**************************************************************

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-15466020100524

**************************************************************

[ワシントン 21日 ロイター] 2008年に起きた米リーマン・ブラザーズ

破たん後の経済の安定化には、5兆ドルと前例のない20カ国・地域

(G20)による国際協調が必要となったが、金融危機 の次の局面は、

より厳しいものになる可能性がある。

 2年近く前に発生した混乱を鎮めるため、各国政府は巨額の債務を

民間から公共部門に移したが、現在、こうした政府債務は金融市場を

圧迫しており、この負担を転嫁する場所はもうどこにも残っていない。

**************************************************************


テクニカルには売られすぎ、しかし過剰な債務がいつ破裂するか


わからない状況は変わっていない。


さて、テクニカルに買いか、時で買うか、はたまた売りか。


AD

手法 : 個人的な根拠のない予想

期間 : 2010/05/31 - 2010/06/04


価格 : 9,250 ~ 10,250

※本予想に関するクレームお断り(投資は自己責任にて

※予想が当たったところで儲かるとは限らない

AD

*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15571020100528?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

[ニューヨーク 28日 ロイター] 28日のニューヨーク外国為替市場

では、格付け会社フィッチ・レーティングスがスペインの格付けを

最上級の「AAA」から1ノッチ引き下げ「AAプラス」としたことを受け、

ユーロが全面安となった。

 フィッチは、スペイン政府が導入する財政緊縮措置により、同国の

景気回復が政府予想よりも「限定的」となると説明した。

*************************************************************


AD

*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15570920100528?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

[マドリード 28日 ロイター] 格付け会社フィッチ・レーティングスは

28日、スペインの長期外貨建ておよび自国通貨建て発行体デフォルト

格付け(IDR)を最上級の「AAA」から1ノッチ引き下げ「AAプラス」

とした。見通しは「安定的」。

*************************************************************


*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15545120100527?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

 [ベルリン 27日 ロイター] ガイトナー米財務長官は27日、

リスクテイクに対する規制強化の必要性で米国と欧州が大筋で

一致したことを明らかにした上で、規制が景気回復を阻害しないように

する必要があるとの考えを示した。


 ショイブレ独財務相との共同記者会見で、ガイトナー長官は

「資本やレバレッジに対する一段と保守的な制限実施が好ましいとの

点でわれわれは一致した」と語った。


 リスクテイクへの規制、一段と保守的な資本要件、デリバティブ市場

の透明性改善と情報開示の必要性や、経済をリスクから守るために

規制・監督当局が職務を確実に実行できるようにする必要があるとの

見解で大筋で一致したと説明した。


 ただ、政策の策定に当たっては、将来的なシステムの安定性向上を

目指す一方で、現在見られつつある景気回復を金融の問題が阻害

するリスクを生まないよう慎重に行う必要があるとの考えを示した。


 ドイツが前週単独で空売り(ネーキッド・ショート・セリング)禁止措置

に踏み切ったことについて、ガイトナー長官はこれまで批判的な見解

を示してきたが、この日の合同会見では言及しなかった。


 ショイブレ財務相は、規制に対する取り組みで米国とドイツは実際

には一致している点が多いと指摘。「金融市場の規制をめぐり何を

すべきか、どういった対応が可能かについて、われわれの判断は

外から見えているよりも実際は近い」と述べた。


 「ただ、米国の金融セクターの慣行や構造が欧州大陸とかなり

異なることを念頭に置く必要がある」とし、方向は同じでも実際の

対応が異なる場合があると語った。

*************************************************************


*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15545520100527?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

[ニューヨーク 27日 ロイター] 27日の米株式相場は急反発。

中国がユーロ圏債券の保有を見直しているとの報道には根拠がないと

表明したことを受け、投資家の懸念が後退した。 

 ダウ工業株30種は284.54ドル(2.85%)高の1万0258.99ドル。


 ナスダック総合指数は81.80ポイント(3.73%)高の2277.68。


 S&P総合500種は35.11ポイント(3.29%)高の1103.06。


 S&P500は5月10日以来の大幅な上昇率となった。


 アストン/TAMROダイバーシファイド・エクイティ・ファンドの共同

運用責任者ティム・ホランド氏は「よく見ると、欧州は悪化していない」と

指摘し、「過去3週間で相場が15%下落したのは妥当だろうか」と

述べた。


 中国人民銀行は27日、中国が欧州の財政赤字をめぐる懸念から

ユーロ圏債券の保有を見直しているとの英紙フィナンシャル・タイムズ

(FT)の報道には根拠がない、と表明した。

*************************************************************


悲観の次は楽観。。。