テーマ:

今年発表されたばかりの△TRIGONOMETRYというバーチャルユニット。

その世界観を解き明かす鍵となる小説が連載中です。
△TRIGONOMETORICS (トリゴノメトリクス)とはなんなのか?

鍵となるエピソード:0を抜粋致します。
続きは△TRIGONOMETRY公式サイトでご覧いただけます!

△TRIGONOMETRY公式サイト




-31年前-


「無形、聴こえるか?」
『あぁ、もうすぐだ。覚悟はいいな?』
「いつかまた次の扉が開くまで…」


"トレードだ…"



私は無形十司(むけい・とうじ)。

この瞬間を次元の彼方の私と共に待っていた。


生命科学者である私は、

この世界の或る法則についての論文、

新種のプライマリーの存在を発表した。

しかし誰もにその存在を否定された挙句、

私は科学者の博士号を剥奪された。


しかし、今想えば良かった事とだと私は思う。

何故ならこのプライマリーの研究が進めば進む程、

トリガーは神の領域に足を踏み入れ

この世界を破滅へ導く結果になったであろう。


我々が生きる、この"創られた空間"を維持するためには、

マゼンタとシアン、この2つのプライマリーが必要不可欠である。

しかし、トリゴノメトリクスは何度もフォーマットされ、

そしてリペアを繰り返してきた。

天変地異を起こす神、

"パーソナルトリガー"と呼ばれる者の正体こそが

イエローのプライマリーであった。


この3つのプライマリーが重なった瞬間、

世界は黒い闇に包まれ、ゲート・ペリフェレイアは開かれる。


その鍵と出逢ったのは、丁度×(クロス)狩りという

出生不明トリガーへの大量虐殺が問題視されていた頃だ。


当時私はその最前線、ダウンクロスのレフト大陸上の

とある国家の研究機関に属していた。


×章(クロスシンボル)のトリガーたちが

≠(ノット)という大罪を犯した者たちへの支援を行なったとして、

その≠共々収容所へ連行されていく×の者たちを目の中りにした。


毎日私は自宅から"地獄絵図"の様な街中を掻い潜っては、

喧騒から少し離れた小高い丘にある研究所へ通う日々であった。



母国の三音ではお祭り騒ぎの真っ只中である12月。


白雪が散り積もった路上に生々しい朱色の熱で、

哀しい程鮮やかに染まり、そして溶けていく光景が

今も尚、私の瞳に焼き付いている。





==続きは公式ホームページNOVELよりご覧下さい。

△TRIGONOMETRY公式サイト
AD
いいね!(52)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。