲める」
 福岡で3人の幼い命が奪われる事故が発生してから、売り上げは2割下がったという。経営者の男性は「予約を受けて送り迎えするシステムだったが、客が帰る時間に合わせて駅まで定期運行する新しいサービスも検討している」
 つぼ八では事故後、全国に130ある郊外店すべてに、乗用車を運転する客に酒を提供しないよう通知を出した。斉藤滋企画・広報部長は「02年の道交法改正前から、車を運転するかどうか確認し、ドライバーには酒を出さないというマニュアルを作っていた。徹底していくが、うそをつかれたら確認しようがなく、良心に頼るしかない面もある」と話している。


http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000000609270004


運転代行フル回転/福岡の3児死亡事故以降
検問強化で利用増個人業者は苦戦


 飲酒運転に対する視線が厳しさを増す中、外出先で酒を飲んだ人の運転を請け負う「運転代行」が大忙しだ。福岡市で幼児三人が犠牲になった八月末以降、県内では週末の稼ぎ時に依頼をさばき切れないという業者も。業界関係者は一過性でない警察の取り締まりと、悪質業者の排除など自らの健全経営を後ろ盾に、飲酒運転防止の「切り札」に定着したい考えだ。(上原綾子)

 金曜日から日付が変わった土曜日午前一時ごろ。那覇市松山の繁華街では、酔客を当て込んだ運転代行の車が目立つ。有料駐車場の周辺で客待ちをしていた四十代の男性運転手は、「警察の検問が厳しくなって、一杯でも飲んだら利用するという客が増えた。呼び出しが集中すると、断らざるを得ない時もある」と口も滑らかだ。平均十件ほどだった「花金」の依頼は福岡市の事故以降、十五件近くになったという。男性の会社はこの日、七台の車と十四人の従業員がフル回転。取材中にも無線が入り、慌ただしくネオンの街に消えた。

 県警によると、今月十四日現在、県内の認定業者は二百六十三社、九百六十三台。過当競争で入れ替わりが激しく、ピーク時より六十社ほど減ったが、「飲酒運転を追放する機運が、バスやタクシーなどを含めた交通機関の利用増につながれば一石二鳥だ」(交通企画課)と期待する。

 一方、個人業者の中には「初めての客はほとんど大きな会社を使うので、経営は相変わらず苦しい」と恨めしがる声も。宜野湾市の業者、男性(66)は「確かに呼び出しは増えたが、検問を通過するまで利用して、その後は平気で運転して帰る客も多い。飲酒運転に甘い県民の体質は、ほとんど変わっていないのでは」と打ち明ける。

 全国運転代行協会県支部の新崎勝吉支部長(46)は「ここ数年、酒を提供する居酒屋やスナックなどとの連絡体制が充実してきた。この流れが後戻りしないよう厳しい取り締まりを継続してほしい」と注文する。

 また、業界内には需要増を見越した新規参入などで値下げ合戦が激化することへの懸念もあり、「未認定での運行や保険に入らない違法業者の存在で、業界全体の信頼を失うことがないように引き締めていきたい」と言う。


http://www.okinawatimes.co.jp/day/200609271700_01.html


無料廃止で不正脱出が激減/土浦市

2006年09月27日

 無人の有料駐車場で料金を支払わず、車輪止めを乗り越えて逃げる車――。この「不正脱出」に頭を悩ませていた土浦市が、昨年10月から市営駐車場で「最初の30分は無料」のサービスをやめ、初めから料金を課すようにしたところ、不正脱出が激減した。皮肉にも、市民のために始めた無料サービスが、料金の踏み倒しを誘発していたようだ。

 土浦市はJR土浦駅の東口と、荒川沖駅の東口、西口の計3カ所に市営の有料駐車場「パークロック」を設置。車を止めると「ロック板」と呼ばれる車輪止めが上がって車が出せなくなり、料金を投入すれば下がる仕組みだ。

 市は90年から、最初の30分間は無料にするサービスを始め、それ以降は25分ごとに100円を加算していた。だが、ロック板が上がっているにもかかわらず、料金を払わずに車を強引に出す「不正脱出」が続出、ロック板の破損が相次いだ。

 04年度は計10カ所で修理を行い、市が約20万円を支出。05年度は9月までの半年だけで4カ所を修理、約15万円かかった。ほかにも、30分たつ前に車を駐車場内の別の枠に移動させることを繰り返し、長時間、無料で駐車を続ける利用者もいたという。

 市は打開策として、05年10月、30分の無料サービスを撤廃し、最初から30分ごとに100円を加算するよう条例改正に踏み切った。すると、今年8月までの11カ月間、ロック板の破損は1件も起きていないという。

 以前の無料サービスは、料金を支払うことへの抵抗感を利用者に持たせてしまい、特に30分を過ぎたばかりの時間帯で不正脱出を誘発したとみられる。だが、初めから有料なら「支払うのが当然と思うようになる」(市担当者)という。

 サービスの廃止後も売り上げに大きな変動はなく、対策は功を奏した形だが、市の担当者は「一部の心ない人のせいで、善良な市民の負担を強いる結果になった」と心苦しい様子だ。

 土浦駅前の駐車場を利用していた市内の主婦は「子どもの定期券を買うのに5分だけ止めました。できれば無料がいいけれど、壊す人がいるなら仕方がないですね」と話していた。


http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000609270001




★広告のほうもポチっと ↓ クリックお願いします ↓  (*゚ー゚)ゞ