ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:
沖縄には独特な時間の流れがある・・と勝手に思う。

去年の2月に初めて沖縄に行って、たった3日間だけの短い旅の中で、私は沖縄に恋をした。

独特な風が吹いていて、独特な空気がある。
その中で、独特な時間がある。

初めて会う人達なのに、とても懐かしい。
私が帰るとき、送りにいけないからとわざわざ電話をくれる。
仕事の途中に抜け出して、送りに来てくれる。

子供たちもとてもかわいい。
道に迷っていたら案内してくれた小学生。

私たちを見て、知らない人が珍しいのか、笑って駆け寄ってきてくれた幼稚園の園児達。

きちんと目をあわせて挨拶をしてくれた高校生達。

「こんにちは」と声をかけたら農作業の手をとめて「こんにちは」と返してくれた久高島の人たち。

ナゼだか分からないけれど、思い出すたびに胸にあついものが込み上げてきて一杯になる。
優しい気持ちになる。
そして時間が緩む。

そして、時々てぃんがら(天河原)の音楽を聴いていると、音に乗って、ふわんと心の中にあの時間感覚が戻ってくることがある。

ゆったりとした気持ちで海を観たり、のんびりと昔の家屋でお茶を飲んだりした、あののどかな時の流れ。
心のスピードが緩むのを感じる。

のんびりとした時間と共に、あの場所でのほんの一瞬の出会いの暖かさも甦る。
美しい笑顔も甦る。
あの時間の流れが、あの美しい笑顔を生み出しているんだな・・。

仕事が忙しかったり、嫌なことがあったりすると、あの時間を思い出す。
そうすると心に少し余裕ができる気がする。

今、沖縄がブームで、移住しようとしている人たちもたくさんいるらしい。

もちろん、いいことばかりじゃないから、移住を断念したり、挫折したりする人も多いという。

沖縄の人だって、人見知りする人もいるだろうし、挨拶をしてくれない人だっているだろう。

基地のこととか、いろんなことを考えさせられる場所でもある。
「美しい自然だけの島ではない」ことも分かっている。
でも、やっぱり好きなのだ。

体験するってステキなことだ。
沖縄に行かなければ、あの時間を経験することはなかったのだから。

あのときから、私の中には沖縄時間が存在している。
緩やかで美しい時間の流れを思い出している。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
もしよろしければ、一緒に沖縄のことを想って下さい。
そしてこれ以上、沖縄の自然が傷つけられないように祈ってください。


 今、沖縄の辺野古という美しい海岸に、米軍のヘリポートを建設する準備が進められています。
 それに対する反対運動や抗議運動が辺野古で行われています。
 私は今まで、そのことについて漠然と考えていたのですが、今回沖縄を旅して、これ以上、この島を不必要に開発しないで欲しいと強く思ったのです。

 沖縄は美しい海に囲まれたリゾート地です。
 でもそれだけではありません。
 太平洋戦争で島民を巻き込んだ地上戦の行われた場所であり、敗戦後、アメリカの占領地となり、日本に復帰した今もなお、たくさんの基地が点在する島です。
 多くの血と悲しみを背負った土地でありながら、そこを訪れる人たちを癒す不思議な力のあるパワー溢れる島です。
 そのパワーを支えているのは沖縄の素晴らしい自然です。
 私は今までに2度しか沖縄を訪れたことはありません。
 だから、沖縄について何も知らないのかもしれません。
 でも、沖縄に行くたびに、癒しや安らぎを与えてくれるこの島を、私は大好きだし、これ以上傷つけたり壊したりして欲しくないと思うのです。

 沖縄の友人の新ちゃんと、今回も会うことが出来ました。
 彼女は抗議行動に参加したり、辺野古の現状を知ってもらおうと自分のhpにも辺野古のことをアップしています。hp「白い翼」
 私は彼女のようには動けないけれど、私なりに「沖縄のためにできること」を考えました。
 それは、出来るだけ多くの方に「リゾートだけではない沖縄」を知っていただくこと、そして、沖縄を想って沖縄のために祈っていただくことだと思ったのです。

 沖縄の経済は米軍に依存していますし、開発による経済効果もあるのでしょう。
 それについては小林よしのりさんが「ゴーマニズム宣言」の中で詳しく描いています。
(彼のマンガは右翼的という方もいらっしゃいますが、読んで判断していただければいいのではないかと思います。考えるきっかけにはなるのではないでしょうか)
 米軍についてもいろいろな考え方があると思います。
 私自身、何が本当に必要なのか、分からなくなることもあります。
 みんな本当は根っこで繋がっていると分かっていても、国という単位があり、様々な考え方があり、その違いを認め合えていないのが現状です。
 私はまだまだ「垣根のない家、鍵のない家」に住むことはできません。
 怖れを手放せていません。
 でもそのために、過剰な防衛も、高額な用心棒もいらないのではないかと思うのです。

 これ以上、この癒しの土地を傷つけなくてすむよう、そして、戦争の悲しみを知った土地から平和を発信していけるよう、少しでも平和に近づけるよう、そしてそして「沖縄を愛している人たち」の力になれるよう、思いを込めてこの文章を書きました。

 もし、これで沖縄に興味を持たれたら、ご自身で沖縄を確かめてください。
 そして、感じてください。
 そして、よろしければ一緒に祈ってください。
 沖縄のために、平和のために・・。

 読んで頂いて、ありがとうございました。



Sumiko


☆新ちゃんは私の友人なので、hpのアドレスを掲載させていただきました。
☆私自身はどの団体にも属してなく、またいろいろな主張があるので、他のhpのアドレスの掲載は控えさせていただきました。
☆辺野古については検索エンジンで「辺野古」で検索していただけるといろいろと出てきます。
☆ゴーマニズム宣言は現在小学館より隔週発売の「SAPIO」に連載中です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
2泊3日で沖縄に行っていた。
本当はもっとゆっくりとしたペースで移動して、ゆっくりと沖縄を廻りたいけれど、残念ながらゆとりがない。
飛行機が空を汚すのは分かっているのに、やはり便利さに負けてしまう。

沖縄は私にとってとてもディープな場所だ。
いろんなエッセンスがとても濃く詰まっている。
きれいで美しいリゾート地でもあり、そしてパワースポットの点在する場所でもある。
また、ヒサンな沖縄戦があった場所でもあり、基地が沢山ある現実などを目の当たりにすると、「平和ってなんだ」って沖縄に来るといつも思う。

今回も喜屋武岬の下の荒崎海岸にあるひめゆりの碑に行ったり、辺野古のヘリポート建設に反対する友人と会ったり、いろんな場所でいろんなことを考えていた。

ホテルに帰って何気にtvをつけると今年のジョンレノンに捧げるピースイベント の模様が流れていた。
色んなアーティストのジョンや平和に対するメッセージを聞きながら、「行きたかったな~」と思いながらぼんやりと映像を観ていた。
最後にみんながステージに集まって「愛こそすべて」を歌っているとき、ヨーコさんが微笑みながらダンスのステップを踏んでステージに入ってきた。
ステージが彼女のエナジーでわあっと明るくなったように思えた。
そして、踊りながらアーティストたちと挨拶をしたり、本当に踊ったりしていて、それが自然でステキだった。
彼女はいつも「戦争反対」ではなくて「平和活動」をしてきた人だ。
私は彼女のその姿勢がとても好きだ。
彼女が「ジョンレノンに捧げるピースイベント」に寄せたメッセージを思い出した。
最後に「いつか、みんなで一緒に踊りましょう、ね!」で締めくくられている。
そしてtvの中の彼女は本当にダンスしている。

そうなんだ。
これはヨーコさんなりの平和へのメッセージだ。
そして、きっと私には私なりの平和への道があるはずなんだ。
ただ、反対するだけじゃなくて、お互いに微笑んでダンスできる方法がきっとあるはず・・!
そのあとに流れた「LOVE」や「IMAGINE」を聴きながら、沖縄の地で、「私が平和のためにできることってなに?」という宿題を渡された気がした。
それは重たいけれど、とてもステキな宿題に思えた。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は今までに沖縄に一度しか行ったことがない。
それも2泊3日の旅だったので、ほんのちょっぴりしか沖縄に滞在していない。
でも、そんな短い時間なのに、沖縄が大好きになって、帰り際には「また来るからね~」と泣きじゃくって友人に叫んでいたのだった。
沖縄はとても懐かしい場所だった。
生身の身体では初めて会う人たちばかりなのに、「久しぶりだったね~」って魂同志が喜んでいるようだった。
そしていろんな場所で神様がいるようだった。
神様と人間の距離がとても近い場所だった。
http://www.sala.or.jp/~nakamura/hibiomofukoto-17.htm
http://www.sala.or.jp/~nakamura/hibiomofukoto-18.htm

また私は沖縄に行く。
また懐かしい魂とたくさんの神様に会いに行く。
残念ながらボロットさんの公演は沖縄では聴けないけれど、また帰り際には号泣してしまうほどたくさんのステキなことが待っている気がする。

ボロットさんの沖縄公演の詳細が決定したようです。
沖縄の神様もボロットさんの歌声を喜ぶんだろうなあ・・。
http://blog.goo.ne.jp/daxiazzz/e/cb5bc821a39562cff9bff5c4421e66e2
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。