昨日、実家の母にメールする際、写真を添付した。

が、翌日母のPCから「写真が見れません。お姉さんが帰ったら聞いてみます。」と。

 

え?と思ってチェックすると、ガラケーを使っている母なので、見れるようなサイズにしたが、

「もしかして見れないといけないから、PCにも送っておくねー。」と書いて、PCのアドレス入れずに送ってたQueenly

あぁ、まだ疲れ取れてないのかも~。

いや、ただのおっちょこちょいだな。

 

 

おかげさまで、お店の改装がスタートしましたが、工事初日から大変なことに。

 

お客様から見えない奥につける階段、工事の人が、階段つける位置を左右逆につけましてん。

うぉおおおい、図面みろやー!  あの打ち合わせなんやったー!

店の入り口から見て、どちら側につけるのか、説明もしてあるし、図面にも書いてある。

わたくしは、図面や内装の打ち合わせまでの担当。

うちの工事担当社員、なにしとったんやー。現場にいなかったはずはないのだが。

気づけよ!

 

翌日付け替えたものの、だいぶ時間を無駄にしました。

店の再オープン、予定より遅れるな。。。。

この付け替えの半日があればだいぶ進んだろうに。

時間の価値を知ろう。     イタリア人に言ってもムダだけど

 

 

去年のレザーベルトの時計も良かったけど、

 

 

 

写真はダニエル・ウェリントンのFBページから

 

今回の、この時計が一番好きかも。

 

エレガント☆

 

前回ご紹介した記事で、わたくしのチョイスと同じにしたよー♪と連絡くださった方が。

お揃いね~♪

 

あ、大丈夫よ、このブログから購入しても、わたくしには一銭も入らないから安心して。

芸能人がやってる稼ぐブログとは違うから。    芸能人みたいに何万もアクセス数あったらいいなー☆

 

今回は、超お得!

ブログ限定割引クーポンとDWサマーキャンペーンの併用可能!

ダニエル・ウェリントンさんのサマーキャンペーンとわたくしのブログ割引と両方OKです。

 

時計買おうかな、と思っていらした方は、

ブログ割引で定価より安く!、

そして、サマーキャンペーンで、交換用ベルトを無料でもらってください。

 

<わたくしのブログ割引>

15%割引クーポンコード: wake

割引の有効期限: 9月15日

 

<7/4~7/27、サマーキャンペーン> あと2日!

・任意の腕時計を購入すると、交換用ベルトを1つプレゼント

交換用対応可能ベルトの写真と色をみるにはこちら

https://www.danielwellington.com/jp/watchband-selector/

・日本全国送料無料

 

購入は公式サイトから。→https://www.danielwellington.com/jp

 

公式サイトから購入する際、上の割引コードを書くだけです。

 

 

 

写真はダニエル・ウェリントンのFBページから

 

この時計をはめて仕事をしていたら、

イタリア人のお客さんや社員など、3-4人に「ステキな時計だね。」「あれ?時計かえたの?」といわれました。

まぁ!照れ うれしいわ~♪

 

日本でマネージメントをしているとき、特に男性は相手の時計を見る人が多かったように思います。

なので、時計は、マネージメントの時の必需品でした。    いろんな意味のアピールで   

 

 

ダニエル・ウェリントンは、2011年に誕生したスウェーデンブランド。

若い企業だけれど、そういう企業のほうが、やる気とエネルギーがありそうだ。

 

<こだわり>

・時代に影響されない、タイムレスなスタイル  ←これうちの店と同じ方針。共感☆

・交換可能なストラップで、どんな場面でも使える

・無駄な機能を極力排除した薄いフォームとシンプルな文字盤の洗練されたデザイン

・カラフルなNATOバンドにも、上品なレザーバンドにも美しく調和するケース

 

確かに、ぱっと見、文字盤が大きくて重いのか?と思うが、薄いから軽いの。

その薄さがまたモダンな感じをかもしだしています。

シンプルさが、カジュアルでもフォーマルでも幅広いファッションに調和します。

 

フィレンツェにも、ピサにもお店があるよー☆   

 

 

 

観光シーズンに工事&遅延ってどうやねん。

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

本日はお休み

ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

AD

今日は、ピサ、晴れて太陽が出ていましたが、風が吹いて気持ちよかった~♪

涼しくていいわー☆

朝、少し曇って、一回だけゴロゴロゴロー雷と雷が。

明日は、また一日中晴天に戻るんだってー。

暑いんだろうなー。

でもイタリアの夏は、日本の夏よりかなり過ごしやすいと思います。

 

 

 

写真は、日本相撲協会公式のTwitterより

 

今年は、マカロン、ピンクか。

 

 

これ、合成じゃないのよ。

相撲の千秋楽の日仏友好杯、副賞のマカロン。

ちょっと笑ったうれしい顔

 

マカロンっていうだけじゃなくて、巨大マカロンでアピール(笑)

毎年色が違う。

確かに相撲ファンは年配の方も多いから、「マカロン、は?」となるより、百聞は一見に如かずで見せたほうが早いかも。

 

 

さて、イタリアでは、こうなったらいいな、こうならないといいな、という願望は口に出してはいけません。

 

あれは、まだ結婚して1年目の頃だった。

ピサ大学の講座の帰りに、のっぽママの店によって、

のっぽママに、「あら、バスじゃなくて自転車で来たのねー。」と尋ね、

健康のために自転車に変えたのだと聞いたその日に、のっぽママ、自転車盗まれたげっそり

季節の変わり目に、ちょっとしんどそうにしていたのっぽ。

風邪のひきかけだなと思ったわたくし、
「このまま、熱がでないといいね。」とのっぽに言った翌日、のっぽ、熱をだしたゾゾゾ

こんな感じに、わたくしが、「○○になるといいね。」というとそうならなくなるから、

のっぽは、わたくしがつい言いそうになると、「いうなパー」と。

実はね、今回の、店の改装、先週末より前の予定だったんです。

社長が「〇の週末にやる。」と言っていたから、わたくしは既に打ち合わせたものだと思ったら、

設計士さんと工事の人がきて社長が「〇の週末。。。」と言い始めたら、被るように「ムリだよ!」と言われていたQueenly

おーい、決まってたんと違うんかーい。

もー、社長、自分の中だけで決めとったんかい!

段取りの悪さの根源は社長だわ。


その日、のっぽへの帰るコールとともに、「工事ないってさ~。」とのっぽに報告したら、
「やっぱりー、そうだと思った。

とす、あかんて、まだやるかわからない時に、工事するんだってーできるんかなとか言ったら。」と笑ってた。

イタリアでは、不幸(反対のこと)をよぶから、と。

だってさー、社長がそう言ってたんだもーん。ふつう、決まってるから言うことだよねぇ。


日本だと、言霊(ことだま)と言って、言葉に魂が宿っているから、言ったことが(力になって)現実になるが、

イタリアでは、まだ現実でないことを口に出すといけないらしいキャー

 

あぁ、工事も本当に遅れちゃったし(2月から言ってて段取りが悪かったのは別として)

わたくし、これからは、こうなったらいいなということは、口に出すのやめます。

 

 

 

イタリアにいるからイタリア式にせなあかんなー。

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

本日は、SAMURAI、騎士に負ける。

ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

AD

週末、スーパーにいって、買い物前に、モールの中のジェラート屋でオーダーをしようとしたら、

のっぽが、「あ゛あ゛っ!!」っていうので、何事かと思ったら、

わたくし、服を表裏逆に着てました。。。ガクリ    前後ろじゃなくて裏表

あぁ、おっちょこちょい炸裂。

のっぽ、「とす、トイレあっちにあるからかえておいでよ。」と言いつつ、大爆笑。

タンクトップ着てるし、面倒だから、その場で脱いで直しました。   はい、これイタリア流

「とすがこういうのやっちゃうの、初めてじゃない?爆  笑」って、のっぽすごい嬉しそうでした。 

 

朝、掃除したとき暑くなって、脱いでタンクトップで掃除機かけてたのよねー。

そのあと、仕事終わりののっぽと待ち合わせるのに、電車に乗り遅れそうで慌てたらこんなことに。

そう、服、裏表のまま電車乗っちゃったよー。

 

疲れていたんやろか。そうだ、そうに違いない。

店の改装前でやることが多かったし、

このところ、のっぽの早朝出勤&遅い帰宅が続いておりまして、

お弁当作ったり、帰ってくるの待ってから、なんだかんだしてると寝るのも日が変わったりして

寝不足だったのよねー。

 

 

 

 

これ、サクランボじゃありませぬ。

 

のっぽ両親の畑のプラム。

ボールに1個分に見えるけど、たらい1個分あります。

 

生で食べていては追いつかない量なので、

丸のまんま鍋に入れて、砂糖と水を加え軽く煮る。

 

で、赤く染まった液体だけをとって、

 

 

 

 

まずはプラムジュース。

 

サイズもSだったし、そのまま入れたんだけど、汁が出にくかったので、

途中、ナイフでぶすぶすさしました。     ストレス発散

 

 

 

 

こんなのが何本かできました。

 

冷蔵庫に入る分だけ入れて、すぐ飲むだろうからと出しておいたボトルを

2日後あけたら、シャンパンみたいにボンッ!という音とともに、泡ふいたー(笑)

酸化してました。

ということで、外に置いたボトルは、捨てました。。。

あぁ。。。暑い中、鍋でたいたのに、もったいなかったなー。

 

その後、鍋に砂糖を加え、レモン汁の代わりに種でトロリとなるので

最後に種を取り出しまして、

 

 

 

 

プラムジャムに。

 

本数結構あるから、クロスタータとか作って、使わなくっちゃ。

わたくし、あんまりジャムって食べないんだよねー。

 

 

 

そういえば、

コメントで「ヴェネツィアの無印で買い物したんですかー?」といただいていました。

 

「店内には入りましたが、ほしいものがなくて購入せず。」でした。

 

去年、落として割っちゃった、ラップケースがほしかったんだー。

 

 

 

 

書きたい記事はいろいろあるのに、やる気出ず。週末、昼寝しちゃった。

だらだら過ごすのって最高~☆一日家にいるっていいね。

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

本日は、イタリアのサラリーマンのランチ

ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

AD

本日は、ヴェネツィアのステキな景色をご覧いただきながらお読みくださいませ。

 

 

 

ヴェネツィアの旗。

 

先日、お店に来てくれた日本のお客さんから、お菓子をもらった。
 

ご夫婦でお越しになって、朝来て商品を買ってくださって、でも、1つ迷ってる商品があったの。

わたくし、「迷っているなら、今、買わない方がいいですよ、フィレンツェに明日もいらっしゃるし。

使わないならもったいないですから。」と伝えました。

そうしたら、夕方戻ってきてくださって、2つもバッグを購入してくれたの!


そのとき、持ってきてくれたのが日本のお菓子。
うちの店、朝、たまたま通って入ったお店だったのに。
荷物を置きにホテルに戻った時に、ついでに持ってきてくださったんだとしても
そうだ!と、私のことを思って、持ってきてくれたその気持ちがとっても嬉しかったです。

 

 

 

 

2年越しに小さめのバッグが商品化されたのは、ゴールデンウィークもとうに過ぎた5月下旬。

4月中にはと社長が言っていたのに、やっぱり間に合わず。

ゴールデンウィークという日本の方がお越しになれる最大のチャンスを逃すガクリ

その頃にはできてると思いますよーなんて、お問い合わせに返事したのに、できてなくて申し訳ないことをしました。

あれから2か月、ただいま、新たなお色を製造しています。

 

この後、別の小さいバッグも作ったのですが、

思いっきり某ブランドをパクッとるやないかい!というデザインで(もちろん社長のチョイス)

バッタものみたいに見えるからあかん!とわたくしが反対し、在庫がなくなり次第、これはボツに。

幻のバッグが気になる方はご連絡くださいうれしい顔

 

 

 

 

で、今日の本題。

 

とうとう!

 

 

 

とうとう!

 

 

 

 

 

わたくしの一番の願いがかなうときがやってきた!

 

 

 

 

 

 

 

だだだん☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッバイすだれ!

とうとう工事するよ~クラッカー →すだれ騒動

 

 

 

 

ここに来るまで、すったもんだありーの、暴走する社長を止めるのに言い合いしたり、

チェーザレが働きすぎで疲れて吐いたり、色々ありました。

 

いや。

まだいろいろあります。

荷物を運ぶのに必要な、大型社用車がただいま重症の故障中。   どーすんだ、レンタカーか?

さらに、今日になって、オーダーしたカウンターが在庫なしといわれたり。

 

日本なら、改装は、企業に頼めば、設計から材料まですべてやってくれて、

お金を払うだけで完成しますが、イタリアは違うのだ。

材料も我々が見つけてきたリ、建築士の用意した工事業者が異様に高いと

工事業者まで、われわれが探して見積もりを取らねばならない。

壁に貼るパネルをどういうのにするかとか建築士と相談しつつ、サイズを計算して必要な量を買い、

サイズに合わせて切るところまで、我々がやる。

 

え?イタリアって内装工事、DIY?

 

と何度思ったか知れない。

 

 

 

 

しかも、社長は口では、

「200ユーロ、300ユーロ高いのはどうでもいいんだ。そんなのは問題ない!」と熱く語っておきながら

材料を極力ケチる。

実際、わたくしが、こういうのが必要だと見せたカウンターのデザインは、

オーダー先が、二転三転して、まさについ先日決定した。   

まったく同じなのはないにしても、「これが一番使いやすそう」。とわたくしが言ったものではない

一番安いものに。

社長、言うこととやることが、全く別!

そして、先程書いたように、在庫がないと言われて、結局自分たちでカウンターを作ることになった。

 

納期、間に合うのか?

 

 

まだまだある、問題。

社長が。

 

壁に使うパネルの上に革を張りたいと。

革の壁の上に、革のバッグや商品。。。違う材料だからこそ、革が引き立つと私は主張。

チェーザレも、夏のこの時期に、最短で店を開けねばならないからパネルに革を張って

壁のサイズに合わせてカットしてとしていると、時間がかかる。

 

イタリアだもん、絶対納期遅れるよねー。

 

社長は、土日で工事が終わり月曜日に商品納入だ、というが、絶対無理だって。

電気工事あるしさ。

 

店を閉めるお知らせは、事前にせねばならないと何度も何度も言ったにもかかわらず、

なんと21日(金)から工事をすることに昨日決まりました。    おい!

 

 

 

 

ということで、突然ではありますが、

フランチェスコ・リオネッティ

20日(木)の午前中は通常営業ですが、

20日(木)午後からおそらく24日(月)までは、お休みをいただきます。

(もしかしたら25日も)

 

20の午後-22日の間にお越しいただく予定の方がいらしたら(今のところ予約は入ってないものの)

ごめんなさい。

 

仕入れ先に今日確認の電話をしたら、「明日からフランスにバカンス行くから。」と言われたり

(電話しなかったら、商品を取りに行って誰もいないところだった。)

こちらのせいばかりではないものの、わたくし、イタリア人はこんなんだとわかっていたからこそ

2月からプッシュしていたのに!

社長と言い合いしたときは、

「2月から話してたのにギリギリになって急ぐからこういうことになるのよ!」と文句言っておきました。

そしたら何と言ったと思います?「過去はもうすんだことだ!」だと。     反省の色まったくなし

 

わたくしが社長に言い続けた2年越しの夢、

いろいろ見切り発車ですが、うまくいきますように(祈)

 

 

 

段取り悪すぎー。祈りましょう。。。

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

ピサからヴェネツィア日帰りできるんだー☆と思った方、普通はできないと思ってください。

 

フィレンツェからならできなくもないですが、ピサからだと電車乗ってる時間だけで3時間、

乗り換えや電車出発までの待ち時間入れて、4時間かかります。

 

 

さて、そんなヴェネツィア、

 

 

 

 

木製の橋

 

の向こうに、レンガの橋、ダブル。

おお~。

 

どっちかにはしないんだ。

さすが、「効率」という言葉が存在しなイタリアだけはある。

 

この橋を渡ると、

 

 

 

 

警察署 Polizia。

看板を工場みたいに出してたり、この建物の雰囲気、ヴェネツィアならではですね。

 

ちなみに、

 

 

 

 

別の管轄の警察Questuraは、こんな。

 

20年前も、パトカーじゃなくて、パトボート!びっくりと写真を撮ったのを思い出しました。

 

わたくし、乗り物大好きなのよねぇ~♪

母のお腹にいたときから男だと思われていて、名前も男の子の名前を用意していて

産んだらついてなくて慌てた!とか、

歩行器で、網戸を破って落ちたとか、幼少期から、男と呼ばれていたからなー。

 

以前、イタリア警察いろいろ(イタリアには複数種類があります)の車を撮って、コレクション。

カッコいい!ってのもあるし、かっこよくはないけど撮りたくなるってのもあるんだよねー。

 

 

 

 

はい、橋の裏。

 

これは、ガイドブックには、載ってないよ~箱

 

 

 

 

こういう、ヴェネツィアならではの、壁の横に、船を止めるような建物があったりすると、

あぁ!写真撮りたい!って思います。

 

伝統的な雰囲気もありつつ、

 

 

 

 

こんな現代的な橋もあります。

 

恐竜の骨みたいでおもしろいね~。

 

海の方に移動すると、

 

 

 

 

どおおおおおおん!

豪華客船!

こういう船は南イタリアに行くイメージでしたが、ヴェネツィアにも来てるのね。

 

 

 

 

先程の恐竜の骨橋(本当の名前はこれではありません)。

 

 

 

 

わぁー、豪華客船、近くで見ると、圧巻よ。

海上に急に現れた高層マンションって感じ。

 

横についてるボートで避難するのか―、反対側にあったとしても、数が足りないなー

って思ったのはわたくしだけだろうか。

 

 

 

 

他にも、豪華客船が。

 

すごいねー。

ヨーロッパは船の旅を好む人が日本より多いように思います。

クルーザーを持っている人も多いしね。

 

 

 

 

はい、わたくしの萌えポイントの木製の橋。

前回の窓もそうだけど、橋も好き。

 

 

 

 

駅前の橋だよー。

滑るんだよねー、この橋キャー

 

左側にある、車いす人用の機械が、ちょっと宇宙っぽいというか、観覧車っぽい(笑)

 

 

ヴェネツィアで思い浮かぶ食べ物というと、

 

 

 

 

わたくしはこれ。

一番上の段にある、このぐるぐる巻いたロトロ。

パニーノで使われる、ハムやルッコラなどが入っています。

 

ピサで食べるピアディーナとも違う、ぐるぐる巻き。

日本でもあったよね、こういう食べ物。

どこかのファーストフード店が作ってたよね。

 

10年ほど前にこれを買った時、4ユーロか、4.5ユーロだったの。

ほかのお店のパニーノが3ユーロ前後の時に。

高いよ、ヴァネツィア!と思った。

今回値段を見たら、4ユーロや4.5で、値段は変わってなかった。。。

あら、インフレ率それほど高くないのね。

 

 

もう1つ、ヴェネツィアで思い浮かぶ食べ物の前に、もう1つわたくしの萌えポイント、乗り物。

 

見て、見て~、パトボートに続き、

 

 

 

 

町のあちこちのポイントで乗り降りできる観光用のバスもボートだー。

 

 

 

 

タクシー乗り場、カッコいいな。

 

 

 

 

はい、ゴンドラの中。

 

ゴンドラ、2人乗りバージョン。

4人乗りもあったような。。。

 

街歩きをしているときに、20年前に泊まった安宿のある通りを通って、場所を覚えていた自分にびっくり。

そして妙に高かったその近くのお菓子屋さんもまだ営業していた。。。

あぁ、懐かしいなぁ~。

 

 

では、最後に食べ物で。

 

 

 

 

はい、ヴェネツィア名物、バイコリ。

 

バターのたっぷり入ったビスケット。

駅前のほうが高いかと思いきや、町の菓子屋のほうが値段が高かったという。

わたくしは、駅前に戻って電車に乗る前に買いました。

 

 

 

 

1等しか残っていなかったからか、トレニタリアから、マドレーヌもらいました。

お手拭きや、ペットボトルのお水を入れて飲む紙コップ付き。

この後おじちゃんが、ワゴンで、カフェかスプマンテという選択肢の飲み物。

 

 

 

 

早めに乗り込んだので、誰もいないすきにパシャ!

いやー、クッションなかなか良かったよ。

 

この後のダッシュ劇をしらず、のんびりしていた時のことでございます。

 

 

 

コメントのお返事が遅れていてごめんなさい。週末しますので待っててね☆

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます



ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ