2006-01-11 13:18:43

お通夜

テーマ:悩み

昨日の夜、学校の先生から連絡があり、・・・君のお父さんが亡くなったと言ってきた。



そのとき僕は帰宅したばかりで、今にも眠くなりそうなチビ達をお風呂に行かせ、その間に大急ぎで料理をしている最中であんまりピンとこなかったんだけど・・・一通り今日の家事が終わってから考えると


妻が亡くなったとき、こうちゃんは小学校1年生に入学して1ヶ月、そらちゃんにいたっては年中に上がったばかりだった。


以前、ここに書いたけど、僕はこれからどうしたものかと必死に考え、その結果、運動場を共有しているこうちゃんの通いだした小学校の隣にある保育園にそらちゃんを転校させ、家から朝の通いははーちゃんに任せ、保育園の始まる時間が小学校より30分遅いその空白の時間を、こうちゃんがお世話になっているひばり学級(特殊学級)で、面倒を見てもらったんだ。(まるまる2年間も・・・)



そのときひばりには、こうちゃんを含めて4人の生徒がいたんだけど、4年生の男の子がこうちゃんをすごく可愛がってくれた(残りの2人は女の子ということもあったんだろうね)

そしてまだ満足に話せないこうちゃんとおどおどしているそらちゃんを従えて、校舎の周りで走り回って遊んだり、ひばりの教室でいろんな事を教えてくれたりと、2人はとにかくいつもその子にくっついていた。


去年卒業して、その子も今では中学生

でも・・・

親が死んだんだよね。父親が



その子の家庭の状況はその子をあたまに3人、下はそらちゃんと同じクラス、少なくても重度知的障害の子供を1人で養っていかなきゃいけないってのは半端じゃないんだ。


僕はまだその点、運がよかった。

僕の子供は1人じゃなく、兄弟がたくさんいる。面倒を見てくれるお姉ちゃんたちがいた。

だから僕が仕事に行っていない時ても、1人で過ごすことが皆無だったから


こうちゃんとそらちゃんが一緒に通える学校(保育園)があった。

小学校の先生方が全面的に協力してくれて、なんとかそらちゃんも底抜けに明るいまま育ってくれた。

(そらちゃんは先日の個人懇談会で先生から、僕が一番好きなところは学校なんだ!って・・・それを聞いてすごく嬉しかった)


今ではそらちゃんがこうちゃんの先導役になって、一緒に遊んだり、お手伝いをしている。



でもその子はきっと母親が働きに出れば・・・そう思うとおじいちゃん、おばあちゃんがいないようだし・・・


僕が何を思っても何もしてやることは出来ない。


どうしてこんなに早く死んじゃうんだろうね。

心筋梗塞で突然だもん、46歳だもん


お母さんはお通夜の式の間、ただただ泣いて、身体も泣き通しでボロボロのようで、親族に支えられて何とか座っていた。

お父さんの死んでも死にきれない悔しく、情けない思いを感じながら、こうちゃん、そらちゃんと一緒に手を合わせていた。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-10 22:31:35

始業式の朝

テーマ:生活

昨日、寝る前に明日の準備と言うことでプリントを片手に持ち物の最終チェック

冬休みの課題は入れた?通知表は?上靴は?体育館シューズは?給食のエプロンは?・・・


なんだかんだといいながら、結構な時間になってしまった。

それでも、「よし!」って所まで出来たからまあいいやって、そう思いながら寝たんだけど・・・



朝、目覚めたときに何かいつもと光景が違う。


ボケーっとしているから、それがなんだかわからなかったけど、しばらくして

「げ!洗濯物が干してないわ」・・・家は日中誰もいないので部屋の中に干してあるんです


4時半に起き、30分ボケーっとしていたから、慌ててチビ達を起こし、せかすように着替えさせ(それでも寝ぼけているから、いらいらしてくるほどのんびり着替えている)それにあわせて、ご飯の用意をし(ごはんにふりかけ、アサリの味噌汁、湯豆腐)なんとか食べだしてから、洗濯機からいっぱいの洗った物(一応昨日回してはあるんです)を部屋に干した。



そんなこんなをやっているうちにもう行く時間


その前にはーちんを起こし、「お昼は誰もいないから、パンと牛乳を食べるんだよ~」ってチビ達に言って、出勤しようとしたら、玄関に言ったところでチビが慌ててやってきて、なにかプリントを渡すんだ(なに~~大汗;)


見てみると家から学校までの通学路を記すように書いてある。

さらにその途中で1人で歩く場所をチェックするように。。。・・・最近は物騒だから学校もいろんなことをしてるねえ


「この行く直前に~!」って

あったまきたけど、そんなことを言っても始まらないから、とにかくコタツに戻って、赤鉛筆と青鉛筆で道をなぞっていったんだけど、もともとどんな道を歩いているのかさっぱり知らないから、チビ達に聞く。


ところがチビ達はいつも歩いている道は分かってても、地図とラップしないんだよねえ~

ぶつぶつと自然に文句をいいながらもとりあえず書き上げ、結局高速を使って出勤しました。



朝から疲れた~

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-09 10:02:29

連休の課題

テーマ:生活

正月明けに2日だけ仕事に行って、そのあとすぐに3連休・・・なんかすごく嬉しい



と、いっても特別何かをやるわけじゃないけど、チビ達は10日から学校だから、その最終チェックに当てれるなあ~ってね


いつもほったらかしだから、さて冬休みの課題はってみてみるとこれがなにもかも中途半端で終わってないんだよなあ


漢字と算数のプリントは大体終わっているんだけど、絵日記や書初めなんかは・・・


なにやっているんだ~って怒りながらやらせていても、もともとやりたくないもんだから全然進まず、お昼になってしまう。

で、お昼ご飯を食べたあとにやらせようとしても、もうダメ(汗)


もともとお昼まで一緒懸命やったら、ご飯食べてから遊びにいってもいいよって、「ニンジンをぶら下げて」やらせているもんだから、さっさと児童館に遊びに行ってしまう(家の中で遊ぶと何かと言われることを敏感に感じているんだろうね・・・)


そんなこんなでいよいよ明日からはっていうところまで来てしまった。



とりあえずってところまで、あと少し頑張ってもらわないとね・・・セントレアで買ったイカせんべいを食べながら頑張っております^^

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-06 20:05:29

仕事初日

テーマ:生活

今日から仕事



でも子供達はまだ冬休み・・・いいなあ~今年はなんかうまいこと出来ていて8日まで休みだもんねえ


そうはいっても僕が出勤となればチビ達には朝ご飯を食べさせるために、僕と同じような時間に起こさなきゃいけない(娘達は絶対起きないし、起きたかと思えばバイトに行ってしまうから・・・)



でも昨日まで6時には目がさめて、僕を起こしてきた奴らが5時となると起きんのだよねえ~


2階に行って、揺り起こして起こすんだけど、ストーブを切って僕が下へ行くとまた寝てる。

で何回も何回も2階にむかって叫ぶ

「こうちゃ~~ん、そらちゃ~~ん、はよ起きて~~」


2~3分おきに、5回くらい叫んでも起きないから、また2階へ


なんかそんなことをしているとどんどん時間だけがなくなって、こっちが食事をする時間がなくなってしまう。



初日、結局チビ達のご飯を用意して食べている途中に出勤の時間となり、「お昼はパンと牛乳をちゃんと食べるんだよ~」と言って、家を出た。



会社の近くのコンビニで「どんべい」を買って食べ、仕事に就くも長いこと怠けていたせいでまったくはかどらないし、時間もたたないから、チビ達の今後について考えていた。


はーちんが高校を卒業するまでにあと2年


それまでに何もかも任せられるようになってくれなければ、またまた悩まなくちゃならない。


とにかくそらがそのときどこまで覚えてくれて、こうちゃんに教えながら一緒に出来るかにかかっているんだけど、こんなことを考え出したらきりがないから頭の中から打ち消すんだけど、やっぱりまた周期的にそんな思いが巡ってくる。


今まで心配しながらも何とかやってきたんだからって思いはするんだけど、やっぱり・・・



家に帰ると、チビ達はお姉ちゃんが居なくてもお手伝いをやっていた。

ただテレビを見たり、2人でケンカをしたりで時間を見ると実に遅いんだよね。

いつも監視をしていれば早いのだけど、なかなか2人だけってことになると・・・



まだ火を使うことも出来ないから、お腹が減った時、インスタントラーメンを食べたり、味噌汁を温めることも出来ない。

ご飯をよそって、ふりかけで食べるか納豆で食べるか、パンか・・・


何か少し自分自身があせっているのかなあ~なんて感じながらも、やっぱり早く大きくなってほしいなあ~っておもった1日でした。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-01-05 20:10:20

正月はこんな過ごし方

テーマ:生活

ただただ寝ていたいのだけど、チビ達はそんなこと関係なく朝早くから起きてくる。

で、「パパ~お腹へった~~」

「はい、はい」

この繰り返し



正月と言うのは僕がめずらしく家にいつもいるから、段々といろんなことをおねだりしてくる。



大晦日に長い間壊れていたビデオを新しく買い換えた。


さっそくあきれるくらいストックしてある「アンパンマン」や「星のカービー」「あたしんっち」などを見たがるから、「1日1本じゃ~」と、言い聞かせ、とりあえずそれを守っていると思ったら、僕が寝ているとすかさずつけているもんなあ(僕の寝ているところにビデオは置いてあるのです)


で、「おまえら~~な~、1日1本だったんじゃないのか~」と言っても

なんだかんだといいながら、なし崩し状態。。。

僕は僕でビデオをつけていれば静かなもんだから、ついつい甘くなってしまう(その間寝ていられるからねえ^^)



でも子供って言うやつは、実にすぐに飽きる生き物で、ビデオはつけっぱなしで、しばらくすると何か他の事をやりだす。

そのたびに怒るんだけど、やっぱりせっかくの休み、何処かに連れて行かなきゃ可哀想かなって思い、おじいちゃん、おばあちゃんのもらったお年玉は僕が預かり、郵便局に貯金するんだけど、僕からのお年玉を使っていつもの駄菓子屋さんに連れて行った。・・・これ2日の話です^^


行ったのはいいけど、なんと明日から営業。。。

仕方ないから、お昼でも食べようと思ってこれまたいつものスガキヤにいったら、なんだこれ~!っていうほどの人、人、人

まいったねえ~待つほどチビ達の苦手なものはないから、正月だからいいや!って思って、大盤振る舞い


回転すしに連れて行く(そう言いながらここは1皿全部100円なんだけどね^^)


チビ達はそれでも喜んだ、喜んだ。どんどん流れてくる皿を取って、口の中に入れて行き、お勘定のときは5000円出して、おつりが100円

3人で一体どれだけ食べたんじゃ~~と思いながらも、まあいいかってね

帰ったら、チビ達は苦しいのかすかさず夕方まで熟睡でした。



昨日休みだったから、今日は朝からうるさかった・・・これ3日の話^^


てなわけで、昨日休みだった駄菓子屋さんに

お年玉として僕から500円もらっている。お手伝いの報酬として200円くらいは持っている。

まあ、正月だから好きなものを買わせればいいかって思い、それぞれにいつものようにカゴを持たせ買わせたんだけど、2人とも200円未満で済ませていることに、なんとなくそれが嬉しかった。


家に帰って、買ってきたお菓子を3等分し、3日に分けて食べると言う(これは以前、僕がそう指示してやらせたんだけど、いつの間にか何も言わなくてもやっているのにまたまた嬉しかったな)


ついつい甘い親は今日食べる予定のお菓子に家に買ってあるお菓子(キャラメルコーン)を追加し、それを上に放り投げては口に入れて食べると言うなんとも行儀の悪い食べ方を僕が率先してやって見せ、これが実に面白くてこうちゃんやそらちゃんは何回も何回もアタックしていたね^^



さて僕も明日から仕事・・・これ4日の話


今日ははーちんもバイトが休みなので、4人で(りーちゃんはバイト)セントレアに行った。


高速ですべて行っても1時間半、途中トイレ休憩を入れながらもチビ達は周りの景色を見ながらワイワイ、持参したお菓子を食べながらワイワイ、お茶の取り合いをしながらワイワイと実に車の中はうるさかったけど、すごく喜んでいた。


空港に到着し、その規模の大きさに唖然としている顔もまたなんとも可愛く、連れて来てよかったなあ~って思う。


お昼を少し回っていたので、さっそくご飯

でも、食べるところが50軒くらいあって全然決まらない。

「結局どこにするの?」

「う~~ん、あそことあそことあそこ!」

「あほか!そんなに食べれるかって、それにお金がもたんわ」


すごい人だったんだけど、その中でまあまあこんなところかなっていうところを僕が強引に決めて、お食事(結局、オムライスと飲み物になりました)・・・あとで食べるスープ屋さんにも行かされたんだけどね(泣)


ご飯を食べてから、さっそくデッキに

ところがむちゃくちゃ寒いんだよなあ~(雪を降らせた雲が次から次へときて、からっ風がビュービューだった。)

そんな中でも僕とチビ達は走りながら、デッキの一番前に行き、しばらく飛行機の離着陸を見ていた。(はーちんはあんまり寒いから、デッキに来ないで、その間いろんなお店を見て回ることにした)


しばらく見ていると、底冷えがしてくるのでまた走りながら帰ってきたんだけど、チビ達は笑いっぱなし

それだけで、まずまずよかったかなって

今度はもう少し暖かくなってから連れてくることにしよう


身体が冷たくなっていたから、オマールえびのスープとボンゴレのスープが実に美味しかった。



帰宅したのが、夕方だったんだけど、みんなすぐに爆睡

起きたのが8時を回っていて慌ててみんなを起こし、お手伝いをさせたんだけど、正月の最後としてはよかったかな~って


そんな「そら家」のお正月でした。(よかったという文字が実にこうしてみると多いね^^)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-02 17:59:40

お正月

テーマ:生活

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。



と、いうことで「そら家」も一応お正月


しかし別に普段と変わらず、特別に大掃除をしたわけでもないから、家の中は相変わらずくっちゃくちゃ。。。

面倒だから、「まあ~いいか!」で、すませているから、「男やもめになんとかってね」



それでも元旦は、おばあちゃんとおじいちゃんのところに行って、挨拶だけはしてきた。(毎年元旦に行くことにしているんです)

子供はもちろんお年玉が目当てではあるんだけど、それでもおばあちゃんは久しぶりの孫に会えて、満面の笑顔

年金でお金がないといいながらも、僕から見たらすごく大盤振る舞い



娘はもう大きくなって、「おばあちゃん、おばあちゃん」ってよっていかないけど、こんなときこうちゃんとそらちゃんがいるからいいねえ~


おばあちゃんがなんやかやと、昼ごはんの用意をしているんだけど、チビ達はそこにまとわりついて、おばあちゃんの指図で茶碗やら、御節なんかを喜んで運んでいる・・・僕はコタツでボケ~とテレビを見、娘達は携帯談義に花を咲かせている。


むか~~しから、僕が食べていた特に美味しいとはいえないかもしれない昆布巻き、でもお袋の作ったこれは僕にとってはすごく美味しいんだよね。

娘達は中に魚が入っているから食べないし、チビ達も敬遠がち・・・だから僕が美味しい、美味しいといいながら、お重にはいっている昆布巻きをほとんど制覇してしまった。


子供達はお袋の作ったものでは、かまぼこ、玉子焼きやきんとん(これは市販)、うま煮、里芋のにっころがし、茶碗蒸し、小松菜だけのお雑煮など、僕が普段滅多に作らないものを一生懸命食べていた。


まあ、ある意味、「イナゴ軍団」のようなもので、お重に入っているものや他に作ったものをなんだかんだと言いながらすべて食べ、お腹がいっぱいなのに僕が持ってきた(はーちんのバイト先で買ってきた)ショートケーキとジュースまで一気に平らげ、僕はお腹がいっぱいで動けないくらいなのに、それが終わると近くの公園に行って、たこの滑り台で遊んでいる。


お袋はそんな光景を見ながら、「一生懸命作った甲斐があったわ」「しかしよく食べるねえ」なんていいながら、あきれていると言うか満足していた。



お袋のところを後にして、おじいちゃんのところに行く。


今、おじいちゃんが住んでいる特別老人ホームでの初めてのお正月

僕たちが行った時、ちょうど3時過ぎでみんなを集めて、福笑いをしていたんだけど、孫の顔を見るや否やすごく嬉しそうな表情に変わり、車椅子を一生懸命回して、僕達の方に来る。


それを押しながら、おじいちゃんの部屋に行き、お年玉を貰い、おじいちゃんの寝ているベッドが上下に上がったり、頭や足のほうが上がったり下げたりできるので、みんな面白がってリモコンで遊んでいたんだけど、あほなそらが、ずーと上昇を押し続けて、すぐ近くにあった非常用のベルに触れ、大きなサイレンを出してしまって、係員の人が来た時はただただ平謝り・・・


それでもおじいちゃんはただただ笑っていた。


それからみんなが集まっているところに行き、一緒にこうちゃんやそらちゃんが福笑いをさせてもらい、家でやったことがないだけにすごく興奮して大喜び


それを見て、おじいちゃんは同じように笑っていたね。


帰るとき、無理しなくてもいいのに玄関まで見送りにきてくれて、おじいちゃんの喜びと普段の寂しさをふと考えてしまい、妻が生きていたなら、こんなところに住まわせず一緒に暮らしていけるのになあ~って、思ってしまった。



家に帰ってからはみんなへとへとだったので、とりあえず寝る・・・起きたのが8時(汗)

みんなを起こして大急ぎでお手伝いをさせ、スパゲティを作って食べたんだけど、今日(2日)は牛乳鍋を作ってみんなで食べるんだ。


りーちゃん、はーちんが今日はもうバイトに行っているから、8時くらいになると思うけど、最近ではなかなか全員がそろって一緒に食事をすることが少なくなってきたから、お正月くらいはね^^



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。