そらねこカフェ・店主ゆぎえみ・そらねこ会ブログ

そらねこ会は、『今ある命を大切に、不幸な命は増やさない』をコンセプトに活動している猫ボランティアチームです。


日々の思いを書いてます。


テーマ:
里親募集中です。

3ヶ月半の姉妹
ウイルス検査(-)
ワクチン2回済み

宜しくお願いします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

猫のボランティアらしきことをはじめて14年が経過した。

命あるものだから当たり前のことだとわかってはいても、大変さに押しつぶされそうになる。


こと、この日本という国のシステムでは、動物愛護などという気持ちが育ちようになく、どこの現場に行っても、身勝手な人間の言動ばかり押し付けられ辟易するが、良いこともある。


それはなんといっても繋がり。
こんなことをしていなかったら絶対会えなかっただろうってくらい、魅力的な人との出会いは、嫌なことの9割が帳消しになるくらい嬉しい(残り1割は執念深く忘れないけど)。


実は、このところ、長年こんなことばっかりやってきた中で、スペシャルに不思議な出来事があった。


これは、ある時気付き始めて、『あれー何でだろ??何かの勘違いかな?』と思ったりしていたけれど、あまりに何度も起き、どう解釈すべきかと思いつつも、現実に、確定的に起こってることだと言える出来事だ。。本当に面白い。



初めてそれが起こったのは5年位前のことだ。



私のうちの庭に痩せたオス猫が来るようになり、私は餌をやり続けていた。


お腹に虫でもいるのか、時が経ってもなかなか太らないし、懐かない。


怯えた、鋭い目つきがかえって哀れで、去勢手術をする前に、なんとか体調を整えてやりたかった。


餌をやり続けて半年もすると、一日中、庭に居るようになった。ほぼ、どこにも行かない。縁台の隅でまるくなったり、木に登ったりしている。


相変わらず人には懐かないで、朝に夕に餌を置いても側には来ないが、私が家に入ると、貪るように食べていた。



そんなある日、その猫がネズミ捕りの粘着テープを引きずって帰って来た。



毛長の白黒だったから、尚更ひどい事になってて、ベタベタのぐちゃぐちゃの毛に、砂やらゴミやらいっぱいつけて、触れないのだからどうにもならず、もし触れたとしても毛を切る以外に方法はなかった。


飼い猫だって大変なネズミ捕りの粘着テープ。私にはなす術がなかった。


しかし、しかし、そのまま2~3日たったある日、朝ご飯の時、めずらしく毛長の白黒の姿を見ないと思ったその夕方、ベタベタだった毛は綺麗にトリミングされ、明らかにシャンプーをした装いで、毛長の白黒が帰って来たのだ。実はどこかの飼い猫だったなんてことは有り得ない。毎日毎日我が家に居たし、人に捕まり、ましてやトリミングさせるなんて絶対ない!何らかの方法で捕獲して鎮静剤か麻酔を使い、眠っている間にトリミングしてくれたとしか考えられない。この辺りの猫ボランティアも動物病院も網羅している私だけれどわからない。麻酔を使えるとしたらやっぱり獣医さんだから、個人的に、野良猫を気にかけてくださっていた医師の資格を持った誰かが居たのだと、その時はそう思うしかなく、有り難いと思いつつも、私はこの事を忘れていった。



けれどこれで終わりじゃなかった。


それから程なくして、少し離れた地域にいる私の友人から相談があった。外猫がネズミの粘着テープにかかってしまった為、取り除く方法を教えて欲しいというものだったのだが、この時も、こればかりはその部分をカットするしかないと伝えるしかなかった。


彼女の庭に居着いた猫は3匹。農機具小屋の中に寝床を作り、不妊化手術も済んでいた。


夜は小屋を閉めてしまうので出かけられないが、昼間は自由にしていた猫ら。そして、どこかに遊びに行ったある日、2匹が粘着のりで、ベタベタになって帰って来たとのことだった。比較的器用な友人ではあるけれど、素人の彼女が粘着部分をうまくカットすることも出来ずに、日数をかけて少しずつ切っていくしかないと思っていた矢先、彼女から連絡がはいった。『綺麗にトリミングされて帰って来たの。しかもシャンプーの良い匂いがする!』と。これには驚いたけれど、それでもまだ私は何かの偶然か、実は飼い猫だったとか・・・などと流していたのだけれど、その後、この出来事は何度も周りで起こるようになった。場所も状況もまちまち。毛玉が固まってしまって、ブラッシングでは取れない猫が綺麗になっていたり、口内炎の為の涎で、毛が固まってしまった猫がサラサラになってたり。


この不思議で不思議でたまらない出来事は、私たちのボランティアチームが関わる先で起きることが多いのだが、言い換えれば、自分たちが関わった先の出来事しかわからないわけで、他でもあるのかもしれない。しかし、不妊化手術の為に、専用の檻を使って捕獲するのにもかなり難儀するような猫らを、どうやって捕まえているというのだろうか?不思議だ。私だって、手術したり、餌をやるだけじゃなくて、できるなら綺麗にしてやりたいと思う状況に遭遇することは良くある。でも、思いはあっても術がない。猫のシャンプーやトリミングは基本非常に難しいし、ましてや野良猫なんて、鎮静剤の注射なしでは、絶対考えられない。そうじゃなければ、催眠術ぐらいのものだと本気で思う。



今年の初めに、とても人慣れしている三毛猫を保護した。何らかの理由で迷子になったと思われるこの三毛猫には、ごく最近の不妊手術跡があった。驚くほど小さな手術跡で、特徴的な糸の結び方がされていた。この手術方法ををされる獣医さんはあまり多くない。何人かの先生の顔が浮かび、猫の飼い主さんはすぐ見つかると思っていた。しかし、しつこいくらいに範囲を広げ、探偵さながらの調査にも関わらす、飼い主さんも、手術をした獣医さんも見つからなかった。この獣医さんに会えたなかったのは残念だった。一連の、シャンプートリミングの不思議にも、何か関係があるかも知れなかったから、尚更残念だ。

この迷い猫の三毛猫ちゃんは、私の友人の家に貰われていった。その家は、毛長の猫をすでに飼っているのだが、最近時々、シャンプーされて帰って来ると言っていた。不思議だけど本当の話。いつかこの事を解明したい。そして、そんな神業を持った方々と、正面から仲間になりたい。力を貸してほしい。もし何らかの事情で名乗れないのであれば、どうかこっそり教えて欲しい。私は誰にも明かさないから。

この活動を始めて来年は15年となる。頑張って一生懸命続けていくので、どうか15年の記念として、不思議な猫の美容師さんと会ってみたい。












(湯木恵美・大竹財団地球号の危機投稿記事一部抜粋)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:







明けましておめでとうございます。




昨年は多頭飼い現場の猫たちの手術を、本当に沢山やりました。

きつかったです。

だけどお正月になって、次の春にはもう子猫が生まれないことにほっとしているとのメールなどをいただくと、良かったなって思います。

もう増えないので、今いる子たちを大切にしてほしいです。また、行くあてのない、新しい子が来てしまった場合もできら見捨てないであげてほしいです。
なかなか難しいけれど、手術さえすれば必ず数は落ち着きます。これは自分のためだけでなく、ご自身の地域の為にもなっていることだと思います。


そらねこ会はちいさなチームです。


自分の持てる力と時間をすべて使っても、私たちだけではどうにもならない。


ご縁のあった皆さまにお力を借りなければ、絶対に前には進めません。



どうかお力をお貸しください。よろしくお願いします。





『メールへのお返事』



明けましておめでとうございます。

手術の終わった猫たちがみな落ち着いているとのこと、良かったです。

すべての猫に関わる方が、不妊手術を考えてくれるようにならないと、私たちの苦悩は終わらないのだと思い、本当に辛いです。




猫たちは幸せと癒しをくれます。見えないけれど守ってもくれています。だから関わった人間は、できる限り返すことが大切だと私は思っています。


猫は狸やきつねや熊など、自然の生き物ではなくて、人間に寄り添わないと生きていけないものです。懐いてる、懐いていないは関係なく、猫は人が改良し、作った、人と寄り添い生きていく生き物です。



それを一人でも多くの方に理解してもらって、せっかく生まれた命を、野生の動物の餌にしたり、飢えや、寒さで病気にしたり、不本意に命を落とさせたり、そんなことは、可能なかぎり防ぎたいです。



それにはまず不妊化手術が大切です。どんどん生まれて、どんどん死んで行けば命に対する感覚も薄くなります。


私たちのこの活動は仕事ではありません。時間も行動もかかる経費も、一個人の持ち出しです。そして私たちは無料の便利屋ではありません。私たちは『願い』を持って活動しています。沢山の現場には必ず犠牲があり、本当に本当に辛いです。その犠牲をなくしていきたい。同じ時を生きる命、人に責任のある命が当たり前に共生できるようにしたいです。



関わった方にほんの少しでも力を貸してほしいです。見捨てないでほしいです。関わった方の口から口へ、手から手へ、草の根のようなわずかな前進しか、進歩はないです。



猫を、犬を、弱い立場のものを、しいては、人を思う者が仲間になり、同じ思いを持っていれば、きっと良い方向へ進むと信じています。


この思いをご理解くださるのであれば、どうか力をお貸しくださいませ。心に止めていただくだけで違います。



どうかこれからもよろしくお願いします。


そらねこ会
ゆぎえみ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





私が毎日とおるその道に、おばあさんの家がありました。


おばあさんは、縁側に腰をおろして、青い空に浮かんだ昼間の月を見ていました。

のんびりしたその姿の先には、いつでも季節の草花が咲いていました。



ある日、暗くなってからその道をとおりました。

おばあさんの庭をのぞいたら、やっぱり空を見ていました。

その日はきれいな満月でした。

「こんばんは」

はじめて声をかけました。

「こんばんは」

おばあさんは言いました。

そしてにっこり笑うと、私を手招きしています。

「お月見はふたりのほうがいいもんだ」

私はおばあさんの隣に腰をおろしました。

おばあさんは膝に、耳の垂れた黒いうさぎを抱いていました。


「うさぎがまだ、月に帰るのをいやだと言うんだ、困ったもんだ」

おばあさんは、ぽんっとうさぎの頭に手を置いてから、背中をゆっくりなでました。


おばさんの乾いた手は、とても優しく感じました。



仕事が休みの日、私はおばあさんの庭に行くようになりました。 


おばあさんと話をしたり、うさぎに葉っぱをあげたりすることが楽しかったのです。


おばあさんのうさぎは、くわの葉っぱが大好きでした。


おばあさんと私は、畑のすみに生えているくわの葉っぱをつみました。


紫のくわの実はつぶさないようにそっと取ります。

「つぶすと指も服にも紫の汁がとぶよ。なかなか落ちないから気をつけな」

そう言って、くわの実のジャムを作ってくれるのです。



くわの実のジャムは甘くてすっぱい味でした。

私は縁側に腰掛けて、くわの実のジャムを食べました。

おばあさんは一口だけ、あとは全部私が食べるのです。

「おいしいな、おいしいね」

うさぎはくわの葉を食べています。

おばあさんは、にこにこしながら、私とうさぎを見ていました。




おばあさんはずっと一人で暮らしているようでした。

「結婚はしなかったの?」私が聞くと少しの間だまって空を見ていました。


「夫と娘がいたんだよ。みんなに先立たれてしまってね、うさぎだけが残ったの。うさぎはまだまだここにいたい。月に帰るのが嫌だと言うんだよ」


「うさぎはここが好きなんだね」私が言うと、少し困った顔を作って、おばあさんは言いました。



「私があんまり泣くものだから、うさぎは帰り時をはずしてしまったようなんだ」

それでもうさぎは、おばあさんの膝であまえています。

ぴょんと跳ねて膝から落ちそうになって、おばあさんをあわてさせました。


「こらこらあぶない、はなれちゃだめだ」おばあさんは、うさぎを優しく抱いて庭をゆっくり歩いてから、また縁側に腰をおろしました。


「あの子らは、どこへ行ってしまったんだろね。月になったのか、星になったのか、花になったのか、草になったのか。どんな姿になってもね、私が見間違うはずはない。風になっても、季節になっても私にわからないわけがない。だけどもあの人も、あの子も見つからなかった」

そしてまた空を見上げるのです。




雲が月を隠した夜のことでした。


いつになくおばあさんは元気がなく見えました。

私はわざとはしゃいで、桑の実のジャムの作り方を聞きました。


桑の葉のハーブティーの作り方も教えてもらいました。


今日のおばあさんは笑わずに、時々空を見上げては月の出るのを待っていました。


「もうここにいないなら、私が会いにいくだけだ」


おばあさんがつぶやいたその時、雲が切れて月が顔を出しました。

大きく明るい満月でした。



月の明かりは青みを持って、庭一面を照らしました。

夜の風にひらひら揺れる小さい物が見えました。

「あれはミイだ。ミイは、娘が拾ってきた猫なんだよ。ひらひらしたものが大好きだった。ミイが死んでしまった時に、娘と一緒にお墓を作ってね、むぎなでしこの花を植えたんだよ。そうか、あの花は毎年咲いてくれていたんだね。気づかなくて悪かったね」

おばあさんは、私にうさぎを抱かせると庭に出て、むぎなでしこのそばにしゃがみました。

おばあさんの背中に見え隠れする白い花は、本当に子猫のようでした。

私に抱かれたうさぎは退屈そうで、けれどもおとなしくしていました。

黒い毛が光って夜でもはっきり見えました。

おばあさんは長いこと庭の花を見ていましたが、すくっと立ち上がると月を見ました。

月に照らされたおばあさんは、とても満足しているようで、とても綺麗に見えました。




おばあさんと会えたのは、その夜が最後になりました。

それからしばらくして、体調をくずし、おばあさんは静かに天国へと旅立ちました。

お葬式が終わり落ち着いたころ、私はおばあさんの庭をのぞいてみました。

おばあさんの座っていた縁側は閉まっていて誰もいません。そこはまるで違った庭のようでした。


急いでうさぎの小屋を覗くと、うさぎは小屋の中で丸まっていました。

私がそっと手を出すと鼻をひくひくさせました。



おばあさんの身内の方にお願いして、私はおばあさんのうさぎをもらえることになりました。

私はうさぎを抱いて、自分の家へ帰りました。

それからというもの、私はうさぎといつも一緒です。  

恋人とけんかした時は泣きながら、うさぎと一緒に月を見ました。

月の光に照らされて、うさぎはぴょんぴょんはねました。



結婚して子供が生まれました。

夫に良く似た娘です。

私の小さな娘は、泣き虫でした。

うさぎの小屋の前で泣いていました。

うさぎは少し退屈そうに私の娘をながめてから、ぴょんとはねて見せるのです。

娘は泣き止んで、ころころころころ笑いました。



娘は学校に行かない時期がありましたが、うさぎの水だけは毎日綺麗なものと変えてくれましたから、私はそれでいいと思いました。

私がうさぎのためにくわの葉をつみに行った時、娘が言いました。

「やわらかい、きれいな葉っぱをたくさんつもう。うさぎさんが、ずっとここにいてくれるようにね」

私はくわの実でジャムを作り娘に食べさせました。

夫は時々、うさぎの小屋を丈夫なものに作り変えてくれました。

私は夫にとても感謝して、くわの葉で作ったハーブティーをいれました。



娘は大人なり、結婚して家を出ました。

私は夫と二人で暮らしていました。もちろんうさぎも一緒です。

月のきれいな夜はうさぎと一緒に月を見ました。

月に映る影のような黒いうさぎは、ぴょんとはねては月を見ます。



夫が亡くなり、今、私は一人で暮らしています。

いいえ、ひとり暮らしじゃありません。

私はうさぎと暮らしています。

それでも時々寂しくなって、優しかった夫の姿を探すことがあります。

それぞれの季節の中に夫はいました。



芽吹の林に、夏の木陰に、秋祭りの人ごみの中に。


積もった雪を太陽が照らしてキラキラしているまぶしさの中にも、私の夫の姿がありました。

どさりと落ちた枝の雪に驚いて振り返ると、いたずらに笑う夫の顔が見えたこともありました。



私の人生はとても平凡でしたが、とても幸せでした。

「やわらかい、きれいな葉っぱをたくさんつもう。うさぎさんが、ずっとここにいてくれるようにね」

子供の言葉が思い出されます。

その時ふいにうさぎが動いてそちらを向くと、白い花が揺れていました。

むぎなでしこの花でした。

夜風にひらひらと揺れる花は、子猫のしっぽのようで、モンシロチョウのようで、春の牡丹雪のようでした。



うさぎうさぎ、何見てはねる

十五夜お月さま見て跳ねる



今夜は満月です。

うさぎは私の膝の上で眠っています。

「そろそろお月さまに帰りたいのかな?」

私はうさぎに聞きました。

だけどうさぎはしらんぷりするように、膝の上で眠っています。

私は私のうさぎを撫でながら「困ったもんだ」とつぶやきました。

だけど少し嬉しかったのです。


もう少しだけこうしていましょう。


私と、お月見をしませんか?



月のうさぎが一緒です。




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
それを知ったのは偶然の偶然だったのですが・・・


事情があり、親と離され、畑の真ん中にある、小さなプレハブの物置小屋に、子猫がいる事を知りました。


お母さん猫と離れてもう一週間ちかくとのこと。

生きているのもギリギリです。


そっと戸を開けると、一瞬ゴソゴソって音はするのですが姿は見えません。

ミルクと柔らかいご飯を置いたら、舐めたあとがありました。


もしかしたら大丈夫かもしれない。




次の日、なるべく匂いの強い缶詰めを置くと、半分くらい食べてありました。

頑張れ!


動物病院の先生や、手を貸してくださったご近所さんや、みんなの思いが届いて、無事に保護することができました。

image2 (6)001-0001.jpgimage2 (6)001-0001.jpg


まだまだビクビクの女の子で、すぐに毛布にもぐってしまいます。


ビクビクしてるけど鳴きません。



そらねこ会アジト(シェルター)管理人のみはるちゃんが、子猫を抱き上げながら言いました。



『だって、お母さんがここで(物置きの中で)静かに待ってなさいって言ったんだもんねー、声出しちゃいけないよって、待っててねって言ったんだもんね』


この人の言葉に私は時々泣きそうになります。



『ちび、もう鳴いていいって、お母さんがお利口だったね、って褒めてるよ』



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
縁あって保護していた、4匹の子猫たち全員の里親さんが決まりました。


少しやんちゃが過ぎる、子猫らしい子猫たち。



のんびりしている子や、心配性で世話焼きな子。

みんな同じ日に生まれたはずなのに、性格がそれぞれなのが面白いです。 CA3A1341-0001-0001.jpg




CA3A1339-0001-0001.jpg

CA3A1342-0001-0001-0001.jpg

この心配性のお兄ちゃんが最後に決まりました。


ひとつ心配だったのが、この子はお尻の穴の匂いが強かった。

子猫独特の匂いなのですが、こんなに強い子は初めてでした。


兄弟の世話を一生懸命しながら、『お母ちゃん、ぼく、ここにいるよ、見つけて!』って言ってたんだと思う。



可愛い可愛いって手放しでもらってくださった里親さん。

ありがとうございました。



新しいお母ちゃんが出来たから、もう、あんまり匂いを出さなくてもいいんだよ。


まだあの子の匂いが少し残っています。



CA3A1369.JPG






いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
そらねこ会のアジトは、とても不思議な空間です。

斜面にあり、西は流れの強い川に阻まれ、水音以外は聞こえて来ません。

東側は山に守られています。

裏庭は、三角形に広いくるみの林です。

この不思議な地形と不思議な管理人に守られて、アジトの猫たちはここでのんびりと、暮らしています。160229_1232~0001.jpg
運良くアジトに入ることができた方は、まずここに通されお茶が飲めます。

おしゃれなスペースです。

160229_1016~0001.jpg
駒猫(ふくもりちゃんとおれちゃん)に案内してもらいましょう。


高い天井、梁、壁、すべて猫が使えます。
160229_1238~0002.jpg
だからアジトはあまり猫がいるようにおもえません。

とても清潔で掃除が行き届いているだけではない、猫が暮らしやすいように、全て工夫されています。160229_1239~0001.jpg穴だ!
穴を降りると160229_1239~0002.jpg
管理人のみはるちゃんがいた!
150609_1258~0002.jpg
何してたのー(笑)
お客さんがお帰りです。
不思議空間アジトあなたもいつかいらしてください。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
160302_0801~0002.jpg


私、みけです。


うっかりお外に出たら、迷子になってしまいました。





160302_0801~0001.jpg



とりあえず、ラッキーなことに、保護されましたが、





160302_0759~0001.jpg



もうあきた!



お家に帰りたい!!




と、みけは言ってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


迷い子のみけは、途方に暮れて、中学生の後をついて行きました。
どんどんついて来る。


途方に暮れた中学生は、ダンボール箱に自分のマフラーを入れ、そこをみけの即席のおうちにして、公園に置いた。。。

だけど気になって気になって、夜遅く見に行ったら、みけはそこで待っていたんだそうです。


これも奇跡だと思います。



箱から出して抱き上げて、おうちに連れて帰ってくれました。


みけちゃんをよく見たら、ごくごく最近の不妊手術の痕があり、その特徴的な手術から、ドクターもわかりました。


先生早くカルテ調べて。。



すぐにおうちもわかると思います。



しかし、さすが少年、みけが入ってたダンボールの中には、マフラー、ジャージ、靴下、ハンカチ、ありとあらゆるものがいっぱい。

その場で脱いだんだろな(笑)






いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


家の庭のすみにいる、繋ぎっぱなしの犬を見ることがある。


もう吠えることも、しない。

何も望んでいないように。

うんちがいっぱいの凍った土は、緩んだ気温と共にぐちゃぐちゃになるのだと思う。


防寒もない犬小屋で厳しすぎる冬を良く頑張ったと悲しくなる。



何気なく聞いたら、もう何年も散歩はしていないそうだ。



1日一回ごはんをおくだけ。

きっと最初は散歩もしていたんだと思う。


名前を呼びながら、風景を楽しんだんだと思う。


日常の大変に流されて、少しずつ後回しにされるのは仕方ないかもしれない。



だけどだけど、それが当たり前になってしまったら切ないな

散歩どころか、しっぽを振っても、見向きもしない飼い主たちに、犬はどんだけ寂しいだろうなって思う。



犬は自分が子犬から大人になったことを知らないそうです。

犬は時が流れたことを知らないそうです。


どうして散歩にいけないのだろう


どうして頭を撫でてくれないんだろう


どうして遊んでくれないんだろう


犬は、ずっと飼い主が好きだから、寂しさと一緒にどうしてなんだろう?って思ってる。

明日はまたお散歩いけるかなって。



ずっと大好きだから。

人も出会った時のことを、抱き上げた日のことをずっと忘れないでいてあげて欲しいです。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:








思えば我が家の周りの地域猫たちは、オス猫ばっかりだ。



そして申し合わせたように、かわいい女の子名前がついてる(笑)



猫のみみちゃんも男の子です。
名付け親は近所に住む保育園児当時4歳。


この地域に流れつき、手術は終わったのですが他の猫たちと馴染めなくて、ごはんも遠くでビクビクみていることが多くて心配でした。


そんなみみちゃんを気にかけてくれたのが、みみちゃんの名付け親、我が家のお隣のはるかちゃん4歳でした。

早起きして、保育園に行く前に、少し離れたところで、みみちゃんにごはんをあげてくれるのです。
決してお願いしたわけではないのに、毎日毎日欠かさずお世話に来てくれます。

はるかちゃんに、みみちゃんも少しずつ懐いていきました。


はるかちゃんが保育園から帰るのを庭で待ってるようになって、まるで兄弟のように過ごしているのを何度もみました。


うちの周りにはいっぱい猫がいる。


増えないように
共存していく。


そんなこと言ってるけど、


私たち人間も、にゃんたちからいっぱい愛情をもらっている。


はるかちゃんとみみちゃんが教えてくれました。



しかし、このところ、にゃんとの別れが続いてて寂しいです。



みみちゃんも体調を崩してしまいました。


去勢手術以外、病院なんて行ったことのないみみちゃんを、無理やり連れていくことには悩みましたが、動物病院の先生が、みみちゃんにあった対応をしてくださいました。

おかげさまで少し元気になったのですが、みみちゃんは旅立ってしまいました。




最後の日は、はるかちゃんちのお部屋に入れてもらって、夜、はるかちゃんのそばで亡くなりました。



はるかちゃんの泣き声がずっと聞こえていました。




みみちゃんと出会ってから5年、保育園児だったはるかちゃんも、この春、小学校4年生になります。

大切な思い、忘れないよね。



私も忘れないよ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。