ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

やっと園子温監督の作品を観た。


今まで気になってはいたものの、作品によって観た人の評価が別れていたり、鬼才、エログロ、バイオレンス、という言葉を観ると「苦手なタイプかも・・」と思っていた。


でも、先日TVのインタビュー番組でご自身を拝見して、丁寧に自身のことや映画のことを語っていて、興味がわいた。


映画「ヒミズ」は原作とラストが違うらしい。

それは「原作が描かれた今と3.11を体験した今とは時代が違うからだ」と説明していた。


「ヒミズ」はエログロではないけれど、バイオレンスはある。

精神的、肉体的なバイオレンス。


映像がまるで散文のようだ。

園監督は詩人でもあったっけ。


観ていてドフトエスキーの「罪と罰」を連想していた。

もちろん、ラスコーリニクフは「おまけの人生」で悪を殺そうとしたのではないけれど。


幼児虐待を受けていた友達も思い出した。

その話になると、30過ぎていても「親が憎い。俺の幼少期を返してほしい」

と顔つきが変わった。

彼の中にも暴力的な臭いがあった。

その彼も「罪と罰」を愛読していた。


映画の感想はうまく書けない。

きっと書いても、私の文章力ではぺらぺらな感想しか出て来ない。

「心の闇」と書いても、その深さは思うように伝えられない。


エロもグロもバイオレンスも、人間の本質の中にあるものなんだ。

そして優しい気持ちも。


「ヒミズ」の原作のラストは想像できる。

映画のラストが違っていてよかった。


「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」も観てみたい。


ヒミズ

http://himizu.gaga.ne.jp/





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

木曜日はレディース・デイだったので、映画を立て続けに2本観た。


まず「アンダーコントロール」

原発に頼らず電力をまかなうことを宣言したドイツの映画。

原発の内部や原発の解体、遊園地として跡地利用されている破棄された原発。

余分なナレーションや音楽を排し、インタビューと映像のみで語られるドキュメンタリー。

答えが導かれるわけではなく、それはこの映画を観た人にゆだねられている。

「輝かしい未来のエネルギー」だったはずの原子力は「厄介者」になり、打ち切られたり、解体されたり。

希望を抱いて「原子力」に関わっていた科学者や技術者たちは、現実に翻弄され、居場所をなくしていく。

原発の跡地が遊園地になり、冷却塔内のアトラクションで子供たちが遊ぶ姿はまるでSFみたい。

正義や真実のもう一つの側面が垣間見える。



次は「地球にやさしい生活」

消費生活にどっぷりと漬かった生活をしていたニューヨーカーの家族が、自分たちの生活を見直すために一年間の限定で、ゴミなし、電気なし、車なし、新品を買わない、などなどの「地球にやさしい生活」を始める。

その一年を追いかけたドキュメンタリー。

地産地消にこだわるため、遠くで生産されるコーヒーも禁止。

リサイクル以外の新しい商品を買うのも禁止。

夫の提案に同意したものの、実験を始める前にあわてて洋服を買いあさり、コーヒーを飲みまくる妻のミシェル。

夫に隠れてこっそりズルをする姿もかわいい。

時にはぶつかりながらも、話し合い、お互いに歩み寄り、問題の糸口を見つけて行く。

夫婦として、お互いの立場を尊重する姿もいいな。

すべてなしにして見えてくるもの。

文明のありがたさであったり、問題点であったり。

段々と不便さを楽しむすべを見つけて行く姿も、観ていてほほえましい。

肩肘張らず、私たちと同じ視線で行動する姿がとってもユニーク。

完璧でなくても、ゆるくてもいいから、できる範囲からエコを楽しむ。

エコに対してゆったりと構えさせてくれる映画だった。



アンダー・コントロール

http://www.imageforum.co.jp/control/


地球にやさしい生活

http://yasasii-seikatsu.com/






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

3時間半の長い映画。


第一部はジョージの幼いころからビートルズの解散まで。

第二部はビートルズ後の活動からジョージの死まで。


私がビートルズに夢中になったのは中学生の時。

もうすでにビートルズは解散していたけれど、レコードが擦り切れるくらいに聴いていた。


ビートルズと言えばジョンとポールがメインだけれど、ジョージがグループの中で果たした役割がとても大きかったことがよくわかる。

そしてギタリストとして、とても尊敬されていたことも。


映画の中で流れるジョージの曲。

知っている曲のなんと多いこと。

そのメロディーが軟らかくて、彼の声と泣きのギターと絡まって、優しかったり切なかったり。

レノン・マッカートニーではない個性がきらりと光っている。


彼自身がいろんな意味で二面性を持っていたことを彼の親しい人たちも語っている。

ビートルズの中の自分という、実在するものと、もうひとつの見えないものの存在との中で、彼は揺れ動いていたのだろうか。

魂の救済をもとめてインドに傾倒していったことも、あの頃ビートルズに夢中だった私には、タダの事象としてしか理解していなかった。

でも、実験的な要素とともに精神的な深さも音楽の中に追求していったことが、ビートルズがただの流行のバンドではなく、長く愛され続ける理由であるようにも思う。

もちろんそこにジョージが深くかかわっている。


私たちは物質世界に住んでいる。

でも、それだけではない何かがあって、そのきらめきに触れたり共鳴したりすることで、私たちに深い喜びがもたらされることもわかっている。


いろんなことに気付きだした今、もう一度丁寧にジョージの曲を聴いて観たい。


ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

http://gh-movie.jp/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと観ることができた。


福島の原発事故を経験した今だからこそ、この映画の重みが胸にズシリとのしかかる。


上関原発に反対して行動を起こしている祝島の人たち、そして、火力や原発に依存しないエネルギーを選択したスウェーデンを取材した丁寧なドキュメンタリー。


本当の豊かさってなんだろうか?

私には、昔ながらの漁業と農業を続けて生活している祝島の人たちの暮らしこそ、「真に豊かな暮らし」のように思える。

そして、転勤ばかりで根なし草のような生活をしてきた私には、島の暮らしを守ろうとする人たちの団結力がまぶしいくらいだった。


ダムに沈んだ徳山村のことが頭をよぎる。

「ふるさとは心の宝」

徳山村の増山たづ子さんは、サインにいつもそう添えていた。


エネルギーに関してきちんと考えて、選択しなければと思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

深く胸にしみる映画。


宗派に関係なく、神の愛とは何かを静かに問いかける。


異教徒の村の中で、尊敬され、慎ましく生活する修道士たち。

そこにテロの危険が迫る。


異教徒もテロリストも、同じ隣人として困っていれば手を差し伸べる。

イスラム教徒の村人のパーティーにも参加する。

アーメンと言い、インシャッラーと言う。

軍(暴力)による保護を断り、帰国命令も拒否し、村人たちと生きることを決意する。


これが実話であるということ。

人はこんなに崇高に気高くなれるのかと思う。

真の信仰とはまさにこういうことを言うのだと思う。

彼らが自分の内に神を見出し、涙を流すシーンが美しい。


タイトルは

「あなた方はみな神々だが、男として(人間として)死ぬであろう」

と言う聖書の一節。



神々と男たち


http://www.ofgods-and-men.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「国家規模のねずみ講」とはよく言ったものだと思う。


金融庁、銀行、証券会社、格付け会社、経済学者、etc・・・

みんながグルになって投資家や一般市民からお金を巻き上げていく。

バブルがはじけ、恩恵を受けた人たちは、罪にも問われず、お金も返済せず、さらに退職金などを受け取ってまた政治に入り込んでいる。

コツコツと働いて貯めた年金が投資した債券の暴落であっという間にパアになる。

残った膨大な借金は国が肩代わりし、税金が投入される。

リーマンショックについてはある程度理解しているつもりだったけれど、ここまでヒドイからくりがあったなんて・・。

観ているうちに段々と腹が立ってくる。


私の中にも欲望はある。

その欲望が肥大して叶えられたらこうなるんだろうか・・。

まるでホラーのようなドキュメンタリー。


インサイド・ジョブhttp://www.insidejob.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どちらも親子がテーマ。


SOMEWHEREは娘との絆を通して自分を再確認する父親の物語。

成功しても、お金があっても何かむなしい。

ソフィア・コッポラの映像はふんわりとしていて核心はオブラートに包まれていてる。

幸せはどこかにあるものではなく、ここから一歩踏み出してみつけていくもの。


海洋天堂は自閉症の息子と余命3カ月の父親。

監督・脚本が「北京バイオリン」のシュエ・シャオルー。

今回もお父さんの愛情の深さ、息子のけなげさに泣かされる。

そして、まわりの人たちがとってもいい人たちなのもほっとする。


私の親戚の息子は知的障害を背負っている。

ネットで知り合った友人はお嬢さんが自閉症だった。

親の方が先立つのが世の常。

死が近いことを知り、息子と心中しようとする父親。

ジェット・リーが扮するお父さんの思いが親戚や友達とシンクロする。


二つの映画を観て、西洋と東洋の家族の愛情の微妙な違いを感じる。

それでも、子供を愛していない親なんていないよね。


親と子はきっと永遠のテーマだな。


SOMEWHERE

http://www.somewhere-movie.jp/index.html

海洋天堂

http://kaiyoutendo.com/index.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大人になったユスフが見たくて「卵」を観に行く。


観終わった後で、パズルのように映画のシーンが意味することが分かってくる。


スランプ状態の詩人ユスフにお母さんが亡くなったという知らせが来る。

イスタンブールから久しぶりに育った街に戻るユスフのお話。。


映画の冒頭でお母さんが歩いて行ったのはあちらの世界。

この監督さんは現実の世界の映像を使って非現実なものを提示する。

こちらも想像力を働かせながら映像を観る。


三部作の最初がこの「卵」

先に後から創られた「蜜蜂」と「ミルク」を観ているので、逆にそれが邪魔をして「あのシーンとこのシーンはどう繋がるのだろう」とかあれこれ考えてしまう。

一番最初に「卵」を観て、「蜂蜜」「ミルク」で大人になったユスフに思いを馳せた方がいいようだ。


亡くなったお母さんはユスフが戻ってきてくれることを望んでいた。

でも、本当に戻ってきてほしかったのは、ユスフの身体ではなくて心だったのだろう。

自分のルーツ、根っこにあるものを取り戻すことで、詩人としての魂も取り戻せることを望んでいたのだろう。

それはユスフ自身のことでもあり、きっと今のトルコのことでもあるのだろう。


卵は「生まれる」ことの象徴。


夜が明けて朝が来る。

ラストでは雷の音とともに希望が見える。



http://eiga.com/movie/56180/



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに美しくて静かな映画を観た。


「蜂蜜」「ミルク」「卵」は三部作なのだそうだ。


「卵」が一番最初で、次が「ミルク」、「蜂蜜」は一番最後の作品。

そして、主人公の年齢が作品を追うごとに段々と下がっていく。


「蜂蜜」は静謐な森の中の物語。

音楽は一切なし。

セリフも少ない。

自然の中には美しい音が溢れていて、人が創った音楽以上に饒舌。


ユスフ役の少年がとても表情豊かでかわいい。

ユスフの夢が現実と非現実の境を曖昧にする。


生も死も含め、そして魂も私たちは自然の一部であることを思い出させてくれる。


あまりにも「蜂蜜」が素敵な映画だったので、三部作のもうひとつ「ミルク」も観た。

冒頭のシーンにはドキリとさせられる。


「蜂蜜」で少年だったユスフが少し成長している。

森を出て、母親と二人で乳牛の世話をして生計を立てている。

「蜂蜜」でも牛乳が大切なメタファーとして登場していた。

こちらは思春期で、母親との関係を通して、自我の芽生え、心の成長がテーマとなっている。

ラスト近く、愛する母親を見つめるユスフの表情が印象的。


壮年になり、詩人となったユスフが登場する「卵」もいつか観て観たい。


蜂蜜

http://www.alcine-terran.com/honey/




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

BGMや派手な効果音もない。

ただ、風の音、雪の積もる音はしっかりと響く。

モノクロの美しい村。


物語が続き、やがて画面が暗くなってエンドロールがでる。


これで終わり?


何も解決されず、漠然と不安が残る。

村で起こった数々の事件の中で、はっきりと犯人が分かるものはほんの少し。

その小さな綻びが大きな事件を暗示する。


得体のしれない恐怖感がいつまでも残る。


映画のフライやーに「やがてナチとなった子供たちが暮らした時代」とあり、ああ、そうかと思う。

答はない。

ただ起こったことだけがそのすべて。


もう一度観たい映画ではないけれど、自分の中に潜む邪悪なものを、皮膚の皮をゆっくりとはがしながら見せつけられたような気がした。


白いリボン

http://www.shiroi-ribon.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。