木製魔術道具作家☆古代神聖文字ルーン&オガム マスター☆そらのともしび Official Blog

ケルトの神聖文字・オガム文字&ゲルマンの神聖文字ルーンを使ったリーディング、アカシックレコードリーディングのご依頼の他、遠隔ヒーリング、ルーンリーディング&マジック講座やワンド作成ワークショップ、オリジナル木製マジカルグッズをご提供しているサロンです。

はね2 作品お取り扱い店のお知らせ はね

【実店舗委託】
2016年2月3日より、
アンシャンテ ハーバルカフェ
さまにてお取り扱いが開始となりました。
詳細は
こちら蝶々キラキラ

【通販委託】
2016年3月9日より、
ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
さまにてお取り扱いが開始となりました。
詳細は
こちら蝶々キラキラ

どうぞよろしくお願いいたします魔女と月キラキラ

はね2 イベント・講座のお知らせ はね

2016年5月14日(土)
『横浜元町女子体験会』
(横浜元町 ステラハウス)
詳細は
こちら蝶々キラキラ

お問い合わせはこちら魔女と月キラキラ


2016年5月20日(金)
『ルーンリーディング講座』【残席3名】
(川崎溝の口サロン)
詳細は
こちら蝶々キラキラ

お問い合わせはこちら魔女と月キラキラ

2016年5月22日(日)
『ワンド作成ワークショップ』【残席3名】
(川崎溝の口サロン)
詳細は
こちら蝶々キラキラ

お問い合わせはこちら魔女と月キラキラ


ブログ内の作品・画像・文章は全てそらのともしびに帰属します。
無断転載や転用、作品の模倣は固く禁じております。

テーマ:
今年は興味ある展覧会や映画が目白押し!!

その一つであった、古代オリエント博物館の
『世界の文字の物語』展へ行って来ました。




ルーン・リーディング講座でも
ルーン文字の成り立ちをお伝えする時に
派生の大元である、ヒエログリフのお話なんかもちょこっとするのですが
実物をちゃんと見たことがなかったので、ちょうどいい機会だと思い。

『世界の文字の物語』となっていますが
古代オリエント博物館にて開催ってことで
中近東~アジアの文字の歴史と展示物で構成されていました。

オリエントっていうのは、大まかに言うと、
『西側の国から見た東側の国』ってことですもんね。

個人的に知りたいのは、ルーン文字やオガム文字ですが汗
こちらは西側に広まって行った文字なので
今回の展示範囲外です。

でも、ルーン文字の元になったと考えらえれている
フェニキア文字やエトルリア文字を見る事が出来ました。


世界最古の文字は今から5000年くらい前の
メソポタミアやエジプトで誕生したと言われていますが
そのどちらも、元々は単純な絵文字から始まっている事。
そして両方とも、文明誕生と同時に文字が成立していることが
わかってきているそうです。

文字の起源はそれぞれに違ったようですが
メソポタミアでは物の名前と数を管理するために
エジプトでは、王権の象徴と、やはり同じように
物品や行政の記録を目的として発明された、との事。

前5000年頃の
メソポタミアの文字の起源であるというスタンプ印象や
品物が誰かに開けられていないことを示す『封泥』が
展示されていて、『此処から始まってるんだ!』感に
ワクワク(*´∀`*)でした。

それと、最近とある講座に通っていて
今までまったく興味のなかった
メソポタミアの文字にも触れる機会があって
古代オリエントの文化にも興味が出て来ておりました。

講義中に、大英博物館のお土産として売られている
楔形文字の粘土板レプリカを見せてもらったんですけど
お土産だからか(?)、肝心の楔形文字は結構不明瞭
だったんですよね。

主に、粘土板の読み方の話を聞いていた時の資料なので
読み方を知るには充分だったのですが
本物、見てみたいなぁと思っていたのもあって。

本物の楔形文字の粘土板は凄かった!
あんなに細かく、失敗しないで書くの大変そうイヒヒ・・・どろん

しかも、粘土が乾かないうちに刻まなきゃだから
途中で乾いてしまったからか、書き損じというか
途中のものもあったと聞きました。
だから、なのかな?
粘土板は思ったより小さいものが多かった気がします。

それと、『肝臓占い』の粘土板もあって!
動物の臓器で占っていたのは知ってたんですけど
めちゃめちゃ興味深く。

内容までには触れてなかったんですけど
肝臓を取り出してその状態からどう占うか
方法について書いてあったそうで。
具体的な方法、知りたい~。

そして、アジアの文字も沢山展示されてます。
トルコやインド、中国を経て、最後は日本。
展示室を歩いて移動している行為が
文字の旅に重なるようでなんだかちょっと感動。

その他目を惹いたのは、アラビア文字の美しさ!

日本と同じように、書道のような文化があるようで
線の美しさと、読めないので絵にしか見えない感覚が
なんだかおもしろかったです。
(海外の方が日本の書道を見ると
こんな感じなのかなぁ・・・なんて疑似体験。)

更に図録がまた素晴らしく。


展示場にも説明がありましたけど
そこの情報以上の内容で大満足。

更に、帰りにヒエログリフや楔形文字で
自分の好きな言葉や
名前をスタンプ出来るコーナーもあって楽しかったえっへん星

ちなみに、『ユーラシアの文字たち』のページには
オガム文字とルーン文字も手。


人もまばらでゆっくり観られましたが
来場者全体の半数が、
女子大学生っぽい人(しかも可愛い!)だったのは
学校の課題か何かだったのでしょうか?

こちらの会期は6月5日まで。
ご興味ある方は是非虹


AD
いいね!(22)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。