ココロをみつめて

~ココロをみつめて~
ご覧いただきありがとうございます(^^)
普段無意識のうちにおろそかになっている『自分』を大切にする気持ち・・。そこにスポットライトをあてて書いていきます。


テーマ:

鴨川から帰ってきました~
今回もボランティアスタッフとしての参加でしたが、
前回に引き続き、書ききれないくらい
沢山の学びがありました。

本当に、毎回同じ場所で
同じシナリオで進行しているはずなのに、
どうしてここまで、まるで違うのもに感じるのか。

だけれど、最終的に気付かされることは
結局いつも「同じこと」だったりする。

そしてそれが毎回どんな「形」で
目の前にあらわれるのかが
とても楽しみでもある。

人を成長させるのはやはり「人」なんだ。

私が今回多くの素敵な人たちと関わらせていただき、
学ばせてもらったものを一つだけ
シェアさせてもらえるとしたならば、

それは「基準」だ。

一人一人の「基準」が周りの人たちを巻き込み、
相乗効果で周りにいる人たちの
「基準」もどんどん上がっていく。

自分の「基準」は自分では気がつかないことが
多いのかもしれない。

だけれど、周りに基準高く生きている人がいると、
その基準に影響され、共鳴し、互いに上がっていく。

そんな光景を今回は特に多く目にしたように感じた。

『 自分は今、どんな「基準」で生きているのか 』


とても「基準」というものを考えさせられる時間でした。


私はこの頃よく思うのですが、
人間の人生はそう、長いものではないのかもしれない。

だから、

人は、一生涯のうち、そんなに多くのことを成し遂げることは
出来ないものなのかもしれない。

だけれど、その短い時間。

生涯をかけてたった一つだけ、出来ることがあるとしたならば、
それはなんだろうか。

そもそも、
多くのことを成し遂げる必要はきっとないんだ。

「パッヘルベルのカノン」

この曲はヨハン・パッヘルベルが生涯に書いた
唯一のカノン。

この一曲、この数分間は、パッヘルベルが亡くなって
300年以上たつ今でもなお、多くの人に
感動とインスピレーションを与え続けている。


『 自分は今、どんな「基準」で生きているのか 』


『 生涯をかけてたった一つだけ、出来ることが
 あるとしたならば、それはなにであるべきなのだろうか』

今回も沢山の出会いがありました。
出会ってくれたみなさん、本当にありがとうございます。

そらんより愛を込めて☆



にほんブログ村

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。