のんびりパリ暮らし 

フランスでの暮らし、本来の自分に立ち帰り自然の摂理の中で暮らすヒントを綴っています。


テーマ:
が~ん!!!ちょっぴりショック!!!

昨日、午後から近くのドクターの所に、certificat médical aéronautique(航空医療証明書)を、うちの子が必要になったので、取に行きました。


ちょっとお話をして、心電図を取って、視力検査をして、ほぼ診断が終わりに近づいた頃、色盲の検査をしていたら・・・・・ありゃりゃ~ありゃりゃ~・・・・

なんてこと!!!うちの子、色弱でした。

この検査はもしかすると生まれて初めてかもしれません。えぇぇぇぇ~~~・・・・。


本人もショックだったようで・・・・・・。


ドクターからは、今の段階では、証明書の発行が出来ないので、本部の方に確認の電話をしてから、対応します、ということで、80ユーロの検査費用を払ってドクターの元を去りました。


帰りの道中、うちの子は、かなりショックだったらしく、肩の力が完全に抜けてます。


何で???なんで????って。


昼間の飛行は問題ないけれど、夜間フライトは出来ない、とのこと。


完全に夢をくじかれてしまった!!!


ただ、非常に軽い色弱とのことですので・・・・。


夕方に、先ほどのドクターからお電話がかかって来て、軍事病院で検査を受けて欲しい、とのことでした。この病院は、以前私達が住んでいたすぐ側。
あの、アラファト議長が殺された病院です。フランス一の医療機器を備えた病院。中に入ると非常に物々しい感じの場所で、刑務所か何か???って思う程。出来たら行きたくない場所なんだけれどな~。ふぅ~、ため息。



私の家系の方で色弱、色盲の人はいないので、もしかすると、パパの方???と疑ったのですが・・・・。パパの方は結構問題が色々あるから・・・・。



昨日は、ロンドンからちぇりーさんが泊まりに来ていました。

彼女はロンドンでIHキネシオロジーをされている、プロのセラピスト。
彼女が、IHで見て見ようか、って言ってくれて、うちの子にセッションを施してくれました。


こんな感じでセッションしてます。




筋反射を取りながら、いろいろ質問して行き、身体から潜在意識にアプローチするのです。


そして、明らかになったうちの子の色弱の原因は・・・・なんとなんと、受胎して2週目から、始まっていました・・・・。そして、その原因の元となる出来事が起きたのは、15,16週目ごろの事・・・。


ガ~~~ン!!!!そうだったんだ!!!ごめんよ~。そうだったんだ~~。


ウェ~~~ン、と泣きだしたくなるような・・・・出来事・・・・・。うちの子も必死で頑張っていたんだ・・・・。


通常、妊娠6か月頃で魂が降りてくると言われていますが、人さまざまだと思いますが、うちの子は、妊娠と同時に魂も降りて来ました。そして、体内記憶、生前の記憶がしっかりハッキリある子でした。いろいろ話してくれましたし~。自分で自分の名前も名乗って来た子だし・・・・。


と、また書きます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

カメリアさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「子供の事」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。