息子よ、それはそれでいいのかい

息子は4人。問題は…そう、長男なんだ!
……と、思っていたけど
カエルの兄弟はみぃ~んなカエルだったのでした


テーマ:

先日ナルちゃんは社会科見学なるものに行ってきました


子供にとっては遠足みたいなもんですよね(-^□^-)



行き先は県警


「はまどり」という船にも乗って…


そりゃあそりゃあ楽しかったでしょう…と


それは想像でしかありません(-。-;)



だいたいナルちゃんは帰っても学校のことや


あれやこれやは話しませんから


それは小1の時にすでに気づいています



運動会のあった日に「どうだった」とたずねたら


『忘れた』ということでしたから( ̄_ ̄ i)


まあそれはそれで(;^_^A



さてさてその社会科見学にまつわるエピソードです



我が家では次の日の学校のしたくは前日


つまり学校から帰ってきて


もしくは遊びに行って帰ってきて


7時に始まるお夕飯の前の


お風呂に入るその前にやることになっています


どこのご家庭でもそんな感じではないでしょうか



その日ナルちゃんは


ナル『明日社会科見学だから(゜o゜)』


私『そう 支度しなさい』


ナル『・・・お弁当と水筒・・・(゜o゜)』


私『それは明日でしょっ!(;一_一)それ以外に自分でする支度!!』


ナル『あっはい(^o^;)』



なぜだ!?


なぜいつもそうなんだ



いっつもナルちゃんはお弁当だの水筒だの


それは当日でなければ


というものを先に言いたがります


別に言いたがっているわけじゃないのでしょうけど



心配か!?


心配なのか!?


まあいいわ(ーー;)




ナル『ママァ~~ちり紙』



ちり紙っていまどき…(^_^;)




ちり紙ね!


はいはい(^_^;)



そんなこんなで支度は進んでいたのでしょう




翌日


私はお弁当を作り水筒に麦茶を入れて…



パパからこんな言葉が


「おやつとか書いてあったよ」


私は社会科見学の「しおり」を見てはいませんでした




私『ナルちゃん食べ終わったら身支度をしてしおりを持ってらっしゃい


  持ち物チェックしましょう』



チェックごとが嫌いなナルちゃんブツブツ言ってましたが


有無を言わせるわけにはいきません



しおりを持ってくるまでにもいろいろありましたがここはスルーしましょう(^_^;)




書いてあります




おやつ(食べられるだけ)


他にもいろいろ・・・(;一_一)



とりあえずスナック菓子とチョコレートなどビニール袋に入れ渡しました



私『ナルちゃん!これ』


ナル『・・・』


私『ポテトチップスとチョコと…


  あと他に少しだけ入れたから持って行きなさい』


ナル『おやつは僕は食べられないからいらない(-_-)』


私『でももしかしたら食べられるかもしれないし


  みんなが食べてる時食べたくなるかもしれないでしょ』


ナル『お弁当食べたらさぁ~お腹いっぱいだもん


   僕は少食だもん』


私『みんなとお菓子交換しようとかあるかもしれないし


  食べられなくても怒られるわけじゃないから


  残ったら持って帰ってくればいいの』


ナル『うう~~ん(-_-;)』



納得が行かないようです





『食べられるだけのおやつ』




現代において


『バナナはおやつですか』


と聞く生徒もいなくなったかもしれないが…



金額をいくらと断定せず


生徒の自主性に任せ


それでもとんでもない量など避けるためであろうか


「食べられるだけ」


と規定しているのは


みなそれで理解できると先生方が考えて決めたことでしょう



先生(-_-;)


申し訳ない…



ナルちゃんは


「食べられるだけ」


を食べていない今は想像ができません


そしてそれ以上は持って行ってはいけないと


きっと極端な考え方をしているに違いない( ̄_ ̄ i)



間違いないっ!!(ちょっと古い!?)


でも…


それもどうかな(;一_一)


実際どう考えているのかは分かりませんが



お菓子ひとつにこんな説明がいるとはねえ~~(;一_一)


確かに言葉通り受け取ってしまうのは知ってたけど…




そして敷物だとか雨具だとかエチケット袋…( ̄ー ̄;



ぜんぜん用意してないじゃないのぉ~~~~ヾ(。`Д´。)ノ



何やってんのよぉ~~~


「ちり紙」だけ!?


用意したのは(ーー;)



もういいわ(-_-;)


前日に気が付かなかった


わ・た・し


がいけないの。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




いざ学校へ!



ナル『えっと・・・はきなれた靴はこれしかないから・・・』


私『・・・!?(;一_一)』



はきなれた靴!?



ナル『行ってきまぁ~す(゜o゜)』


私『・・・行ってらっしゃい(-_-;)』



はきなれた靴ね


なるほど…


では・・・はきなれた靴がなかったらいったい・・・!?(;一_一)


夏休みの終わる頃


足のサイズが大きくなったナルちゃんに


新しい靴を買いましたが


その靴が未だにはきなれていなかったら・・・!?


新しいその靴


2週間ではきなれてくれてよかったわ(^_^;)


なるほど…


そこにも説明が必要なのかぁ~~



ナルちゃん


学校の先生はきっといろいろ考えて


「この見学のために新しい靴など買う必要はないですよ」


というようなニュアンスで決めたのだと思うよ


もちろん歩くのではきなれた靴がいいという意味もあるけれど…



まあいっか(^_^;)





ナルちゃんは無事帰ってきました



私『ナルちゃん


  やることやっちゃいなさいよっ!


  お弁当箱とか出したり


  水筒とか…』



持って行った物の整理や後始末を促すのは


不本意ながらも当然といえば当然のことではないでしょうか


なぜ不本意かと言えば


『そんなこたぁ~~あんた!言われなくてもやるのよっ!』


って気持ちがどうも拭い去れなくてσ(^_^;)




でもまあ言いましたよ


後でイライラするのもいやですし


そんでもって


そのくらい言っておけば弁当箱だけじゃなく


敷物とか他のものも片付けるんじゃないかと…



しかし問題は「ほかの物」という次元ではなく…



ナル『ママァ~~お箸も出していいの(゜o゜)』



そこにも説明が…(;一_一)



私『・・・出さなかったらお箸だけどうすんのよ(-。-;)』


ナル『あっ!はい(^▽^;)』



敵もなかなかやるわね(ーー;)


なるほど…


そうかぁ~


なるほどね


お弁当箱って言ったもんね ママ(-_-;)




ひとつひとつ理解していきましょ( ̄_ ̄ i)





夕飯の支度をしている時


その手は休めずにナルちゃんに聞いてみました



私『ナルちゃん 社会科見学でなんか話したいことある?』


ナル『例えばどんなこと?(゜o゜)』



(ーー;)


だからさっ!


話したいとあんたが思うことさっ!!!(=`(∞)´=)



私『…あんたいつも聞きもしなくても


  しゃべりたいことくっちゃべってんでしょっ!


  そういうことがあるかって言ってんのよ(゙ `-´)/


  無きゃいいわよっ!\(*`∧´)/』


ナル『だから例えば(゜o゜)』


私『べつにいいですっ!((o(-゛-;)』





でもでも


ナルちゃんはちょっと考え話し出しました



ナル『はまどりってね3階あるんだけど


   2階のね こうやって手でやるとね


   色が変わって・・・$%&&’()&7』



それって!?!?!?


(;一_一)


長い付き合いだからでしょうか


なんとなく・・・


ピンときて…



私『ナルちゃん


   それは何!?イスの話してんの?』


ナル『わかんないけど』


私『今話ししてるそれはイスのことかって聞いてんのよっ!!(`Δ´)』


ナル『何かわかんない』


私『イスでしょ?シート


  ビロードみたいなの


  手で撫でると色が変わって見える…』


ナル『そう(゜o゜)シートの・・・』



だから


そう言ってんじゃんっ!( ̄_ ̄ i)



ってか


あんたの興味はそこかい!!




結局


県警の話も…


シート以外のはまどりのお話も(-_-)



聞けませんでしたとさ(^_^;)




先生!


11月の宿泊体験学習は大丈夫でしょうか(^_^;)






余談


翌日 宿泊体験学習があるというのも


気になるものがあり先生に電話をして


「はきなれた靴」


「食べられるだけのおやつ」


について話をしました



ふざけた質問をしても結構本人は本気かもしれないので


すみませんがそこんとこよろしく(^o^;)





ちなみに「バナナはおやつか」と聞いた生徒もいたそうです


先生も苦労が尽きませんね(^▽^;)







AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

3歳のむっちゃんや


1歳のタットちゃんにちょっといやなことをされても


ふてくされて許せないナルちゃん


それくらいなら私も仕方ないかと思います


発達障害が無くったってそういう気持ちあると思うし


だけどそれが小さいながらもパニックってことなのかなぁと


漠然と理解していました



きっと診断をされている子の親御さんは


もっとこのパニックという状況をたくさん経験しているのでしょうね


はっきりと手がつけられないといった感じで…(T_T)



先日のこと


ナルちゃんが大泣きをしました


さすがに参った(-"-;A



その理由は…



先日子供たちにレゴを買ってやりました


ナルちゃんは自分の物を使われるといやだし


きちんと区別できるよう


大きさの違うものにしました



けれどむっちゃんにはその違いは分かっても


1歳のタットちゃんには到底無理です



ナルちゃんには


『触られたくないものはしまっておく』


と日ごろから言っており


レゴもそうするようにと




ところがナルちゃんはお片づけが苦手(^_^;)


そんなことは分かっていますが


あまり多くは口を出しません



片付けずベッドの上に置きっぱなしのおもちゃなど


タットちゃんがベッドに登り下に放り投げることがあると



ナル『ママッ!!\(*`∧´)/タットベッドに登った?


   何でさぁ~~上らせるのっ


   無理やりでも上らせないでよっ(=`(∞)´=)』


私『触られたくなかったら置かなきゃいいでしょ』




まあこんな具合(^_^;)



新しく買ったそのレゴでも同じようなことがあったのです



ナルちゃんはレゴを組み立て自分の作品を取っておこうと


いつものようにベッドへ置いたのだと思います



事件が起こったのは翌日


タットちゃんはナルちゃんのレゴを破壊し放り投げ


その他もろもろベッドに乗っている


ナルちゃんにとっては貴重品と思われる品の


数々をも放り投げたようでした(^_^;)


部屋が普段から散らかっているので


私はその変化に気づきませんでしたけど(^^ゞ



確かにレゴは床に…(^▽^;)



でも普段から言ってるように


引き出しにしまうなり


タットちゃんの手の届かないところに置かない


ナルちゃんがいけないのよ



今回もいつものようにふてくされて


『はぁ~~~い(`ε´)』


と言って済むかと…


思いきやっ!!!



シクシクと


そしてワァワァと


泣き出しました(=◇=;)


ベッドの3階で


そうとうな時間



私『ナルちゃん


  何があったか知らないけど


  泣いてても仕方ないでしょ』



ナル『ううぅ~~わぁぁあ~~~ん うえっうえっ・°・(ノД`)・°・』



ずっとこんな感じで


なんだか切なくなって(´_`。)



分かってくれてはいるだろうけど


正しく理解しているわけではないパパに



私『こういうのがいわゆるパニックなのかしらね


  さすがにここまでは無いでしょ』


パパ『・・・』




ナルちゃんのところへ


パパ『ナルッ 泣いたら解決すんのかよっ


     #$%&’’(((?>M<       』





いろいろ投げかけてましたが


無理でしょう( ̄_ ̄ i)




30分


1時間



私『ナルちゃん』


ナル『レゴだけじゃなくて


    ガチャポンのおもちゃとかもグチャグチャに


    うえっうえっ


    涙が止めようと思っても止まらないんだもん


    勝手に出て来るんだもん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。』



しばらくほっておきました


1時間以上の時を泣いて過ごしたナルちゃんは


ベッドから降り


着替えを持ってお風呂へ



お風呂から出てきたナルちゃんに



私『ナルちゃんちょっと来て


  こればあちゃんに持って行って』


夕飯のおすそわけを持たせました



私『それで少しの間気持ちが落ち着くまで


  ばあちゃんちにいていいから


  いつまでもじゃなくて


  まだご飯食べてないんだから


  食べる時間とか寝る時間とか


  考えてちょっとの間ね』


ナル『分かった!行ってきます』



ナルちゃんはよいお返事をして玄関を出て行き


しばし ばあちゃんちへ




ナル『ただいまぁ~~』


私『お帰り


  ご飯食べなさい』


ナル『うん(・∀・)』




そこにはすっかり元に戻ったナルちゃんがいました



ナル『ばあちゃんがね


    おいしかったって


    ありがとうって言ってたよ(^O^)』


私『そう(^_^)』


ナル『これ何?(°∀°)b 』


私『カシューナッツ』


ナル『んん~~おいしい(・∀・)』



壊されたレゴの話は今も出ていませんσ(^_^;)


めでたしめでたし(*^o^*)  






教訓


きっとこれが世に言うパニックなのでしょう


ナルちゃんは騒ぐと言うよりは


ひとしきり泣くようだ


確かに今までもここまでいかないながらも


目に涙を浮かべることはよくあった


『こんなことで!?』


と思うことも(^_^;)


だけどナルちゃんにとってはいやなことなのでしょう





次に何かパニックになることが起きたら


ばあちゃんちに旅に出そうo(^▽^)o




(それはいい方法なのか!?(ノ^^)八(^^ )ノ)






AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。