ここで、そこで、いろんなところで

日々の生活の中で想う、エッセイ未満のことたち


テーマ:
ランディさんのブログを読んでいて、私も「ああ」と思った。
私も、イラクで人質になった青年が「すみません」と言った一言が耳から離れなかったからだ。
ただ、感じた意味は違うけれど・・・。

すみませんは英訳できない言葉だとランディさんが言っていた。
それに関連して「お蔭様で」という言葉を思い出した。
ジョンレノンが好きだった言葉だ。
これも英訳不可能だと聞いたことがある。
どちらも日本人的な少しへりくだったような言い方だな・・と思う。

彼の略歴みたいなものをtvで見たけれど、彼は今まで、あまり自分が「日本人であること」とか、「誰かのおかげで生きている」って考えたことがなかったんじゃないのかなあ・・って思った。
それがいいとか悪いとかではなくて、若い時ってそんなことをいちいち考えたりしないのではないか・・と自分が若かりし頃のことを考えると、ごくごく自然にそう思える。
海外に出て、初めて自分が「日本人であること」とか「誰かに助けられること」とか、しみじみと考える人って多いんじゃないだろうか。
私だって、自分が「日本人であること」を誇りに思い、「色んな方に助けられて生かして頂いている」なんて、しみじみと思えるようになったのはついこの頃だから・・。
私は彼が謝っているように思えた。
「自分は日本人だった。そしてたくさんの人に支えられて生きている人間だった」ってことに対して「今まで気付かずにすみません」って・・。

彼が何を考えて「すみません」と言ったかなんて、推測でしかない。
でも、そういうふうに考えるのは、私自身が横柄に「私は地求人だ」とか「誰の世話にもならない!」とかご立派なことを考えていたからだと思う。
彼に「すみません」に自分が重なってしまったのだ。

彼がもし生きて還れたら何て言うのだろう。
きっと「みなさんのお蔭で帰れました。ありがとうございました」
って言うんだろうな・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ランディさんのブログで小千谷市の状況を伝えるものがありましたのでトラックバックしました。

昨日の余震の映像を観ていて、こちらにも恐怖が伝わってきました。
被災されている皆さん、とてもお辛いと思います。
そして、その中で懸命に働いていらっしゃるみなさんも本当に大変だと思います。
私は東海地震の区域に住んでいるので、「あすはわが身か」と切に思いました。
被害を最小に食い止めるためにも、身の回りの防災も考えねば・・と思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日知人の結婚式に出た。
彼女は3人兄弟のまんなかで、祖父母も同居なので7人家族だ。
彼女が最後「私はこの家族が大好きでした。だから、彼と初めて二人で向かえた朝、家の中が静かなのでホームシックになり泣いてしまいました」とご両親に宛てた手紙を泣きながら読んでいて、こちらもじ~んときた。
ホントはいいことばかりではなかったはずなのだ。
嫁姑のいざこざや、親戚との揉め事や、彼女から何度か大変な話を聞いていた。
それでも、結婚式での家族の暖かい雰囲気をみていると、いろんなトラブルを抱えながらもとってもいい家族であることがよくわかった。
一緒に暮らす人間が多くなればなるほど、お互いの主張がぶつかり合って、いざこざの種になる。
でも、その中で育った人間は、人とうまく折り合いをつけ、仲良くやっていく方法を自然と身につけていくようだ。
まさに彼女はそうだ。
老人や子供に優しく、どんな時でも心配りを忘れない。
確かに、大家族の中で潰れていく人もいるだろうし、性格が歪んでしまう人もいるのだろう。
でも、核家族の中で「自分のことだけを考えて事足りてしまう」環境で育った人よりも、暖かさや思いやりを持って生きているように思う。
「個人の時代」「個性の時代」と言われながら、「では個性って何?ひとりで何をすればいいの?」って思っている人は沢山いるような気がする。
好きなことは多少出来なくても、家族のために割く時間が多くても、大勢の家族と暮らしている方が、好きなことをして孤独に暮らしているよりも、幸せなんじゃないかと思うこの頃なのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ランディさんのブログで懐かしい名前を見つけた。
橘川幸夫さん。
私は中学、高校と「ロッキンオン」を愛読していた一人で、橘川さんがはじめた「ポンプ」という雑誌にも何度か投稿したことがある。
「ロッキンオン」も一度文章が活字になったことがあり、それが縁で数年文通していた友人もいた。
「ロッキンオン」の中で、特に岩谷宏さんの文章が大好きで、彼と交友のある人と勉強会を開いたりしていた。
岩谷さんは私にとって教祖みたいなもんだった。
いつもとんがっていたし、いつも傷ついていたあの頃・・。
いつの間にかとんがることや傷つくことに疲れてしまい、あの頃の友人達とも殆ど連絡をとっていない。
生きるってとてもかっこいいことで、つらいことで、すごいことだと思っていた。
あの頃のみんなはどうしているんだろう。
私はぶざまで、ときどき凹んだりしながら、フツーに生きているよ。
みんな、とりあえず生きていようね。
そして、どこかで会おうね。
むかしみたいにね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はオーラソーマのセッションで若い男の子が来てくれた。
イマドキの風貌で、毛糸の帽子をかぶり、たくさんピアスをしている。
でも、選んでくれたボトルで、彼がとても傷ついた体験があることがすぐに分かった。
本当につらい経験をした人のボトルと時々自分が共振することがある。
第2ボトルから「じ~ん」と哀しいイメージが伝わってくるのだ。

彼はこれからたくさんの経験を積みながら、大人になっていくのだろう。
優しくて繊細な彼をリーディングしながら、色んなことにキズついていた自分の若い頃を思い出していた。
あんな風に悩み、自分を受け入れられなかった頃には二度と戻りたくないと思っていたけれど、実際にその渦中にいる彼を観ていて、「若いっていいなあ・・」と思っていた。
大人になるって未だによくわからないけれど、私は彼が今持っているものを持っていない代わりに、図太さや、人生を楽しむ智慧を少しだけ手に入れたような気がする。

「近頃の若い奴ら」も「昔の若い奴ら」も悩みの本質は大してかわらないのかも・・。
いつの時代でも若いって素敵なことだ・・。
そしてそれがそのときにはわからずに、振り返って気づくから、よけいにキラキラとステキにみえるのかもしれない。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログって何?
ついこの間まで思っていた。
今でも思っている。
だからまだ使い方もよくわからないし、いろんなこと、わからないだらけ・・。
でも作っちゃった・・・。

・・・ということで、これから少しずつ私らしいブログにしていこうと思っています。
よろしくお願いいたします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。