木製魔術道具作家☆古代神聖文字ルーン&オガム マスター☆そらのともしび Official Blog

ケルトの神聖文字・オガム文字&ゲルマンの神聖文字ルーンを使ったリーディング、アカシックレコードリーディングのご依頼の他、遠隔ヒーリング、ルーンリーディング&マジック講座やワンド作成ワークショップ、オリジナル木製マジカルグッズをご提供しているサロンです。

はね2 作品お取り扱い店のお知らせ はね

【実店舗委託】
2016年2月3日より、
アンシャンテ ハーバルカフェ
さまにてお取り扱いが開始となりました。
詳細は
こちら蝶々キラキラ

【通販委託】
2016年3月9日より、
ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
さまにてお取り扱いが開始となりました。
詳細は
こちら蝶々キラキラ

どうぞよろしくお願いいたします魔女と月キラキラ

はね2 イベント・講座のお知らせ はね

2016年11月予定
『ルーンリーディング講座』【募集前 定員4名】
(川崎溝の口サロン)
詳細は
こちら蝶々キラキラ

お問い合わせはこちら魔女と月キラキラ

2016年11月予定
『ワンド作成ワークショップ』【募集前 定員3名】
(川崎溝の口サロン)
詳細は
こちら蝶々キラキラ

お問い合わせはこちら魔女と月キラキラ


ブログ内の作品・画像・文章は全てそらのともしびに帰属します。
無断転載や転用、作品の模倣は固く禁じております。
NEW !
テーマ:




先日、ケルトの樹木歴の秋分に当たる植物
『ヤマナラシ』についてまとめましたが
今回実は、もう一つ学びの試みがありまして。

(秋分の週にまとめ終われなかったので
今回は別個に掲載しましたキャー汗

昨年からフラワーエッセンス美白美容液についても
学び始めてるのですが
フラワーエッセンスの父、バッチさんって
ケルト系の出身だったそうなのですね。

フラワーエッセンスの中には
オガム文字に取り入れられている樹々も
何種類か出てくるんですけど
エッセンスの面から
オガム文字の意味を考えるのもすごく面白くて
今回から樹木歴に使われている
バッチフラワーエッセンスもまとめてみようかと思い立ち。

さてさて、バッチ氏は
イギリス・バーミンガム州の郊外、モーズリー出身。

まだ、バッチ氏自身に関する本は未読なので
彼の出自はネットで調べるしかないのだけど
その多くには、『その地方は妖精伝説など
ケルトの文化が残っていると言われている』
みたいなことが書かれているんですけど、
ここはちょっと疑問が残る印象。

何故ならバーミンガムは、
ローマが支配していた時代(410年より以前)
道路などを建設してある程度整備していて
その後、ローマ人が5世紀前半に撤退したのち
6世紀頃にアングロ=サクソン人達が
入植して来たと言われています。

地図をみてもわかるんですが
ブリテン島の結構ど真ん中。
ブリテン島でケルトの文化の残る土地
(ウェールズ・コーンウォールなど)とは
接してない・・・ですし。

アングロ=サクソン人が入植して作った村は
今のバーミンガムの中心地から南の方の
ハイゲイトという場所らしいけど
バッチ氏の生まれ故郷モーズレーは
そこから更に南に2~3キロの位置。

ローマ人が撤退して
アングロ=サクソン人たちが入ってくるまで
(というか、定住するまでに?)
100年くらい掛かっていて
その間には残っていたかもしれませんけど
争いや大きな戦いがあって
ウェールズなどにケルト系の人達が逃れて以降は
ケルトの文化、残ってたのかなぁ・・・?
って思うんですけど・・・、どうなんだろうか?

(儀式に纏わる事だったり
宗教的な意味がないとか薄いような樹木とか
薬草なんかの民間療法的な事は、
意外と残ってたんじゃないかって思うので
樹木に関しては何か伝わっていたのかもしれませんが・・・。
ここら辺は、ちゃんと調べたり本を読んで
検証したいと思います。)

それよりも
『エドワード・バッチ 心を癒す花の療法』
(ノラ・ウィークス著 林陽訳 中央アート出版社)
という本に書かれていることの方が信憑性高い気がします。


エドワード・バッチ心を癒す花の療法
―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)/中央アート出版社
¥1,730
Amazon.co.jp

その本によると、バッチ(Bach)という名前は
ウェールズ出身者に多い
のだそう。
ウェールズは言わずと知れたケルト文化の残る土地。
という事は、バッチ氏の先祖はウェールズ出身で
そこからバーミンガムに渡って来たって事ですよね?

まだ読んでないので想像ですけど
彼自身が自分のルーツを知る上で
ケルトに纏わる植物に興味を持ったのではないかなぁと。


ちなみに、これ調べててわかったんですけど
ウェールズって言葉、アングロ=サクソン人が
ケルト人達を『外国人』の意味の『Wealas』と呼んで
これが訛って『Welsh(ウェールズ人)』と
呼ぶようになったんですって。
(外国人・・・あなたたちのほうじゃ・・・(;^ω^)


それとバッチ氏、エッセンスを作る過程で
占星術を考慮している部分があったようで
エッセンスは天体やサインなどに対応しているんですよね。

バッチさんは何気に(?)
今でいうところのスピリチュアル方面に明るいというか
ご自身にも霊的直観力のようなものがあったそうですし
ヘルメス思想にも影響を受けていたんだとか。

バッチさんが研究を進めていた時代は
科学発展の上で重要な時期であり
その時代の人々にとって、科学への可能性に
大きな期待が高まっていたようですが
その一方で、目に見えない世界、
古代から伝わる叡智に纏わる情報などが浸透して来て
神智学を初めとする分野に
関心がもたれた時代でもありました。
同じように、古代からあった占星術にも
新たな光が当てられたのがこの時期なんだそう。


という訳で、実際にエッセンス単体ではなく
占星術的な見方で学んでいるので
そういう観点からまとめて行こうと思っている次第。

ただ、実際の使い方、利用方法については
占星術的な読み解きが必要ですし
こちらに書くことが難しいので
エッセンスの特徴についてのみとしたいと思います。

(こちらにまとめる目的の主は
自分にとっての覚書ですので(;^ω^)
まだ学び途中ですし、自分なりの考察も混ざってますし
まさかそんな人はいないと思いますし
自分で言うのもなんですけど、
丸々コピって貼ったりしたら、誰かに鋭く間違いを指摘されて
痛い目みるかもしれませんぉはぁ??くるくる
あくまでも参考程度に、
そしてもっと詳しくお知りになりたい場合は
然るべき講師の方にご連絡くださいませ~ayaぺこり


占星術に馴染みのある方は既にご存知かと思いますが
以下、対応する12サインは『○○サイン』と書いてます。

○○座でもいいのでしょうが、
そう表現すると太陽星座占いを想定しやすいかなぁと思い
単純にサインの特徴と読めるようにそうしてみました。

占星術の12サインって
12サインを性質によって3つに分けた
活動宮・不動宮・柔軟宮の3区分
12サインを性質によって4つに分けた
火・土・風・水のエレメント(4元素)
などなど、いくつかグループに分かれてます。

これらの組み合わせが
サインの特徴になってるんですよね。
なので、サインを見てく時にはとても重要な要素と言えます。

(超大雑把に書いてみますと、3区分は行動のタイプで
活動宮は『今ここで決めて即行動する』タイプ。
不動宮は『未来というよりは過去に視点があって
ひとつの事を長くじっくり続けて行きたい』タイプ。
柔軟宮は『相手に合わせることが却って楽で
色々な選択肢を一杯集めて検討したい(けど混乱しがち)』タイプ。

エレメントは目的意識のタイプで
火は自分の中で面白いな!って感じる事が目的になりやすく
土は何か実になったり具体的な物との関わり、
風は情報収集やコミュニケーション、
水は誰かとの感情の共有、共感、って感じです。)


で、肝心のエッセンス。
ヤマナラシを意味するのは『アスペン』


一見何かと見間違って、ギョッsao☆shokoとしてしまいそうですが
フラワーエッセンスなのでお花の画像ですどよーん・汗

これはHealingHarbs社さんのカードなのですが
こうやって見ると、ヤマナラシがヤナギの仲間だって
すごくよくわかる気がします。


フラワーエッセンスには
色々なグループ分けがあるのだけど
アスペンは『セカンド19』と言って
『魂の進化、成長に関するもの』のグループになってます。

成長するために『自分自身で問題に気付く』ということを
促してくれるエッセンスのグループです。

特に、トランジットで土星など
影響力の強い星がやって来た時や
その時の角度などによっては
元々自分が抱えていたサインのテーマに光が当たり
そのテーマを全うする
という事が起こりやすいと言われています。

大体、そこに気付いていないので不意打ち的だったり
人間は誰でも成長し変化して行く生き物だけど
同時に、変わりたくない!と
矛盾した思いを抱えている場合もあって。

そんな時に、我に返って、じゃないけど
『自分の中で何がしこりや妨げになっているのか?』
って視点を取り戻して、そのことについて
受け入れたりする事を助けたり、
そのサインの好いところにスイッチを入れて
バランスを戻してくれるような、
そんな役割でエッセンスが使えるんですよね。


アスペンは、一般的には
『原因のわからない不安や恐れ』
に対応するエッセンスとして知られています。

今まで書いてきた
オガム文字や樹木歴の説明とも大体一致してますね。
エッセンスのグループが『セカンド19』ってのも超納得ひらめき*

ここで注目する点は、
『過去に前例がない、経験していないもの』という部分。

また恐れが漠然としていて形容しがたく
その事については
他の人に話したり相談したりしにくい事も。

この先、このまま行けるの?
そんなことあり得るの?前例がないのに?
なにか悪い事が起こるのでは・・・?と
ひとりで抱えてしまう事も多い、という感じでしょうか?

それで具体的な行動が起こせずに
漠然とした不安や恐怖で動けなくなってしまう時に
効果が期待できると言われています。

占星術的な視点で見ると、アスペンは
水瓶サイン(または不動宮)に対応するエッセンスです。

水瓶サインはエレメントのくくりで見ると
風のサイン
ヤマナラシの由来は風に纏わるものだから
そんなところでも符合しているみたいで面白いですニコニコ

水瓶サインとしての特徴は、(不動宮なので)
過去も見る事は見るけど、
どっちかというと未来を考えて行く部分があって
ここでいう『不安』というのは
『未来に何か危険が発生する前に敏感に察知していたい』
という気持ちの表れでもあったりします。
(そして水瓶サインは風のサインだから
情報は常に把握していたい、って部分から
このように思うのではないかと感じます。)


元々の水瓶サインは
『ルーツを持たない子ども』とも言われていて、
だから『自由』がキーワード。

元気な時には、不測の事態にもバリッと立ち向かえるし
親、地域、社会、固定概念などから離れて
思考する事が出来、『純粋な観察者』として
振る舞うパワーを持っています。

でも、何かが原因でこれが出来なくなり
恐れや不安に繋がってしまう、という構図。

『自由』ってベクトルから
恐怖に縛られ身動き出来ない方へ振り幅が振れる
ってイメージもあります。

このような出来事は、上のような水瓶サインが
元気な時に発揮できるパワーに纏わることを通して
魂の成長に挑んでいる過程で起こる事象、とも言えるかも。


ヤマナラシ(アスペン)の葉っぱは細かく震えて揺れる。
少しの風でも震えて揺れる。

それは、周囲の変化に敏感で、その変化に
いちいち反応し、目に見えるもの見えないもの
ありのまま全てをキャッチしているような状態と重なります。

水瓶サインは、3区分のグループ的には不動宮で
過去にも注目しているから
経験した事や知っている事には安心感があって
元気な時はそれを踏まえて
不測の事態にも立ち向かえるけれど
その辺のバランスが崩れてしまうと
『自由』と『恐怖に縛られた状態』って幅だけじゃなく
視点も、『過去から今まで、そして未来』って感じが
『常に未来』に偏ってしまっているのかもしれません。

何かわからないものに即座に反応できるようにしようと
防御の為に始めた事ではあるにせよ
無意識のうちに張り巡らせたアンテナで
普段はキャッチしないものまで取り込み過ぎて
消耗してしまったり、全てに過剰反応して
恐れや不安を掻き立ててしまう、といった感じでしょうか?


こういう状態の時にエッセンスを利用すると
元々の水瓶サインらしさが復活して来ると言われています。

これは自分も体験して思うのですが
エッセンスを取ると、急に元気になるとか
そういう気持ちが薄れる、というよりは
『何故苦しんでいたのか、冷静に見つめられるようになる』
という感じでしょうか?

でも、言葉では表せないけど
気持ちがふわっと楽になるような、そんな体感はある気がします。

(実際にはわからないけど、身体がゆるむような感覚から
張りつめていた状態が緩和されて
すこし冷静に自分の心を見つめる事が出来る、
という感じなのかな?と今の所は分析しています。)

アスペンのエッセンスを利用すると
各々が感じていた恐れや不安の奥にある
核心のようなものに気付き、再び自分の中に
普段の自分を支えている自信が蘇って、
再び恐れを感じず
未来を見て行動していけるようになると言われています。

メヒトヒルト・シェファー著の
『バッチの花療法 その理論と実践』には

『アスペンの薬剤を用いると恐怖心や不安感が薄れ、
内的な自信が増すのを感じます。
そして、恐怖心の奥には、私たちが最終的にたどりつき
安らかに抱かれるであろう、深い意味をもつ
大いなる「なにか」が存在するということに気付きます。
すべてのものごとの奥には、大いなる神の法則、
神の愛の力があり、恐れる必要は
まったくないのだということがわかってきます。
このような確信が生まれると、
アスペンのエネルギーのプラス面を使うことが
できるようになります。
このプラス面とはより微妙な、
物質的でない意識の世界にわけいり、
その領域を恐れずに探索して、体験してみて、
そこから得た知識をまわりの人のために
使うことが出来る能力です。(P51)』


(わたし、バッチさん関連の本で
じっくり読んだのはこの本が初めてだったのですが
結構スピリチュアル的な観点押しな本なのかな?
って印象でした。)


ちょっと抽象的な感じの文章ですが
ここを読むと、元々水瓶サインの人は
無意識に、無条件に、この世界に信頼感があって
それはとても自然で、当のご本人は
あまり自覚出来ない部分でもあったりするのかな?
と感じました。  

なんていうか、『え?普通でしょ?』みたいな感覚?

(それが『大いなる神の法則~』の部分かなぁと。
自分の中の神性に繋がっていれば
恐れる事はない、といった感じ?)

元々、前のサインである山羊サイン的な物
(組織の中とか枠組み、とか)から
離れていく性質はある訳ですが、
シェファーさんがいうような部分が根底にあるから
『ルーツを持たない』とか
『へその緒を持たない』とか表現され
他のサインの人達にとっては、色々なものの刺激から
守ってくれる役割の様々な繋がりから独立していても
『自由』に動けるのではないかなぁと感じました。

周りの人の為に使う、という部分も
『博愛』や『平等』をモットーとする
水瓶サインっぽい気もします。

・・・という感じのアスペン。

当然といえば当然なのかもですが
色々合致していて本当に面白いし
ニュアンスが違う部分ももちろんあるけど
それぞれを深く知るのに役立つような
そんな楽しさもあり。

まとめるのは骨が折れるけど
書く事で記憶に刻まれるし
出来る範囲で続けて行きたいと思います鉛筆



***********************************************

魔女と月 イベント出店情報 キラキラ

昨年の12月に
新宿マルイアネックスでのイベントでお世話になりました
アランデルさんのハロウィンイベントに参加いたしますライフお化けオレンジかぼちゃキラキラ

鏡の国のアランデル Presents 
【Fairytale Halloween】


~主役は悪役〈ヴィランズ〉!?
おとぎの国〈フェアリーテイル〉のハロウィンパーティー!~




2016年10月19日(水)~11月3日(木)
場所:新宿マルイ アネックス6F
        イベントスペースSpace One  

場所は、昨年と同じ階なのですが
昨年と反対側に新たに広いスペースが出来て
そちらで行うんだそうですよ。

それに伴い、インストアイベントも増えて
沢山の方にお楽しみいただけそうです。

新宿にお出掛けの際は
是非是非足をお運びくださいませ魔女と月キラキラ


コウモリスティックアランデルさんBlogこちらクリックくりっく


《参加作家・ブランド》 ★=インストアイベント開催作家

Alice Garden(アクセサリー)/井ノ上マサル★(イラスト雑貨)

CAFE-MOCA★(アクセサリー)/孔雀洞雑貨舗★(装身具・雑貨)
コンドウエミ (イラスト雑貨)/三枝飾工房(雑貨・走馬燈)
シルエット工場(造型作品)/水中庭園★(イラスト雑貨)
Strange Artifact(レザーアクセサリー)/そらのともしび(魔法雑貨)
チェルシィ★(スイーツデコ)/月本せいじ(ポップアップ作品)
薔薇hime(服飾小物)/Piece(フィギュア)
BlueLily(アクセサリー)/マジロラ魔法雑貨店(アクセサリー・雑貨)
marywest☆★(アクセサリー)/水野真帆(イラスト雑貨)
ものづくりの部屋(造型作品)/Morun x Muuna Stoik(服飾小物)
morisizuku(アクセサリー)/遊星商會(天体雑貨)
Little World(イラスト雑貨)/Lyric(ポップアップ作品)
林檎屋(アクセサリー) / Luna Green★(アクセサリー・魔法雑貨)
rosymoon★(粘土作品)/有限会社レベル(妖精絵本・グッズ)
魔法フォトスタジオWitcheri(フォトスポット協力)

***********************************************

魔女と月ワンド作成WSスケジュールキラキラ

2016年 11月以降に開催予定 【定員3名】
(開催場所 : 川崎溝の口サロン)

詳細はこちらをご覧ください
クリックくりっく


★お問い合わせ・お申し込みはこちら矢印


魔女と月ルーンリーディング講座スケジュールキラキラ

2016年11月以降に開催予定 【定員4名】
(開催場所 : 川崎溝の口サロン)

詳細はこちらをご覧ください
クリックくりっく


★お問い合わせ・お申し込みはこちら矢印

***********************************************

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。