http://japan.zdnet.com/sp/feature/07tenthings/story/0,3800082984,20420380,00.htm


>正しくかつ素早く合意をし、決断を打ち出すために必要となる

>質疑応答力 を高めるための方法


会議は不要とは言わないが、無駄な会議は時間の浪費


となるので出たくないものだ。


AD

http://president.jp.reuters.com/article/2010/05/04/0D75F30E-5108-11DF-AB6D-1AE83E99CD51.php


>ジョブズは暴虐なエゴイストである。しかし、だからこそ究極の

>「他人思い」の商品を創ることができた。これはビジネス史上に残る、

>強烈なアイロニーといえる


だから、一度は MAC から出ていったんだねぇ。


このアイロニーに心揺らされた時を思い出す、


NextStep を見た当時は衝撃を受けたね。



>「アメリカだから」「ジョブズだから」という口実でやり過ごし、

>相変わらず組織の和を気にし、消費者アンケートを気にしながら、

>無難なビジネスを続けていくのだろうか。それも必要なことかも

>しれない。ただその間にも、世界のどこかで第2、第3のジョブズが

>日本企業を凌駕していくだろう。


日本人はビジネスマンではなく、サラリーマンだから、


できないんでしょう。。。


http://japan.cnet.com/extra/sbhc_201001/story/0,3800103452,20408397,00.htm


 まぁ、40代以降のエンジニアを、昔から日本は受け入れる


土壌はそもそも無いね。昔から30歳限界説があったからね。


私が若かりしころも、辞めて行った先輩、営業に衣替えした


先輩方々は数知れず。



でも、


>新時代のSEは、ビジネス全般にかかわる「ビジネス・エンジニア」

>として、生きていくことが求められる


は、もはや使える人の裾野が広がり(ITが身近なものと


進化したことも多い)、ビジネスの一部として無くてはならない


ものとなったITで、求められる人材の必須要件となったという


意見は一理あるかもね。


http://japan.zdnet.com/blog/yoshida/2010/02/14/entry_27037384/?ref=rss


この転換はなかなかこないものだ。


ノンコーディングの試みは過去何年もあるが、実現しない。



>そうした個々の努力は個別最適を生み、結果として全体からみた非効率を

>生みだしてしまっていたのである


まさしく、IT界の合成の誤謬



記事はあいまいな書き方だが、Nintex はこの問題は解決してくれる


わけではない。



記事にある問題の解決は、EUCを集約する業務フローが無かった


ことが問題で、ツールで解決するというシステム屋の発想では


対処し得ない問題ではなかろうか。