*******************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081031AT2C3001U30102008.html

*******************************************************************

 政府が金融危機時に公的資金による資本注入で買い取った銀行株が、

「含み損」になっていることが明らかになった。資本注入した10行・

グループの優先株(一部は普通株)の30日時点の含み損は約6500億円。

4月末は1兆3000億円弱の含み益があったが、株価の急落で含み損に

転じた。各行とも公的資金の早期返済を目指していたが、事実上、

不可能になっている。返済計画の見直しを迫られる可能性が大きく

なってきた。

 政府・与党が30日にまとめた追加経済対策で、金融機能強化法改正案

に盛り込んだ公的資金による資本注入枠の拡大を打ち出したことを受けて、

過去に注入した公的資金の現状を分析した。(07:00)

*******************************************************************


まぁ、これだけ下がれば含み損は出るよね。。。

AD

*******************************************************************

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/081027/fnc0810271836016-n1.htm

*******************************************************************

 政府は27日麻生太郎 首相からの指示を受け、株価の急落や

急激な円高に対応するための緊急市場安定 化策をとりまとめた。

株の空売り規制の強化や、銀行が保有する株式の買い取り再開、

会計ルールの緩和などが柱となっている。麻生首相は「あらゆる

手段を講じて市場の安定化と金融機能の円滑化を図る」と語り、

法改正を伴わないものは早急に実行し、市場の混乱に歯止めを

かけるつもりだ。

 麻生首相は(1)株式市場の安定化(2)金融機能の一層の強化

(3)証券投資のすそ野拡大-の3点を指示。

 株式市場の安定に向けて、まずは空売り規制の強化を11月

から実施する。空売りは証券会社から株を借りて売却し、その株

が値下がりした時に買い戻すことで利益を得るもので、これを

一部禁止する。さらに、市場で大口の空売りを行った投資家に

報告・開示を徹底させる。ヘッジファンドなどの投機的な動きを

牽制(けんせい)することが狙い。金融機能を強化するため、

経営環境が厳しい地域金融機関を対象に自己資本比率規制を

緩和する。

 また、証券投資の裾野を拡大するため、従業員持ち株会による

自社株買いが円滑に進むよう買い付け条件の緩和を日本証券業

協会に要請した。

 与党には証券税制優遇措置の拡充と、政府が設立した銀行等

保有株 式取得機構による銀行保有株 の買い取り再開の検討を

指示。麻生首相との会談後、与党金融プロジェクトチームの

柳沢伯夫 座長は、記者団に対して、証券税制について現行の

優遇措置を延長する考えを示した。

 銀行保有株 の買い取り再開を日銀にも要請するかどうかに

関して中川昭一 財務・金融担当相は「日銀が判断することだが、

効果的な対応を期待している」と述べるにとどめた。
******************************************************************


福田内閣とは違うフットワーク。


明日は誰もがあがると考えるだろう。。。
AD

*******************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081027AT2D2700727102008.html

*******************************************************************

 日経平均株価は10月に入ってから1カ月足らずで3割以上

下落し、2003年4月に付けたバブル崩壊後の最安値(7607円)

を、割り込んだ。10月以降の下落率は主要先進国の株価指数

で最大。市場の関心が金融危機から世界的な実体経済の

悪化に移るなかで、外需依存度の高い日本企業の収益悪化

懸念が足かせになっている。急速に進んだ円高も追い打ち

をかけている。 (17:59)

*******************************************************************


*******************************************************************

10月26日13時0分配信 時事通信


 三菱UFJフィナンシャル・グループが最大1兆円の資本増強
を検討していることが26日、明らかになった。
年内にも実施する。米金融大手モルガン・スタンレーに総額
90億ドル(約9000億円)出資したのに加え、保有株式の価格
急落で含み損も発生しているため、大規模な資本増強が必要
と判断した。みずほフィナンシャルグループと三井住友
フィナンシャルグループも資本増強の検討に入った。日本の
メガバンクがそろって財務基盤を強化する。 

*******************************************************************


メガバンクそろい踏み。。。


それだけ影響が大きいってことだね。

*******************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081025NT003Y38624102008.html

*******************************************************************

 株価の急落が国内銀行の経営を直撃している。24日の大幅

下落で株式の含み損は大手銀行6グループで約1兆2000億円に

達した。地域銀行でも全体でマイナスに転落したもようだ。含み損

は自己資本から差し引かれるため、銀行経営に重しとなる。邦銀

はここ数年、保有株式を圧縮してきたが海外銀に比べると高い

水準にある。「株式が銀行財務にとって最大のリスク」(日銀)

である点が改めて浮き彫りになった。

 政府もこうした状態を見過ごせないとして、銀行保有株の買い

取りを再開する方向。買い取りが実現すれば、銀行経営に悪影響

を与える自己資本比率の著しい低下を避けられるため、銀行界も

この構想を歓迎すると見られる。 (07:39)

*******************************************************************


まだ、構想段階だからね。


負の連鎖で日本の株は何処まで落ちるんだろうね。。。

*******************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081025AT2M2500W25102008.html

*******************************************************************

米株安、個人の売りが主導 08年下落率37%

 【ニューヨーク=川上穣】24日の米株式市場はダウ工業株30種

平均が5年半ぶりの安値を付け、年初からの下落率は37%に達した。

世界的な景気後退を懸念した売りによるもので、保有株の含み損に

耐えかねた個人投資家が投資信託を解約する動きが止まらない。

割安感による買い戻しも一部にみられるが、世界同時株安で相場の

先行きは不透明感を増している。

 この日は取引開始直後にダウ平均が500ドルを超えて下落。9月の

中古住宅販売が市場予想を上回り、下げ幅を縮小する場面もあった

が、取引終了にかけ再び売りに押された。JPモルガン・チェースが

6%安になるなど金融株の下げが目立つ。業種別では素材から

ハイテクまですべてが値下がりし、リスク資産である株式から

無条件に資金を引き揚げる流れが加速している。 (12:23)

*******************************************************************


負の連鎖はとまらないね。


昨夜のNY下落は、個人投資家の追証が原因という見方も。


いずれにせよ、日本株も個人投資家はどれだけ生き残れる


だろうか。。。


*******************************************************************

http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3K2400M%2024102008&g=MH&d=20081024

*******************************************************************

 24日の東京株式市場で日経平均株価がバブル崩壊後安値の寸前

まで急落した。終値は7649円08銭で、前日比811円90銭(9.60%)安。

2003年4月28日につけたバブル後安値7607円88銭まであと41円20銭。

世界的な景気悪化懸念から世界の金融・証券市場の動揺が止まらず、

為替市場では急激に円高が進行。日本産業を代表する輸出企業を

中心に先行きの業績悪化に対する警戒感が一段と高まっている。

 日経平均株価の1日の下落率は歴代5番目。昨年末から24日までの

下落率は50.03%に達する。取引開始から円高などを理由に業績を

下方修正したソニー株に売り注文が殺到。日本板硝子や日立建機、

オリンパスなどソニー以外の輸出関連株にも売りが波及し、下落率は

10%を超えるものが目立った。

 急速な円高の進行による企業業績の悪化が株式市場の重しと

なってきた。世界的な金融危機に対する株式市場の不安心理は

薄らいでいるが、実体経済の悪化が強く意識されている。 (16:40)

*******************************************************************


もう直ぐで、バブル後の安値。


行き着く先は何処へやら。。。

http://www.ksansei.co.jp/g_soroban.html


おや、これじゃぁ計算しにくいね。


>と九が表示出来ないため通常の計算はできません。
>四は(死)を、九は(苦)を連想させます。それがない

>ことで心の安らぎと希望を与える活力の元となります。
>桁数も八で末広がり。


ということのようで。