息子よ、それはそれでいいのかい

息子は4人。問題は…そう、長男なんだ!
……と、思っていたけど
カエルの兄弟はみぃ~んなカエルだったのでした


テーマ:

ひと月に一回ほどのブログの更新


発達障害っていうのは日々いろんなことが・・・


まあ~


不思議やイライラ!?


が起こるのでネタは尽きません(-。-;)



ただ最近は


『やっぱりなのか』


『こういうことなんだなぁ~』


って思うこともしばしば…



ちょっと前にこんなことがありました



ナル『ママァ~


    おやつ食べていい?』


私『ワッフル買ってあるよ』


むっちゃん『ナル、ナル見せてあげるo(^▽^)o』



買ってきたワッフルのありかを知っているむっちゃんが


教えたくて仕方ありません



ナル『見せてあげるじゃな・い・か・らっ!!ヽ(`Д´)ノ』



ナルちゃんはこういうこと言われるのが


ひっじょ~に嫌いです(^_^;)




ナル『ママァ~お菓子食べていい~??』



(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)


思わず私は二度見!



私『えぇっ~~~!!Σ(=°ω°=;ノ)ノ


  ママさっき何て言った!?


  食べちゃダメなのに


  「ワッフル買ってあるよ」って言ったの!?!?』


ナル『ううん(@ ̄Д ̄@;)』



・・・・・・・


( ̄□ ̄;)



(;一_一)



( 一一)



ナル『ママァ~  食べて…』


私『二回同じこと言ったよねぇ~( ̄_ ̄ i)』


ナル『食べちゃダメなの?』


私『だったら!?(;一_一)』


ナル『あっ (^o^;)』




そうなのか!?


本当にわからないのか!?



この会話…


自分で書いていても不思議だぁ~( ̄ー ̄;



よくよく考えれば


私は「買ってあるよ」と言ったけど


それを「食べていいよ」とは言っていない


ということ…


なんだろうなぁ~(^_^;)




また別の時


こんなことがありました




ナル『パパいつ帰って来たの?(゜o゜)』


私『さっき( ̄_ ̄ )』


ナル『全然そんな音しなかった』


私『みんなお帰りって言ってたよ』


ナル『絶対言ってないっ!!(`Δ´)』


私『ナルちゃんが聞いてなかっただけでしょ』


ナル『ぜぇっったい言ってないっ!!ヾ(。`Д´。)ノ』


私『あんたが聞いてないと言ってないことになるんかいっ!!』




え~え~


大した話じゃありません(-""-;)


でもでも日々のこととなるとちょぴりイラッと…(;^_^A





この程度のことはたいした問題ではないのですが…


先日のオープンスクールでの出来事は


叱ってはいけないような気がしました



発達障害の一端を見たような気がしました



それはオープンスクールも終わろうといていた


5時間目位の事らしい




家に帰って来たナルちゃんの顔は


明らかに怒っていました


目には涙がたまって赤くなっていました



私『どうしたのナルちゃん』



ナルちゃんは怒っている理由を話しだしました


怒りながら…σ(^_^;)




それはこういうことでした



オープンスクールは5時間目で終わり


しかし、午後の授業は体育館で演奏の発表や


依頼したバンドの演奏


中学生の歌や演奏ということになっており


時間どおりに終わらず延びてしまったということだ



最後の中学生の演奏はこの二ヶ月間練習をしてきたそうで


結局最後までやったのだそうです


終わったのは30分後


たった30分授業が延びてしまったことを


ナルちゃんは泣いて「いやだった」と訴えたのです



そうなんだ


泣くほどいやなんだ



先生は二ヶ月間練習してきた中学生の演奏は


30分授業が延びることと比べても


聞いた方がいいでしょうと


生徒には一生懸命説明したそうです


がっ!


ナルちゃんは納得がいきません


でっ!


帰ってきて泣いていたわけ(;^_^A



・・・っつ~か


泣くほどのことなのかい(^o^;)


なのでしょうねぇ~



泣いていた理由は


30分授業が延び帰る時間が遅くなったことで


自分の遊ぶ時間が減ったからだそうな( ̄_ ̄ i)



それを泣いて訴える5年生…


それはナルちゃん…( ̄ー ̄;



私は子育てはナルちゃんが初めて


んなわけで


5年生もナルちゃんが初めてなわけ


これからもずっとずっとその年の子供を育てるのは


ナルちゃんが初めてなわけです



なので比べることができません



人それぞれでしょう


それはそうだと思います


しかし…(-。-;)



言葉にはなかなかしにくいですが


このときのナルちゃんは


何がそんなに悲しいのかすんごく泣いていました



30分の延長が


練習をしてきた中学生のためとはいえ


なぜ自分の遊ぶ時間を削られなければならないのかと



そりゃあそりゃあ必死に訴えていました



『この子は比べることができないんだなぁ~』


と切なくなりなんとか気持ちを静めてあげたいと


思いました



だけど…


練習を重ねてきた二ヶ月間と


ナルちゃんの遊びたい30分は


ナルちゃんの中ではどんなに説明をしても


そのバランスは30分の方が重いようだ(-_-;)




先生には電話をしてみました


ナル君だけじゃないですよと言っていただきました


その場では皆がブーイングだったようです



私はそのブーイングはいいんです



どう説明しても練習をしてきた中学生のこと


それも小学生のオープンスクールのために


その大切さや重要さや中学生の思いや…


そういうことは目には見えないので(ノ_-。)



要するにナルちゃんには見えないんだなぁ~と



次の日も…


その次の日も…


何で5時間の授業なのに


6時間目まで学校にいなきゃいけないんだ


という気持ちは変わりませんでした



これから先もきっとそうなんでしょうね(ノ_・。)




いつも言っていましたが


ナルちゃんはお医者様に行ってもきっと診断されない


【グレーゾーン】


診断されている方々のご苦労を思えば


ちょっとした勘違いくらいなんでもないことでした



でもこの一件で


やっぱり否定しきれない


そして肯定してやらなければいけない


重要な部分があるのだと感じました



ちょっと大げさだったかな?




レゴを壊されて泣いてパニックになる


ナルちゃんを見ていて


こういうことがあるんだと分かっていたのに…



他の場面でもきっとあるのでしょうね




周りの人からは理解されにくいだろうな








わかってあげよう・・・



私だけでも…














AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。