ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

大好きなマイケル・ケンナ の展覧会がある。


でも来年の一月。

国試の追い込み真っ最中。

東京だし、多分行けない・・・。


先日、ケンナのhpを観ていたら、展覧会情報に2009年の後半分が追加されていて、September Japanの文字が・・・!


え?うそ!行きたい・・・・!


でも、釧路だって・・・・。


ちょっと遠いなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

二日目はUSJ。



usj-1

私たちの学校の修学旅行は何かあることで有名。

5年前の修学旅行は北海道で地震に遭う。

次の年はやっぱり北海道で、千歳空港で何人か迷って飛行機を遅らせる。

2年前は東京で京葉線がストップしてTDLの社員も出勤できず大混乱した日。


「去年は何もなかったし、今年もなさそうね」

と先生方はちょっと安心していたが、USJに着くなりスゴイ雨。

風も強くて暴風雨警報でも出てるんじゃないかと思うほど。

みんな仕方なく雨合羽を購入。

おかげで記念写真は雨合羽姿でスパイダーマンのポーズでパチリ。

アトラクションも止まっちゃうんじゃないかと心配していたけれど、開園時間にはずいぶんとやんでくれてほっとした。


年齢の近いkちゃんと、

「アトラクションには乗らなくていいから、どこか落ち着ける場所でぼおっとしてようね」

と話していたんだけど、一緒にまわったsちゃんは20代の女の子。

USJを楽しみにしていて

「kさん、sumikoさん、アトラクションには乗りますよね?」

と不安そうなので、お付き合いすることに。


人気のスパイダーマンは70分待ち。

それでもいいほうなんだって。

ああ、昔行ったTDLの長~い列を思い出したよ。

アトラクション自体は楽しかったけど、私は待ち時間にウンザリ、kちゃんは怖かったみたいで、うつむきっぱなし。


sちゃんは本当は

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

にも乗りたかったみたいだけど、オバサン二人のこの惨状と3時半の集合を考えると断念。


午後からは一つショウを観た後に「E.T」に乗ることに。

ハリウッド映画をあまり観ない私としては「E.T」は数少ない観た映画。

しかもスピリバーグを映画館で観たのは、これ一本のみ。


スピルバーグを観ないのは、三谷映画を観ないのと一緒の理由かな。

ツボの押され方がちょっとダメなの。

人が面白いと思っているツボを確実に押してくるカンジがニガテなのだ。


お土産を選んだりしていたら、あっという間に3時半。


なんだか慌しいUSJだった。


前日の就寝時間が3時トカ4時の若い友達たち。

さすがに帰りの新幹線は爆睡状態だった。

きっとこれが人生最後の修学旅行だもの。

寝る間も惜しいよね。



elmo

ところで、USJで唯一楽しみにしていたパレードに遭遇しなかった。

なぜ・・・?

帰ってからネットで調べたら4時からなのね。

3時半には門の外に出ていた私たち。

ちょっと残念だったな。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一泊二日で大阪へ修学旅行。


こんなに大勢で団体旅行なんてホント、高校以来じゃないかなあ・・。


でも自由時間は一日目の10時半から2時までと、夜の8時から9時半まで。

だって、9時半ホテルの部屋点呼なんだもの。

きびし~!


午前中の自由時間は通天閣 へ。

まずは今宮戎神社で商売繁盛祈願。


途中大阪らしいスーパーマーケットを発見。



dedama


大阪に住んでいたにもかかわらず、通天閣は初めて。

通天閣に通じる商店街はシャッターが閉まっている店がちらほらあって寂しいカンジ。


通天閣はキッチュなカンジがマル。

初めてのビリケンさん、幸福になれるよう、足のうらを触ってきた。


biriken


昼ごはんは肉吸いで有名千とせ へ。

リーズナブルでとってもおいしかった。

肉吸いとは肉のスープのこと。

これとごはんを食べるのが通らしいけれど、肉吸いだけでもおなかいっぱい。

nikusui


そして、丸福珈琲 でほっと一息。

濃くて味わい深い珈琲が自慢。

ここは最近チェーン店になっていろんなところにお店が出来ているけれど、本店の重厚なカンジはやっぱりいいな。


2時になんばグランド花月 に集合して、吉本新喜劇。


仁鶴さんの落語を聴く。

落語自体をゆっくり聴くのも久しぶり。

ああ、上手だな。

落語っていいなあ・・。


漫才も落語も、おもしろかったけど、ちょっと気になるのがネタ。

老人や、女性の顔をいじるのは笑いをとりやすいけれど、やっぱりちょっと失礼だよね。

もっとひねったネタで勝負をして欲しいなあ。


新喜劇の座長は最近人気の小藪さん。

力のぬけた感じが大好き。

セリフをかんだ役者さんとのアドリブのやりとりもおもしろい。


夜はみんなで千房のお好み焼き。

フリードリンクの一杯目から生ビールを飲んでいる私を観て

「あ~、sumikoさんいいなあ」

と若い友達から羨望のまなざし。

「ふふん、私はもうずいぶん前からオトナなの」

と、みんなの視線を浴びながらビールを飲んで良い気分。


ホテルへの帰り道、戎橋極楽商店街 が入場無料だったので入ってみた。



glico

そして、法善寺横町へ寄って水掛け不動さんにご挨拶して北極 のアイスを食べながらホテルへ。


最初、9時半点呼なんてヒドイ!

なんて思っていたけれど、私も友達のkちゃんもクタクタ。


ホテルの廊下の向こうから点呼にやってくる先生に

「先生!眠たいから早く来て~!」

と思わず叫ぶ。


同室のkちゃんは10時半、私は11時にあっという間に眠りに着いて一日目は終了。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに大いに切れた。


前々から言動に不信感のあった銀行員。


「面倒くさいからまとめてよ」

とか

「用紙使いすぎ」

とかを平気で言う。


波風立てるのも大人気ないと思って黙っていた。


でも、今日ある一言で私の血が逆流した。


「誰に向かって言ってんの?」


すごんだら、急に手のひらを返したように低姿勢になった。


反省しているからではなく、怒られたから横柄な態度を覆す。

この人のこと、私はきっと好きにはなれない。


だって、今回は私のことを

「アンタ」

って言ったんだもの。


それって客に対して使う言葉じゃないよね。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

全身麻酔の手術を見学した。


小さな手術だったけど、本来なら10分程度で済むはずの病気。

でも、意外とこれが難症で、3人のドクターが1時間半かけて丁寧にオペをしていた。


ドクターたちの、その体力と精神力に感動。

人の命を預かる仕事はやっぱり神聖なものだ。


ところで、全身麻酔というと眠っていて意識がないものだとばかり思っていた。

でも、目の前で手術を受けている患者さんは、ドクターの声かけに応答していたし、呻いたり、

「痛い~」

と叫んだりしていた。


手術が終わった後、そのことをドクターに質問したら

「本人は夢の中にいるような状態で無意識に受け答えをしている」

とのこと。


そういえば、泉鏡花の美しい短編「外科室」(映画も美しかったですね)は、伯爵夫人が「心に一つある秘密」をうわごとで言いたくないからと麻酔を拒否するという設定だった。


また、以前にも書いたけれど、私の生け花の師匠は全身麻酔をかけて骨折箇所の手術をした。

麻酔が切れる際、様子を観に来た執刀医の先生が

「どうですか?」と問いかけたのに対して

「痛いじゃないのさ、このヤブ医者!」

と暴言を吐いたらしいが、本人は一切覚えていないというのもの。

ましていつもは

「先生、ちょっとこの辺が痛いんですのよ。どうしてかしら?」

と先生に甘えるような声で病状を訴えていたらしいのに・・。


そうか。

全身麻酔って夢の中にいるみたいなものだから、本心をしゃべってしまうのだな・・。

自白剤って全身麻酔みたいなものなのかな。


ナイショにしていることも問われれば全部答えてしまうのかな・・・?


家族に知られたくない秘密の一つや二つ、誰でも持っているだろう。

まあ、全身麻酔をされるくらいの手術をして弱っている病人に、誘導尋問をするような非情な家族もいないとは思うけれど、全身麻酔の予定のある方はちょっと心しておいたほうがいいかもしれない。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、SASのTENナンバーズ・からっと をよく聴いている。

大好きな「思い過ごしも恋のうち」や名曲の「いとしのエリー」が入っていてる。

でもここ最近のお気に入りは「ラチエン通りのシスター」

ライブのときに、久しぶりにこの曲を聴いて、ちょっと甘酸っぱい気持ちになった。
恋人未満の切なさや不安の入り混じった気持ちがストレートに響いてとっても好き。

「彼氏になりたきゃどういうの」
って、初々しさがいいな。

この頃桑田さんもまだ20代。
まだまだ彼の中にもこういう気持ちがたくさん詰まっていたんだろうな。

私自身、別にこの曲に何か深い思い入れがあるわけではないんだけど、この曲が流れている時代に、自分も淡くて切ない気持ちを味わっていたのかもしれない。

昨日はいろんな世代の女性が集まって飲み会。
二人の男の子を持つお母さんの恋人は、もちろん息子たち。

私の友人が17歳年下の男性と結婚した話になり
「息子さんが17歳年上の女性を連れてきて、この人と結婚しますって言ったらどうする?」
と言ったら
「キャ~!」
と絶叫していた。

別に17歳年上じゃなくても、誰を連れてきたとしてもきっと絶叫するんだろう。
いつかはお気に入りのパートナーを見つけて離れていくとわかっていても、やっぱり失恋はつらいよね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から新学期。


ということで、校内模試があった。


さっぱりわからん・・・・。


どこかで聞いたことのある言葉が並んでいるんだけれど・・・。

あれ、これなんだっけ?

どういう意味だっけ?


脳みその溝に引っかからず、文字がするすると上滑りしているカンジ・・・。


考えているうちに眠くなって居眠りまでしてしまった・・・。


国試まであと半年しかないのに・・・。


夏休み、私には遊びまわっているヒマは本当はなかったのね・・。


ということで、今日から心を入れ替えて、脳みその溝を増やすためにがんばりたいと思います。

(とりあえず決意表明)

脳みそだけはしわしわになりたい。
(ほかはしわしわにならなくていいので・・・)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。