今日は、お友達が2人も来てくれて嬉しかった~♪

 

お仕事帰りにちょっと寄ってくれたり、

オフの日なんだけど、お出かけのついでに自転車でシャ!っと店の前にとまって。

ほんの数分のことだけど、楽しかった☆

 

 

 

今から2-3か月前、お誘いを受けて大人数で、「美味しいものを食べる会」に行ってきました。

 

 

 

 

ピサの海側じゃなくて、山側に向かい、オリーブ畑を抜け、山の中に入っていきます。

 

 

 

 

こんな、本当に山の中。

途中、誰ともすれ違わず!叫び      車も人も

かといって、舗装されていない山道だから、向かいから車が来たら怖いんだけどねうれしい顔

 

山の上と聞いていたのに、だんだん道が下がってきたので、不安になるも、

携帯の電波が届かないから、誰にも連絡できなーい。

しばらく行くと、たまたま芝を刈っていた作業員の人がいて、「あぁ、助かった!お願い」って感じで、

のっぽが聞きに行って、なかなかのドキドキ体験の後、到着したのはこちら。

 

 

 

 

山の中のおうち。

 

完全予約制、メニューも決まっていて、口頭で説明。

満腹で、こりゃ食べられないわっていうときは、自分でストップをかける、わんこソバ式爆  笑

 

さ、「美味しいものを食べる会」、スタートです。

 

 

 

 

まずは、自家製サラミx2、ハム、ベーコン、ソップレッサータ、チーズの6種盛り。

 

おっいし~!!!

手作りのってなんでこんなに美味しいんだろー。

スーパーで売ってるのみたいに塩辛くないのよ。

 

 

 

 

ドライトマトのオイル漬け、カルチョ―フィ、小タマネギのアグロドルチェ(甘酢漬け)、オリーブ

のおつまみセット。

 

 

 

 

パスタ・フリッタ(フィレンツェではコッコリと言います)。

ピザ生地を揚げたもの。

同じパスタ・フリッタでもモデナで食べたものは全然別物だった!トスカーナはこんな感じ。

食べ方は同じく、ハムと一緒に食べます。

 

アツアツのパスタフリッタに生ハムをのせて食べると、とぉおおおおっても美味しいのよー。

 

 

前菜がおわったところで、プリモ(主に、パスタ、米料理)。

 

お店の人が、2種類あるけど、両方食べる?って。

もちろん、全員シー! Siiiii !!

 

 

 

 

お肉のトルデッリ。

 

お肉が中にも、外のソースにも。

でもって、肉が軽い!!!

お肉ってどーんと、脂やなんやで重いイメージですが、するする入っていきます。

 

 

 

 

もう1つは、ポルチーニキノコのパスタ。(奥のね)

 

どちらも手打ちの自家製パスタです。

手打ちパスタは、口当たりが非常に良いです。

ちょっと、四国のうどんを思い出す。

コシがあって、もっちもち、つるっとのど越しよく、そして、かんだ時にパスタそのものの旨みを感じます。

 

 

セコンド(肉・魚料理)は、

3つあったけど、全員満腹もしくは満腹寸前で、1つだけに。

 

まったく手を付けられない人もいたけど、わたくしはもちろん食べた照れ

 

 

 

 

トスカーナ州でよく食べられる、イノシシの煮込み。

 

歯茎で食べられそうなくらい柔らかかったよ。

イノシシ料理、日本のとは全然ちがうから、日本のイノシシ料理が苦手な方でもこれはいけるよ。

 

もうギブアップの我々、デザートへニコニコ      ギブアップちゃうんかいっていうつっこみはなしで

 

 

 

 

カスタードと生クリームを混ぜたシャンテリークリームのフルーツかけ。

 

デザートの中では、ダントツ美味しかった。    味見させてもらったよ

 

 

 

 

わたくしが選んだリンゴのケーキ。

 

これは、失敗やった。

いや、美味しかったのよ。

これも手作りで、おいしっかったんだけど、これ朝食ケーキやわ。

食後には、あわない。

 

 

 

 

食べる前に「待ってぇ~、写真撮らせて~☆」と言って、とったお米のお菓子。

 

 

 

 

フリッテッレ・ディ・リーゾです。

お米入りの、軽いドーナツみたいなもの。

 

美味しかったよ。

でも、わたくしは、やはり、コメなしが好きだ。コメは、食事として食べるのが好き~☆

 

 

 

 

各種食後酒やカッフェを飲みつつ、休憩。

 

 

 

 

どんどん人が帰って行ったので、スキを見て撮りました。

人が多いときはちょっと撮るのがはばかられたので。

 

結構な数の人がいるのに、調理場は御年85才のお母様と娘さん、

フロアは、別の娘さんがたった一人で対応。

 

だからメニューも決まっているし、煮込みとかで、オーダー後、1つ1つ作らなくてもいいような料理なのね。

それにしても、すごいな。独りで回すって。

ほぼ満席だったよ。1テーブルあいていただけ。

 

常連さんが多いので、娘さんと、互いの家族のいろんなお話して、

「いついつの時期は、こんなメニューだったね。今年もやる?」とかってみんなが楽しみにしている。

 

平日は、娘さんたちは別の仕事してるから、週末だけオープンという、レアなレストラン。

値段もかなり良心的。

 

 

 

 

右を見ると、けものみち。

 

このまま登っていくと、狩猟のできるエリアみたい。

 

 

 

 

左を見ると、これまた山道。

 

隠れ家「的」というか、ほんとに、隠れ家レストラン。

だって、近くに建物全然ないんだもーん。

 

お客さんは、イタリア人率100%です。

ここは、ピサの人でも知らない人多いだろうなぁ。

 

空気は良いし、食事は美味しいし、お店の人は感じがいいしで、とっても楽しかったです。

また行きたいなー。

 

 

 

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます



ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

AD

コメント(11)