そらねこカフェ・店主ゆぎえみ・そらねこ会ブログ

そらねこ会は、『今ある命を大切に、不幸な命は増やさない』をコンセプトに活動している猫ボランティアチームです。


日々の思いを書いてます。


テーマ:
そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-グラフィック1026001.jpg

そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-グラフィック1026.jpg





不妊化手術の徹底を呼びかけるようになってきたのは最近の話で、捕まえる術も、運ぶ手段もなく、どうしていいのかわからないまま増えてしまう。。。。そんな現場は沢山あります。


近隣の方が保健所に通報し、保健所からの情報で現場に向かうことも度々あります。

行政からの一般的な指導では、すべて家の中で飼育するようにと、無茶な流れが多い。


のらで育った沢山の猫たちを、家の中だけで育てること程、大変なことはないのですが、苦情がある以上、行政が悪いのではなく、行政がこのように指導することは、仕方のないことなのかもしれません。

それができないなら、少し処分して数を減らしましょう。
多すぎる。
そう言われる場合もあるようです。

今までご飯をやって、名前をつけて呼んでいたものに、処分されてることを承知で捕まえ、保健所に入れるのは、人の心を思うとなかなか出来るものじゃないと思います。

悩み苦しむだろうな。


私なら、絶望的に切ない。



あの時、なぜあの子に餌をあげてしまったんだろう。

ガリガリだったし、かわいそうでつい・・・・・。


そう振り返る方が殆どです。

ガリガリでかわいそうと思うことは人間の心情です。

大切な気持ちだと思います。


その時点で不妊化手術をしてしまえば問題ないのですが。。。




捕まらなかった。

運ぶ術がない。

手術代が高い。


のらなのに、かわいそうという気持ちをもった家だけが、なぜ何万も出さなきゃならないのだろう?
のらだから
うちの子じゃないから



みなさん、そう悩むのだと思います。

だけど、どうかお願いします。

厳しいご時世ですが、どうかどうかどうか、ほんの少し踏み出して、手を貸して欲しいです。




私の書くものはいつもしつこく堂々巡りになってきてしまいますが。


私たちは、苦しいです。


命と向き合うって本当に苦しいです。




癒やされるべき動物たちが、負の悲しいスパイラルと化していきます。



だからだから、私たちは不妊化手術を勧めます。


後あとのトラブル、幸せ、共存、それを思えば、不妊化手術は正しい選択で、それ以外の方法はないとさえ思っています。

早い段階でちょっと踏み込むことで本当に変わってきますから。



ひとりでも多くの方に踏み出して欲しいのです。




そして、もうひとつお願いしたいのは、不妊化手術をしようと努力し、手術を終えた猫が生きていくことさえ拒まないで欲しい。


庭を歩いた。

うんちをした。

いろんなこともあるかもしれませんが、共存の一部として収めてもらえることはできないのでしょうか。



知らないだけで、人は知らないうちに、他人に迷惑をかけて生きているのだと思います。


音、匂い、生活のサイクル、人と人はすべて同じで、同じ感覚であるわけがない。



粗を探し、文句を見付けるなんて簡単なことです。



歩みよりたいし、支えあいたい。


出きるだけの努力の末のことは大目にみていただけないだろうか。



そうでなければ、必ず一番弱いものの命を絶つしか方法は残りません。


『お互い様』


人は良く口にするけど、とても難しい意味合いを持つ言葉だと思います。











さくらはそんな多頭集団の中にいた子猫でした。

さくらの集団に餌をあげてくださってる方は、何とか増えることを食い止めようと必死でした。

しかし増えていくばかり。


20匹手術してつかまり切れなかった子がまた産んで。


そしていつしか30匹くらいの親子たちの集団となってしまいましたが、比較的大人しい集団の猫たちでした。


それ程ごはんがいきわたらないようで、みんな痩せていました。
先天的なものか、風邪をこじらせたか、白い膜が片目に掛かった子が多く、暑い時も寒い日も、寄り添うように、与えられた軒下にうずくまって生きていました。

ここの子たちは、目つきがすごく特徴的でした。

悲しいのか、諦めてるのか、怒ってるのか、何とも言えない目つき。

それ以外は大人しい集団なのに、だけどなかなか捕まえることは困難でした。


譲渡も難しいと判断しました。


捕らえては手術して戻し、生まれた子が手術適齢になったらまた捕らえ。




産まれて増えて不妊化手術して、2年近くをかけて、やっと全手術が追いつきました。



風邪をこじらせたり、怪我をしても病院に連れていくこともできず、ボロボロになって亡くなる子もいました。



だけど不妊化手術、そこまでの手出しが限界でした。


地域猫としてその代で終わる、比較的短い生涯を閉じる子が多いです。


さくらも当然戻すつもりでした。



里親さんを見つけるなんて考えもしなかった。


手術が終わったら仲間のとこで、地域猫として暮らす。


それが当然だと思っていました。



さくらは最期の方で捕まった子。

暴れもせず、檻の中でじっと私の目を見ていたのが印象的な子でした。



だけどだからといって普通に譲渡できるとはまったく思わなかった。


必死に人に慣らせる大変さを思うなら、帰る場所のあるさくらは、元の集団に戻すべきだし、しつこいようですが、もらってもらえるなんて思いもしませんでした。



人を怖がる痩せた集団。

30匹もの集団の中の一匹のさくら。




それなのに手術が終わって帰る道すがら、さくらが鳴いたのです。

小さくて細い声で。


野良猫は人に対して鳴きません。



さくらは明らかに私を呼んで鳴きました。



私は何かあったのかと、車を止めて、後ろに乗せてるさくらを確認しました。


何であんなことをしたのか、縁とは不思議と云わざるを得ません。


どうしても返すのが切なくなって、友人に電話しました。


『みけ猫欲しいって言ってたよね? 凶暴なみけがいるけど....』





http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=naganonokakashi



ハンドルネーム
長野の案山子さん



Yahoo!ブログです。

長野の案山子のブログ

でも飛べます。





猫を通して知り合った、今となってはかけがえのない友人です。



アジトの修理や改装を、そのずば抜けた想像力と器用さでこなしてくれています。


ナイスガイ!

独身!








なぜ、さくらを戻さなかったのか。

本当はもう、気持ちがいっぱいいっぱいだったんだと思います。



できることなら戻したくないもの。


そこにいる集団などと一塊で呼ばないで、『さくら』って、呼んであげたい。


関わったあの子も、あの時の子も、どの子も。。




そんな気持ちがピークに達していた時、さくらにも、私の気持ちにも、手を差し伸べてくれた友人、案山子さんに感謝しています。


さくらだって頑張った。


案山子さんとの縁を手繰り寄せて、案山子さんちのさくらになるべく、さくらが小さな体に力を込めて、大きな魔法を使ったんだと思う。


そうとしか思えないような不思議な流れでした。



きっと私たちに何かを伝えたかったんだと思ってる。


何を伝えにきてくれたんだろう。








さくらは今、体調を崩して一進一退のようです。



そんな中でも『案山子さんちのさくら』になれたこと、ものすごく幸せで、ハッピーな猫人生を毎日すごしているってことは確信しています。








あたしそらねこ、今、案山子さんちのさくら。



さくらも最高にハッピーキャットです。















。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。







この文章を書いて数日、さくらは静かに旅立ったそうです。


とても穏やかに旅立ったそうです。


ありがとう、さくら。


またね。




案山子さん、ありがとね。





どうか、元気を出してくださいね。




猫の幸せは生きた時間の長さではないと思っています。


さくらは幸せでしたよ。

それは間違いないです。



もっと一緒にいたかったって


そう言ってくれたのがうれしかった。






AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

友人(九州)が子猫を保護したとのことで、その子に思いを馳せていたら、1日と置かず私も子猫を保護してしまいました。


彼とは、遠く離れていても、見えない赤い糸で繋がっているんだわ。とか思いたいところですが、偶然とか運命とか、そんなものでは全くなく、それだけ、そんな状況下に置かれる小さな命が沢山あるということだと思います。




九州は遠いけど、そちらの子猫は今、どんな具合でしょうか?


こちらはかなり目が重傷です。







猫は弱るとすぐに目や鼻にきて、ぐちゃぐちゃになります。



風邪の菌が網膜まで達すると簡単に失明してしまいます。



目が見えなくなると、道路で車に潰されてしまうことが非常に多い。


ぺしゃんこになったその体はあまりに小さく、すぐにカラカラになって、まるでゴミのように姿を消していきます。




交通事故に遭わないまでも、病気の進行から命を落とすことも多いです。


子猫は特に、不安と親猫への恋しさから泣き続けますから、体力の消耗も早い。

脱水して張りの無い薄い皮と骨だけで死んでいきます。


今私は、私の保護した子に、かなり頻繁に抗生剤の入った目薬をさし、抗生剤を朝晩飲ませていますが、この子の目には限界がありそうです。


ほんのわずかでも見えるようになってくれたら、この子の不安も全然ちがうのに。


3日がたち、抱っこしてくすぐると、ふざけるようになってきました。


明らかに、人によって家の中で飼われてた子だということも、いろんなしぐさでわかります。



2ヶ月弱の子猫。


ドライフードも自力で食べられるようになった年頃の、一番遊びたくて、元気なかわいい時期の子を、どんな理由で捨てるのでしょうか。



本当は捨てたくはなかったと信じたい、事情があるのだろうと思いたいです。


泣く泣くどこか遠くに置いて、鳴き声に耳を塞ぎ、走り去る背中が想像できます。



だれかに拾われることを祈って。








拾われるなんてまずない。

それは覚えておいて欲しい。


祈りなんてまず通じない。


祈りは、プラスに向けて行動した人間に対してだけ叶うものだと思っている。



いろんな事情が人にはあるんだと思います。

どうにもならないこと。


だからきっと仕方ない場合もある。


でもね、捨てられた子猫の行く末がどうであるのか、どれだけの時間、飼い主を呼び、声を出すことさえできなくなるまでの長い時間、どれほど苦しみ、時間をかけて死んでいくのか、それが捨てる人間の想像を、遥かに超えていることだけは、知っていて欲しいです。











夕べ、これを書いてアップしようとしたら、会長みどりんがうちに来ました。


大型スーパーに寄ったら、ゴミ箱の横に置いてあったとのことでしたが、くりくりした目の、こちらは捨てられたばかりで外傷のない2匹の子猫でした。

かわいいみけと、真っ白の子。


何故、手術をしないのか。



手術をするのは可哀想だと言う人がいます。




可哀想だと思うなら、新しい命は惨い死に方をしても可哀想ではないのか。


面倒なだけじゃないか。

お金がかかるからなんじゃないか。



その辺りは水掛け論になりますが、犬猫の(安全な)不妊化手術は絶対必要です。




もしも一度だけうっかりと産ませてしまったのなら、その子猫の行く末の幸せと責任をとるのは義務です。



川に流せば良い。
山に捨てれば良い。

そんな時代は終わりました。




沢山の事情があると思います。


いろんな考えがあると思います。




力も何もない私ですが、私が生まれてきて、誰にも負けないで言える経験と信念があるとしたら、それは、『不妊化手術をすることは正しい』『犬や猫と幸せに共存するために、不妊化手術はするべきだ』という事です。










AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-130921_0056~01.jpg

そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-13767148078940001.jpg

そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-131001_2119~01.jpg







白猫のマナもクロ猫のジーナもそれぞれの地域の猫として別々の場所で成長しました。




そして今はこんなに仲良し。



竹内さんちの猫、マナとジーナとして、幸せに暮らしています。









そらねこ会は『不幸な命を増やさない、今ある命は大切にする』このことを基本理念としています。


ですから、基本的には地域猫として不妊手術をして、もと居た場所に帰しています。



天命を全うするまで、願わくば飢えることも、寒さに震えることもなく、幸せであって欲しいと、


手術が終わったら、できる限りご近所の理解を仰ぎ、餌を与えてくださっていた方には、引き続きお願いして、その現場を終わりにし、離れます。


しかし、中にはその場所で生き続けることを許されない猫たちもいます。


手術をしても、もう増えたりしないと、何とか歩み寄りを求めても、どうしても許されない子たち。





そんな時は本当に切なく途方に暮れてしまいます。


野良としてその地域に根付いて成長した子を移動させたり、家の中だけに閉じ込めて生活させることはかなり難しい。

無理やり決行した結果、悲しい結末を迎える可能性はとても高いと思います。




そんな事情の中、ご協力いただいた竹内さん。



本当にありがとうございました。



時間をかけ、焦らす、たっぷりの愛情のもとに、マナとジーナの信頼を得てくださった竹内さん。


のびのびと幸せそうな写真を拝見して、嬉しくてなりません。


心から安心しました。


本当にありがとうございました。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこでずっと暮らしてきたのに、生きることも許されない子たちは沢山います。


人間の様々な事情。

理由。


言い訳。



本心は、ただの身勝手じゃないかと言いたいです。


人間のする悪さに比べたら、動物たちのすることなんかたかが知れてるじゃないかと。


しかしそれを争点にできる程、私には力もないし時間もない。


ただ、今できることを懸命にするしかないのだと思っています。





AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-130927_1800~0002.jpg



このボブ(♂.去勢済み.推定5~6歳)という猫と、里親さんのお話は、書きたくて書きたくて仕方なかったのですが、ちょっとした事情があり、書かずにいました。

だけどやっぱり書きたい。。。

書きたい。。。


書いてしまおう。。。









これは、私の大好きな河合さんという里親さんと、ボブという猫(推定5~6歳)のお話です。





まずはじめに、河合さんには謝らなくていけません。


ボブは子猫じゃないんです。

でも、河合さんがなぜか手放しで『良く太ったボブ。かわいい子猫!』って喜んで、ボブをもらってくださったものですから、言いそびれたと言うか、言えずに今日になってしまいました。


ボブはどうみても5~6歳の雄猫(子猫じゃない)



保健所の檻の中で里親さんも付かず、ちんやりとふて寝していたボブ。


まだ、そらねこ会がアジトを持つ前のことで、会長みどりんの家にとりあえず引き取られたボブ。





河合さんは、お茶目でダンディーなおっちゃんで、書道塾の先生もされています。






お若いころからの夢だったとのことで、ご自身だけの隠れ家をご自宅の庭の隅に造られて、書斎にされています。



廃材を集めたり、丸太を買ってきたりして、なんと隠れ家はお友達と一緒の手作りです。


プロ顔負けの建物。それはそれは素敵なんですよ。


太くて立派な丸太の梁。


囲炉裏もあって、壁一面にはジャズのCD。



岩盤浴にも使う、ほら、石が熱くなってその熱でほんわか部屋を温める仕組みの・・・・そんなのももあって。




隠れ家とか言ってるけど庭にあるんだから全然隠れ家じゃないけど、河合さんとお友達の大切な場所。




そこにボブを迎えてくださいました。


ボブは外に出さないようにだけ気をつけながら、自由にさせてもらい暮らしていました。


梁に登ったり、ジャズを聞きながら寝転ぶ河合さんの傍らで囲炉裏の灰に落ちてみたり。


『この猫はウンチをしない。。』

と、不思議がる河合さんでしたが、季節柄、火の入っていない囲炉裏は、豪華なトイレになっていました。


(ごめんなさい)



いろんな失敗もすべて受け入れてくださる河合さん。


だけどボブは決して抱っこはさせません。




保健所に入れられた傷が残ってるのか、プライドなのかはわかりませんが、時々連絡を入れると、『側には居るけど、撫でさせない』とのことでした。



『なんかすみません』


そう言う私に河合さんが仰ってくださった言葉が印象的でした。


『ボブは、無味乾燥していたこの部屋を、やわらかく暖かくしてくれてるからいいの』

ありがたいことでした。



河合さんの奥様が体調を崩されて入院していた時でしたので、尚のことそう思ってくださったのかもしれません。




しばらくして、河合さんから連絡がありました。



ボブが外に出ることを覚えてしまったとのことで、とても心配されての電話でした。


でも、河合さんが飲み屋さんに行く時、一緒にふらりと出かけては、河合さんが戻る頃には、ちゃんとボブも戻っているんだそうです。


『まあ、俺だって一杯引っ掛けに行くんだから、ボブに行くなとは言えないよな。だけどボブはまだ未成年なのにな。。』


河合さん、ボブは多分おじさんです。
マタタビが丘あたりにフラフラ引っ掛けに出かけてるんだと思います。



ちょっと心が痛みましたが、子猫じゃないと言うきっかけをまた失ったまま、何日か経ち、河合さんから連絡が入りました。


『ボブにお友達ができた』



なんでも、何年も前から河合さんの庭にご飯だけ食べに来る♂猫とボブが仲良くしているそうです。

『あの雄猫はおじさん猫だから、知恵もあって、道を渡る時、ちゃんと車に気を付けて渡るけど、うちのボブは子供だから心配だ、ちゃんと確認して渡れるだろうか?』



多分、お友達になってくれた♂猫より、ボブの方が年上だと思います。


ごめんなさい。
河合さん。


そう、心の中で呟きながら、この愛すべき河合さんからの報告を、私は楽しみに待つようになっていました。




しかし、暑かった夏が終わり、ボブと河合さんの隠れ家の周りも秋色になり始めた先日、河合さんから入った連絡は、今までとは違い、とても心配なものでした。



ボブが朝出かけたまま戻らない。

もう、一週間になると。


びっくりしたことがあって、どこかに隠れている場合もあるから、沢山呼んであげて欲しいとお願いしました。



ボブ、どうしたんだろ?



私も、会長みどりんも、心配で仕方なかったのですがどうすることもできなくて、ただただ河合さんの連絡を待つしかありませんでした。



猫の神様お願いします。


どうかボブを河合さんのところに、元気に戻してあげてください。









ボブはおじさん猫です。

白黒のはちわれ

抱っこはさせませんが、キャリーには入ります。


誰か人に飼われていたのは確かだと思いますが、どんな経緯で保健所に入れられたのかはわかりません。



ひょうきんなボブ。

おじさんボブ。

河合さんちの大事なボブ。







昨日、河合さんからメールが来ました。

いつも電話なのにメールは珍しいです。

電話だと泣いちゃうからだろうか。

初めてのメールでした。






『本日早朝、ボブが帰ってまいりました。お騒がせしました。目やにが出てるので病院に行きます。そこでお尋ねしたいのですが、一回目のワクチンは終わっていますか?調べたところによると、子猫は2回ワクチンを打った方が良いとのこと。ボブは子猫なので、今年だけは2回ワクチンを打とうと思います。これから健康診断を兼ねて獣医さんとこにいきます。メールで結構でありますから、ワクチン接種の有無をお知らせください。
ボブが帰還いたしまして、こんなに心穏やかになれるとは。幸せなことです。また、私の隠れ家にもお越しください。ボブとふたり、お待ちしております。




河合 』






・・・・・・良かった。


どこの獣医さんに行くのだろ?
できればそらねこ会と仲良しのT先生んとこか、Y先生んとこならいいな。

言い訳できるし・・・・・






河合さん、河合さんのお友達の皆様、アドバイスくださってるひだまりママさん、ボブ、本当にありがとうございました。



ボブこれからもよろしくね。


楽しいお便りを待っています。










いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
そらねこカフェ・店主ゆぎえみのブログ-IMG_0859 (3).jpgIMG_0859 (3).jpg





第3回譲渡会は、秋の晴天にもめぐまれて、無事に終わりました。



200名近くものご来場者をお迎えでき、見て、聞いて、考えていただく時間を共有できたこと、沢山の命が、優しい里親さんによって救われたこと、本当にかけがえのない一日でした。



足を運んでくださった皆様、お手伝いに駆けつけてくださった皆様、運営スタッフの皆様、本当に本当にお疲れ様でした。





そらねこ会はこれから、彼らの体調をみながら、里親さんのおうちへ猫たちをお届けします。


「どうかよろしくお願いします」って、もう一度里親さんにお願いしながらお届けするのですが、みなさん、文字通り首を長くして待っててくださいます。





処分ギリギリだったこの小さな命たちが、両手を広げて迎えられる命に変わるのです。


人の優しさや絆に心から感謝します。





そらねこ会では、お渡しした後、里親さんとの相性のフォロー、確実な不妊手術へのフォローと忙しくなります。




春に里子に行った子たちも、そろそろ競って手術時期です。


大忙しになりそうです。


ご協力いただいている、獣医師の先生方にも、また大変なご無理を申し上げることになりますが、どうか、よろしくお願いいたします。








しつこいようですが、

先生、どうかよろしくお願いします。



ね�







沢山の救われた命、沢山の優しさにすっごく嬉しくて、秋の空に向かって飛び跳ねたい気分です。




いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。