ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

翌日は川湯に浸ってはじまった。


私たちが川原の温泉に入ろうとすると雨。

今日は曇りの予想なのにね。


十津川村の玉置神社 にお参りしてから、那智大社へ行く予定にした。

旅館に十津川村、交通規制の張り紙がしてある。

私「これ、大丈夫ですか?」

番頭さん「玉置神社はこの手前ですから大丈夫ですよ」


ところが・・・・。


玉置神社まであと8キロのところで交通規制に引っかかる。

解除されるまであと30分あって、しかも通行時間はわずか20分!


1時間かけてここまで来たのにお参りできないの・・・!?


でももう一つほかのルートがあると教えてもらう。

で、村のいろんな方に聞いてみたら、交通解除を待って、そこからのぼり、別ルートで帰るのが一番いい方法だと教えてもらった。

旧式のナビは一つの道しか検索することが出来ず、まったく役に立たない。

道を教えていただいた銀行で地図をいただき、それを持って玉置神社へ。


与えられた気づき。

機械ばかりを信頼しないこと。

困ったときは自分だけで悩まないで、誰かに助けを求めること。



tamaki-1

玉置神社も山の頂にひっそりとある美しい神社。

熊野の奥宮だそうだ。


霧が立ち込める中、参道を歩く。

パウロ・コエーリョの「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」の中に、

「水は女神のシンボル」という言葉が出てくるけれど、まさにそれを体感する。

優しく身体を包んでもらっているような感覚。

熊野の神様はやわらかい。


tamaki-2


しかし・・昔の方は健脚だよね。


今回階段がなかったのは速玉大社くらいで、あとはすべて高台や山の中にお宮がある。

私も最初は古道を歩くことを楽しみにしていたけれど、段々とどうでも良くなっちゃった。(あっさりとめげる)

車でよかったよ・・。

熊野古道を歩いたパウロが

「熊野は女性的な道です」

とおっしゃっていたけれど、これで女性的ならサンチャゴ巡礼はどんなに険しいんだろう・・。

私にはムリかも・・・。


山を降りて、熊野川をくだり、那智大社へと向かう。

途中でおいしい湧き水に出会う。

お水がおいしいって幸せだな。

まさに「生命の水」


昨日から二人とも気になっていたことがある。

熊野川の水かさが少ないのだ。

というよりも、ダムとかいろんなもので、水量を調整されているんだろう。

川原の中心を細々と流れる川を観ていると、なんだか動物園のライオンを思い浮かべてしまう。

友人も

「川がかわいそう」

と言う。

ダムのおかげで、たくさんの方たちの生活を守られているんだろうけれど、川としてはどうなんだろう?

以前は本宮大社に被害を与えちゃうほどの荒ぶる川だったのにね。


そんなことを話しながら那智大社 へ。


nati-1


お土産やさんで一息ついて、さて参道へ、というときになって、またもや雨が降ってくる。

最初ははらはらと降っていたのに、お社に着いてお参りしたら、本格的な雨。


有名な三重塔と那智の滝の写真はかろうじて一枚。

そのあとは滝が隠れてしまうし、カミナリまで鳴っている。



nati-2


友人は「これは浄化の雨」だと言う。

私は「さっきの熊野川への呟きが、神様にとどいちゃったんじゃないのかな」と思う。


別宮の飛瀧神社へ。

まずお神酒ならぬ神水をいただく。



taki-1

那智の瀧を間近に拝見する。
やっぱり水は神様なんだとしみじみ感じる。

私たちの身体は水で出来ている。

そして大きな命の源がここにあるのをひしひしと感じる。


熊野は神仏一体の優しい場所。

なんでもおおらかに受け入れる。

神様も仏様も。

そして人の些細な悩みも。

すべての根っこは一つなんだと思い出させていただいた感じ。


ミラクルな旅。

おかげさまで、身体の中に一本芯をいただいたように思う。

それを言葉にすることはできないけれど・・。

私たちには何があっても、思い出せて、帰れる場所がある。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今年の春、「地球交響曲第6番」(以後ガイア6)を友人と観て、那智の滝に強くひきつけられた。

友達もそうだったらしく、帰りにお酒を飲みながら

「熊野に行こう!」という話になった。


私「運転できないよ。」

友達「大丈夫、私がするから」

と心強いお言葉。


実は彼女は先日の九州旅行の友人と同一人物。

まさか、鹿児島~宮崎~熊本、続いて熊野を一人で運転することになるなんて、彼女はそのときまったく考えていなかっただろうけれど・・・。


熊野は熊野古道で有名な世界遺産の場所だけど、名所があちこち点在していて、効率よくまわるにはやっぱり車が不可欠。

時間のある方は、ゆっくりと古道を歩きながらまわられると風情があっていいところ。


おとといの九州の疲れもなんのその、JRの中で行き先をチェック。


「那智~速玉~本宮が効率よいのでは?」との私の提案に、

「まず本宮でご挨拶して、那智は最後にご挨拶しましょう」と彼女の意見。


そして地図を見ていた彼女が

「十津川村、案外近いよ。十津川の玉置神社も行こうか?」

ええ?

九州であちこちと欲張ったのはいいけれど、タイムオーバーになりかけたことがアタマをよぎる。


でも、ナビもあるし、いけたら行きましょう。

と、意見が落ち着く。


しかし・・・。

レンタカーのナビはずいぶんと旧式で、操作に手間取っちゃって、二人で冷や汗。


とりあえず回れる場所からまわりましょう、ということで、新宮の熊野速玉大社 にまずお参り。


hayatama


そして、神倉神社


kamikura-1

ここはガイア6のなかで、長屋さんが楽器を弾いていた神社。

また「火まつり」という映画でも紹介されていたけれど、急な階段を松明を持って駆け下りる、「お燈祭り」でも有名な場所。

速玉神社に行くときに、高い山に赤い建物が見えて、私はすごく気になっていた。


ものすごく急な階段を昇って行くと、ことびき岩をご神体とするお社が出てくる。



kamikura-2


パワーの溢れる場所。

この岩に神様がお座りになっているのかな。

神座は「カムクラ」(神倉)と読むしね。


段々とナビの使い方にもなれ、熊野川沿いに熊野本宮大社 へ。


参道の両脇にのぼりがたくさん立っていて、それを納めた方のお名前と「商売繁盛」とか「家内安全」とか、が書いてある。

九州の神話の旅と違って、こちらはずいぶんと現世的。

熊野詣はご利益目的が多かったのかな。


ほんぐう

そして、熊野川のほとりの大斎原へ。

ここはもともと本宮大社があった場所。

明治時代に水害にあって、現在の高台に移された。



ooyunohara


元の社地はやっぱり気のいい場所。


先日お参りした霧島神宮は火山の噴火による火災によって低地へ、こちらは水害によって高台に神様が移っている。


ヤノベさんの「トらやんの大冒険」の中では、火で街が焼かれたり、洪水が起こったりする。


火の神様と水の神様。

なんだか不思議なリンク。


大斎原をゆっくりと歩いていたら夕方になり、その日は川湯温泉 に一泊。

川の側から温泉が湧いている場所。


翌日は十津川の玉置神社、那智大社へのお参りとなった。(つづく)












AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

きのうは岐阜のかおりちゃんと夕ご飯を一緒に食べた・・というか飲んだというか・・。


最近、お会いする方が承諾してくださった場合、勉強のため、数秘術をさせていただいている。


かおりちゃんは去年の秋、天使の絵を描くLala*Marikoさんを通じて知り合った。


はじめて会った時に、Marikoさんを囲んでご飯を食べた。

そのときに、彼女のいろんな話を伺って、ものすごくびっくりした。

彼女はとても明るくて、かわいい方なのだけれど、たくさんの試練を経験されていてる。

そして、それを当然のごとく受け入れて、乗り越えている人だ。


たとえば、私が彼女と同じ立場に立たされたなら、その不条理さと理不尽さに、怒りと憤りで世間を恨んでいるのではないかと思う。

それなのに彼女は、それをとても素直に受け止めて、愚痴を言うでもなく、フツーの出来事のように話してくれた。

また、ご主人との関係も、不思議な気がした。


そんなこんなで、かおりちゃんとご主人の数秘術チャートには、私自身がものすご~く興味があった。


・・・で、拝見させていただいた・・・。


やっぱり・・


というか当然というか、誕生数(生年月日を足して、その数字を一桁にしたもの)が二人とも同じ数字、しかもカルマナンバー(今回の人生で取り組むべき課題を示す)だった。


また、かおりちゃんは誕生数と同じナンバーが、運命数(自分の名前を数字に置き換え、足して一桁にしたもの)だった。


彼女は信頼と相手をサポートすることがテーマとなっていた。


うわ~。


かおりちゃんにそのことを伝えると、先日前世を見ていただいた方にも、かおりちゃんとご主人はツインソウルで、今生起きることを、二人で支えあいながら解決していくのだそうだ。


二人とも「オールドソウル」(古い魂・・何度も転生を繰り返している深い智慧を持つ魂)なのだそうで、それを考えると、今生、二人で乗り越えようとしているハードルが高いのも納得が出来る。


ソウルメイトやツインソウルというと、

「出会って結婚できれば幸せになれる」

と思っている人もいるけれど、それは大きな間違いだ。


であったことで、より強力な困難が待ち受けているときもあるし、今生はハッピーエンドにならない場合だってあるのだ。

また、この二人のように、わざわざ辛い目にあって、自分たちの魂を高めあおうとしている人たちもいる。


数秘術でも二人のキーワードの中に、「信頼」や「オールドソウル」がたくさん登場していて、かおりちゃんと二人で、驚きながら、ご飯を食べ、お酒を飲んで語り合った。


まあ、途中で酔っ払っちゃって、数秘術はうやむやになっちゃったんだけど・・。


先日も、ある方の数秘術チャートを作った際に、

「気になる人がいるので、数字を出せませんか?たぶんソウルメイトだと思うんです」

と言われて、その方の、誕生数と運命数を出したら、二人とも、生年月日が違うのに、誕生数がまったく同じ、しかも、西暦、月、日とそれぞれの数字がぴったり一致して、鳥肌が立った。


「やっぱりソウルメイトなのかな~」

と、彼女も納得していた。


う~ん、おそるべし数秘術・・・。


確かに数秘術は不思議なところがあって、面白い。

ただ、私自身は、数秘術を丸呑みにしないほうがいいと思っている。


これはあくまでも指針のようなものであって、

「私はひょっとしたら、沖縄に行きたいのに、北海道のほうに歩いていってる?」

って、悩んだときに、

「そっちの道も悪くないけれど、こっちの道のほうがスムーズかも」とか


「この山をいつまで登り続けなければいけないの?」というときに

「あともうちょっとで頂上だけど、気を抜かないでね~」とか、

そういうものだと思っている。

だから、ちょっと悩んだりしているときに、その方の人生のお助けになればいいと思う。


ともかく、かおりちゃんご夫妻は、自分たちで、創造した、すごい人生を歩んでいる。

今回の数秘術は、その確認のようなものだった。


生きている人の数だけ、人生の数もある。

お二人にとって、これまでも、そしてこれからも、きっとおもしろい人生がまっているんだよね。

その面白さは、お二人にしかわからないものなんだ。


「ま、今日は七夕だし、いろんなことがあるけれど、人生楽しみましょう」


そんなことを言いながら、楽しく酔っ払わせていただいた七夕の夜でした。









AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。