そらねこカフェ・店主ゆぎえみ・そらねこ会ブログ

そらねこ会は、『今ある命を大切に、不幸な命は増やさない』をコンセプトに活動している猫ボランティアチームです。


日々の思いを書いてます。


テーマ:





私たちが応援している児童養護施設は、林の中にあります。

親の養育放棄や、身体的、精神的虐待による保護児童がほとんどです。


施設を囲む木々は、まだまだ枯れ枝のように灰色です。

だけどほんの少しだけ赤みが出てきたようにみえて、触ってみました。

確かにしなりが出てきていた。


ポキンって折れたりしない「しなり」。

少しずつ水を蓄えているのがわかります。





昨日は児童養護施設の卒園式でした。



今年は18才になった3人の生徒と、それぞれの志から旅立つ、3人の職員、計6名を見送りました。



大好きだった職員が、事情で辞めてしまうことに対して、子供の動揺はかなり激しいもので、まるで、また親から引き離されるように、泣いていました。


見ていて辛くなるその光景でしたが、普通にある別れとは違い、特別な感じがしました。


衣食住を共にして、生活のお世話をしてもらって、「いってらっしゃい」って送り出されて、「おかえり」って迎えられて、やっぱりここが彼らにとっての家だとしたなら、担当してくれた職員が辞めるとか、卒園しなければならないことに、心が混乱するのも無理ないことだと思います。




卒園式が終わり、私が帰ろうとした時も、ひとりの子どもが、辞めていく職員にしがみついて泣いているのを見ました。

家庭とは違う。
やっぱり今日は区切りなんだ。

そう思うと、切なくてなりませんでした。





18才となり巣立つ子供を見ると、笑顔でみんなと話していましたがその心の奥底にあるものはわかりません。


親や家族という後ろ盾のない寂しさや心細さはどれくらいのものか。
想像を遥かに超えていることと思います。


だけど、本当にキツい状況ですが、子供たちには施設出身を言い訳にして欲しくないです。


そしてこれから新社会人を迎える大人たちにも、施設出身の子供だからという見方を捨てて欲しい。
私、個人の考えですがそう思います。


だけどね、少しだけ余分に暖かく見守って欲しいです。


本来ならいちいちうるさく親が世話をやくところが出来ていない。


いちいち親に聞いて、親が手を出すところを全部自分でやらなければいけない。

だから暖かく、少し余計に暖かく見守ってあげて欲しいんです。


施設出身の子に限らず、若いころ関わった大人によって、新社会人達は、右へも左へも大きく道を変えるように思えます。


私もそうでした。

他人の差し出してくれた手の大きさや、優しい気持ちの有り難さに、本当の意味で気付くのはずっとずっと後になってからだけど。


新社会人を迎える私たちは、優しくて強い、大人のプロでありたいです。



しなりのある子供。
しなりのある社会。

しなりのある大人。

少しくらいのことには折れないように、水を含みながら伸びていきたい。

私も。



外にに出たらもう暗くて、春とは思えないくらい寒かったです。


だけど、少しだけ埃っぽい春の匂いを確かに感じて、私は無駄に急いで学園をあとにしました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



頑固より偏屈で非柔軟な私。


誰より「しなり」を持たないといけないと思う私です。







「夕飯ご一緒に」って勧めてくださったのに、「次、予定がありますから」って急いで卒園式会場を後にしました。





泣きそうで、それどころか号泣しそうでいられなかったんです。


ずっと前、社会に旅立った日の自分を思いました。


沢山の大人に優しい手を借りましたが、意味も理解できず、不義理なまま来てしまったことがほとんどでした。


今度は私が返す番なんだなって思います。


子供たちが、道に迷った時、地図を見せてあげるくらいの大人でありたいです。


かなり方向音痴ですが。

高速道路の運転怖くて出来ませんが。


私は本当にそう思いました。







AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:


あったかくなってきました。

ぽかぽかぽかぽかです。



ぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽか。



今、喫茶とギャラリーを兼ねた、大好きなお店でランチ兼お茶休憩しています。


写真アップ!!!




良いことがあった時や困った時はひとりでここに来ます。


ゆっくりお茶をいただきながら、今後の対策を練ります


私、絶対頑張るんだからwって。



古い古い民家の取材の仕事がいただけて、これから打ち合わせです。


その古民家には、いつから住み着いているのか、もうすぐ猫神になりそうな齢25とも言えそうなにゃんこもいるそうです。

楽しみ~








私は書くということが大好きです。


少しだけですが、そんな仕事もさせていただけるようになったことをとっても嬉しく思っています。



人をみて、風景をみて、季節を感じて、

落ちてきた思いを感じたままに表現できたらいいなって思っています。


私、全力でがんばるんだから!!

(ほぼ、自分に言いきかせてます)




来週はまた寒の戻りがあるそうですが、風邪ひかないようにしてくださいねドキドキ







AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:



春一番が吹きました。



おっせーよ!と言いたい。

でも、待ってたよ。


今度こそ、本当に暖かくなるかな。。♪





大雪が降ったり、厳しい冬でしたが、ようやく緩んできたように思います。


気分も体も楽になってきたのですが、ひとつ心配なのは発情期のことです。


パートナー探しに、そこかしこからやって来る♂ニャンの声で、夜中に何度も目を覚まします。


ああ、また春が来たな~とは思うものの、


猫嫌いな方もいるだろうし、外飼いに反対の方もいるわけですから、そんな悠長なことばかりも言っていられません。



♂にゃんらは、一人前に目をギラギラさせちゃって、それでもお腹が空くのか、こっそり餌場にやってくる様子はかわいいです。


丸いたまたまをぷるんぷるんさせながら、あっちこちにピューピューとーマーキングして、ガツガツ食べてるこの様子が自然の姿なのかもしれません。


でもね、


人との共存と歩み寄りを考えたら、手術は最低限のマナーだと思っています。


私たちは、いつもいつも思います。


猫の安全な不妊と去勢の手術をすことは正しく、それは絶対に譲れないことだと。



猫たちの幸せと命を守るためにも、絶対に譲れないことなんです。





飼い主がいるのか。

ご飯だけもらってるのか。


野良猫なのか。



猫の飼い主ラインは曖昧な場合が多いです。



ある日、誰のところにも、いろんなきっかけで、猫はふらりとやってきます。



だから、関わった猫たちは、きっと意味のある縁だと思うんです。



もしもそんな縁に巡りあったなら、


そんな縁があなたにあった時は、一歩踏み出して、手術を考えていただけたらと願っています。


なかなか大変なことだと思います。

懐いて、抱っこしてキャリーに入れて運べれば一番いいのですが、そうじゃないことが多いです。


ごはんをあげたいけど、手術となると捕まらない。

そんな場合も多いかと思います。


今は捕獲器を保健所で貸してくれますから相談してみてください。



信頼できる獣医さんを見付けることも大切です。
相談にのってくださるはずです。



必ず元の場所に戻してあげることを前提に頑張れば、きっと上手くいく日が来ると信じています。


にゃんたちもわかってくれると思っています。





私もどんなにやっても、捕獲する時は眠れないくらいドキドキします。


一瞬の迷いやタイミングで失敗してしまうこともあります。
だけど焦らないで時間をかけて手術をして、そしてご飯をあげれば、トラブルは最小限に抑えられると思っています。



捕獲する時は、『必ず元の場所へ戻すから、大丈夫だから』って、何度も何度も心の中で伝えています。


『すっごい良い先生がね、麻酔の間にそのケンカの怪我も治してくれるからね』って。


『必ず安全な手術をして、すぐに返してあげるから』って。


そう誓って捕獲、搬送、リリースをします。



それは今まで関わってきた猫たちとの約束で、これからも絶対守っていこうと思っています。






私たちそらねこ会の仲間には動物のお医者さんがいます。




アジトを使い易く改造してくれるプロの職人さんもいます。



経理に長けてる人も。




地理能力が高くて、里親の決まった子をどんな遠くても、お宅確認を兼ねて迷わすお届けしてくれる仲間も。




日々積み重なる持ち出しのお金を少しでも減らすべく、行政にかけあってくれる仲間も。




だから、年間千匹近い猫たちに関わりながらも、なんとかやってこれているんだと思っています。






みんなそれぞれの違った仕事を持っていますが得意分野を生かすべく、それぞれの出来ることをやっています。


同じ目的のだめに、同じ方向を向いて同じ目線で頑張っています。



同じ時代を同じ目線で生きていれば、必ず出会えるって、仲間のドクターに言われました。



里親さん、沢山の協力者の皆様、これからもまだまだ出会える。


心強いです。



自分以外の命を思うこと。


人以外の命を思う仲間。


私たちも頑張って自分を成長させて、あなたの目線に届くように、出会える日を待っています。




追記.....




にゃんたちへ



にゃんたちが起こすトラブルを最小限に抑えられる.....

そんな偉そうなこと言ってごめんね。



沢山の安らぎと、勇気と優しさと、寂しさと


いっぱいくれてありがとうね。



いつか必ずくるサヨナラの日には、ありがとうって言わせてね。








そらねこ会



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:





私が毎日通る道に、おばあさんが、三毛猫とふたりで暮らしていました。


おばあさんは多分90歳近いのですが、身の回りのことはだいたいご自分で出来ていて、あとはヘルパーさんがフォローされていました。



市内バスに乗ってお買い物にも行くし、神社のお祭は歩いて行くくらい元気でした。



『みけ、ばあちゃん夕方帰ってくるからな!みけも夕方帰って来るだよ』


そんな言葉を聞いたこともありました。


三毛猫は、たいがい、家と地続きのおばあさんの畑で遊んでいたり、庭の低い木に登ったりと、あまり遠くへ行く様子はありませんでした。


この猫は、数年前に亡くなったおじいさんが拾ってきたそうだから、そろそろ10歳を超える年齢かと思います。




小柄なおばあさんと、どことなく似てて、痩せてはいないけど、小さく、フカフカしてました。


一度だけ、道に出て来たので撫でたことがあります。


大人しく撫でさせてくれたので、ちょこっと持ち上げて、道の端っこに移動させました。

『道路は出てきちゃだめ!畑までだよ』

和猫なのですが、わずかに毛が長いので、尚のこと柔らかい子でした。


すこ~んって持ち上がっちゃったくらい、想像してたよりずっとずっと軽くて驚いたことを覚えています。





一人暮らしのお年寄りと猫。

ものすごく自然でとても良くある風景です。


子供よりゆっくりとした動作に猫は安心するようですし、お年寄りは、比較的家にいる時間が長い場合が多い気がする。


猫にはそれも嬉しいはずです。


ゆっくりとした時間の流れ。



おじいさんの忘れ形見を愛おしみながら、四季を重ねてきたのだと思います。


ねんきのはいった縁側でごろごろしている三毛を見たこともあった。


軒下でおばあさんの帰りを待ってる三毛を見たこともあった。


『み、け、や!』


ちっこいカートを押しながらおばあさんが帰って来ると、走って側に行くわけでもなく、植木にスリスリして、全身で喜んでた。





だけどね、この頃、検査入院やら、なんやらで、おばあさんが家を空けることが多くなってきたのを知りました。



おばあさんが家を空ける時は、三毛はお外に出されっぱなしになります。


犬小屋の中に箱を置いて、餌もいっぱい置いて、おばあさんは後ろ髪を引かれる思いで出かけて行くようでした。

近所の方も時々餌を置いてはくれていますが、この年代の方は、犬猫の世話をご近所様には頼み辛いという傾向にあるように思います。

野菜を差し上げたり戴いたり、決してご近所付き合いが無いわけではないのですが。


少しだけわかる気もします。



三毛はとても心細かったと思いますがそれはおばあさんも同じだったと思います。



今年に入ってからは長期入院が余儀なくされて、先日の大雪で退院がまた延びました。


私は気になって何度も様子を見にいきました。

三毛はおばあさんの縁側に向かって、小さな声で鳴いていました。

平たい石に、カリカリを載せて置いたのですが、三毛は食べようとしません。

体を何度もなでてあげたら縁の下に入ってしまいました。















あの大雪がやっと溶けて畑の土も顔を見せるようになりました。


おばあさんは2ヶ月ぶりに退院してきて真っ先に三毛を呼んだそうです。


『三毛や、ばあちゃん帰ってきたよ!』



だけど三毛の姿はありません。



私は、おばあさんが帰ってくる、2日前までは三毛の姿を見ました。


確かに見ました。


弱ってる様子もなくて、三毛はおばあさんちの木戸にあるポストの下で鳴いていました。



おばあさんが帰ってきて今日で10日が経ちましたが三毛の姿はありません。


さっき、おばあさんちの前を通ったら、やっぱりおばあさんは呼んでいました。

退院したおばあさんは以前より足腰が弱ってるのが良くわかり、縁側のガラス戸にやっと捕まって中腰で呼んでいました。


『三毛や、ばあちゃん帰って来たよ!』って。



次に入院したら、もう戻れないかもしれないそうです。




『み、け、や!ばあちゃん帰ってきたよ』



もしもこれが三毛の寿命であったのなら仕方のないことだと思います。


必ずいつかはさよならする日が来るのだから。



だけどだけどだけど、もう一回だけ、おばあさんに会わせてあげたかった。


三毛もずっと待っていたんだもの。



声が出なくなるまで縁側に向かって呼んでいたんだもの。


こんなことは沢山あるんだと思う。


仕方のないことだと思う。



だけど、もう一回だけ、おばあさんに合わせてあげたかったです。










いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。