それでもイタリアなワケ NEW! in トスカーナ

出張・旅行、日本でイタリア人とも働いて、関わること15年余り。嫁いだ先は元コック家。               
サービス大国日本から見ると??や!!なことが満載なイタリアン・シジャングルから 
ピサの穴場や美味しいもの、魅惑のイタリア人の生態観察ブログ

 フィレンツェの3代続く革メーカー、フランチェスコ・リオネッティの社員です。
 ホテルの調度品、インテリア製品、ミュージアム商品、バッグ、ステーショナリーなどを製造。日本への配送もしています。  商品は(日本語)→こちら

3つとも日本語で読めます☆フォローすると新商品・セール案内、イタリアのシーズン人気商品がわかります☆          
営業時間 月-金 10:30-18:30  住所: Via della Spada 48R Firenze  http://francescolionetti.eu/
2016年の主な商品はこちら
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピサ周辺の現地情報サイトToscana Trip トスカーナ・トリップ  http://www.toscana-trip.com/

イタリア共和国公認添乗員が、出版取材/撮影のコーディネート・執筆をしています
お問い合わせ・提携等ご相談は上記サイト、またはブログのサイドにあるメールフォームからお気軽にご連絡ください。

1日から参加できる!トスカーナ州でたった4人しかいない称号を持つシェフから習う、中世の館で料理レッスン☆
5月末からの1カ月、10月末からの1カ月の年2回のみ開催!
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 旅行情報・観光ガイド Travel Latte
で、イタリア旅行のコラム連載中。
 ゆる~く随時更新。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎月15日更新
イタリア主要都市はもちろん、ガイドブックに載っていない知られざる小都市情報など盛りだくさん!
世界遺産や食の旅など、在住者ならではの現地情報満載です。 ピサ編は→私の住む町Travel案内 ピサ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Copyright©soredemoitalianawake. All rights reserved.
掲載の記事、コンテンツの複写・転載等、無断使用はお控えください。写真のみリンク先としてこのブログのアドレスを添付頂いたら使用可能です使用の際はURLをお知らせください。大きなサイズの写真をご入用の方は、ご一報ください。

テーマ:

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

 

 

 

ここのところ、チリチリ暑いイタリアです。

 

イタリアの太陽だから、

 

 

 

 

このキラキラのトマトができるわけだー。

 

このトマトは、チリエージャ CILIEGIAという種類です。

トマトソース用ではなくて、生で食べる用のトマトで、サクランボの様に糖度が高いです。

というのも、このトマト、名前は日本語に訳すと「サクランボ・トマト」。

Ciliegiaはサクランボの意味です。

主に南イタリアから来ます。

 

 

イタリアでは、夏になると、スーパーの陳列台一列が、ぜーんぶトマトになります。

こんな感じ

台にのり切らなくて、L字型にトマトばっかり、なんてことも。

 

ソース用トマト、サラダ用トマトなど、たくさんの種類があります。

 

日本のトマトと何が違うかというと、味の濃さ

日本のトマトは糖度にこだわっているものが多くて、甘さ以外の旨みが薄いように思います。

やっぱり太陽が違うからかなー。

 

 

 

 

トマトをぺペッと切って、塩とオリーブオイルでマリネして、

パンにのせると、ブルスケッタという一品になります。   バジルを入れても美味しいよー

 

味の濃いトマトの甘みに、ほんのり塩味が、美味しいんだー☆

 

美味しいトマトを口にするようになると、あ~、夏がくるなーって思います。

 

 

 

 

ランキングがブログ更新とイタリア生活の大きな励みになっています

24日はフィレンツェの祝日!でも私は仕事~、ぬお~(涙)
↓ぽちっと        ↓こちらも一押し
   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
ポチポチっと、今日も応援、ありがとうございました



ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

 

仕事で、フィレンツェの郵便局に行くことが度々あるのですが、

今日は、とっても親切な係の人にあたって、ラッキーだったわ~。

ここの郵便局は、感じの良い方が多いのですが、今日の人は、特に親切だった。

作業についてはもちろんだけど、しらなかったイタリア語の単語まで教えてもらっちゃった(笑)

「あなた、とっても親切な方ですね。どうもありがとうございました。さよなら~」っていったら

ステキな笑顔で「またね~」って言われましたニコニコ

(ちょこちょこ行ってるんで、アジア人だし、顔を覚えられてるのかも。)

 

 

 

先日の、残念なお肉を食べた後、散歩がてら駐車場に向かいテクテク川沿いを歩いていると、

ピサの水のパリオがもう始まる時間・・・・・を過ぎていたニコニコ

 

しかし、まだ始まってない様子。

 

この写真はiltirrenoより

 

通常、夕方から、このようにパレードが行われ、

レースの前の時間帯には、アルノ川沿いを中世の衣装の人たちが通ります。

 

パリオという言葉は、シエナの馬のパリオの代名詞のようになっていますが、

パリオという言葉自体は「対抗戦」という意味なので、イタリア中に「~のパリオ」があります。

 

ピサの場合は、

パリオ・ディ・サンラニエリ Palio di San Ranieri 、サンラニエリのパリオです。

名前が長いですし、日本の方が覚えにくいかな、と、わたくしが勝手に

「水のパリオ」と名付けましたうれしい顔

 

 

 

 

みよ、この人だかり。

 

アルノ川のヘリに、上流から、下流までぎっしりです。

 

 

 

 

わたくしのいた、ゴール付近の橋の上も、この様子。

 

 

いつかも書きましたが、この水のパリオは、ジョーコ・デル・ポンテより古いです。

あんまりリンクが多いのも、うっとうしいだろうなとこの間思ったので、再度書きますと、



1284年に、ラニエリさんが、ピサの町の聖人となります。
1292年、聖母マリアの被昇天の祝日(毎年8月15日Ferragosto)にパリオが開催されました。
      (今の形式とは違うけどね)
1509年、フィレンツェのピサ征服後、パリオは廃れていきます。
      よその人に町を征服されるとよくある話でございます。

 

 

船は、手漕ぎボートで、こんな風にチームの色のライトがついていて、

夜見ると、とぉ~ってもキレイです。

 

チームは、地域別に4つ。
赤: サンマルティーノ San Martino
緑: サンタントニオ Sant'Antonio
青: サンタマリア Santa Maria
黄: サンフランチェスコ San Francesco

 

2014年は、赤のサン・マルティーノ

2015年も、赤のサン・マルティーノ→去年は、ビックリなことも起きました。

最近は、サン・マルティーノの勝利が続いております。

 

少し前は、青のサンタ・マリア Santa Mariaの強い時代が続き、

更にその前は、緑のサン・タントニオ Sant'Antonioの連勝が続いていました。    あれ?黄色は?

 

 

この写真はiltirrenoより

 

我が子に、ピサの伝統行事を伝授するイタリア・パパ。

こうして、小さい時から経験することで、懐かしさやいろんなことが記憶に組み込まれていくわけです。

 

しかし、もう22時半ごろだから、子供は寝かせなよ、と思うのですが、

イタリアは、大人の時間に子供を合わせる人が、すーっごい多い!

 

イタリア人は知らないんだろうか、子供は長い時間寝ないと脳が発達しないということを。

だからイタリア人は、バ○なのか(笑)

 

 

 

この写真はiltirrenoより

 

船は、上の写真のように、8人の漕ぎ手、操舵手、そして、登り手の10人で構成されます。

向かいのゴールの船に飛び乗った、上り手を見守る漕ぎ手。

 

 

 

この写真はiltirrenoより

 

約10Mのロープを素手で上って、頂上にある旗を取ったチームが優勝です。

命綱もなしよ~。

 

 

現在のような、形式になったのは、レパントの戦い後。
1571年、レパントの戦いで大勝した際、オスマントルコの旗を勝利の印として持ち帰ります。
(スペイン・イタリアの連合艦隊が、レパント沖でオスマントルコに大勝しました。
この時、サン・ステファノ騎士団も参加しています。この時に持ち帰った旗は、
ピサのサン・ステファノ騎士団教会、Chiesa di Santo Stefano dei Cavalieriにあります。
ちなみに、水のパリオの優勝、そのたもろもろの旗も、この教会に保管してあります。)

こうして、圧勝した戦いを記念して、最後に旗をとる競技となりました。
そして、1718年以降、6月17日のサン・ラニエリの日に行われるようになります。

スタートから700年余り続き、今と同じ形式はかれこれ300年続く伝統競技。

 

 

 

今年の優勝者は、

 

 

 

この写真はiltirrenoより

 

青のサンタマリアだ~!

 

 

 

 

レース後、川辺の観客が、拍手と歓声で、選手たちをたたえます。

 

わたくしたち、約2M男と170㎝のデカデカ夫婦なので、人がいっぱいいても、こんなに良く見える爆  笑

いやー、たまにはいいことなくっちゃね☆

 

 

 

この写真はiltirrenoより

 

リーダーを、チームがたたえます。

 

この4つのチームで、3月の世界で一番早い新年に行われる
レガッタレース、Regata del Capodanno Pisanoでも競いま~す。

 

 

 

この写真はiltirrenoより

 

市長と記念撮影。

 

あ、旗で市長が。。。。矢印が市長でございます。

 

 

 

 

今は川面にライトをつけていますが、昔も同じような光景だったんだろうなー。

 

こうして、伝統的競技が、また1つ終わりました。

今月25日に最後の伝統競技があります。

 

 

 


ランキングがブログ更新とイタリア生活の大きな励みになっています。

今日は、夏日でした!今週はこのまま暑い日が続きそうでーす☆
↓ぽちっと        ↓こちらも一押し
   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
ポチポチっと、今日も応援、ありがとうございました



ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

 

 

わたくし、以前からではありますが、皆さんのブログを読んで、いいねをクリックするとき、

389→390とか、1849→1850とか、キリのいい数字だったり、221→222という連続の数字になることが多いです。

時間も、ふと見ると、ぞろ目だったり。

なにかあるのでしょうか。。。

 

 

ローマで市長選がありました。

前市長さんも、その前の市長さんもいろいろありましたからね。。。   日本も。。。

 

今回当選したのは、

 

 

 

写真は、ilfattoquotidiano.itより

 

うおーん!美人さんじゃないの~!    ってそういう観点じゃない?

 

ローマ初の女性市長、ヴィルジニア・ラッジさん。 

38歳。

わたくしが写真で見たところ、7-8歳くらいの男の子のママです。

でも主婦じゃないの、弁護士。

(話しているところは見たことがないけど) どおりで、知的な感じ。   

5つ星運動所属。

 

 

そして、ピサのお隣の市、カッシナ市(ピサ県)でも、市長選がありました。

 

当選したのは、

 

 

写真はいつもお世話になってますPisa Todayより

 

スザンナ・チェッカルディさん。

 

カッシナ初の女性市長。

 

ローマだけじゃなくて、カッシナもよ~!

 

 

御年、なんと、29歳!  わーっか!

 

投票率51%の市長選は、結果が出たのが、6月19日の23時!   おっそ!

この選挙、対戦相手は、現職市長、アレッシオ・アントネッリさん。

 

結果は、50.29% 対 49.71%という僅差!

 

こりゃあ、当選しても、なかなか厳しい状況だなー。

6月5日の世論調査では、55%対45%だったの。ふたを開けたら、票は現職に流れたってことですわ。

 

彼女の家族のバックグラウンドは知らないのですが、    たぶん裕福だと思う

個人的には、一般社会を経験しているべきだと思うんだよね。

 

 

 

写真はいつもお世話になってますPisa Todayより

 

カッシナ市の町の広場には、たくさんの人が。

隣は、北部同盟のリーダー、マッテオ・サルビーニ。

 

チェッカルディさんは、23歳の時に入党し、翌24歳でピサ県の北部同盟の議員になりました。

 

「70年近く開けられなかったパンドラの箱を開け(=初女性市長ということ)、

今回の勝利に、市民の熱意への感謝とします。そして、皆さんに返さなければ。」と決意を語っていました。

・企業の財務チェックと廃棄物の削減

・ジプシーの不法キャンプの撤去のために県知事と会合

 

など、前の政党が残したことに切り込むみたいです。

 

 

 

わたくしのいるピサ市は、

 

 

 

写真は、wikipediaより

 

マルコ・フィリッペスキさんが市長をしております。

2013年から、ただいま、2期目。

 

わたくし、全然彼のこと知らないんですけど、ちょっとボンボンに見えるのよねぇ。

 

ピサの世界で一番早い新年などの儀式のとき、中世の衣装を着るんですが、

イマイチ締まりがない   個人の感想です

 

 

一方、ピサの副市長は、

 

 

 

写真は、iltirreno.gelocal.itより

 

パオロ・ゲッツィさん。

 

彼、わたくしたちの結婚式を執り行ってくださったんですが、とても気さくにお話しくださって

非常に印象の良い方でした。

しかも、のっぽに「ね、僕が間違ってなかったら・・・・FBで友達同士だよね?」ってうれしい顔

すごいなぁ、3500人以上いるのに、覚えてるなんて。

 

公務用のページだと思ったけど、ちゃんと見てるんだ。

 

 

 

写真は、inlistaperpisa.itより

 

彼ね、アルノ川の水かさが増したといっては、雨の中、軍と一緒に見に行ったり、

イベントや地域のどこかが開館するとなると、行くのはいつも副市長。

大きな市のイベントは市長も行くけど、地域に即したものはいつも副市長です。

私が見る限り、市長よりも、よく見かけるし、よく働いている。

 

彼は、養護学校の子供たちや係の人たちと一緒に歌ったり、ピエロの赤い鼻をつけたりと、

偉そうにしてないところがまた好印象。

 

あ、市長さんも別に偉そうにはしてないですけども、どうも好感度がねぇ。

 

 

 

ランキングがイタリア生活とブログ更新の大きなはげみになっています

女性だからとかって言われなくなる時が来るといいなー
↓ぽちっと        ↓こちらも一押し
   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
ポチポチっと、今日も応援、ありがとうございました



ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

 

本日更新しました


ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

 

お祭りの後は、夕食へGO!ということで、のっぽのお気に入りのパブ、Orzo Brunoに行こうかと言われたのですが

まだ行ったことのない、別の店に行こう!とわたくしが主張し、行ってきました。

 

オルツォ・ブルーノはリンクの過去記事にありますように、ピサの地ビール醸造所がやっているパブでございます。

アペリティーボ(食前酒)の時間帯なら、飲み物代だけで、お店のカウンターに置いてあるつまみ

(と言ってもクスクスとか、各種ブルスケッタといったほぼ食事)がお好きに食べられます。

無料と言っても、全種類たべるぞ!みたいな、がっついた感じの人はいないので、

食べ放題とは間違わないように要注意照れ

観光の方が通らない、1本内側にあるので、地元率ほぼ100%で、お勧めです。

 

 

で、参りましたのは、こちら。

 

 

 

 

ビールイベントに出ていた、ピサの別の地ビール醸造所がやっているお店。

 

 

 

 

店内から入口にむかって。

入り口にいる方々は、お持ち帰りの人たち。

ここは、オルツォ・ブルーノのパブと違ってパニーノテカ(パニーノ屋)と書いてあるので、

基本、パニーノ、ピアディーナ(ちょっと厚めのクレープのような生地に具を挟んだもの)と

おつまみ程度のもののみを出します。

 

 

 

 

ピサ色全開のこのお店、今週末、ピサのメッゾ橋の上で行われる

15世紀から続くピサの伝統競技、ジョーコ・デル・ポンテのランチョンマットです。

 

ビールと料理を頼み、しばし待つ。

 

あ~、ビールが来たー。

 

 

 

 

各ビールに、ジョーコ・デル・ポンテのチームのキャラがついています。

 

このビ-ルは、Fatuus、飲み始めはサッパリと、後でほんのり苦みがあるビール。

 

 

 

 

これは、Vaporis。

こちらのほうが色が濃いけれど、苦みは弱め。さわやかな香りの赤系のビールです。

 

 

 

 

2015年に、どこぞの金賞をもらったらしく、飾ってありました。

 

よく見たら、Packaging Beer Award 2015だ、味じゃないのか(笑)

 

この賞は、ビールだけでなく、ワインのパッケージの賞もあります。

 

 

 

 

ビールの種類は、8種類くらい。

 

値段設定は、

250ml 3.5ユーロ (3ユーロのもありました)

500ml 5.5ユーロ (5ユーロのもありました)

1L     10.5ユーロ

1.5L   15.0ユーロ

 

オルツォ・ブルーノのほうが、若干安いな。

そして、1Lにしても、50セントしか変わらないから、そんなに割安じゃないな。

 

 

 

 

おお!ティラミスならぬ、ビッラミス爆  笑

ビールを使ったティラミスです。

 

ズッパイングレーゼも、ビール風味だそうな。

おもしろー、これは独特だ。

「おなかの具合で、食べてみたいね~。」なんてのっぽと話しながら、待っていましたが、

 

待てど暮らせど来ず

 

9時15分くらいに入って、この時点で、9時45分。

お~い、遅すぎだろー。

 

私達より先に座っていた人たちのテーブルも、まだ来ていない。

ん?前日ピサの祝日だったから、今日は常連コックが全員休み?

って言ったって、ハンバーガー焼くか、パニーノだよ。

 

いくら、お持ち帰りの人がいると言っても、遅すぎる。

空腹で「のっぽー、わたし、お腹すいたー。減った~☆減った~腹減った~♪」と歌ってたら、

のっぽが店員さんに聞いてくれました。

 

「すみません、今見てきますね。」とは言われたけれど、そこからさらに15分。

お~い!

のっぽが、水のパリオが始まってないか店の向かいのアルノ川を見に行った帰りに

パニーノを作っている調理台を上から見たら(2M男、こういう時役立ちます)すっごい狭かったらしい。

コックの息子としては「あれじゃあ、作業効率悪すぎるよ。」って言ってました。

 

さすがに、「もし次、来なかったら帰ろうか。」と話していたら、きた。

 

 

 

 

のっぽのパニーノ。

 

うーん、パンを温めているからというのはわかるけど、パンの見た目が、ちょっとイマイチ。

 

でも、このパニーノの良さは、

 

 

 

 

大きさ。

 

2M男に持たせてみました。     笛じゃありません

 

わたくしは、夜遅めだからと、

パンなしの、キアニーナ牛のハンバーグと野菜とポテトのお皿料理に。

 

 

 

 

ん?キアニーナ牛?

めっちゃ薄いし、火が通りすぎて、パサッと感がすごいんですけどー。

 

野菜、レタス一枚。

 

しかもね、

 

 

 

 

ポテトの山やんけ!

 

これで、8.5ユーロ(1000円)もした!

 

のっぽに、「キアニーナの味もしないし、ポテトの山でこの値段はないよねー。」って言っちゃったわ。

おなかの具合でデザートもって言ってたけど、メインでこれだから、デザートは。。。

それに、さらに30分とか待たされるんだったら、水のパリオが見られなくなっちゃう!

よって、デザート中止。

来てすぐは、もう1種類ずつビール飲もうかって言ってたんだけど、やめて、食べたらとっとと出ました。

ポテトは多すぎて、全部は食べられず爆  笑

 

あああ~、ショック。

食べもので外すことほとんどないのになー、わたくし。

 

のっぽのパニーノをかじりましたが、サルシッチャ(生ソーセージ)、めっちゃ普通チーン

テンション下がったわ~。

 

私達の隣のテーブルのお客さん♀、料理がまだか聞いてるときに、

「こうしてお客さんを長く待たせると、(ビールしか口にできるものないから)ビールよく売れるよね。」って

お店のお兄さんに嫌味いってました。   こ、こわいっ

 

ここね、ビールは美味しいのよ。なので、飲むだけが、おすすめです。

わたしは、お店に座って食べることは二度目はないな。

 

ビールを作っている会社は、

La Gilda dei Nani Birrai 

http://www.gildananibirrai.com/

FBページ

 

アルノ川沿いのお店の名前は

Mediceo Craft Brewery

住所: Lungarno Mediceo 53, Pisa

 

店の正面から、パンがどわーっとガラスケースに山積みなっているのが目印。

 

 

実は、この日、朝乗った電車が、車両短めの電車で、満席。立っている人さえいました。

その上、人身事故で止まり、1時間缶詰。

2時間かけて、フィレンツェに行きました。    良かったよー、座れて

あんまり長い時間だったので、携帯の充電が途中でなくなった~。   やることないので寝ました

 

一週間の仕事も終わり、やっほーい休日だ♪って食べに行ったら、これ。

すっごい待たされて、店も選択間違いだったし、

メニューも、ハズしたっガクリ

 

この日は、そういう日だったと思おう。

 

 

 

ランキングがブログ更新とイタリア生活の大きな励みになっています

ついてない日もあるよね~、明日はきっとラッキーなはずウインク
↓ぽちっと        ↓こちらも一押し
   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
ポチポチっと、今日も応援、ありがとうございました

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつもご協力ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

 

 

日曜日は、晴天~☆

と思いきや土砂降りし、そしてまた晴天。風まで軽くふいて、6月とは思えない気温です。

 

 

わたくしの失敗話・・・・・の前に、19日(日)の予定でしたが、24日(金)に   こんな天候だったので延期

ピサでステキなイベントがあります。

25日じゃないのは、6月最終週末は、ピサの中世からの競技、ジョーコ・デル・ポンテがあるからー

 

 

 

写真は、Cena in bianco pisaのFBページから

 

チェーナ・イン・ビアンコ ピサ Cena in bianco Pisa

 

チェーナは、夕食、ビアンコは、白

 

ということで、写真の通り、白い服を着て夕食でございます。

 

 

 

写真は、Cena in bianco pisaのFBページから

 

簡単なルールに従うことで、誰でも参加可能です。

 

ルールは、3つ。

1. 服装はホワイトで。

  老いも若きもすべての参加者は、白い服でご参加ください。

2. 使い捨ての物は持ち込まない

  ペットボトル、缶、紙タオルなどの使い捨てではなく、ガラスや陶器、セラミック、

  ナイフフォークなどのカトラリーも金属で。

3. 終了時は到着した時と同じ状態で

  イベント終了時には、キレイなまま。ゴミを置いて行ったり、汚したままにしていかない

 

 

環境に優しく、町にも優しく。

往々にして、イベントやお祭りがあると、翌日はゴミの山になることが多いイタリア。

こうして、モラルのある、周りに配慮したルールを作るのはいいですね。

 

 

 

写真は、Cena in bianco pisaのFBページから

 

あ、この写真のバックの宮殿は、わたくしが結婚式をしたところでーす。

 

テーブルも白で用意され、自分の座ったところを、ろうそくを置いたり、花を飾ったりと、好きにデコレーションできます。

自宅から夕食を持ってきて、相席が基本なので、初めて出会う人と隣り合うことになります。


参加は、もちろん、無料

 

夕食を家から持ってきたくない人は、事前に夕食バスケットの予約も可能です。

 

 

 

写真は、Cena in bianco pisaのFBページから

 

手には花火って言うのがイタリアっぽいわ(笑)

 

このイベント、白い服を着て、色んな人と一緒にディナーを食べて、楽しみます。

根底にあるのは、

“Tutti uguali tutti diversi”「誰もが同じ、そして皆1人1人違う」

 

金子みすゞさんの「みんな違って、みんないい」にあるような「寛容の心」がベースにあります。

このイベントは、ピサのイタリア・ダウン症協会と、ピサ市のイベント協同組合が主催したものです。

 

初年度の2015年は、6月30日に行われ約500人が参加。今年は倍の1000人参加が見込まれるそうです。

お子さん連れのご家族が、去年もたくさん参加しました。

 

 

 

写真は、Cena in bianco pisaのFBページから

 

こうして、ママと参加したら楽しいでしょうね。

 

このイベントは、ピサだけでなく、過去に、ヴェネツィアやパリなどでも行われています。

 

 

 

写真は、Cena in bianco pisaのFBページから

 

このイベントの時に、誕生日会にしちゃうのも、周りのたくさんの人に祝ってもらえて嬉しいかも☆

 

 

どこかのテーマパークに行って、与えてもらう楽しさもいいけれど、

こうして、無料のイベントに参加することで、自分たちで自発的に楽しむというのも良いですね。

 

こういう楽しむ場を与えるだけの参加型イベントは、イタリアには多いような気がします。

 

 

夜遅くまでお店を開けて、音楽をガンガン鳴らして、若者だけが参加する、

わー!!っと騒ぐようなイベントではなくて、

色んな人を支えるような、家族で参加できる、あったかい感じのイベントというのがピサらしいな、と思います。

 

 

 

ランキングがイタリア生活とブログ更新の大きなはげみになっています

いつも一手間、ありがとうございます☆
↓ぽちっと        ↓こちらも一押し
   
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
ポチポチっと、今日も応援、ありがとうございました



ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。