ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

さっきNHKをつけっぱなしにしていたら、クローズアップ現代 に村上隆氏が登場していてビックリ。

30分インタビューを受けていた。


こんな番組にも出るようになったのね・・・なんだかブンカ人だな・・ふむふむ・・。

と思いながら番組を観ていた。

だって、アーティストとしてというより、時代の空気を読む人、日本を世界へ発信している人としてのインタビューだったもの。


ヴィトンの作品もあるし、彼を知らない人はいないよね・・きっと。


私はアートオタクではないから、村上氏の存在を知ったのはDOBちゃんの頃。

10年ほど前、やぱりNHKの朝のアートの番組に出ていて、アニメやフィギュアをアートに取り込んでいて、それまであまり日本のアートシーンに興味のなかった私は「オモシロイ人が出てきたんだな・・」と思っていた。


それからインタビューを読んだり展覧会で作品を観たりして、日本の文化に誇りを持っていて、先人たちをいたく敬愛して、それを自分の作品に昇華していてとっても好感を持った。

抱一をすごく好きだと語っていて、抱一へのオマージュも描いたりしている。

そして何より、日本の「職人技」をものすごく尊敬しているし、特にアニメなどの技法の素晴らしさを絶賛している。

日本って、職人をあまり評価してこなかったけれど、私も職人技って大好きだし、すごくすごく素晴らしいと常々思っていたから、それをアートとして、世界に認めさせてた功績は本当に大きいと思っている。

スーパーフラットも職人技をムラカミ流にアレンジしたものだし。

日本の芸術は、個人の作品というよりも、一人一人の技の高さによって成り立つ集団芸術だものね。

彼の作品がどうこうではなくて、私はそういう彼の姿勢が好きなんだ。


今回の経済不況はモロにアートの世界も直撃したらしく、いわゆるアートバブルも一気にはじけたということ。

オークションで、彼の作品は値がつかず、落札されなかったらしい。

でも、バブルの状況を「いつ落ちるのかわからない飛行機に乗っているみたいで嫌だった」

と語っていて、はじけたことをむしろほっとしているようだったし、喜んでいるようにも見えた。


そして今は

「価値観が一気に変わる転換期」

と語っていた。


きっとこの人は、どんな時代に生まれても、きっとその時代の空気を楽しめる人なんだろう。


そして、アートにしても何でも、自分だけが楽しむのではなくて、その楽しみをみんなと共有することも知っているし、何よりも、若手アーティストを応援したり、これからの世代への支援もずっと続けている。


「育てる」ということもちゃんとわかっている人なんだな・・・。


これからのムラカミ氏もとっても楽しみ。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日、友達からメールが届く

「住所メールしてほしいのだけど・・・」


住所知ってるのにヘンなの・・と思いつつ、メール


またメールが届く

「ゴールドクレストの鉢送りました、かわいがってやってくださいね」


ミニチュアのかわいいゴールドクレストをイメージしながら

「ありがとう♪」

とお礼のメール。


数日後にやってきたのはこれ。


tree

1Mはあるかな。

頑丈な梱包を解くのに一苦労。

でもうれしい。


今年は久しぶりにクリスマスツリーにしてオーナメントでも飾ろうかな。

リボンを結んでもかわいいかな。


クリスマスまで2ヶ月ないんだな・・・。

1年は早いね。


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月一杯でⅡ期の実習が終了。




wine

船木倭帆(ふなきしずほ) さんのワイングラスで乾杯。


今週からは新しいところでⅢ期めの実習。

12月一杯まで続いて、冬休み。


そして3月1日が国家試験。


考えたら4ヶ月を切ってしまった。


遊んでいる場合じゃないよね。


今日録画していた新日曜美術館の大琳派展 を観た。

ああ、川瀬さんが出ている。

やっぱり花から琳派を好きになったんだな。

観にいきたいな。


来年の春まではガマンだな・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は久しぶりの休日だから、まったりと靴磨きをした。


去年も同じ頃に同じような記事を書いた記憶がある・・。

要するに、趣味の靴磨き。

クリームを塗ったあと、やわらかい布でからぶきしたときに出る靴の光沢がなんとも言えず美しくて大好き。

靴のカタチを整えて終了。



boots-1

手前のデザートブーツは10年ほど前にMHで購入したもの。

最近履いていなかったけど、そろそろ活躍してくれるかな。

奥は大好きなTO&COのブーツ。

3年前のバーゲンで購入。

今年もまだまだがんばってくれるかな。

RLのレインシューズは残念ながら引退予定。

ゴムの劣化が激しくて、この冬は残念ながら持たなそう。

ゴムは3年が寿命なのかな・・トホホ・・。



rainshoes-1


それと黒のMHのブーツはかかとのラバーが磨り減っているから、修理に行かなくちゃ。

ツモリのブーツは今年もOK。

15年前のRLのレースアップは今年は履くかな・・・。

久しぶりに箱から出したらカビが・・・!

さっそく陰干し。


レインシューズはさすがに新調しなくちゃダメだな。

でも買い足すものはそれくらいで、今のメンバーでこの冬は越せそう。


そろそろ寒い冬がやってくる。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

新日曜美術館 で正倉院展を取り上げていた。


正倉院展は2度ほど行ったことがある。

いつもすごい人気。


今年は60回目らしい。

同じテーマの展覧会でこれほど続いているものも珍しいのではないかということだ。


第一回目は昭和21年。

終戦間もなく食べるものにも事欠く時代、20日間で14万7千人の人が、正倉院の宝物を観に訪れたのだそうだ。


同じようなエピソードがいけばな界にも残っている。

神戸の大丸デパートの焼け残ったウインドウに小原豊雲(小原流家元)と画家の井上覚造でいけばなと絵画を飾ったら、大勢の人がウインドウのまわりに集まって、食い入るように見つめていたらしい。

そのとき、戦争で人々はお腹だけでなく、美しいものにも飢えていたのだと実感したという。


今回展示されている1500年前にペルシャで創られたガラス椀。

同じようなものは中東でも発掘されているけれど、土に埋まっていたものは、土中の成分と化学反応を起こして透明度は失せている。


同じ時代のものでも、発掘されたものと守られたものは違うのだと、学芸員の方はおっしゃっていた。


1200年前から守られている宝物を観る。


大切に扱われてきたものを観ることは、なんと幸せな気持ちになれるのだろう。


長い長い年月、沢山の人の愛情に守られた結晶を観るために、毎年人は行列をつくるのだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。