オーストラリア・ケアンズ・隠れ家ビューティーサロン    ~ I Rejuvenate ~

美や健康はもちろん、癒しやくつろぎを求めて来られる方々に、今お手伝いできること、共感できることをシェアしていきます。


テーマ:
icon12こんにちは!!
お久しぶりでございます。みなさま。icon12





さて、
自分でいうのも、なんですが 

私 直感がものすごくよいせいか

透視のできる?

とても スピリチュアルな人間だと思われることが多いんです・・icon12


ただ、自分が実際 している仕事や勉強は 

とても、現実的。

抽象的ではありますが

臨床実験も踏まえての、

医者や科学者からの実証された ものだけを 勉強してます。

今さながら、医者になりたいとは 思っておりませんicon10

でも

ハマってます。笑

とはいうものの

医学の世界でも 化学(科学)の世界でも

まだ未解決なものもたくさんあります。

精神的な面で、影の力となってくれるのは

周囲の人たちのサポート

そして、自分自身の中にある ”かみさま” だと 

こちらは、ちょっと神秘的( Spiritual )。

とにかく

いろんな面で ”バランス”を整えるのは 大切だなと。

さて、


自然医療( ナチュロパス)を このオーストラリアで勉強するにあたって

何度も なんども、考えさせらた 状況にさらされます。


なにせ、習慣はもとより いろんなお国柄の人がいる中での

”バランス” ですからfeel04

とても ”幅広い”わけですface02


すべてが 

”間違い”でもなく ”正しい”わけでもない

そこで 実際に起こっている事

今ここに ある事を

俯瞰して 見てみる

体験してみる・

傍聴してみる
・・という 

重要さを 学んでおります。


医者や科学者が すべてを知っているとは限りません 。

言い換えれば、

医師にしても、カウンセラーにしても、代替医療士やマッサージ師、栄養士にしても

みんなが、ぞれぞれに、 個々の得意とする分野

もっている、ということ。




”Don't under estimate yourself"

先日 講師に 言われた 言葉ですicon12

”人生生きていく中で、自分を絶対卑下するな!

自分という人間は 自分が思っている以上に 

すばらしき生き物。

才能のある生き物である

そして、あなたがた 一人ひとりが、

素晴らしい才能を秘めていることを 忘れないでほしい”


と。

feel03

嬉しく、ワクワクしてきちゃうでしょう?

では、いろんな考えさせられる状況・と前者で述べた例?

をここで、ご紹介しますicon12face01


~~~~~~~~~~~~

大自然の中のケアンズにある、

自然系の学校ですから

クラスがあるときは、ヒッピー系の人

多かったんですねface01。笑

そして、 西洋人の特徴として

自己主張が 際立ってるicon09 

自分のモラルに沿った方針は 尊敬しますicon06

でも

たまに、え? アレ?

は~? 

という思いがつい こみあげてしまう 言動を耳にもします。

”私は、ベジタリアンよ~!

でもね、鶏肉は食べるの!

魚は嫌いだから食べない”。
icon11feel21

feel21feel21

私の脳みそは とても 困惑してたのを覚えています~icon10feel21!!

”え?鶏肉って野菜っだったの?!!!???”。。て><icon10

そうそう、昔いっしょに働いていた スタッフも

ベジタリアンになる!!といいながらも、

お肉が恋しいときは、 チキンコンソメ味の ポテトチップス

ガッツリ 食べていたしface25

現地のスーパーには ベジタリアン用のセクションがあって

そこには、ベーコンやソーセージに見立てた

大豆からの 食品も見られます。

そんなに、お肉まがいのものが恋しければ、、

お肉たべたらいいじゃない~?
food26
 
と、言いたくなるのは、私だけでしょうか?笑





一昔前までは、

ベジタリアンは、 動物福祉の方であったり、

その国柄や宗教的に決まり事がある場合

消化機能が弱く、肉のタンパク質を受け入れられない人に・・・

という条件や理由があっての目的だったと思うのですが、

今はヘルシーブームとして世界のあちこちで

ベジタリアンが 増えているのでしょうね。

そして、さらに輪をかけて

”訳あり ベジタリアン”が!! 笑

ちなみに、海外では こ~んなベジタリアンの種類があります。


ovo-lacto vegetarian 
(卵と乳製品、はちみつはOK).

Ovo vegetarianism 
(卵はOKだけれど、乳製品はダメ)

lacto vegetarian 
(乳製品はOKだけれど卵はダメ)

"Pollo-pescetarian", 
 (ベジタリアンだけれど、チキンや魚などの 白身の肉はOK )

label themselves "vegetarian"
 (自称ベジタリアンで、 自称だから、気分次第で たまに お魚は、OK 白身のお肉もOK だったりする)


・・・笑  笑  笑 face01

いや~、人間っておもしろいfeel01!!

私の 個人的な意見で おこがましいのですが

この地球上には いまだ貧しくて

物資が不足している国や地域がたくさんあります。


今あるものを、感謝して旬の食材を摂取する

・・・これが 本来の 食のあり方では?

などと 感じたりもします。



確かに、近代医学が進む中

自己免疫失調アレルギーや癌の疾患者は増え続けています。

なので、国自体で エルシーになろう!!

は、理解できるのですが

それが、どうしても、 この世の中

セレブやメディアが中心となってしまうんですよね。

残念icon10

でも、それとは逆に

医者や専門機関で診てもらえば

”治してもらえる”

という 思い込みも 間違いだと思うのです。

人間は勝手なもので

心身ともに 弱り果ててくると

だれかに、素直に頼ってみる

代わりに

”他人を責める、他人のせいにしたくなる” 

ケースが多いのでは?

なので、

あそこに行っても 体調良くならないんだよね。

・・・という、言葉が・・・・・ face30


確かに 薬品会社と一緒になって 必要のない 薬を

患者にバンバン処方する 医師も増えてきていますし

癌になっても、”はい治療はコレね”と、

癌の説明なしの医者もいますけれどねface27

でも、最後に 自分の体にOKをだすのは 

”自分自身”

だと思うのですfeel04


なので、 上記のような 自称ベジタリアンのように

自分なりの ヘルシーモラルを持っている人なんかのほうが

自己責任があって よろしいのでは??

とも思えてきます。

ただ、食べ物の情報に ”洗脳されちゃっている” 人も要注意




・・・ちなみに、摂食障害の一つに、

“オーソレキシア”と言われるものがあります。

長期間、食べ物への極端なこだわりを持ちすぎる

食材の質に異常な固執を示し

健康志向からはじまり、加速しだして健康な食事以外は徹底的に排除する


結局、徐々にアンバランスとなっていき

結局は栄養不良に陥る可能性も高くなり

問題にもなってきているようです。




生きず待ったら やはり

10歩くらい 引いてみるといいのでは??

そうそう、自分なりの バランス保ち続けていく。


それが、本来の治癒力パワーを高める

はじめの一歩では~icon12feel04









 








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。