*************************************************************

http://osaka.yomiuri.co.jp/eco/news/20091031-OYO8T00276.htm

*************************************************************

 パナソニックは30日、2009年9月中間連結決算を発表した。事業の

統廃合などの合理化効果で、8月時点で200億円の赤字を見込んで

いた営業利益は288億円の黒字(前年同期比87・4%減)に転換した。

3兆3000億円とみていた売上高も、冷蔵庫などの販売が好調で、

332億円多い3兆3332億円(同23・3%減)だった。省エネ家電の購入

を促すため政府が実施したエコポイント制度の効果が表れた。

 10年3月期の連結業績予想でも、営業利益は5月時点の予想より

450億円多い1200億円、1950億円の赤字を見込んだ税引き後利益も

1400億円の赤字に上方修正した。

 薄型テレビの4~9月の販売台数は、前年同期比47%増の718万台で、

大坪文雄社長は「年間目標の1550万台を上回る販売を見込める」とした。

2009年10月31日 読売新聞)

*************************************************************


タスポと同じで、効果がなくなったときが。。。


AD

**************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091031AT2M3100P31102009.html

**************************************************************

【ニューヨーク=財満大介】経営危機に陥っている米ノンバンク大手CIT

グループは30日、著名投資家で大口債権者のカール・アイカーン氏から

10億ドル(約900億円)の追加融資枠の提供を受けたと発表した。同社は

早期再建を前提に事前調整型の連邦破産法11条(日本の民事再生法に

相当)の申請を検討しており、再建期間中の運転資金に充てるもようだ。

 CITは既に他の債権者からも総額45億ドルの融資枠を確保している。

破産法からの早期脱却には多数の債権者による再建計画への事前

同意が要る。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、CITはその

手続きを既に終え、早ければ11月1日にも破産法を申請する見通しだ。

 実際に破綻すれば金融機関としては今年最大、資産規模でみると

自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に次ぐ米史上5番目の企業破綻

になるという。昨年、米政府が金融安定化のために投入した公的資金の

回収ができるかどうかも焦点になる見通しだ。 (10:31)

**************************************************************

AD

*************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091031AT2M3100H31102009.html

*************************************************************

 【ワシントン=御調昌邦】米国際貿易委員会(ITC)は30日、中国製

シームレスパイプ(継ぎ目なし鋼管)について「米国内で不当に安く販売

していると考えられる」と判断した。米政府として対抗措置に向けた検討

を続け、米商務省は12月10日前後までに相殺関税などについて仮決定

をする見通し。政府内で今後も調査を続け、最終的に「クロ」と決定

すれば、来春に正式に関税を引き上げることになる。

 今回の対象は石油化学製品や天然ガスなどの工業用導管に使う

パイプ。ITCでは6人の委員全員が中国製品によって「米産業が脅威を

受けている」と判断した。

 米国では商務省とITCがそれぞれ国内製品が不当な競争を受けて

いないかなどを段階的に判断し、最終決定する仕組みをとっている。

米商務省が7日に反ダンピング(不当廉売)・相殺関税の調査開始を

決めたことに伴い、ITCが反ダンピングなどを判断することになって

いた。 (11:01)

*************************************************************


この手の話が多く出てこなければよいが。


保護貿易にアメリカが向かわないことを祈るばかり。。。


AD

**************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091031AT2M3100P31102009.html

**************************************************************

[ニューヨーク 30日 ロイター] 30日の米株式市場で大手銀行シティ

グループ(C.N: 株価 , 企業情報 , レポート )の株価が5.1%安と急落した。

会計の専門家ロバート・ウィレンズ氏が、第4・四半期にシティは繰延

税金資産をめぐり100億ドルの損失を計上する可能性が高いとの

見方を示したことが背景。

 CLSAのアナリスト、マイク・マヨ氏は電話会見で、100億ドルは

シティの有形普通株資本の約10%、380億ドルの繰り延べ税金資産の

約25%に相当すると指摘した。


 シティの広報担当者は「アナリストがどのようにして、このような試算に

至ったか見当がつかない」と述べた。

*************************************************************


楽観の後には悲観が待っている。。。

****************************

http://ascii.jp/elem/000/000/048/48338/

****************************

タンジブルな表現(物理的実体とデジタル情報の結合)

  1. 入力と出力の一体化による直接操作
  2. 特定アプリケーション専用インターフェース

といった特徴を持つ新しい流れ、


 「Tangible User Interface(TUI、タンジブル・ユーザー・インターフェース)」


を創ることにしたのだ。

****************************


是非、試作品は、そろばんで!!


え、それはそろばんそのもの。。。だよねぇ。。。



 「Tangible Bits」は、人間とビット(デジタル情報)、アトム(物理的世界)

の間をシームレスにつなぐためのアプローチ。デジタル情報に物理的な

実体を与え、人間の手で直接操作できる

*************************************************************

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12096820091023?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=69

*************************************************************

[ウィーン 23日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーの

ノボトニー・オーストリア中銀総裁は23日、ユーロ圏が景気の二番底に

陥る可能性は低いとの見方を示した。 

 現段階で景気刺激策を解消するのは時期尚早との見解を確認した

うえで、解消に向けた計画策定に着手する必要があると指摘した。


 欧州経済について、予想通り第3・四半期にプラス成長を回復しても

再び景気後退に陥る可能性はあるかとの質問には「そうはみていない。

政府は二番底回避に向け新たな措置を講じるだろう」と述べた。


 9月時点のECBスタッフ予測には依然として現実味があるとし「12月

予測にも大きな変更はない見込みだ」と語った。 


 9月のECBスタッフ予測では、2010年のユーロ圏経済の成長率

見通しはマイナス0.5―プラス0.8%程度となっている。

*************************************************************


景気後退回避かぁ。。。日本もそうであってほしいねぇ。。。