ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

木曜日はレディース・デイだったので、映画を立て続けに2本観た。


まず「アンダーコントロール」

原発に頼らず電力をまかなうことを宣言したドイツの映画。

原発の内部や原発の解体、遊園地として跡地利用されている破棄された原発。

余分なナレーションや音楽を排し、インタビューと映像のみで語られるドキュメンタリー。

答えが導かれるわけではなく、それはこの映画を観た人にゆだねられている。

「輝かしい未来のエネルギー」だったはずの原子力は「厄介者」になり、打ち切られたり、解体されたり。

希望を抱いて「原子力」に関わっていた科学者や技術者たちは、現実に翻弄され、居場所をなくしていく。

原発の跡地が遊園地になり、冷却塔内のアトラクションで子供たちが遊ぶ姿はまるでSFみたい。

正義や真実のもう一つの側面が垣間見える。



次は「地球にやさしい生活」

消費生活にどっぷりと漬かった生活をしていたニューヨーカーの家族が、自分たちの生活を見直すために一年間の限定で、ゴミなし、電気なし、車なし、新品を買わない、などなどの「地球にやさしい生活」を始める。

その一年を追いかけたドキュメンタリー。

地産地消にこだわるため、遠くで生産されるコーヒーも禁止。

リサイクル以外の新しい商品を買うのも禁止。

夫の提案に同意したものの、実験を始める前にあわてて洋服を買いあさり、コーヒーを飲みまくる妻のミシェル。

夫に隠れてこっそりズルをする姿もかわいい。

時にはぶつかりながらも、話し合い、お互いに歩み寄り、問題の糸口を見つけて行く。

夫婦として、お互いの立場を尊重する姿もいいな。

すべてなしにして見えてくるもの。

文明のありがたさであったり、問題点であったり。

段々と不便さを楽しむすべを見つけて行く姿も、観ていてほほえましい。

肩肘張らず、私たちと同じ視線で行動する姿がとってもユニーク。

完璧でなくても、ゆるくてもいいから、できる範囲からエコを楽しむ。

エコに対してゆったりと構えさせてくれる映画だった。



アンダー・コントロール

http://www.imageforum.co.jp/control/


地球にやさしい生活

http://yasasii-seikatsu.com/






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3時間半の長い映画。


第一部はジョージの幼いころからビートルズの解散まで。

第二部はビートルズ後の活動からジョージの死まで。


私がビートルズに夢中になったのは中学生の時。

もうすでにビートルズは解散していたけれど、レコードが擦り切れるくらいに聴いていた。


ビートルズと言えばジョンとポールがメインだけれど、ジョージがグループの中で果たした役割がとても大きかったことがよくわかる。

そしてギタリストとして、とても尊敬されていたことも。


映画の中で流れるジョージの曲。

知っている曲のなんと多いこと。

そのメロディーが軟らかくて、彼の声と泣きのギターと絡まって、優しかったり切なかったり。

レノン・マッカートニーではない個性がきらりと光っている。


彼自身がいろんな意味で二面性を持っていたことを彼の親しい人たちも語っている。

ビートルズの中の自分という、実在するものと、もうひとつの見えないものの存在との中で、彼は揺れ動いていたのだろうか。

魂の救済をもとめてインドに傾倒していったことも、あの頃ビートルズに夢中だった私には、タダの事象としてしか理解していなかった。

でも、実験的な要素とともに精神的な深さも音楽の中に追求していったことが、ビートルズがただの流行のバンドではなく、長く愛され続ける理由であるようにも思う。

もちろんそこにジョージが深くかかわっている。


私たちは物質世界に住んでいる。

でも、それだけではない何かがあって、そのきらめきに触れたり共鳴したりすることで、私たちに深い喜びがもたらされることもわかっている。


いろんなことに気付きだした今、もう一度丁寧にジョージの曲を聴いて観たい。


ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

http://gh-movie.jp/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。