ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

期待通り、いえ、期待以上の展覧会!


大好きな西野さんがメインアーティストの鉄道芸術祭「西野トラベラーズ」


まずは京都・清水五条の「アンテナメディア」の横井裕一さんの「トラベル」展から。

本当は中之島バンクスの会場の方が前半なので、そちらから観る方がいいんだけど、電車の車内のような凝った内装にワクワク。

一駅目からすっかりやられて、このままここでずっとトラベルをしたい気分。



ここで、そこで、いろんなところで

そして、京阪電車に揺られて、なにわ橋の「西野達」展へ。


ここで、そこで、いろんなところで

相変わらずの西野さんらしいユーモアとウイットに富んだ作品たち。

もう、すっかり舞い上がってしまった。

スタッフの方たちも明るくて、愛知から来たと言うと感動してくれたり、作品の中で写真を撮ってくれたり、とってもフレンドリー。

ワークショップで、秀吉公の頭に乗っかっていたオブジェを写真で合成して、参加者の頭に乗せられるかどうか検討中だとか。


そして中之島の横山裕一展。

こちらは「トラベル」の前半部分。

カラーよりもモノクロの方が、この作品の不思議さがより際立つみたい。

こちらのスタッフさんもとってもフレンドリー。



ここで、そこで、いろんなところで

そして、最後に渡辺橋の国立国際美術館。

こちらでは「中之島コレクションズ」に西野さんの写真作品が2点、展示してある。


同じ美術館のB2では、「世界制作の方法」という若手中心の展覧会。

パラモデルはおもちゃのレールで、どこまでも二次元的に増幅していく。

法則があるような、ないような、有機的な感じがおもしろい。


大西康明さんは身近な素材で、繊細に空間を変質させる。

些細なものに丁寧に目を向ける感じがとっても好き。



ここで、そこで、いろんなところで

ここで西野トラベラーズは終了。


そして、ここからは港にむかう。


海の時空間ではラッキードラゴンの頭部が展示されている。

ただいまラッキードラゴンの原画も展示中。

「サンチャイルド」のロングバージョンの映像も放映されている。


ここで、そこで、いろんなところで

そのあとWTCでサンチャイルドと対面。

ぱっちりと開いた大きな瞳はすっと上を仰いでいる。

これはきっとヤノベさん自身なんだろうな。

いろんな思いが交差する中から結実した作品を観ていると、なんだか胸が熱くなる。

ベタな感想だけど、とても素直な気持ちになって、

「私もがんばらなくちゃ」

と思う。


ここで、そこで、いろんなところで


パワー溢れる大阪。

好きだな。


西野トラベラーズ 行き先はどこだ?

http://artarea-b1.jp/event/tetsugei01/index.html


大阪カンバス2011


http://osaka-canvas.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

野村親子の狂言が観賞できるということで行ってきた。


萬斎さんはTVでもご活躍。

お父上の万作さんは初めて。


狂言は今までに何度か観賞したことがある。

初体験は高校の時。

高校に狂言師の方がいらしてくださった。

その時の演目は「附子(ぶす)」。

高校生でもわかりやすい話に、伝統芸能の垣根はうんと低くなった。


今回の演目は万作さんが「萩大名」、萬斎さんが「小傘」


なんと丁寧な笑い話だろう。

ずっこけたり、トボケたり、笑う場面は新喜劇と一緒でも、その所作の一つ一つに練られた美しさがある。


萬斎さんの狂言も勢いがあって面白かったけど、万作さんの豊かな表情とこまやかな所作にすっかり魅了されてしまった。

さすが人間国宝。


詳しい方が、流派によって同じ演目でも演じ方が違うのだと教えて下さった。


爽やかな秋風とともに、爽やかな笑いでしめくくった秋の一日。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぐずぐずしていたら、もうすぐ会期終了。

ということで、あわてて日帰りで行ってきた。


ここで、そこで、いろんなところで


絶対に観たかったのはクリスチャン・マークレーの「The Clock」。

今現在流れている時間と上映されているスクリーンの時間が一緒に移行する。

なんとも不思議な感覚。

一分の間にたくさんの出来事が起こる。

拉致されたり、ジュースをコップに注いだり、キスしたり、時計を壊したり、考え込んだり、バスに乗っていたり・・。

知っている俳優さんたち、知っている映画がたくさん出てくる。

私が確実にわかったのは「80日間世界一周」と「刑事コロンボ」

ヒッチコックっぽいのもあったし、場面や俳優さんから映画を想像するのも楽しい。

この作品を観ている私も、そしてスクリーンの中で演技している俳優さんたちも同じ時間を共有している楽しさ。

そして、一分、一秒の中で、こんなにたくさんのドラマがあって、人生があるってなんだか素敵。


イエッペ・ハインの体験型の作品も楽しい。

誰かが椅子に座って体感しようとすると、みんなが集まってくる。

ちょっぴり恥ずかしい瞬間。
ここで、そこで、いろんなところで


岩崎貴宏さんは繊細で小さな作品が主だけれど、今回はそのささやかな感じをそのままに、空間を大きくとり込んだ作品に仕上がっていてとってもキュート。

みんなで作品のありかを探しあっていて、見つけた時はちょっと自慢。
ここで、そこで、いろんなところで

うれしかったのは久しぶりの泉平のいなりずし!

なぜか新港ピアのカフェにおいてあった。

一時期お店もなくなって、デパートからも撤退していたけれど、今では復活しているみたい。

思わず買ってしまった。

今でも横浜球場で売ってるんだね。

ここで、そこで、いろんなところで


テーマはテーマとして、アートに遊んだ楽しい一日。


よこはまトリエンナーレ


http://118.151.165.140/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

番組が終わった後、ちょっとの間、現実に戻ってこれなかった。

今でもその余韻は残っている。


曽根崎心中は私が観たことのある唯一の文楽。

初めてその演目を観た時、その情感こもった人形の美しさにすっかり参ってしまった。

最後の心中の場面では、覚悟を決めたお初の凛とした姿に涙が溢れて仕方がなかった。

死ぬことでしか成就されない切ない恋の物語。


文楽の人形は、人形であることを超越していて、別世界にいざなってくれる。


杉本文楽はオリジナルにこだわり、今まで割愛されてきた場面も盛り込まれているし、演出もこれまでの文楽にない仕掛けも取り入れている。

番組では杉本文楽のエッセンスしか観ることはできなかったけれど、それだけでも、この舞台に臨む杉本さんや文楽を支える人達の意気込みがtvの画面を通してビシビシと伝わってきた。

これを生で体験できなかったのは本当に残念。


でも、あの広い会場で、しかも花道での心中場面は、席によっては観にくかっただろうし、あのお初の最後の美しい表情もちゃんと観ることはむずかしかったんじゃないだろうか・・?


とはいえ、鳥居や仏像の本物の重圧感や、そぎ落とされた演出は、より一層物語のコアな部分を引き出していて、見事。

通常の文楽ではあっさりとしている心中場面がオリジナル通りに長く語られる。

生々しいはずの死の場面が美へと昇華されていて、その世界に引き込まれてしまった。


杉本博司さんという卓越した美意識を持った方の作品に触れることのできる幸せ。


同じ時代を生きってよかったな。

アートを好きでよかったな。

日本人でよかったな。


しみじみと感じた時間。



この世の名残 夜も名残

~杉本博司が挑む「曽根崎心中」オリジナル~

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/1016.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりの展覧会。


小谷元彦展へ静岡県美へ。

第一室は体験型の作品「インフェルノ」

豊田市美には「9THROOM」がある。

奈落に落ちていくような、天に登って行くような体感。


有機的で美しい作品たち。

「ファントムリブ」とは指などを亡くした後もそこに指があるかのような感覚のことらしい。

作品の中を漂っていると、皮膚におおわれているはずの自分が体外へ漏れ出していくような不思議な感覚になる。

作品に触れていないのに、触れているような感じ。

初出品の作品もあったけど、出展されていない作品もあったし、その場から受けるインパクトもあるので、森美でも観たかったな・・。

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2011/02.php


初体験の静岡市美。

ハンス・コパー展。(6月26日まで)

左右対称の花器たち。

一度成形された器を繋ぎ合わせて一つの器にする独特な技法。

ルーシー・リーの器も展示されていた。

彼女はハンスの才能を開花させた人。

私の好みとしては繊細で女性らしいルーシーの器が大好き。

でも、花器としてはハンス・コパーの作品にひかれる。

ハンスの器は寡黙。

生けた植物が語るのを静かに待っている。

http://www.shizubi.jp/exhibition/future_110409.php



松井紫朗展を観に豊田市美へ。

本当はフェルメールを観にと言うところだろうけれど・・・。

あいトリの時、あの緑のバルーンの中に入れなかったので、今回はリベンジ。

展示してある作品を体験型と勘違いして遊んでしまい、注意されてしまった・・(苦笑)

JAXAとの共同プロジェクトもあって、これからのアートの可能性を感じさせるものも。

しかし・・。

フェルメール人気はすごかった。

あんなにたくさんの人がひしめいている豊田市美も久しぶり。

フェルメール、恐るべし。

http://www.museum.toyota.aichi.jp/home.php


体感できるアートは楽しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



青春18きっぷの季節となったので、京都へ。


寒の戻りで米原付近はすっかり雪景色。

JRが止まっちゃったらどうしようとドキドキしたけれど、なんとか無事だった。

ここで、そこで、いろんなところで

はじめての大山崎山荘美術館。



ここで、そこで、いろんなところで

開催中の展覧会は日高理恵子さんとさわひらきさん。

さわさんの映像は金沢の21世紀美術館で所蔵作品を観てから大好きになった。


民芸の秀逸なコレクションと合わせて観るさわさんの映像はとても不思議。

時間の感覚を見失う。

私の大好きなelsewhereの展示はなんと引き出しの中!

引き出しを開けたらいろんなものが動いていたなんて、楽しいだろうな。


ここの民芸のコレクション、本当に素晴らしい。

キャプションをみなくても、誰の作品か一目で観てわかる。


日高さんの作品は、新館のモネと一緒に展示。

具象なのに抽象。

単色なのに、庭に寝そべって、樹を見上げているような、凛とした中に植物の暖かさを感じる。


植物を生けているとき、

「この枝ぶりの美しさを生かしたい」トカ、

「下から見上げた時の枝の複雑さを表現したい」トカ

思うことがあるのだけれど、日高さんの作品はそれを絵画という手法で表現してくださっているようでうれしい。


庭もお手入れが行きとどいていて、心地よい美術館。

アサヒビールさん、頑張れ。



ところで、関西に住んでいたにも関わらず、山崎は初めてで、しかも、ここが「天下分け目の天王山」だとはじめて知る。

山とわかると山頂に登りたくなるのが私。

ということで、ブーツでハイキングコースの山頂に挑戦。(あまりお薦めはしません)

山頂まで1.2km。

山道は結構きつい。

雪が舞ったり、風が吹いたり。

山はいろんな表情を見せてくれる。

途中、見晴らしのいいところで下界を臨む。

決して高い山ではないけれど、淀川沿いの平野が一望できるこの場所が、天下取りにはとても重要だったことがよくわかる。



ここで、そこで、いろんなところで

山頂には秀吉が掘ったと言われている井戸も残っている。

明智からの毛利への書状が間違って秀吉に届けられなかったら、果たして秀吉が天下を取っていたのだろうか。

いろんな思いが胸をよぎる。


天王山を降りて、京都で一息。

定番のイノダコーヒーで、レモンパイのセット。

ここのレモンパイは昔からずっと変わらない味。

もちろんコーヒはミルクと砂糖を入れて。

で、前回もそうだったけど、禁煙席が満員で喫煙席へ。

禁煙席をもう少し増やしてくれないかな・・。



ここで、そこで、いろんなところで

帰りはもう雪は溶けていたけれど、伊吹山はまだまだしっかり積もっていてた。

冬の名残の雛祭りの一日。


大山崎山荘美術館

http://www.asahibeer-oyamazaki.com/





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月18日に初日を迎えた展覧会。

当日は「雨を建てる」は倒壊してるし、「雲を積層する」も未完成。

作品のキャプションも貼られていないし、ボランティアさんたちは疲れ切っているし、いったいどうなるんだろうってカンジだった。

ただ、なんだか面白い展覧会になりそうな予感は充分にあった。


展覧会中期に再訪。

展覧会初日の混乱と熱気の入り混じった空気とはまったく別のものが漂っている。


修復された「雨を建てる」

雨が建っている。

雲の粒子にさ支えられて。

作品の前にある壁には作品と同じ素材が貼ってある。

最初はドローイングかと思っていたらさにあらず。

座ったり、立ったり。

いろんな角度からワイヤーが視覚化できる位置を探す。

きっと今まで観た中で、一番透明で繊細な建築。


完成した「雲を積層する」

構造物は基本的には下が大きく上が小さいほど安定する。

これは逆で下が小さく上が大きい。

ある層に視点を合わせても、向こうが霞んで見える。

地面と垂直方向にはシートは貼られていないにも関わらず。

浮遊感のある建築。

アリになってこの中に入ってみたい。


私がちょっぴりお手伝いをした「空に住む」。

高く高く、どこまでも伸びる建築物。

まるでしなやかな「バベルの塔」

その中にちっちゃな人がうごめいている。

本当は家具も入れたかったのだそうだ。


やわらかくてピュアな空間。


できれば人の少ない時間に行って。

作品たちが醸し出すかすかな揺れを体感してみて。

その空気に触れてみて。


石上純也ー建築のあたらしい大きさ

http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2010/special/ishigami.html




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「献息」をお願いします。


「献血」ならぬ「献息」


今回、山川冬樹さんというアーティストを初めて知る。


山川さん、ホーメイの歌い手ということで興味はあったけど、チケットはいつの間にか完売になっていた。

で、今回ボランティアの呼びかけ。

ちょうどローザスで県美に行くので、おもしろそうだし参加することに。


http://mytown.asahi.com/areanews/aichi/NGY201010270040.html


ボランティアが集まって山川さんが主旨の説明をする。

山川さん、細くて超ハンサム。

横顔整い過ぎ。

ロンドン生まれとあるけれど、ハーフかな。

目が合うたびにドキドキ。


チェキで写真を撮られる時も、緊張して顔がひきつっちゃった。


ボランティアでお隣同士になった女性と

「山川さん、写真と全然違う~」

http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/fuyuki-yamakawa.html (写真付きアーティスト説明)

「すごい、モデルみたい~」

と、二人ではしゃぎまくり。


で、hpなどを検索すると、神がかり的なエキセントリックなパフォーマンスをされる方のようだ。

http://fuyuki.org/index2.html


ああ、観に行きたかったな・・・(すごく不純な動機による)

いえ、ホント、おもしろそうなパフォーマンスなのだ。


ところで、この「献息」、どう使われるかは秘密。

秘密にしてくださいと山川さんに言われたの。



ここで、そこで、いろんなところで


パフォーマンスが終わった後で、いつかこっそり答を書いておきます。

知りたい方はまたいつか。



ところで、雨降りだったので、県美の庭園には出れなかったけど、そこへ行く前に渡辺英司さんの美しいインスタレーションを発見。



ここで、そこで、いろんなところで

トリエンナーレもあと少し。



もうご存知の方もいらっしゃるけれど、「献息」の答え。


私たちが献息したものを風船にいれ、それをパフォーマンス中に山川さんが吸い込み、歌として表現するということでした。

「山川に息を吸われたくないと思う方は献息しなくていいですよ」

と山川さんは笑っておっしゃった。

しかし・・・。

「他人の吐いた息をまともに吸い込もうと思うのは変態か愛があるかのどちらかじゃん!」

と思ってハタと気付く・・・。


もちろん愛よね・・・・。


でも、私たちは意識しようとしまいと、他人が吐いた息を吸い込んで呼吸しているんだよね。

それを具体的にパフォーマンスとしてみせる山川さんはやっぱりタダモノではない・・・。








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

コンテンポラリー・ダンスの好きな友達に薦められた。

「これは絶対に観た方がいいよ」


4人の女性が踊る。

ため息までがパフォーマンスの一部。

結構早くから並んだので、かぶりつきのど真ん中。

彼女たちの汗も飛んできそう。

パフォーミング中に茶目っ気たっぷりにささやきながら笑う声も聞こえる。


女性でなければ生み出せない表情。しぐさ。

こぶしを握っても、いかめしい顔をしても、その肉体から女らしさが失せることはない。


女性性をこんなにしなやかに、洗練された形で表現してくれたパフォーマンスを初めて見た気がする。


観ている途中で熱いものがこみあげそうになった。

それは心だけじゃなくて、私の身体全体が彼女たちのダンスに共鳴しているような感じだった。


したたかさも、弱さも、すべてすべて含めて、自分は女なんだな・・と改めて思う。

そして、

女に生まれてよかったな・・・。


そんなことを思いながら帰路についた。



ローザス

http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/rosas.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ここで、そこで、いろんなところで


観たかった・・・!

これを楽しみにあいトリを待っていたんだから。


先日の西野さんのインタビューで、本当は名古屋城のしゃちほこの部屋のプロジェクト案もあったのだと明かしてくれた。

ダメになったのは宿泊型ホテルの案だったとか。


転がる愛知は一度立ち上げるたびに百万円くらいかかっているのだそうだ。

「みんな、《あいち》って読んでくれなくて《あいう》って読むんだよねえ」

と笑っていた。


雨の中、5時半から立ち上がるのをずっと見守っていた。

フェンスで囲まれた空き地の中をのぞいたり、まわりをぐるぐる回ったり。

クレーンにつるされて、ぴかっと光った瞬間、背中がゾクっとした。

寒かったからじゃないよ。



昨日は納屋橋会場で1公演観客一人のボリス・シャルマッツのパフォーマンス。

パフォーマーが映像で固定されていて、観客が自由に動いてもいい逆パターン。

不思議な感覚。


梅田さんの映像は目をつぶっているのに光が見える。

納屋橋会場をあとにして、とぼとぼと歩いて長者町会場へ。

ベロタクシーとプリウスの送迎区域とは違う動き方ばかりしているから、いまだにこの二つとはご縁がない。



西野さんの転がる愛知を観た後は、志村信裕さんのリボンを観たり、浅井裕介さんのビッグハンドを観たり。

ビッグハンドを横で観ていた関西の人たちが

「手がむっちゃ大きい!」

と言いながら笑っていた。


ここで、そこで、いろんなところで


あいトリが終わって少し経ってから、喫茶クラウンに行ってみようかな。

ママと話ができたなら

「浅井さんの作品、ちゃんと全部観たからね」

って報告をしたい。

浅井さんの作品のある場所を一生懸命に教えてくれたママのことを思い出すと、なんだか胸がじいんとする。

クラウンに浅井さんの作品が残っているといいな。


あいトリが終わって振り返った時、一番心に残っているのは、喫茶クラウンのママと浅井裕介さんの関係かもしれないな。


お祭りの終わりがもうすぐ迫っている。



あいちトリエンナーレ

http://aichitriennale.jp/




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。