**************************************************************

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-14976020100423

**************************************************************

 [東京 23日 ロイター] 来週はギリシャ問題を材料にした同国債と

ユーロの動向が引き続き焦点だ。同国がEUとIMFに支援を要請する、

と報じられ、反転の動きも出ているが、継続性には見方が分かれる。

ユーロ売り地合いに変化がなければ、国内の株式市場にはマイナス。

一方、為替がいったん落ち着けば株式は戻りを試す動きも期待されている。

**************************************************************


*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN

*************************************************************

[ロンドン 23日 ロイター] 金融安定理事会(FSB)議長を務める

ドラーギ・イタリア中銀総裁は23日、新たな銀行資本規制の強化に

ついて、景気回復を損ねることのないよう慎重に導入される、

との考えを示した。

 議長は、報道機関に公表された20カ国・地域(G20)財務相宛て

書簡のなかで、多岐にわたる規制改革のタイムリーな実施に向け、

各国の支持が重要と強調した。


 銀行の新自己資本比率規制「バーゼルIII」について、銀行セクターは、

修正なしに長期にかけて導入すれば景気回復支援に向けた融資が

滞ることになるとして、おおむね反対で一致している。


 議長は、将来において持続可能な銀行業務を確実にするために、

新規制は必要不可欠とし、「同規制の実施でマクロ経済に悪影響が

及ばぬよう、移行および適用除外に関する取り決めを設けるつもりだ」

と述べた。


 国際的な銀行税については、バーゼルIIIの代替とみなされる

べきではないと指摘。「資本強化という優先事項に対して、課徴金

もしくは課税は代替とならない」とした。


 国際決済銀行(BIS)バーゼル銀行監督委員会は、2011年前半に、

新たな銀行の資本規制について、具体的な提案を行う見通し。


 ドラーギ議長は、デリバティブ市場の透明性を高めリスクを低下

させるための改革について、2012年末としているG20の期限を

達成するには、年内に大幅に前進する必要がある、との見方を示した。


 議長は「どのデリバティブ商品を標準化し、中央清算機関での

決済を義務付けるのか、という点や、エンドユーザーへの適用免除の

問題で、地域により不一致がないようにしなければならない」と述べた。


 FSBは10月、デリバティブ契約の標準化で報告書を発表する。

*************************************************************


**************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14869420100417?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

**************************************************************

 [ワシントン 16日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ

議長とガイトナー米財務長官は20日、リーマン・ブラザーズの破たんを

めぐり下院金融委員会の公聴会で証言する。


 公聴会は午前11時(日本時間21日午前零時)に始まり、証券取引

委員会(SEC)のシャピロ委員長やリーマン元会長兼最高経営責任者

(CEO)のファルド氏も証言する予定。


 2008年9月のリーマン破たん当時、ガイトナー長官はニューヨーク

連銀総裁を務めており、バーナンキ議長、ポールソン元財務長官

とともに、破たん決定に深く関与していた。

**************************************************************

**************************************************************

http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/summary.aspx?id=ASFL17009%2017042010

**************************************************************

【NQNニューヨーク=古江敦子】16日の米株式市場で日本株の

米預託証券(ADR)はほぼ全面安。同日の日米株式相場がともに

大幅反落したことが響いた。ソニーとアドテストがともに約3%下落した。

パナソニックや野村、キヤノン、クボタも安い。一方、NTTドコモは上げた。

**************************************************************


さて、今週は。。。