http://mytown.asahi.com/areanews/saitama/TKY201105210624.html


孫さん、やはり動き早いね。


誰が手を上げるかと思ったが、東電や政府は


頑張ってくれよ。。。



AD

東京電力

富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山


是非国有化して、クリーンエネルギーを推進する


会社に国は変えて欲しい。


不幸なこと続きだが、今年の日本の二酸化炭素


排出量は、きっと激減しているに違いない。


※夏の電力不足

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110326ddm012040208000c.html


富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山富士山

AD

http://www.eco-online.org/eco-news/energy/2010032143.php



2007年より、全面的なリニューアル工事を行ってきた。その集大成として、

「銀傘(ぎんさん)」の愛称で親しまれている内野席の屋根に太陽光

パネルが設置され、3月1日より稼動を開始している

AD

****************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091220AT3S1901Y19122009.html

****************************************************************

 途上国は勝利を収めたとの見方が多い。取るものは取り、失うものは最小限

にとどめたためだ。日米欧から巨額の資金援助を取りつけたうえ、途上国の

義務を最小限に抑えた。

 途上国は先進国から過去最大の支援を引き出した。途上国グループを代表

するスーダンは17日、米国の途上国支援に触れ「不十分ではあるが、良い

兆候と考えている」と述べた。(コペンハーゲン=古谷茂久) (16:39)

****************************************************************


複雑だ。。。


だが、世界中の国々の協力なしには進まない話。


自国の利益も重要だと思うが、そんなことを言ってられない


事態になってから妥協しても遅いのにねぇ。

***************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091220AT3S1900P19122009.html

***************************************************************

 排出量取引など国際的な温暖化対策をリードしてきた欧州各国にとっては、

ほろ苦い会議となった。バローゾ欧州委員長は「我々の野心のレベルを

下回る」と落胆を隠さない。

 コペンハーゲンでポスト京都議定書の骨格を固め、2010年前半に正式に

採択する――。欧州連合(EU)はこんなシナリオを描いてきた。だが先進国

の排出削減目標の設定は先送りされ、議定書の骨格が見えたとはいえない

結果となった。(コペンハーゲン=瀬能繁) (15:15)

***************************************************************


先行き不透明。。。


孫の代まで汚点を残してはいけない。。。

***************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13022120091218

***************************************************************

[コペンハーゲン 18日 ロイター] 18日午前にまとめられた草案に

よると、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15 )の

首脳会合では、世界全体の気温の上昇幅の上限を摂氏2度とすることや、

2020年まで年1000億ドルの途上国向け気候変動対策支援などが

検討されている。

 ロイターが入手した草案には「世界全体で(温暖化ガスの)大幅な排出

削減が必要」との文言が含まれていた。


 ただ、先進国が約束する予定の2020年までの温暖化ガス排出削減

目標の部分は依然空白のままだった。


 このほか、草案では、世界全体の気温上昇が2度を超えるべきでは

ないとの科学的見解を認識し、当事国が強化された国際的協力関係に

基づき、国内政策を通じて積極的に(気候変動問題に)対応することに

コミットする方針も示されている。

***************************************************************


*************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091120AT3S2000Z20112009.html

*************************************************************

 政府の国家戦略室は20日、衆院選マニフェスト(政権公約)の主要予算

の見直し作業で、廃止を公約で明記したガソリン税などの暫定税率の

あり方をめぐって協議した。廃止に伴う代替財源として導入を求める声が

ある環境税の是非の検討にも着手した。

 同日は菅直人副総理・国家戦略相ら戦略室の政務三役が財務、総務、

環境各省の関係者らから意見を聴いた。総務省が暫定税率が国税、

地方税などに入り組んでいる仕組みを説明。環境省は「地球温暖化

対策税」を提案した。協議後、菅氏は「(暫定税率廃止の)基本原則から

スタートした議論をしている」と指摘。環境税を導入する場合の時期に

関しては「制度変更、税収にもかかわる」と述べるにとどめた。

 暫定税率を廃止すれば、年間約2兆5000億円の税収減となる。うち

約8000億円は地方自治体に回る財源のため、自治体からの強い反発

も予想される。 (00:02)

*************************************************************


まぁ、安くならないのは寂しいが、地球の為には必要ではないかと。。。


**************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12580520091120?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

**************************************************************

[東京 20日 ロイター] 直嶋正行経済産業相は20日、政府の追加

経済対策に関連し、省エネ家電の普及を促す「エコポイント制度」を

2010年末まで、エコカーの「新車購入補助金制度」を2010年9月末

まで延長することを表明した。広報担当者が述べた。

 両制度は、ともに2010年3月末に終了する予定だったが、家電・自動車

業界の苦境が続いているため、補助金延長を目指す。新車購入補助金で

2300億─2400億円、エコポイントでは環境省と総務省との3省合計で

1400億─1500億円の予算計上を提案するという。

**************************************************************


エコカー減税。。。

*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-11895520091011

*************************************************************

 [コペンハーゲン 10日 ロイター] 米著名投資家ジョージ・ソロス氏は

10日、クリーンエネルギー関連のテクノロジーに10億ドル(約9000億円)

を投資する考えを明らかにした。また、気候変動に関する新たな政策

イニシアチブを創設し、向こう10年にわたって年間1000万ドルを拠出する

ことも合わせて発表した。


 ソロス氏は、12月に国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議

(COP15)が開催されるコペンハーゲンで「地球温暖化は政治的な問題だ」

と指摘。気候変動問題の解決に対し、世界の政治家が指導力を発揮できる

かどうか不透明だと述べた。


 タイのバンコクで開かれていた国連の気候変動枠組み条約特別作業部会

は9日、先進国と発展途上国の間に横たわる溝を埋められないまま閉幕した。


 クリーンエネルギー関連への投資について、ソロス氏は「利益の出る投資

機会を探すが、気候変動問題の解決に真に貢献できる投資も求めていく」と

述べた。

*************************************************************


多額な資金をポーンと出せるところがすごいね。。。