1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年04月05日(日) 15時57分13秒

春ですね♪

テーマ:日記
ずっと開店休業中です…すみません。

昨年は、結局、一つ前のブログの公開直後、その時点で決まっていた引っ越し先がご破算になりまして、慌ててまた決め直した…というドタバタがありました。
でも、その結果住んでる現在の賃貸は、狭いのがちょっと気になるものの、駅にも学校にも近く、「けい」の送迎がぐんと楽になりました。
「けい」といえば、昨年夏から市内に発達障害児向けデイサービスの事業所ができまして、おかげさまで送迎がさらに楽になり、気軽に簡単な療育をお願いすることもできるようになりました。
(むしろ、学童保育以外に、こういう一時預かりサービスを一般の児童にも拡充してほしい…下のごっちゃんの方がいざという時の預け先がなかったりします)

学校の方も、先生、学年のおともだちや保護者の方々のご理解のおかげで、変わらず順調です。
この、学校の環境がよいことがなにより嬉しいことです♪
なんだかんだで、主人にはムリをさせてしまいましたが、主人自身が結論を出したことも有り、やはりよかったと考えてくれているようです。
とはいえ、やはり不健康な生活になりがちなようなので、できればまた同居できる状況になればいいのですが…

昨年からここまでの一年で、結構堪えたのは
「けい」の交通事故(でもかすり傷のみ)
ごっちゃんの救急搬送(正月から1ヶ月に2回)
でしたねー。主人がいないこともあって本当にどうしようとうろたえましたが、周囲の助けもあってなんとかなりました。

「けい」は学校の遠足先で、狭い路地で急に車道側にはみだして接触したらしですが、運転手の方が慎重な運転をされてたことで大事に至りませんでした。むしろ運転手の方に申し訳ないほどで…実際にやりとりして、3日後くらいに物損事故で処理していただくことで終息させていただきました。

ごっちゃんはインフルエンザ発症に伴う熱性けいれんです。熱性けいれん本当にこわい。
チアノーゼで顔色真っ黒になって人形のように転がりますからね。
そろそろ熱性けいれんの発作が年齢的に消失するはずと思ってた矢先の発作だったので、もしかして一生ものの病気だったらどうしよう…と思いましたが、現時点ではインフルエンザの症状の一つ、という診断で、ホッとしました。

他、面白かった?のは、実家の両親が霊感のある人と知り合って、別件で夏に来てもらってたところに私たちが居合わせて、ついでに見てもらったところ、「けい」にご先祖様がいっぱい憑いてきてるみたい…というお話が。
実家には3週間ほどしか居られなかったので後日談なしなのですが、とりあえず、食事の前にご先祖様に手を合わせて、ご冥福をお祈りするように心がけるようにしました。
自己満足にすぎないかもしれませんし、そもそもその方がみたものが確かなのか、確認するすべもないのですが…

私自身はといえば、PTAで広報委員をやることになり、一年間奔走しました。
子供たちが家にいるときは身動きとれないので、パソコン打ったりとかそういうのならできます、といったら、今の編集作業ってパソコン作業がほとんどなので、ほぼ全部私がやることに…(むしろパソコンが苦手な人の方が圧倒的多数でした(汗))
でも、私自身、編集もパソコンも結構好きなので、時間に追われるのが辛かったですが、作業自体は楽しかったです。
というか、Wordのレイアウトソフトとしての可能性を知りました…!大きな収穫でした♪

今年度は、軽い役しか引き受けてないので、やりたいと思ってたことを一つでも二つでも消化できるような一年にしたいです。
このブログも、もっと気軽に更新できるようにしたいですね…
しばらくは様子見ですが。

というわけで、ひとまずこの辺で…
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年02月02日(日) 18時23分22秒

お久しぶりです

テーマ:日記
ふと更新してみることにしました。
以後、更新し続けることができるかどうかはわかりませんが…

そのうち、作品(マンガやら小説やら)で表現してみたいと思っていた自分なりの世界観やアイデア等をメモしていけたらいいなあと思います。

本当は作品として描ければいいんですが…
(今は描きさえすればネットでもお披露目できますしね)
今のところ、順調に制作していける状況ではないので…

例えば生まれ変わりのシステムについてとか。
スピリチュアルな話を考察してみたりとか。
いろいろ構想はあるので。

時事についてひとこととかも。

サイドバー表示のおすすめサイトなども近々全面見直し、過去におススメしたものなどでその後見解が変わったもの等について、注釈を入れていきたいと思っています。
一番強く訂正しておきたいのが、過去記事で少し触れたことがある「アルクトゥルス隊長」に関する評価です。
いずれ詳しい経緯も併せてご紹介しますが、結論からいえば、「本当に残念」です。
ちょっとした騒ぎもありましたから、既にいろいろご存知の方も大勢いらっしゃるとは思いますが…

さて、近況ですが、おかげさまでその後ものんびりと生活しています。
「けい」もごっちゃんも大きくなりました。
なにより、先生やお友だち、その保護者の皆様を始めとする地域の方々の温かいまなざしに恵まれたことが、本当にありがたいことでした。

この春、三年ぶりに主人の転勤が決まりましたが、いろいろ話し合い熟慮を重ねた末、主人が単身赴任し、子供たちは現在の校区内にとどまることになりました。
正直、世帯を二つに分けることには抵抗がありますし、経済的にもきついです。
また、普通は単身赴任する時は、家族は夫婦のどちらかの実家の近くを選ぶケースが多いのですが、うちの場合はたまたま赴任した所にとどまる形になるので、いざという時にどうするかということも大きな問題です。

それでも、一年生の頃から「けい」を受け入れて下さり、温かいまなざしを向けてくださったこの地域に、もうしばらく…できれば「けい」が小学校を卒業するまでは、甘えさせて頂こうと思います。

引っ越し先は今日ほぼ決定。
これから、引っ越しなどで忙しくなりますが、覚悟を決めて頑張っていきたいと思います。

というわけで、まずはご挨拶まで…
更新は今後も虫の息程度だと思いますが…(^□^;)
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2012年04月10日(火) 09時31分55秒

4月9日に投稿したなう

テーマ:ソラゴトなう


今日から長男は新学年新学期。4月1日の新聞で見てたら、毎日校門に立って児童を迎えて下さってた校長先生がご退職されたとのことでした。これまでの温かい眼差しに心から感謝します。
4/9 5:56

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月29日(木) 09時33分23秒

3月28日に投稿したなう

テーマ:ソラゴトなう


メモがてら…今朝がたの夢で、娘が出てきました。いや、実際には私は娘はいませんけどね。長男とあまり変わらないくらいの年格好で、落ち着いてたなあ。願望なんでしょうね。夢でだけでも娘を持てて、なんかほんわかした気持ちで目がさめました。
3/28 15:58

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月09日(金) 09時32分25秒

3月8日に投稿したなう

テーマ:ソラゴトなう


ずいぶんご無沙汰してしまいました。一度は「ブログ復帰!」などと意気込んでみましたが、その後すぐパソコンが壊れたり(何事…)、考えがまとまらなかったりして、更新つづけられませんでした。ペタもちょっと無理そう…
3/8 12:00

というわけで、しばらくメモ程度になうにちょこちょこ独り言いっていこうかな…と思います。ブログに再掲されるので、うまくいけばブログ更新のたしにもなるはず?
3/8 12:02

最近どうなのよ…と思うのが、原発関係のあれこれです。原発は質のいい電気を生産できる…けど、安全性など問題も山積。とはいえ、昨今の「再稼働ダメ、ゼッタイ」って雰囲気はなんなんでしょう。
3/8 12:06

実家が数年前にオール電化住宅に簡易リフォームしちゃったんですが、確かオール電化って、原子力発電所の夜間余剰電力をあてにした料金体系だったと思うんですよ。それが今、この原油高の中で火力でまかなわれていて、現時点では電力会社の負担なわけで…
3/8 12:09

どう考えても、早晩電気料金は大幅値上げの方向で改訂されるんじゃないかと思いますが、そうなったときにも「反原発」を訴える人々は快哉を叫べるのでしょうか。というか、反原発の人にはきっとオール電化住宅の人なんかいないんですよね?
3/8 12:19

もっとも、オール電化でなくても光熱水料の高騰からは逃れられそうになく…何しろガス代(天然ガス価格)も原油と連動してるんだそうで…しかも消費税増税の話までありますよね。普通に考えてなんで今増税?感がすごいです。日本人の性向からいって、まちがいなく節約に走り、さらなる超デフレが…
3/8 12:25

東電を悪の組織のごとく罵倒する言説も正直うんざりです。確かにいろいろ問題も取りざたされてますが、最前線で事故の復旧に携わった方々も東電の方なわけで。電力自由化の話や発送電分離(ですっけ…)の議論もありますが、どうして日本が従来のような制度をとってきたかまず調べるべきかと思います。
3/8 12:29

諸外国の現状、諸制度の問題点をきけば、勿論日本の制度にも欠点はあれど、最適解ではあったとしか言いようがないのです。代替とされる再生エネルギー系も、夢はあるんですが実用レベルには遠い…一方で、ガス系・オイル系の代替資源は実用レベルまでの技術・運用モデルが詰められつつあるとのこと。
3/8 12:33

変な理想論、潔癖過ぎる排除傾向に迎合せず、脱原発を目指すにしても、今はとりあえず日本海側の優良な施設は再稼働容認するなどして時間を稼ぎつつ、最低でも10年スパンの転換を考えて行くべきだと思うのですが…
3/8 12:37

というか、日本の巷間の大多数の人々はおそらく「時間をかけて緩やかに転換」派だと思うんですよ。ちゃんと現状を知っているならば。それなのに民主党政府が再稼働をしぶる。次の選挙で反原発を旗印にしたいからでしょうね。少なくとも、菅前首相はそうだったようで。
3/8 12:42

少し続けて書いたので、一旦離脱…(‐^▽^‐)
3/8 12:43

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月27日(火) 21時25分00秒

秋の風景

テーマ:日記
復帰後はもうちょっと頻繁にブログ更新しよう…と思ってたのに、時事政治関係の話題で書き始めたらものすごい分量になった上、まとまらなくなってきました…(orz)


というわけで、今日は頭をちょっと一休み…

近隣の秋の風景から。


台風の後から、時々、近くの空き地にしろい大きいキノコが出現するようになりました…


■ソラゴト日々日記■-NEC_4072.jpg

↑これは昨日の朝撮ったもの。
巨大なウズラの卵みたいに見えます。


■ソラゴト日々日記■-NEC_4075.jpg

↑これは今日の朝の状態。
ちょっぴりふくらんでます。


■ソラゴト日々日記■-NEC_4077.jpg

↑これは今日の3時頃。
>朝よりもさらにかさが開いてます。
影は…携帯の影です(orz)
日射しの角度的に重なっちゃいました…



■ソラゴト日々日記■-NEC_4062.jpg

↑これは別の日の別のきのこ。
種類は同じものです。
最終的にこれくらいかさが開くらしい…


■ソラゴト日々日記■-NEC_4074.jpg

↑そして彼岸花も今大量にさいてます!
シーズンですしね。


きのこ、念のために書き添えますが、別に食欲はそそられていません(^■^;)
でも、いかにもきのこ~な形状で、しかも結構大きいんで非常に気になります。
生えてきた当初の、たまごみたいな形が好きだなあ…

台風の後によく生えてきます。

そして彼岸花。
昨年の同じ時期は、彼岸花がなかなか咲かなくてなんだか落ち着きませんでしたが、今年はちゃんと敬老の日直後からちらほら咲き始め、秋分の日あたりには彼岸花の名のとおり、土手を真っ赤に染めていました。


このところ、季節が行ったり来たりするような、寒くなったり暑くなったりでなんだか体の調子も崩れがちですが、彼岸花は正確に季節を刻んでました。
ちょっとほっとします。


それにしても、日によって寒暖の差が激しくなってきましたね。
うちのちびたちも鼻水ずるずる、咳こんこんです。(でも無駄に元気)
どうぞ皆様、御身お大切にお過ごし下さいませ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月24日(土) 08時00分00秒

復帰のお知らせ&近況報告です(^_^;)

テーマ:お知らせ
随分間があいてしまいました。
なんの予告も無く、オフラインで休眠しててすみません。
こんなに空けるつもりはなかったのですが…

ブログ巡りもずっとご無沙汰でしたので、またこれからお邪魔していきたいと思います。
よろしくお願いします(^-^)v


一つ前の日記でも触れていますが、実は、この春はまたしても転勤、しかも長男の「けい」の就学もあり、めまぐるしい変化に見舞われました。
引っ越しの過程で、二週間近くまったくネットにつなぐことができない期間もあったり、その後落ち着いたあたりでパソコンが故障したりして、すっかり復帰のきっかけを失ってしまってました。


「けい」の就学は、慣れ親しんだ土地をはなれ、幼稚園でのお友達とはなれ、あえて支援学校ではなく普通の公立小学校の支援学級を選択したということで、大きな不安がありました。
5月くらいまでは、他に何も考えられないくらい、目の前の生活でいっぱいいっぱいでした。

けれども。


結論から言えば、おかげさまで、今では安らかな毎日を送らせてもらっています。


日常生活にも事欠く「けい」に、小学校での生活ができるのかどうか、本当に心配でしたが…
実際、席にじっと座っていることはできないし、ことあるごとに教室から脱走したり、全然授業と違うことをしてたりするそうですが…

それでも、みんなと同じように足し算引き算を覚え、漢字を覚え、しかもそれでほめられることで充実感を持っているようです。
もしも支援学校に行った場合、支援学校の教育目的は「学習」ではなく「生活」そのものになるので、「けい」には逆に大変だったかも…とさえ思うことがあります。


「けい」に粘り強く、献身的に接して下さっている先生方に、本当に本当に感謝してます。
「けい」も、先生方を本当に信頼して、よくなついています。



次男のごっちゃんも元気です。
ただし、喘息もちですぐに皮膚トラブルを起こしますが…orz

2歳半になり、おむつもすっかりとれました。
念のため、夜寝る時だけはまだ履いてますが、残ってるおむつがなくなった時点で晴れて卒業できそうです。
2歳過ぎたら、「けい」の影響でか、ひらがなは50音読めるようになってました。
教えたことはなかったのでびっくりです。
さすがに、文章はまだよめませんし、カタカナはからっきしですが、車のナンバープレートのひらがなを得意そうに読むようになりました。
二語文三語文もお手のもので、割と助詞もつかうので、普通に会話が通じます。
「けい」のことがあるのでほんとにびっくり。普通はこういうもんなのか…

ただ、若干多動気味で、落ち着きには欠けてます…(^_^;)
目で追うだけで目が疲れる…

あと、すごい個性的というか、いいキャラしてます。
毎日がネタの宝庫。う~ん。



本当は、秋分の日に合わせて復帰!ということにしたかったんですが、そこで遅れてしまうあたりがなんとも…



ブログ、どういう感じで続けて行こうかな、と考えてたんですが、とりあえず、原点に戻って、ちょこちょこ日々の感想を書いて行けたらな~と思っています。
世の中も本当に大揺れですよね。
まだまだこれからみたいですよ…



あと、最後に私信です。


オフラインで休眠している間に、万年素人さんの居場所(ブログ)が分からなくなってしまいました!
万年さん、もしくは行方(ブログアドレス)をご存知の方、メッセージででも教えて頂ければ幸いです…orz
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年03月17日(木) 17時37分40秒

私たちにできること〜「大人の千羽鶴」ほか

テーマ:時事・政治
大変ご無沙汰しております。
実は、またしてもこの春の転勤がきまりまして(>_<)、いろいろばたばたしていたためなんですが…
(そのうちこそっと近況についても書きたいと思ってますが)
その間に、恐るべき災害が起きてしまいました。

2011年3月11日。
東日本で3つのメガクエイクが複合してもたらされた、未曾有の大震災。

既に、多くの情報が多くのブログで語られています。
ここでは、その情報の中から、主に西日本で
「何か手助けをしたい…」
と考えている方々に向けて、参考になる情報を集めてみました。



■義援金

物資での支援は、個人がやれる範囲では逆に被災地の迷惑になってしまいます。
義援金という形がやはりベストのようです。

一番気をつけるべきは、既に警察からも注意喚起されてますが、いわゆる「義援金詐欺」。
また、寄付金から「手数料」を差し引く上に、その収支決算が不透明な団体もあるといいます(どことはあえて言いませんが、知っている方もいるかも…)から、とにかく、信用のおける窓口をしっかり選ぶことが大切だと思います。

*送り先:調べれば多数存在しますが、その多くは最終的に日本赤十字社に送られます。
  ということは、日本赤十字宛に直接送るのが一番確実です。

*mixiやameba、DMM、グルーポン等のように、会社側が義援金をさらに足して支援するという形にしているところもあるので、特に少額の義援金なら、そういうサービスを利用してみるのもいいんじゃないかと思います。

*事態が落ち着いてきたら、各県ごとに受付窓口が出来ると思いますので、直接送金するのも良いと思います。
  確実に活用していただけるはずです。
 長野県などは、既に市町村単位の窓口ができているようです。

*兵庫県等、自治体が役所の中に義援金を取りまとめるための窓口を用意していることもあります。


今、すぐの支援は、既に多くの人がはじめていると思いますが、いよいよ復興する時にも、多くの支援が必要になるはずです。私たちに必要なのは、テレビなどのメディアで話題に上らなくなっても

「忘れない」
「思いを馳せる」


ことではないかと思います。



■「大人の千羽鶴」

これも義援金の話題で、既にご存知の方も多数いらっしゃると思います。
とても素晴らしい呼びかけです。
ブログを続けて拝見したのですが、最初に提案された方(グラビアアイドルの方だそうです)のお人柄の温かさが伺われます。物事の道理もよくおわかりの方だと推察しています。

これは、ぜひ元記事でご覧下さい。

*「大人の千羽鶴始めました」2011-03-14:多田あさみOFFICIAL BLOG あさみっくす。
  大人の千羽鶴=旧千円札裏の鶴を、千羽鶴の一羽に見立て、ファミリーマートのファミポートから日本赤十字社へ募金する手順を、易しく解説されてます。
  お金、という、ともすれば心のこもらないものに、千羽鶴の思いを込める、素敵なアイデアだと思いました。


*「ありがとうございます」2011-03-15:多田あさみOFFICIAL BLOG あさみっくす。
  いわゆる、「思いを伝える」ための、従来の折り紙の千羽鶴が、被災直後の支援の場では結局、その真意と裏腹に迷惑をかけてしまうことから、今回の「大人の千羽鶴」という発想に至ったことを綴られています。

もちろん、本来の千羽鶴も
被災地が復興に向かい、完全に報道が無くなった頃に届くと
「何年たっても、まだこんなの多くの人に支援されている」と、
被災地の人を勇気づける事ができると思います。
復興には何年もかかります。
なので、物資やライフラインが足りない今は、
それらを最優先で届けられる大人の千羽鶴を贈りませんか・・・?(一部引用)


この文章からは、この「大人の千羽鶴」という発想が、しっかりした現実認識と温かい気持ちから生まれたことを感じさせてくれます。

*「大人の千羽鶴」2011-03-15:多田あさみOFFICIAL BLOG あさみっくす。
  「大人の千羽鶴」という活動を、多くの人が広げていることについて。
 
頂いたコメントの中にブログに紹介やリンクをしてもいいですか?と言って頂いておりますが(中略)
「大人の千羽鶴」は私のものではありません、行動を起こしたいと思う皆さんのものです。
お好きに使って頂いて構いません。(一部引用)


*「おはようございます。」2011-03-16:多田あさみOFFICIAL BLOG あさみっくす。
旧千円札がなくて鶴が飛ばせない、と嘆くコメントに対して、「野口英世(医師)=新千円札を送る」「鳳凰(何度でもよみがえる)=一万円札を送る」「桜(春間近)=100円を送る」という、やはりコメントで寄せられたアイデアを紹介されてます。

祈りと気持ちを届ける事として、金額に関係なく"鶴を飛ばす"と表現してる方も沢山います。
こうしなければ"大人の千羽鶴"にならないなどと言う、ルールや決まりなんてありません。
自分なりの願いや、想いを込めて被災地に飛ばしてみてはどうでしょうか?(一部引用)

とにかく、現実認識の確かさ、それでいて優しい、思いのこもった文章と行動に、勇気をいただきました。



■迷惑をかけない

何かしたくても、できない…そういう思いは、誰しももっていると思います。
私もそうです。

でも、そんな私たちにできる、最大の支援は、「迷惑をかけない」ことかもしれません。

例えば、不要不急の買いだめ、買い占めは控えること。
節電につとめること。

そして、見落としがちですが、こういうことも…

お願いしたいこと・・・。

「緊急を要すること以外はコールセンターに電話をしないでください。」

少なくとも私の会社のコールセンターはパンク状態です。
ただでさえ、出勤できない社員続出で人員の薄いなか、

特に関西から西地区の方からの緊急とは思えない内容の問い合わせが多いです。


報道が不十分なせいかと思います。
被災地ばかりの報道で、他は平気だと思っているのでしょうか?

くり返します。
東京が大変です。
出勤が難しくなっています。
したがって企業は人員不足です。
電話での問いあわせは増大しています。

本当に緊急を要する方の電話がつながりません。


本当に被災された方を思いやる気持ちがあるのなら、
電話は控えてください。
緊急を要する以外、いかなる場所にも電話しないでください。
その、今、電話しようとしている案件は、命にかかわりますか?
今一度考えてください。

ちょっと・・・お願いしていいですか?」2011年3月16日:なちゅらりずむ~あるがまま~より 一部引用 色替・強調などは引用者(ソラゴト)による
私の住んでいる関西の方では、普通に日常生活を送っています。
被災地の方々のご苦労を思い、心いためながらも、関東、特に首都である東京さえ被災したことを、ともすれば失念しそうになることも、また事実です。
被災したということは知っていても、自分と関係のある問い合わせ窓口は、その認識と切り離されている…という状態なのかもしれません。

多くのサービスの中枢を、首都である東京(さらに関東地方)は抱えています。
その東京が普段の状態ではないことを、現在被害のない地域の私たちは、しっかり認識し、

何もプラスの手助けができなくても、
せめてマイナスの障害を起こす原因にならないよう、
厳に厳に、慎んで行きたいものです。



■献血

献血は、災害直後に提供が激増するものの、一ヶ月くらい経つと不足する…という現象が、阪神大震災の時には見られたそうです。
一度献血すると、三ヶ月は献血できないそうで、血液は長くは保管できないことから、一度にたくさん供給されるより、長く、コンスタントに供給されることが理想だということです。
今、献血に行くことを考えておられる方は、ぜひ、一ヶ月後に行かれてみてはいかがでしょうか。



最後に、子を持つ親として、拡散しておきたい情報を。

アレルギー支援ネットワーク
食物アレルギー等を持っているため、通常の支援では救うことの難しい子どもたちを救う為の義援金を募集されています。詳しくは、「拡散お願いします!被災地のアレルギーの子達に支援を!」(のんびりかあさんの日記)をご覧下さい。

被災地での障がい児・者の支援情報」(インターネット・サポートブック『うぇぶサポ』のブログ)
発達障害情報センター「災害時の発達障害児・者支援について」や、社団法人 日本発達障害ネットワーク運営の「災害情報掲示板」などへのリンクがまとめてあります。
発達障害児を抱えるご家庭にとって、今回の災害は大変だったと思います。
現在、被災して困難にあわれている方はもちろん、もしものとき、どうしたらいいか…と思っていらっしゃる方々にとっても、有益だと思います。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2011年01月24日(月) 09時34分06秒

1月23日に投稿したなう

テーマ:ソラゴトなう


ごっちゃんが昨日からぜえぜえいってるので、インフルエンザの人が多い休日診療にあえて行ってきました(orz)どうも気管支の炎症っぽくて、明日、かかりつけ医にもう一度受診しますが…入院も覚悟しなくちゃいけないかもな感じです。今日もらった抗生剤が効きますように…(>人<;)
1/23 17:01

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月15日(土) 16時04分51秒

今、この時をどう過ごすか

テーマ: ├『変換』『波動の法則』
久々に、『変換』さん関連のお話を書いてみます。

今年の1月8日、「FIRTH PIERLAAIT」公式サイトから、『変換』著者のPRAUさんからの直筆メッセージが公開されました。(「1月8日です。 (SINLAI) 」:「FIRTH PIERLAAIT」内「~PRAUからの直筆メッセージ~」より)
『変換』をお持ちで、「FIRTH PIERLAAIT」サイトを独自にチェックされている方々は、既にご存知のことと思います。


メッセージの内容そのものは、実にシンプルです。
22ページ分にわたる内容を一言でいえば、

……………………………………………………………………………………………………
今日(2011年1月8日)から2011年2月8日までに、『変換』Ⅰ、Ⅱを、可能な限り読み進めてください。
そして、読むにあたっては、
“読み進めて参りますので、今の私に適いましたサポートをお願い申し上げます”
と発振するようにしてくださいませ。
……………………………………………………………………………………………………

簡単にいえば、このような感じになります。
(「発振」とは、自分自身から波紋が広がるようなイメージで、思念する、祈る…というように、私は解釈してます。見当違いでしたらすみません(>_<))


それでは、『変換』が手元にない人々にとっては、意味のないメッセージなのではないか?

私は、そうとも言えないと思っています。


というのも、
「2011年1月8日から2月8日」
は、誰にでも平等に訪れる時間であり、このメッセージは、この期間の過ごし方の重要性を伝えているからです。

著者のPRAUさんは、人々にとって重要なことは次元上昇することで自らの存在の意味に気づくことであり、そのヒントとなるであろうことは『変換』という書物にすべて託した…というスタンスから、『変換』を繰り返し読むことを勧められています。
しかし、『変換』を手にすることを選択しなかった方々にとっても、今、この時は、大切な時間なのではないか…と思われるのです。

もちろん、「今」という瞬間は、いつも重要であることにはかわりありません。
けれども、多分、この2011年初頭というのは、その意味合いがまたちょっと違っているようにも思います。

例えるならば…

天による、抜き打ちテストが近々予定されていて、それは「抜き打ち」だからおおっぴらにはいえないけれど、今、勉強しておくタイミングですよーーー

なんというか、そういう雰囲気を感じるのですよね。

この時期までに身につけたこと、考えたこと、気づいたこと…
それが、実はのちのちまで役に立つ…というか、影響を与えるというか。
そういうニュアンスを感じました。


実は、「FIRTH PIERLAAIT」さん以外の複数の情報からも、この年頭は特別な時間であることを感じるメッセージが出てきています。
(表現は様々で、昨年末の皆既月食~春分、という表現だったり、2011年1月11日という1並びの日と絡めていたり…いろいろですが。)
そうしたことを併せて考えても、今というときは、じっくりと考えること、感じること、気づくこと…
そういうことに力を注ぐべき時間なのかも知れません。

そうはいいつつも、実際には、こう書いている私自身が、この忙しい年頭、日常の中で、思索も、読書さえも、思うようにはできないでいるのが実情です。
少し疲れて直筆メッセージをふとみると、そこには、

「きばりぬいてくださいませ」
「しっかりと、しっかりと、きばりぬいてくださいませ」


と書かれているのでした。


つまりは、そのことが、日常実践していくことが実は思いのほか簡単ではないことを示しているのだろうと思います。
その上でなお、今、忍耐強く取り組むべきときであると、そう伝えられているように思えます。


直筆メッセージは、基本的に、『変換』を手にした方を読者として想定してらっしゃるようですが、会員登録の必要もなく、費用も必要ありません。アクセスしてPDFファイルをダウンロードすれば、誰でも読むことのできるメッセージですので、興味をお持ちの方は、『変換』をお持ちでなくとも、ぜひご覧下さいませ。
もちろん、『変換』が手元になければ意味がないメッセージである、と感じられることもあるかもしれませんし、実際そうであると思います。
けれども、『変換』を手にしてもしていなくても、気づく人は気づくものであるようにも思えます。
あくまでも、『変換』はヒントであり、サポートの一つであって、気づくのは私たち自身なんですよね。


直筆メッセージのコーナーには、これまでの直筆メッセージのPDFファイルへのリンクがすべて(期間限定の一部を除く)掲載されています。
私自身は、ほかに「自立」という4回に分けて伝えられたメッセージが印象的でした。


■過去記事「『変換』さんのご紹介
FIRTH PIERLAAIT (ファース ピアーライト)
『変換』I、II ご購入について
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。