そらねこカフェ・店主ゆぎえみ・そらねこ会ブログ

そらねこ会は、『今ある命を大切に、不幸な命は増やさない』をコンセプトに活動している猫ボランティアチームです。


日々の思いを書いてます。


テーマ:


家の庭のすみにいる、繋ぎっぱなしの犬を見ることがある。


もう吠えることも、しない。

何も望んでいないように。

うんちがいっぱいの凍った土は、緩んだ気温と共にぐちゃぐちゃになるのだと思う。


防寒もない犬小屋で厳しすぎる冬を良く頑張ったと悲しくなる。



何気なく聞いたら、もう何年も散歩はしていないそうだ。



1日一回ごはんをおくだけ。

きっと最初は散歩もしていたんだと思う。


名前を呼びながら、風景を楽しんだんだと思う。


日常の大変に流されて、少しずつ後回しにされるのは仕方ないかもしれない。



だけどだけど、それが当たり前になってしまったら切ないな

散歩どころか、しっぽを振っても、見向きもしない飼い主たちに、犬はどんだけ寂しいだろうなって思う。



犬は自分が子犬から大人になったことを知らないそうです。

犬は時が流れたことを知らないそうです。


どうして散歩にいけないのだろう


どうして頭を撫でてくれないんだろう


どうして遊んでくれないんだろう


犬は、ずっと飼い主が好きだから、寂しさと一緒にどうしてなんだろう?って思ってる。

明日はまたお散歩いけるかなって。



ずっと大好きだから。

人も出会った時のことを、抱き上げた日のことをずっと忘れないでいてあげて欲しいです。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:








思えば我が家の周りの地域猫たちは、オス猫ばっかりだ。



そして申し合わせたように、かわいい女の子名前がついてる(笑)



猫のみみちゃんも男の子です。
名付け親は近所に住む保育園児当時4歳。


この地域に流れつき、手術は終わったのですが他の猫たちと馴染めなくて、ごはんも遠くでビクビクみていることが多くて心配でした。


そんなみみちゃんを気にかけてくれたのが、みみちゃんの名付け親、我が家のお隣のはるかちゃん4歳でした。

早起きして、保育園に行く前に、少し離れたところで、みみちゃんにごはんをあげてくれるのです。
決してお願いしたわけではないのに、毎日毎日欠かさずお世話に来てくれます。

はるかちゃんに、みみちゃんも少しずつ懐いていきました。


はるかちゃんが保育園から帰るのを庭で待ってるようになって、まるで兄弟のように過ごしているのを何度もみました。


うちの周りにはいっぱい猫がいる。


増えないように
共存していく。


そんなこと言ってるけど、


私たち人間も、にゃんたちからいっぱい愛情をもらっている。


はるかちゃんとみみちゃんが教えてくれました。



しかし、このところ、にゃんとの別れが続いてて寂しいです。



みみちゃんも体調を崩してしまいました。


去勢手術以外、病院なんて行ったことのないみみちゃんを、無理やり連れていくことには悩みましたが、動物病院の先生が、みみちゃんにあった対応をしてくださいました。

おかげさまで少し元気になったのですが、みみちゃんは旅立ってしまいました。




最後の日は、はるかちゃんちのお部屋に入れてもらって、夜、はるかちゃんのそばで亡くなりました。



はるかちゃんの泣き声がずっと聞こえていました。




みみちゃんと出会ってから5年、保育園児だったはるかちゃんも、この春、小学校4年生になります。

大切な思い、忘れないよね。



私も忘れないよ。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2年前から、冬の間だけ私のところに来る三毛猫がいます。


昨年は1月22日にやってきて、5月4日にいなくなりました。



そして今年は1月8日にやってきました。


今年はいつまでいてくれるのかな?


150404_1802~0001.jpg


手術済みのマークが耳についていました。



私の予想では、お年寄りと生活していて、ばあちゃん、冬の間は娘さんとこに行っちゃうとか・・・・・・・。

想像ですが。。。






みけちゃんは、うちの子たちと馴染めないから、離れた所に寝床を作ってあげました。

昨年と同じところ。


空白の8ヶ月はなんだったのかというくらい、すんなり寝床にはいりました。




160114_1648~0002.jpg





160114_1648~0001.jpg




160209_1711~0002.jpg



こんなに近くに来るのに、さわらせてくれない。



今年は絶対さわらせてもらうからね!!






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:





私の自宅の庭は地域猫の餌場になっています。



増やさないこと(一代で終わらせるための手術)を目的とした餌やり場であることを地域に伝えて、なるべく共存、なるべく迷惑にならないよう、可能な限りの配慮はしているつもりではありますが、至らないことも多々あるので、申し訳なくも思っています。


力不足の私ですが、幸いなことに、ご近所の理解と、協力が得られ、この活動をしている者としては、かなり恵まれていると感じています。


それから協力してくださる動物病院の先生や看護師さん方がいて。


奇跡のような幸運です。

だから頑張らなければいけません。

本当の意味で人として、愛ある共存と言える日はくるかもしれない。


いつも力をお貸しくださるみなさま、ありがとうございます。





そんなわけで、私は、沢山の子たちと日々関わって暮らしています。


さわれる子は、撫でたり、抱っこしたりしています。

ブラッシングを始めると、わらわら集まり、並ぶんですよ。

横入りは許されない。


猫パンチです。


かわいいったらありません。




だけど、折々、みんな遊びに出かけてて、一匹のにゃんだけがいて、1対1になることがあります。

そうするとね、照れるんですよ。アイツら。


えへへ、ゴロゴロ、って。


抱っこして
頭にキスして
背中いっぱいなでて
君だけが大好き!って。

その時だけは、その子だけを思いっきりベタベタにいじり倒してます。



今度、生まれ変わったら、君だけのおうちや君だけの家族が出来るといいね。


あったかいおこたつや、お布団で一緒に眠れたら、真夜中も、雪の日も怖くないのにね。




人に翻弄され、中には生きてく事さえ許されない猫もいます。


せめて、私は私と縁のあった目の前の子たちの事を、見守っていたいと思います。



コロコロ走ってたかこちゃんも、やっぱりまだみんなに混じって走ってるように感じます。



なるべく早く思いをふっきらないと、猫は生まれ変われないと聞いたことがある。



今度は君だけの家族のもとにいけるといいね。









いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。