ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

すごくいいインタビュー。

サルガドご本人が作品について語るのを聴いたのは初めて。


今回の展覧会、行くことができなくて本当に残念。

とっても好きなのに、上京していたくせに見逃すなんて迂闊・・・!


彼の写真が悲惨なだけではなくて、どこか美しさがあるのは、彼自身が生きることを愛しているからなんだな・・としみじみと実感。

そして、どんな状況でも命ある者への尊敬を忘れていない。


12月13日まで。

ご覧になれる方はぜひ。


新日曜美術館 は12月6日の午後8時からも再放送があります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先週都会で小さな秋をみつけてきた。

でもやっぱり飽き足らず、でっかい秋を探しに行くことに・・。


くらがり渓谷 へ。

ちかくにこんなに素敵な所があったなんて知らなかった。

ここで、そこで、いろんなところで

自然の中の紅葉だから、お庭のようにぎゅっと詰まった感じはないけれど、渓谷に沿って登っていくごとに発見がある。


ここで、そこで、いろんなところで

気付いたら100枚以上写真を撮っていた。


ここで、そこで、いろんなところで


お天気も良くて、素敵な神様からの贈り物に感謝。

人は自然を一番美しいと感じるように創られているのだと心から思う。



ここで、そこで、いろんなところで

帰りはいつもの本宮山の登山道を下山。

温泉に入ってまったり。



夜は「THIS IS IT」の2度目のレイトショウへ。

大きな画面いっぱいに歌って踊っているマイケルを心に焼き付けたかった。

同じ時代を生きられたことに感謝。


充実した一日でした。



もっと写真をご覧になりたい方はmixiのフォトを観てね。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

不適切な表現があったようなので削除させていただきました。

きららさん、ご指摘ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんでもそうだけど、すぐには動かないタチ。


ブログを始めた時もそうだったし、mixiのときもそうだった。

一ヶ月くらい放置状態。


twitterも一か月前くらいに「河口龍夫展」のtwitterがあるとのことで入った.。

でも、展覧会だけのもので、ご本人がやっているわけでもないし、つぶやきの読み方がよくわからなくて、手つかずのままだった。

それと、突然知らない人からフォローされたのにもびっくりして、

「よ~わからん」

と思いつつ日々が過ぎていた。


waku姉さん 、にあれこれと伝授されて、ようやく重い腰を上げる。

「オノヨーコんも入っているよ」

と言われてフォローしたら、お礼のメールが返ってきてビックリ・・・!

ららちゃん からもフォローしてもらう。


でもまだまだ「よ~わからん」

写真も貼ってないし、のんびりぼちぼちかな・・。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お花のお稽古で名古屋へ。

せっかくだからまーちゃん徳川園 へ紅葉を観におでかけ。



ここで、そこで、いろんなところで


まだちょっと早かったけれど、お手入れの行きとどいたお庭で色づく葉っぱたちを観賞。



ここで、そこで、いろんなところで

そういえば、4年前ここの早すぎる紅葉に満足できず香嵐渓に紅葉を観に行ったことがあったっけ・・・。

今年はそんな元気はないので、ここの小さな秋でじゅうぶん。


帰りに大須に出て、チェザリ さんでおいしいナポリ風ピザをいただく。

初めてだったので、システムがよくわからなくてトラットリアに入っちゃったけど、セルフサービスのピッツエリアで気軽にいただくのも楽しそう。

もちろん画像はナシ。

だって、おいしいものは撮るよりもすぐに食べたい。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

実は今まで根津美術館 に行ったことがなかった。


以前南青山で働いていたのに、岡本太郎記念館もおととし行ったばかりだし・・・。

その頃は、あまり古美術に興味がなかったせいもある。


リニューアルオープンということで、行ってみた。

何に驚いたかというと、人の多さ。

すごい人。

平日なんだけど・・・。


そして、今回気にいったのは書の数々。

「書はわかんない」と敬遠していたけれど、今回丁寧に陳列された書をまじまじと観て、「美しいな」と思った。

本阿弥光悦はすぐわかる。

書いた人の性格まで表れているみたい。

そして装丁によっても雰囲気がガラリと変わる。

文字ってきれいだな・・。

私も書を嗜みたいな・・。


お庭も手入れが行き届いていて洗練されている。

「これが京都だったらどこにでもあるかもしれんけど、これが東京のど真ん中にあるってことが貴重なんだよ」

と、どなたかが話しておられた。

ふむ、確かにそうなのかも。



ここで、そこで、いろんなところで

紅葉には少し早かったけど、お天気が良くて心地よい。

大切に守られてきた地であることがひしひし伝わってくる。

お庭の天神様にごあいさつ。


そして併設のNEZUCAFEでお庭を観ながら一休み。



ここで、そこで、いろんなところで

この日はなんだかんだと休憩ばかりしていた。

田舎に引っ込んでいるせいか、どうしても人混みには弱い。


今度はぜひ琳派コレクションの時に伺いたい。

(またすごい人なんだろうなあ・・・・)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダライ・ラマ師の本は自伝仏教入門 を読んだ。


自伝の中に、ポタラ宮やノルブリンカのことが出てくる。

ポタラ宮には宗教的芸術品がたくさんあることが記されていて、今回紹介されているのはその一部。


日本で密教というとストイックなイメージがあるし、チベット密教も五体投地などをみると厳しい決まりごとがあるように思えるけれど、出展されている仏様たちはきらびやかで美しい。

そしてナイスバディの持ち主でもある。

きっと知らないおおらかな一面もあるのだろう。

もう一度ちゃんとチベット密教をお勉強しなくちゃ。


私がひいた守りがみのおみくじは

「白傘蓋仏母」

愛と慈悲の女神だそうだ。

(平日のみだそうです)



ここで、そこで、いろんなところで

併設のカフェでちょっと一休み。

天気が良くて外でのんびり。


聖地チベット展 ~ポタラ宮と天空の至宝



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

河口先生はいろいろな角度から「関係」をテーマに作品を創り続けている。

今回は新旧取り混ぜた展覧会。


真っ暗闇の中で絵を描くというワークショップ。

眼を開けていても闇。

その中にいると、いろんな感覚が研ぎ澄まされていくのがわかる。

指先や耳が敏感になっていく。

描くことよりもそちらの方が面白い。


好きだったのは黒板の地球儀。

黒板だから描くことも消すことも自由自在。

「バカ日本地図」じゃないけれど、まあるい東京都だって描けちゃう。

そして国境も消すことができる。


作品の中には現在進行形のものもある。


深い作品の中にもきらりとユーモアのセンスが光る。


時間をかけてじっくりと作品と対峙したい。


河口龍夫展 言葉・時間・生命




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。