ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

久しぶりに丁寧な恋愛映画を観たな・・という印象。


才能ある小説家だけれど放蕩する夫。

その借金のカタに働きだし、輝きだした妻。

それに嫉妬し、人生に絶望して愛人と心中を図る夫。

未遂に終わった夫を迎えに行く妻。


とあらすじだけ並べると、とても暗くてドロドロしたお話だけど、松たか子さんが持つ清々しさが、この映画を濁りのない物語にしている。

キャスティングもいい感じではまっている。


登場する男性たちはどこか堅物で不器用。

そして女性たちは強さを秘めてしなやか。


弱さを含めて自分に正直に行動する男。

その子供っぽい純粋さが、女性たちを引き付ける魅力だったんだろう。


人を愛することも、生き抜くことも、辛いことや哀しいことに溢れている。

でも、その中に無条件の愛とか、愛し、愛される喜びとか、深い深い信頼とか、人にとって大切なものを見出す瞬間があって、それを糧に人はまた誰かを愛し、前に向かって生きようとできるのだと思う。


観終わったあとにほのかなぬくもりが残る。


ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

富士登山は散々な結果。


両脇抱えられて引きずられるくらいだったら、いっそのこと「お姫様だっこ」してもらって登頂すればよかったと今になって後悔。

(などど、軽口をたたけるような状態ではとてもとてもなかったのだ)

今度お声がかかったら、ラクラク自力で登って、みなさんを驚かせたいと密かにもくろむ私。

ということで、トレーニングをかねて、いつもの山へハイキング。


本日はおひとりさま。

確かに一人でぷらりと旅行したり出かけたりすることは多いけれど、一人が大好きなわけではない。

晩御飯を一人で外食することはいまだにできないし・・。


平日に(しかも曜日限定)山歩きに付き合ってもらえる友人が身近にいないだけのこと。

ただ、ひとりで自分のペースを守れたせいか、タイムはぐんと縮まった。

富士山の練習登山で2度ほど登ったことも関係あるだろうけれど、9時半に登り始めて2時には下山できてしまった。


今回、今までと大きく違っていたのは、台風による倒木があちこちにあって、登山道をふさいでいた。

ここで、そこで、いろんなところで


自然の猛威って本当にすごい。

大きな杉が根こそぎひっくり返っている。

湧水の小屋の上に思いっきり木がのっかってるし・・・。

ここで、そこで、いろんなところで


倒れた木の下をくぐったり、またがったり、回り道をしたり、まるで障害物ハイキング。


大きく足を開いたり、しゃがんだり、飛んだり・・・。

普段使わない筋肉を思いっきり使う。


ここで、そこで、いろんなところで


人の手が入っているし、整備もされているけれど、やっぱり山の中はあちこちにハプニングが隠れている。

自然がつくった障害物を乗り越えて行くのは面白い。

なんだか子供の頃に戻ったような気持ち。


期待した紅葉はイマイチだったけど、倒れた杉からいい香りがして、とっても心地よかった。


ここで、そこで、いろんなところで


やがてその木が朽ちて新しい生命をはぐくむようになるんだね。


山のふもとの温泉でひとやすみしてほっこり・・・。


冬になる前にもう一度くらい登りに行きたいな・・。

(冬に行こうとは絶対に思わない)











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイケル・ケンナのHP。

トップをクリックするとエッフェル塔 が飛び込んでくる。

春にパリに行った時、私もケンナと同じ方向からエッフェル塔を撮った。


私が撮ったエッフェル塔よりも何百倍も美しいケンナのエッフェル塔。

そして、私が実際に観た実物よりもずっと美しいケンナのエッフェル塔。

塔なのに繊細で優美。


私の写真はただの記録。


恐山もそうだった。

ケンナが撮った恐山を観たあと、実際に自分が行ったその山は、独特の雰囲気を感じたものの、ケンナの写真から受けた以上の感動を与えてはくれなかった。


ケンナの眼。

私の眼なんかとは比べ物にならないカメラ・アイ。


ケンナにはあのエッフェル塔がこんな風にみえているのだろうか。


ケンナの眼になれたらいいのにな。

平凡な眼しか与えられなかった私は、ケンナが見せてくれる美しい世界に、ただただため息をつくしかない。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

残念ながら、私ではなくて、母の手編みのセーターのこと。


学生時代に編んでもらったもの。

丸ヨークのカーディガンは、ピンクハウス風。


ここで、そこで、いろんなところで

アラン編みのロングセーターはジュンコ・シマダ風。


ここで、そこで、いろんなところで


あの頃、DCブランド全盛期。

でもあまりお金をかけられなかったから、「装苑」に編み方が載るたびに母に頼んで編んでもらっていた。


他にもたくさんあったけれど、編みなおしてもらったり、誰かにあげたり・・。


お気に入りで手元に残っていたセーター。

この2枚もときどき着ていたけれど、ちょっと重たい。

さすがにファッションのために自分の身体をいじめることはしなくなったので、学生の女の子にもらってもらうことに・・。


「本当にいいんですか?」

ととっても喜んでくれた。

きっと彼女ならかわいく着こなしてくれるだろう。

私もお洋服をもらえるとうれしかったな・・。


捨ててしまえばゴミだけど、だれかにお役に立てたらちょっとうれしい。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

おとなのおとぎ話。


心を持ってしまった空気人形。

ペ・ドゥナがとってもチャーミング。

オダギリ・ジョーはさすがにいい役どころ。


私が空気人形だったら、自分の空気がなくなるまで、大好きな人に息を送り続けたいと思った。

でも、それじゃあ映画にならないね。(苦笑)


空気人形

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は家元のいけばなライブ、今日は家元研究会。


久しぶりにいけばなどっぷりの二日間。


いけばなLIVEは花材の豪華さにタメイキ・・・。


ここで、そこで、いろんなところで

いけばなはいける人の個性や実力はもちろんだけど「素材で決まる」と言っても過言ではない。

ケイトウだって1mはあるし、あんなに大きなニューサイランだって一枚いくらするんだろう・・・?

何もない場所に大作がいけ上がっていく。


いいないいな、すてきだな。


久しぶりに地元教室の友達とも会えて「コンパル 」でおしゃべりして帰ってきた。

エビフライサンド、ボリュームがあってやっぱりおいしい。


ここで、そこで、いろんなところで


いけた作品を家元に直接指導してもらう「家元研究会」

本日は二つのテーマからの選択制。

私は「同じかたちを繰り返す」


ギリギリに会場に着いたので、残った少ない花材の中からオクラレルカとトルコキキョウを選ぶ。

花器は勅使河原宏の流れを持参。

時間内にテーマに沿った作品をいける。

短い時間で講評を受ける場合、細かい丁寧な作品ではなく、大まかでもテーマがはっきりとした作品の方がわかりやすい。



ここで、そこで、いろんなところで

いい評価をいただけてホッ。


やっぱりいけばなが好き。


また東京の本部の研究会にも行きたいな。


時間と体力と財力がほしい私。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富士登山がとても情けない結末だったので、ちょっと体力をつけたいと思う私。


ということで、オフだし晴れてるし、ちょっとお散歩。

ただ、目的がないと歩けないので、2キロほど先のATMに通帳の記帳に行くことに。


リュックに必要なものを詰めて出発。

「いかにも歩きます」

って恰好はちょっと恥ずかしいので、ワンピースにレギンスで「森ガール風」。


歩きだして「あれ?」と思う。

いつも歩いている道なのに、とってもスムーズ。

普段はどちらかの手にバッグを持っていたり、かっちりとしたレザーの靴を履いていたりできちんと歩くための服装でなかったことに気づく。

両肩に均等に重みがかかっていること、両手が空いていることがとっても心地よい。


あっという間に目的地についてちょっと拍子抜け。


用事を済ませてすたすたと帰ってきた。


1時間ほどのお散歩。


ある雑誌のダイエット特集で、

「消費したカロリーが問題なのではなく、運動によって自律神経を刺激することが大切」

なのだそうで、30分でもいいので毎日ウォーキングしたりするだけでもいいのだそうだ。


まあ、週一のウォーキングくらいじゃたかが知れてるんだけど、でも秋の天気のいい日に歩くのはやっぱり気持ちがいいな。


うちの近所は相変わらずのどかだし・・・




ここで、そこで、いろんなところで

・・・と、
ここで、そこで、いろんなところで
側溝をのぞくと生首が・・・!!

なぜかマネキンの頭がはまってます。


とってもシュール・・・。


これも、とある田舎の風景ということで・・・。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。