この誤解が、多くの人を呪縛に落としいれ、分析を


行い当てることが投資の目的となり、それに多くの


時間を費やしている。しかし、本来の目的はお金を


儲けることである。目的と手段を履違えてはならない。


分析を行うことが必ずしも儲けに結びつくことではない


(当たるも八卦、当たらぬも八卦)。投資の世界で人


とは違った事が出来たことが成功の秘訣だった訳だが、


これはビジネスの基本でもあり、誰でも試みることが

できることでもある。

AD

そのため、テクニカル分析主流の今の時代に彼が


生き返っても、儲けることは不可能だ。彼が成功


したのは、誰も行わない(やっている人がいたかも


しれないが、私は知らない。いても極少数だろうね)


テクニカル分析を行い、投資の世界で人とは違った


事が出来たことが成功の秘訣でしかない。つまり、


テクニカル分析自体が彼を成功させたわけではなく、


人と違ったことが彼を成功させたに過ぎない。

 その当時、皆その手法を知っていて投資をして


いたら、彼は儲けることが出来たか疑問が多い。


そりゃそうだ。彼が買おうと思ったとき、皆が買い


に走って値が上がり、彼が売ろうと思ったとき、


皆が売りに走って値が下がる。そんな値動きの中


で馬鹿正直に売買していたら儲けるどころか損する


ことしかできないものだ。