http://www.skkc.jp/index.html

 一から勉強しましょうか。。。学校向け教材ですか、

お金がお金を呼ぶこの世界教えていいものですかね。


AD

 下落幅が厳しくなればなるほど、人は恐怖心に駆られる。


ミニバブルのような上げがあったわけだから、当然、バブル


の時のようなキツイ下げはあって当然である。それを目の当り


してあたふたしても始まらない。バブルの時のようにいずれは


折り返すときはくるが、あのときとは違い今回はミニである。


折り返すタイミングはあのときほど長くは無いだろう。


 山高ければ谷深し


誰も底値はわからないが、だいぶ落ちてきて更にこれ以上


落ちるかもしれない、落ちたらどうしよう。。。恐ろしくて買えない。。。


と思ったときは、買いだろう。


 読めない相場が続くと、人は混乱に陥る。


混乱のさなか焦って売り抜けようと売買を


していく。そして大幅下落。。。


そんなときは、落ち着き先を見越して


売買すべきである。上がった株は下がるし、


下がった株は上がるだけである。人と同じ


動きをしても儲けられないから、あえて


人と逆の動きをすべきだろう。ただ、馬鹿


正直に下落時に買い捲っても逆に損する


だけである。今が底値かは誰にもわからない。


であれば、2段3段と落ちてきても拾える


余力を持ちつつ買い拾っていくべきである。