ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:

もう一つの悩みは「あせも」。


これって子供の病気?って思われがちだけれど、どう考えても私にできた赤いブツブツはあせも。


先日wakuwakuさんがおでこにあせもができたと書いていたけれど、結構悩んでいる人はいるのかな?

原因は大量の汗をかいても、それが体外に排出されず炎症を起こすらしい。


あせもで検索すると、子供の病気のように書かれ、「汗をかいたらこまめに着替えさせて、涼しいところにいましょう」みたいなことが書いてある。

それと、アトピー体質の人は出やすいとも書いてあった。


暑くても、家ではできるだけクーラーをかけずにがんばっているんだけれど、仕事場はガンガンにクーラーが効いているので、その落差に体温調整がうまく行っていないんじゃないかと思ってみたり・・。


それと私自身が少しアトピー気味なのも関係している気がする。


こちらのオンボロ一軒家に住む前は、街中のマンションに住んでいた。

新築だったのがいけなかったらしい。

その時どうもシックハウス症候群だったようで、顔が赤くかゆくなっていた。

らしいというのは、10数年、あんなに悩まされていたのに、こちらに引越しして症状がぴたっと治まったからだ。

その頃は、ステロイドを塗ると治まるので、いやいやながら使い続けていた。


で、安心していたのに、引越しした次の一年目、春から夏にかけて、首筋に赤くかゆくなる症状が出た。

仕方なく、症状のきついときだけステロイドをつけていたら自然と治まった。


大人になったからの過敏症というものは、自分の中の許容量を越えて発症するものらしい。

ので、一度発症すると、気長にお付き合いするしかないのかな。


それはその季節だけで出なくなったけれど、去年からはアセモらしきものが出るようになった。

まず、汗をかいてべっとりとした首筋に発疹ができるようになった。

今年は体全体に出た。


先日、暑い日に庭で草むしりをしてびっしょり汗をかいた。

体に熱がこもっている。

そのあとすぐにシャワーを浴びたけれど、いやな予感・・。

体中赤いブツブツが・・・。


アトピー体質人間はちょっとした刺激に敏感だったりする。

あせもだって、自分の汗に皮膚が攻撃されているようなもんだものね。

そして治療はやっぱりステロイド。


私自身、ステロイドとはもうオサラバしたい気持ちでいっぱい。

あまりにひどく熱を持ったときには塗ったけれど、やっぱりステロイドのベタベタも気持ちのいいものではない。


できるだけクーラーも使いたくない。

子供じゃないんだから、そんなにこまめに服を着替えられないし・・。


そこで、ハンドタオルを濡らして絞り、そこに消炎作用のあるラベンダーのオイルを2・3滴たらして、汗をかいたらまめに拭くようにした。

最初のうちは効いているのか気晴らしなのかよくわからなかったけれど、だんだんと効果が現れて、おかげさまでいまのところなんとか治まっている。


ということで、一応なんとかなっているのですが、大人になってからのあせもの対処法、どなたかご存知でしたら教えてください。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ここんところ、ちょっと悩んでいたことがある。

過去形なのは、なんとなく解決してしまったからなんだけど・・。


一つは不眠。

不眠症とまではいかないけれど、寝つきが悪く眠れない。

睡眠導入障害というらしい。

うまく寝付けないと5時くらいまでうとうとしたままで朝に突入してしまう。

新聞配達の足音と鳥のさえずりを聞いては「あああああ~」と思う。


もともと眠りが浅いほうでターミン(多眠)な私だけれど、不眠と爆睡を交互に繰り返す日々が一ヶ月以上続いた。

今までに、眠り損ねる日々がなくはなかったけれど、ここまで続いたのははじめて。


原因として考えられるのは、不規則な生活と空腹(←子供みたい)。


不規則というのは、6月の中旬、短期間に青森と東京へ車で行った。

夜中の長距離の旅は久しぶり。

ものすごく楽しかったし、いい旅だった。

私は運転しなかったけれど、何日間か、基本的に寝ている時間に起きていることになった。

どうもそこらへんで体内時計が崩れたらしい。


帰ってきてから、ちょっとしたストレスが重なった。

普段なら

「くよくよしたって仕方ないじゃ~ん」

って思えるんだけれど、このときばかりはどんどんとネガティブな方向へと思考が流れていった。

「こうなったのは私のあのときの行動がいけなかったんじゃないのだろうか」

トカ

「これがうまくいかないのはやっぱり根本的に私に問題がある」

トカトカ・・・。


ウトウトと眠りそうになると

「あ、今寝そうだ!」

となぜかアタマが反応して目覚めてしまう。


市販の睡眠導入剤もまったく効果なし。


そこに空腹がいっそうネガティブ思考に拍車をかける。

そんなに空腹でなく寝たとしても、アレコレいろんな思いが頭の中をめぐり、眠れず、結局起きていることでおなかがすいてくる。

仕方なく夜中にゴソゴソと起き出して、何かを食べて寝ることが何度かあった。

そうやって寝付けたこともあったし、やっぱり朝までウトウトした状態を続けることもあった。


眠れなかった次の日は、疲れているのでさすがに眠れる。

でも、またその翌日が眠れない。


そういうことが続くと、

「今夜は眠れるかな・・・」

とちょっと不安になる。


・・・で、友人に

「アタシ不眠症みたいなのよね」

と話すと、何人かの友人は

「アタシもそうだったのよ」

と言う。


結構不眠に悩まされた人は多いみたいでちょっと意外。


友達の一人は、私と同じくおなかがすくと寝れなかった。

彼女は麺類など噛まなくてすむ食事ではなく、きちんと歯ごたえのあるものを食べ、そして眠れないことを気にしないようにして治ったらしい。


またある友達は寝付けそうな場所にとことん移動しまくったそうだ。

キッチンにまで布団を持っていて、寝ていたらしい。(吉本ばななさんの小説みたいだ。)


あと香りがいいという人、CDを聞きながら寝るといいという人、いろいろと助言をいただいた。


・・・で私の場合はどうであったか・・・。

いろいろな方の助言がずいぶんと役に立ったのはもちろん。

香りは気持ちがリラックスするけれど、私の場合は決定打にはならなかった。

そして、基本的に音のないところで寝るタイプなので、タイマーやCDなど時間の決まっているものは、終わる時間が気になって、私にはちょっと不向きだった。


しかし、最近はなんとなく気付くと寝ている。

不規則な生活から一ヶ月以上たって、体のサイクルが戻ってきたらしい。

夜に眠たいという感覚が自然と出てくるようになった。


それと、精神的にこの状態に「飽きた」んじゃないかと思うのだ。

基本的に精神力に持続性のない私。

クヨクヨと悩むことはあっても

「ま、なんくるないさ~」(沖縄コトバでなんとかなるさ)

と、開き直るところがあって・・というより「眠れない、眠れない」と、悩んでいること自体が面倒になっちゃった。

こういうとき、「根性がない」という性格はプラスになるみたい。

またヒーラーの方に

「自分で治せるよ」

と言ってもらえたことも自信になったのかな。


それと食事にも気をつけるようにした。

夜は食べ過ぎてもいけないけれど、麺類で軽く済ませてしまうことを避けるようにした。


まあ、あとは夜遊びもほどほどに・・ってことかな。

でもこれは結構楽しいので、誘っていただければいつでも行くぞ(笑)ってカンジだけれど・・・。


とりあえず今のところおさまっているんだけれど、何かほかの克服法をご存知の方は教えてくださいませ。


長くなっちゃったので、もう一つのお悩みは次回に・・。









AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も暑かった。


この辺はまだ梅雨明けの発表はないけれど、ほとんど真夏のような一日。


nukegara


セミもそろそろ脱皮し始めた。

ウチで脱皮するセミはなんだかヘンなのだ。


網戸で脱皮したり、アロエの葉で脱皮したり・・・。


本当だったら今日はまーちゃんとビール電車に乗っているハズだったんだけど、私がゴタゴタしたために中止になっちゃった。

残念。


室温も軽く30度を超えている。

でも、私が住んでいるのは築35年の日本家屋。

日中は日光が差し込まないようにできている。

しかも雑草を含め、まわりは緑に囲われているので、照り返しが少なく、案外と涼しい。


今日は比較的風があったので、体感気温が下がり、暑いながらも過ごしやすかった。

風がないと暑いんだけどね。


以前街中のマンションで暮らしていたときは、夜寝る前と朝には冷房のタイマーをかけなければ暑くて眠れなかった。

でも、この家に引越ししてきて、夜寝る前に少し冷房をかけて部屋を冷やしておくだけで、朝まで充分に涼しく寝れるようになった。

不眠で寝れない日は別だけど、暑くて寝れないということはなくなった。


日本家屋は夏のことを考えて作ってあるから、冬は寒いけれど、やっぱり夏は涼しい。


曇天だったり、晴れていても気圧の変化が大きいと、アタマがぼおっとしたりするんだけれど、今日は気圧の変化もさほどではないらしく、比較的からだが動く。


延ばし延ばしにしていた草むしりなんかもやったりする。

麦わら帽子、ケイタイ蚊取り線香、長袖シャツ、首にはタオル。

完璧な出で立ちではじめるものの、精神力のない私は1時間でめげてしまう。

汗だくの体を引きずって家に入り、すぐにシャワーを浴びる。


網戸はあるけれど、窓を開けっ放しにしているので、一応蚊取り線香を焚く。

senkou


私はこの香りがなぜか好きだ。

このにおいを嗅ぐと、子供の頃の懐かしい夏の思い出がよみがえる。

ただし、市販の緑の蚊取り線香は、化学的に合成された殺虫剤が練りこまれているのでご注意。


meron


夏は、水分の多い果物がおいしい。

これはご近所のメロン農家の方にいただいたメロン。

傷が入っているし、ネットがきれいに出ていないので売り物にならないらしい。

でも中身はメロン。

毎年この時期になると、市場に出せないメロンやスイカをいただける。

こちらにやってきてから、メロン半分をスパッと切って、それをいただくゼイタクを味わっている。

産地ならではのお楽しみ。


飲みに出るには不便だけれど、田舎の夏はそれなりに楽しい。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

スポーツはあまり観ないけれど、野球は時々観ている。

だって、野球場は大きなビヤホールだもん。


先日オールスターをやっていた。

被り物をしていたり、新庄のようにパフォーマンスを見せてくれたり、お客さんを楽しませるエンターテイメントの部分がずいぶんと充実してきたな、ってカンジ。

夢の球宴だもの。

楽しくやりましょ。


そして、オールスターならではの真剣勝負もあった。

阪神の藤川投手は予告どおりの全球直球のガチンコ対決。

胸をすくようなかっこよさ。

なかなか結果が出ずに苦労したときもあったと聞いた。


二日目は清原との対決。

清原も「藤川と勝負したい」と言っていた。


藤川もかっこよかったけれど、清原も遅れてもバットを振り続けた。

動体視力も落ちてくる年齢。

それでも逃げたりしない。

まさしく勝負。


対決が終わって、藤川が帽子を取って頭を下げる。

大先輩に対して敬意を払う。


インタビュールームでも藤川投手は感無量なカンジだった。


大きな背中を追いかけられた幸せ。

そしてそれを超る寂しさ。

目標を与えてくれた感謝。

きっといろんな気持ちが入り混じっていたんだろう。


ふと千代乃富士と貴花田の最後の一番が思い浮かぶ。


目標としていたものを超えていく。

そしてまたドラマが待っている。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

九州の母から電話があった。

「元気にしてる?」


電話なんて久しぶり。

最近はメールで済ませることが多いから。


「メールの返事がないから心配したの」

と母。

先日母から受け取ったメールは送った宅急便のお礼だったから、わざわざ返事をすることもないと思ってそのままにしておいたんだっけ。

「最近メールばっかりだったから、アンタの声忘れちゃ困るから。ここんところ変な詐欺とかあるでしょ」

と言う。


確かに。

ウチの母は気が動転したら、すんなり相手の言うとおりにしそうでコワイ。

「変な電話がかかっても、ちゃんといろんな人に確かめてよね」

と念を押す。


まあ、母もちょっとさびしかったのだろう。

私の所在を確かめるには、ケイタイもあるし、自宅の電話もあるし、仕事先もあるし、私の友人の住所もいくつか知っているし、母は私の情報をいろいろと知っている。


友達の中には、ケイタイとメールしかしらない人がいる。

普段はそれで事足りる。

でも時々困る。


ある友人と会う約束をしていた。

ゆるい約束だったから、直前に確認すればいいやと思って、前日メールを送ったら送信エラーで帰ってくる。

ケイタイも留守電になっている。


まさかと思うけど・・。

病気じゃないよね。

何かご不幸があったりしてないよね。

アタシを避けてないよね・・・・?

気になりだすとあれこれ考える。


考えてみれば、私はその友達のことを何も知らない。

友達のことも知らないし、家族のこともよく知らない。

どこで仕事をしているのかさえ定かじゃない。

たとえ知っていたとしても、わざわざどこかに確認を入れるほどの大げさな約束でもない。


でも、万が一、その人に何かがあった場合、私はどうやってそのことを伝えてもらえるんだろう?

そうやって改めて思い浮かべると、親しいと思っていても、案外身の回りのことを知らない友達がたくさんいることにも気付く。


ケイタイとメールしか、私たちを繋いでいるものがないという不安定さが身にしみる。


その後友達からは留守電が入っていた。

電波の悪いところで仕事をしていて、約束の日も仕事らしい。

ということで会うのはもちろん延期。

連絡もらえて一安心。


ケイタイはどこにいても捕まるからイヤダと言う人もいる。

でも、ケイタイでもメールでも、相手が受け取ってくれなければ捕まえられない。


ケイタイやメールで深くつながれる人もいる。

また、ケイタイやメール以外のつながりのほうが、強くて頑丈だったりもする。




いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

ずいぶんと前のことだけど、学生時代の友人から電話が来た。

あまり彼女から電話をくれるほうではなかったから、何かあったのかと思ったら、案の定、離婚した男性のことを打ち明けだした。


もう離婚して10年以上たっていて、一人娘は彼女が引き取り育てている。

彼の消息も気にしていなかったらしいけれど、あることがきっかけで、彼が再婚して、3人の子供に恵まれて暮らしているらしいと判った。


別にそれはいいのだけれど、問題は彼のほうに最初の子供が生まれた年。

彼女と別れる、別れないでもめていた時と重なるのだそうだ。

彼女に未練があるそぶりを見せながら、裏で着々と新しい家庭を築きつつあったらしいのだ。


「アタシ悔しくてさあ・・・」

女だもの、彼女の気持ち、少しはわかる。

彼のこと、私もよく知っていたから、顔が浮かぶ。

もちろん、彼にもそれないりの言い分はあるだろうけれど・・。


「よしわかった、あいつを殴りに行こうか、あたしも手伝うよ」

と彼女の気持ちにこたえて私は言った。


・・で、この話をほかの友達にすると

「暴力はいけないわよ!」

トカ、結構怒られたりする。

暴力で結論を出すのは野蛮な行為。

もちろん、彼女は逆上して我を忘れるようなこともなく冷静だったし、人を殴ったりするような女じゃないから行かなかった。


先日、ニキ・ド・サンファル展にに行ってきた。

ニキは巨大な「ナナ」という女性の像や、作品をライフルで撃つ射撃アートで有名になった人。


展示されている作品の中に、別れた男性らしき人をモチーフにした作品があり、頭の部分がダーツになっているものがある。

展示当初は観客がダーツを投げることができたそうだ。


ヨーコの作品でも、観客が作品に釘を打って平和を祈るものがある。

ニキとはもまったくコンセプトが違うけれど・・。


どんな思いをこめて、彼女は作品の頭部にダーツを打ち込んでいたのだろうか?

そして、ダーツを投げることに参加した人は、いったいどういう感覚で投げたのだろうか?

考えるとぞっとするけれど、この作品のおかげでニキは癒されて、自分を取り戻せたらしい。


フリーダ・カーロは夫ディエゴ・リベラが自分の妹と愛人関係にあることを知ったとき、ナイフで刺されて傷ついた自分を描いた。

フリーダも情熱的な人だけれど、ニキほど過激じゃない。

時代の違いや愛し方の差もあるのかな。


怒りや憎しみは理性でコントロールできるとダライ・ラマ師はおっしゃった。

でも凡人の私には、まだまだ感情に心を占拠されてどうしようもない時もある。

そういう時は吐き出してしまうのが一番いい。

自分の気持ちに、怒りにさえ正直になれたとき、救われることってあると思っている。

だからと言って誰かを傷つけてもいいわけじゃない。

その怒りのエナジーをどう扱うかが問題だけど・・。


私たちの場合、

「よっしゃ、手伝ってくれるか?」

と彼女が言って、一緒にあれこれ手段を考えているうちに、彼女の怒りも納まってバカバナシをして終わった。

それくらいの理性は私たちにはあった。


ただ、オンナとしての同じような痛みを、ニキがこうやって作品に昇華していることに、親近感を持った。

ニキも苦しかったんだよね。

そして人には観えない傷を心にたくさん負っていたんだ。

それを吐き出して投げつけることで開放されたんだ。


ニキの作品は、オンナでなくては作れない作品、オンナであるがゆえの作品が大半を占めている。


オンナであるって哀しいときも切ないときもいろいろあるけれど、でもやっぱりオンナである自分を受け入れた彼女の作品たちは堂々としていて気持ちがいい。


オンナとしては、ちょっとガッツがもらえる作品たちだ。


ニキ・ド・サンファル展





いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日あるパーティーの特番を観ていた。

パーティーといってもいろいろあるけれど、お祭りのようなはしゃいだカンジ。

アナウンサーのしゃべりは興奮していてマシンガンみたいだし、そこに差し込まれる映像もフラッシュのように次々と変わり、感動を煽り立てられている気がする。

こちらに思考のヒマさえ与えてもらえないカンジ。


この演出に乗れないのは、私がオバハンだからだろうか・・・?


昨日、NHKのワールドカップの総集編を観ていた。



日本の初戦については、日本選手のみならず、オーストラリアの監督や選手にインタビューをしていた。

「日本が勝っていた試合になぜ負けたのか?」

「一体あの時、オーストラリアにどんな指示が出て、どう作戦を立てていたのか?」

その指示に忠実に動く選手を追い、それに翻弄される日本人選手の姿を浮き上がらせる。


試合が進み、リーグ戦で華やかなプレーを披露していたスター選手たちが次々とグランドをあとにする。

少年のように笑ってピッチを駆けていたロナウジーニョが、負けて女の子のように泣きながらインタビューに答える。

イングランドの敗戦が決まった瞬間は、傷ついた足を投げ出し、ベンチで手に顔をうずめるベッカムのみをカメラが捉える。


レッドカードで退場するジダンの後姿をスローモーションで追う。

「ジダンのWカップは終わりました」

と静かなナレーションのみ。


スポーツの番組でありながら、ナレーションは淡々としている。

煽らない、騒がない。


もちろん、パーティーとスポーツを比較するほうがおかしい。


ただね。

好みの問題だけど、どちらかというと、私はハデな演出より後者のような控えめな演出のほうが好きだったりします。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

ああ、やっと観れた。


観た人がみんな絶賛しているので、ぜひ観たいと思っていた映画。

ナントカ映画館で観ることができた。


まずカントクさんのセンスに感動。

私は原作を読んでいないけれど、まりりんさん によれば、もっと重くてやりきれない感じらしい。


決して明るい話じゃないのに、ギャグあり小ネタあり、歌ありのエンターティナーショウ。


登場人物はみんなどこか切なくて、弱くて、憎めない。

松子も家族もお互いに想いあっているのに、感情表現が素直じゃない。

私も素直じゃないから、そこんところよくわかる。


結婚している友達の誘いを断って、一人さびしく誕生日のお祝いをするシーン、泣けてしまった。

「一人でいる地獄より、一緒に地獄に堕ちたほうがいい」とヤクザと生きる決心をする場面も好きだ。


あの映画を観て、「松子が好きだ」と思った人は、きっと自分のなかの松子が共振したんだろうな。


かっこ悪くても、イケテなくても、人を愛して生きていくって素敵。

そして、見方によっては不幸な彼女の人生を、キラキラと輝くものにしてくれた監督さんにも感謝だな。


嫌われ松子の一生

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

agapansasu-1


先日生けたアガパンサス。

草月の教科書に「一種いけ」という項目があって、そのおさらい。

アガパンサスの花のみでほかの花材は使わない。

写真ではわからないけれど、白い花器の中にアガパンサスの花が入っている。


そこでふと気付く。

先日からアップしているいけばなは、すべて葉もので花器もツインのものを使用している。


その間にも何作か生けたりしているけれど、写真写りが悪かったりししてボツ。


枝ものの写真というものは、立体感がつぶれてしまうので、写真写りがとても悪く、見栄えがしないの。

でも、これだけ同じような調子の作品が続くと、自分としてもちょっと不本意。


というのも、「個性」と「マンネリ」は表裏一体なところがある。


ある手法でいけて、それがうまく行くと、同じ作品を繰り返してしまう。

そして、それが自分の個性と思い込む。


そうすると、今度は進歩がなくなって、同じような作品しかいけられなくなってしまう。


agapansasu-2


きれいな花をいけたい。

人が見たときに

「いい花だね」と言ってもらえるいけばなを生けたい。

それは誰もが望むところ。


ただ、そればかりをに捕らわれると、だんだんと自分を見失う。


時には人が見て「?」と思ったり首を傾げるくらいの花を生けるくらいの勇気も必要。


たかがいけばな、されどいけばな。


いろんなことを教えてくれます。



いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

はああ~、またやっちゃった。


pcオンチなくせに、InternetExplorer7.0のベータ版というヤツをふらっとインストールしちゃった。

そうしたら、アメブロに記事がアップできなくなっちゃった。


最初はアメブロがおかしいのかと思って、アメブロに問い合わせをした。

アメブロから返事が来るのが遅いので、同じアメブロ仲間のserayさんに問い合わせをしたら正常とのこと。


そのうち、アメブロからメールが来た。


お問い合わせいただきました件ですが、
soranokagami様がご使用のブラウザはInternetExplorer7.0であると
思われます。
InternetExplorer7.0は正式リリースではなくベータ版のため、
正式版のリリースまでサポート対象外とさせていただいております。
どうぞご了承ください。


ふうん。

よくわかんないけど、ともかく対応いたしませんってことよね。


仕方がないので、プログラムの削除をする。

でも、これも以前重要なプログラムを削除しちゃって、pcが動かなくなった経緯があるので、ちょっとドキドキした。


おかげさまで無事に削除できて、こうやって記事もアップできました。

・・・ホ。


世の中どんどん便利になるけれど、いったんツボにはまってしまうと右往左往してしまう。

カンタンに見えるものの裏には複雑なことがいっぱい隠れているんだと、こういうときに改めて実感する。


S社のエレベーターだってプログラムミスだって言うし・・。


私の場合、pcにしろ、エレベーターにしろ、ボタンの向こうは未知の世界だな・・・。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。