そらねこカフェ・店主ゆぎえみ・そらねこ会ブログ

そらねこ会は、『今ある命を大切に、不幸な命は増やさない』をコンセプトに活動している猫ボランティアチームです。


日々の思いを書いてます。


テーマ:



撮り方が下手なので、ぱっと見は、カーネーションのように見えますが、この赤い花はけいとうです。



子供の頃、庭に一列になって咲いていました。


夏のすごく暑い日に、母が愛しそうに手入れをしていたのを覚えています。


涼しい座敷で横になればいいのに。


あんな花だかなんだかわからない奇妙な植物、綺麗とも思えない!



母は忙しく、その上あまり体が丈夫ではありませんでした。


それなのに、炎天下の中、この花のそばにしゃがんで何かしている姿に、訳のわからない苛立ちを感じました。


奇妙な花。


あんな花なんかほっといて休んでいて欲しかった。





あの頃、私の家では裏庭にニワトリを飼っていて、時々外に放していました。


私は、猫に捕られないようにいつも見張りをいいつけられていました。


夏草の陰からニワトリを監視します。


すっぽり隠れるくらい丈の長い草。


肌にさわって痒くなったし、草の根元には虫がいっぱいいて、運動靴を這い上がって来るのが気持ち悪かった。



青臭い香りとぬるい風。

母親の背中も見えました。


ニワトリは、器用に草を分けながら虫をつまんで近付いてきます。




緑色の草の茎。
その間に見え隠れするトサカ。





けいとうの花は、真っ赤に燃え盛るって意味もあるらしいのですが、日本では、鶏のトサカに似ているから、けいとう(鶏頭)というんですよね。


はっと気付いて調べたら、当たり前過ぎる常識でした。



知らなかった。



仕事帰りの花屋さんで見つけて、へんてこりんな感傷にとらわれて、思わず買ってしまったけいとうの花。




眺めていたら子供の頃の断片的な思い出と一緒に、今更ながらその意味に気付いた私です。



ずっと毛糸だと思っていました。

赤い毛糸みたいだから。



鶏頭(けいとう)だったんだ。







どうでもいいけど、やっぱり奇妙な花。



だけど、今の私はこの花があんまり嫌じゃない。


買っちゃうくらいだもの。

好きなのかもしれません。



もうじきやってくる本格的な夏。

実家の庭には、今年もこの花が並ぶのかな?



面白いものだと思いました。

違う人生を歩んでいても、私の感じる私の感情は、母の後を歩いているようです。










AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。