手法 : 個人的な根拠のない予想

期間 : 2010/06/21 - 2010/06/25


価格 : 9,750 ~ 10,250

※本予想に関するクレームお断り(投資は自己責任にて

※予想が当たったところで儲かるとは限らない


AD

**************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15897220100619

**************************************************************

[ニューヨーク 18日 ロイター] ニューヨーク外国為替市場で、ユーロが

ドルに対して3週間ぶり高値圏で推移。週間では2009年5月以来、約1年

ぶりの大幅な値上がりとなった。ただし不透明感は根強いとみられている。

 欧州連合(EU)は前日の首脳会合で、欧州銀行の健全性審査

ストレステスト )の結果を7月後半に開示することや、大手銀行の健全性

をより透明性の高い方法でチェックすることで合意した。


 アナリストからは、審査結果が欧州金融システムの信頼改善につながる

可能性もあるとの声が聞かれるが、その一方で「仮に大手銀行に大幅な

増資が必要との結果が審査結果で明るみになれば、かなりの悪影響が

生じる恐れもある」(フォレックス・ドットコムの首席ストラテジスト、

ブライアン・ドーラン氏)とみられている。


 週内に実際されたスペイン国債入札がまずまずだったことで、同国の

財政状況に対する不安が幾分和らいだという。


 ユーロ/ドルは1.2373ドルとほぼ変わらず。前日には1.24ドルを

超え3週間ぶり高値をつけていた。


 ユーロ/円は0.3%安の112.26円。


 ドル/円は0.3%安の90.71円。

**************************************************************


*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15819320100614?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

 [ニューヨーク 14日 ロイター] 14日のニューヨーク外国為替市場

では、ユーロがドルと円に対して上昇した。強い内容の経済指標の発表

を受けて欧州の景気回復に対する懸念が和らぐとともに株式などリスク

が高めの資産の購入意欲が高まり、ユーロに対する逆風が一服した

格好だ。


 ただ欧州の抱える問題そのものが完全に視界から消えたわけでは

ない。ユーロは6月初め以来の高値である1.23ドルに迫った後は、

ムーディーズがギリシャの格付けを投機的(ジャンク)等級に引き下げ

たことを受けて上昇幅を削る展開となった。ムーディーズはギリシャ

について、大きなリスクに直面しているとの見解も示した。

*************************************************************

*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15816020100614

*************************************************************

[ルクセンブルグ 14日 ロイター] ユーログループのユンケル議長

(ルクセンブルク首相)は14日、スペインはユーロ圏に対し金融支援を

要請していないと述べた。

 独紙はこの日、欧州連合(EU)諸国がスペインへの支援について

今週ブリュッセルで協議すると報道。これに対し、欧州委員会高官、

およびスペイン政府高官から否定するコメントが続いている。

*************************************************************


*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15796020100612?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

[ニューヨーク 11日 ロイター] ニューヨーク外国為替市場ではドル

が対円・ユーロで上昇。米消費者信頼感指数が改善し、米景気回復が

順調に進んでいることを示唆した。

 ユーロ圏の債務問題をめぐる根強い懸念やテクニカルな節目も

ユーロ売りにつながった。


 ロイター/ミシガン大学が実施した6月の米消費者信頼感指数・

速報値は、ほぼ2年半ぶり高水準となった。


 この指標についてRBS証券のストラテジスト、アラン・ラスキン氏は

「かなり喜ばしいサプライズ」だとし、このところの市場のボラティリティ

やぜい弱性を踏まえると特にそう言えると述べた。


 米消費者信頼感指数は、これより前に発表された5月の米小売売

上高が予想外に減少したことの影響を相殺し、米国が欧州や日本

より前に利上げに踏み切るとの観測の高まりにつながった。


 終盤の取引で、ドル/円は0.3%高の91.67円。


 菅直人 首相が11日、所信表明演説を行い、先進国で最悪の財政

状況に危機感を表明。ギリシャの財政危機問題を取り上げ「国債市場

における信認が失われれば、財政破たんに陥る恐れがある」と指摘し、

財政健全化に向けた改革に「今から着手する必要がある。税制の

抜本改革に着手することが不可避」と訴えたことも円安につながった。

*************************************************************


円安は日本株にプラスだが、これは。。。