元保健室の先生が教える思春期・反抗期の子供の育て方・見守り方

保健室教諭19年の経験を活かして、思春期・反抗期の子供の育て方・見守り方をお伝えします。
月経、射精などのカラダの変化から、イライラ、モヤモヤなどココロの問題まで、思春期の子供の成長に関して、学んで子育ての不安を解消しましょう。


テーマ:
● @FM807にて、収録を行ってきました♪

こんにちは。三浦真弓です。

今日は、鶴舞にある@FM807にて、収録を行ってきました。

IMG_8406.jpg

毎週、土曜日の9時から9:30まで放送されているHuman Cheers Your Way。

8月27日、9月3日にON AIRされます。

新学期が始まると思うと、親子ともども、いろいろ気になりますよね。

宿題はできているのかなー?

また、元気に通うことができるかなー?

この夏休み期間中に、ぐぐっと体も心も大きくなっています。

そう思うと、お友達関係は大丈夫かな…

いろいろな心配が生まれてくるかもしれません。

そんななか、思春期・反抗期の子育て中の親ができることは!?

という話をさせていただきましたー。

ぜひぜひ、8月27日と9月3日には、9時になったら@FM807(エフエム愛知)を聴いてくださいねー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 春日井子どもサミットに、お子様を参加させてみませんか?

こんにちは。三浦真弓です。

大理石の会議室にはいって、地元の公園について、話し合ってみませんか?

あ、お子様が、です。



ここは、日頃、NPO法人あいちかすがいっこが理事会のときにお借りしている、大和エネルフさんの会議室。

IMG_6305.jpg

ここで、朝宮公園の遊具について語り合う「春日井子どもサミット」が開催されます。
朝宮公園は、今は、愛知県の公園です。

ですが、春日井市が管理をするようになるかも?しれません。

そうなったとき、朝宮公園内の見直しが行われる場合、どんな遊具があると嬉しいでしょうか?

朝宮公園で、どんな遊びがしたいかしら?

私は、くわがたがたくさんいる「こみち」は残してほしいなぁって思います。

親子で、くわがたやカブトムシを公園で捕まえられるって、いいですよね~。

春日井市のお子様でなくても、大丈夫。

近隣の小牧市や、豊山町はもちろん、名古屋市の北区、守山区、西区にお住まいの方、ご実家がこちらで今、たまたまこちらにいる!と言う方も、大歓迎。

子どもサミットの詳細

日時:2016年8月27日(土)

【1部】子ども*サボテン*サミット 10:30~12:00

春日井ブランドの1つである「サボテン」を知ってもらい、サボテンの試食 や試飲などから、商品開発のアイデアを出し合ってもらう。

【2部】子ども*朝宮公園*サミット 13:30~15:00

春日井市にある朝宮公園に「こんな遊具があったらいいな」など、利用者の目線から子どもたちに意見を出し合ってもらう。

対象学年:小学4年生から6年生のお子様(お住まいはどちらでも)

参加ご希望の方は、こちらからお申し込みくださいね~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 9月22日(木)子供の身体はオカンが守るイベントで、個別相談をお受けします。

こんにちは。三浦真弓です。

ちょうど1ヶ月後の9月22日(木)に「子供の身体はオカンが守る2」イベントが、ウインクあいちで開催されます。

IMG_8403.jpg

赤ちゃんや子どもは、お話はできなくても、カラダでいろいろなサインを発しています。

「え?どんなサイン?」

「そして、そのサインが出ているときは、どうしたらいいの?」

わかると、子育てがグーンと楽になりそうですね。

野口整体式の子どもの手当法や、食べ物の本当のお話、日本古来からあるなでなで育児についてなど、たくさんのお話があります。

ぜひ、聴きにいらしてくださいね。

私も、思春期・反抗期を楽しく迎えるために、お子様のどのようなところに注目していたらよいのか?というお話をさせていただきます。

IMG_7616.jpg

カラダがぐ~んと大きくなる前に、注目していてほしいところや事柄があるのですー。

楽しみにいらしてくださいね。

さて、このイベント中「元保健室の先生・三浦真弓の個別相談」を受けていただくことができます。

1枠15分間の個別相談です。

「いや、15分で解決する?」と思われましたか?

先日、お子様のスマホ問題で電話相談くださった方は、だいたい15分ほどで

「そうなのですねー。わかりました! じゃあ、やってみます!」

ということになりましたよ。

どうしても、15分では話しきれない!と思われる方は、2枠予約してくださってもOKです。

10時から、10時20分から、10時40分から…というように、1時間に3枠ご用意しています。

今までに、こうしたイベントの単発ご相談では

「子どものスマホ・ラインのやり過ぎを何とかしたい」

「子どもの性のことを相談したい」

「子どもが学校と家では、態度が違うらしい」

「愛知県の高校入試のことがよくわからない」

「シュタイナー幼稚園は文字を教えないって聴きますけど、それで小学校に入って大丈夫ですか?」

「愛知県内のシュタイナー園やシュタイナー学校のことをしりたいです」

という内容のものをお受けしたことがあります。

IMG_7930.jpg

(ただただ彫り続けているようにみえる、1枚板からつくるお皿にも教育的な意味があります)

もちろん、ここに書かれていないことでも、気になっていることがございましたら、ご相談くださいね。

<イベント全体について>

日時:2016年9月22日(木・祝)10時から16時

場所:ウインクあいち(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)1101.1108.1109

参加費:大人(中学生以上)前売り3000円・当日4000円

親子セット(大人1名+小学生以下の子ども1名)前売り4000円・当日5000円

参加費はすべての講演と、個別整体20分または乳幼児ふれあい手当付きです。

(お子様ひとりにつき、プラス1000円で追加購入可能)

個別整体や、乳児ふれあい手当の予約も含めた、お申し込みはこちらからできます。

<元保健室の先生・三浦真弓の個別相談について>

日時:2016年9月22日(木・祝)10時から20分間隔で、15:20スタートが最終になります(途中、お昼と午後の講演中はなし)

場所:子供の身体はオカンが守るイベント内(ウインクあいち1101,1108.1109のどこか)

相談料:1枠15分1000円(当日、現金にてお支払いください)

*空いていれば、2枠以上を予約することも可能です。

ご希望の時間帯の空きの確認や、お申し込みはこちらでしていただけます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 市民が自分の頭で考えて行動できるようになるための、地道だけど大きな活動

こんにちは。三浦真弓です。

すっかりレポが遅すぎるのですが、この1学期は、連続で学んでいる講座があるのでご紹介しますー。

かわのゆみこさん講師の、ソーシャルプランナー(R)育成支援講座です。

ソーシャルプランナー7期金山会場のみなさん。



受講のきっかけは、NPO法人あいちかすがいっこの代表理事・内田朋代さんと副代表の松元永己さんの話に

「ソーシャルで学んだとおりだ!」

「ソーシャルで学んだから、きっとこれでいいと思う」

など、「ソーシャル」という言葉がたくさん出てきたこと。

そして

彼女たちが自信を持って、学んだものを活かそうとすることで、NPO法人あいちかすがいっこの活動が前進していること。

この二人は、ソーシャルで何を学んできたのかなぁ~?

それがきっかけでした。

春日井を中心に瀬戸市や名古屋市にも、受講生はたくさんいらして、日々の活動や生活に活かしていらっしゃいます。

隣に政令指定都市の名古屋市があるので

「名古屋はどうなってるの?」

と一瞬気にしつつも

「私たちの市では、こんなふうになっているといいと思うし、そうしたい! だから、こんな活動をしていきたい」

と、自分たちで一歩ずつ歩んでいるソーシャルの卒業生のみなさん。

どんなことを学ばれてるのー!?と気になって、今年は、学ばせていただいています。

今年は、金山と、新栄と知多会場の3カ所。

都合が悪い方は、他会場でふり返られたり、Skype受講されたり。

IMG_7527.jpg

「世の中がこんなふうだったらいいのにー!」

という想いは、色々ありますよね。

家と職場の間に保育園があったらいいのに。

病児保育も、どこの園でも見てもらえたらいいのに。

名古屋市みたいに、小学校の授業が終わってから18時まで学校で子どもを見ていてくれたらいいのに。

でも、思い通りに行かないこともたくさん。

それは、決して行政の窓口の人がお仕事をさぼっているということでもなくて!

行政の仕組みだったり、制度が整っていなかったり…という理由も大きいわけです。

ソーシャルプランナー支援者養成講座は、こういう仕組みや、歴史、現状などを学んだうえで、

「では、あなたができること、したいことはどんなこと? それは、どのようにしたらできる可能性があるの?」

ということを考えたり、実践にうつしたりできる講座なんですよ。

IMG_7526.jpg

かわのゆみこさんは、すでに16年も、NPO活動を続けてこられました。

今から16年程前と言えば、いろいろな団体がNPOとして活動するようになってきた初期の時代ですよね。

初期の時代は、いろいろと悔しい想いもたくさんされたそうです。

これから子育て支援や街の活性化に活かそうとしている受講生に、その経験もたくさんお話くださいます。

実際に、子育て支援をされている方とか起業している(または、しようとしている)人ばかりでなく、普通のお母さんも受講されています。

子どもが育つ過程には、行政を始め、地域と関わることはたくさんありますよね。

今、目の前に見える制度が、どのような背景で、どのような経過を経てできているのかを知ることで、世間の声に振り回されず、自分の頭で考えて行動できるようになりますものね。

なんかすごい講座だな~と、毎回、受講するたびに思います。

通年で13回、1回は10時から14時まで4時間の講座です。

なので、今後の募集は、来年度スタートのものになると思います。

子育て支援をされている方、ママの心を軽くしたい思われている方、ベビー系の講師をされている方々や地方議員さまたち、受講されるのをおすすめします。

理論だけなら、内容を語れる方はほかにもいるかもしれません(支援に詳しい大学教授とか)

でも、ゆみこさんの16年もの活動の中から発せられる言葉は、本当にわかりやすく、身近なのです。

気になる方は、ゆみこさんのブログをチェックしていてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
● 子育てが終わりそうな、ちょっと先を見ることが、とても楽しかったです!

こんにちは。三浦真弓です。

1学期には、いろいろな学校や生涯学習センターで、講座をさせていただきました。

毎年、キャリア教育として「魔法の質問」を授業に取り入れてくださっている、名古屋市立神丘中学校にも、お邪魔させていただきました。

IMG_7630.jpg

右側にいらっしゃるのは、成人教育副部長の麦沢圭子さん。

天白区のmama’s stationを主催されたり、ママのホンネ研究所の所長として活躍されています。こういう方が、PTA役員って、心強いですね。

今回の講座のタイトルは

「思春期・反抗期の子どもを育てる理想の母親像とは?~子どもの自立心を育てつつ、子離れをしていきましょう」

そうです~。

中学生のママ向けには、子離れの話をさせていただかなくては。

1471394163448.jpg

巷には、

「こんなふうにママが(マネージャー的に)頑張ったので、子どもがこんなにも素敵に育ちました」

という話が多いです。

でも、ほんとにそれ、ステキなのかな?と、長い中学校の保健室の先生時代に思っていました。

世の中で大活躍されている人は、たとえば

・5歳から○○していました。

・親が毎日○○してくれていました。

という話が、よく伝わってきますものね。

でもですねー。

その一方で、小さいときから、親があーだのこーだのとかかわりすぎたために、関わられたことが大嫌いになっていたり、突発的なことが起きたときに、自分で対応できない人に育っていたりすることも多いのです。

まさに、保健室では、頑張るチカラが出ないお子様たちと過ごしていたと言っても過言ではないくらいです。

子どものために、良かれと思って、あれこれしてあげたい気持ちはわかります!

その上で、

「そうはいっても子どもに任せることができることもありますよねー!」

「そろそろ、お子さま120%の視点を、減らしていきましょうね♪」

という話を、いろいろな事例を入れて、お話させていただきました。

1471394263065.jpg

ちょうど、お子様たちは期末テスト中だったようですが、教育熱心な家庭が多いと言われる名東区だけあって、60名を超えるお母さまたち!

IMG_7628.jpg

熱心に、ワークにも参加していただきました。

IMG_7627.jpg

すっかり子育てから手を離してしまうには、少し早いかもしれません。

でも、ワークをしていただきながら、

「こういうことは、自分がかかわらなくてもよいのかもしれないね…」

ということにも気づいていただきました。

「小学校の弟が、まさに、説明通りの行動パターンになってきたので、思春期に入ってきたところなんだと、よくわかりました」

と、ご兄弟の理解にも役立ててくださったかたもいらっしゃいました。

「子育てが終わりそうな、ちょっと先を見ることが、とても楽しかったです!」

というお声と笑顔をたくさんいただきました。

無我夢中で子どもに向き合ってきて、中学校に入学し、あぁ、3年後は高校受験が!と思うと、親としては、まだすべきことがたくさんあるように思われるかもしれません。

でも、子どもも成長してますから♪

徐々に関わり方を、変えていきましょうねー。

ご参加、ありがとうございました。

「わが子の学校でも講座を~ぜひ!」というご依頼やお問い合わせなど、お待ちしております。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● いいお母さんを目指すのをやめたのは、いつだったかなぁ…

こんにちは。三浦真弓です。

昨日は、和久田ミカさんが名古屋に来てくださって、子どものこころのコーチング講座の後編が開催されました。

IMG_8387.jpg

まずは、ランチタイムの懇親会から♪

IMG_8382.jpg

飛騨牛をたれ&出汁入りのとろろでいただきました。

IMG_8379.jpg

お腹を満たして、いざ、講座♪

IMG_8386.jpg

子どもとの関係の中で、どのように安心感を作っていくのかというのがテーマです。

お母さんが「いいお母さんであらねば!」「いいお母さんでいよう」と思っていると、子どもをコントロールしたくなります。

そういえば、私も、長女が生まれたときには

「頑張っていい子に育てるぞー」

と気合を入れていました。

それを口走って、夫に

「頑張って子育てするって、なに(ノ゚ο゚)ノ」

って言われていたな…

(にもかかわらず、そのリアクションに逆ギレしていた私…汗)

でもですねー。

よくよく考えると、私が保健室で対応してきた生徒たちは、周りの大人からの期待がありすぎだったり、逆に、無関心のままにおかれていたりした子どもたちだったんですよね。

私は、保健室にやってくる生徒たちにかかわらせていただきながら、自分の子育てを振り返らせていただくことが多かったように思います。

一般的には、子どもがスーパーや公園など、人目のあるところでギャーギャー騒ぐと

「どんなしつけをしているの?あの親は…」

という目で見られているのではないかしら?なんて気になりますし。

ちょうど、今、オリンピックや高校野球真っ最中ですが、活躍している選手がどのように育てられたかなんてことも話題になりますし。

すでに、40歳を超えたイチロー選手のことだって、すごい結果を出すと、未だに、親がどう育ててきたのかって話題になることもありますものねぇ…

親が何をしてきたか!?しているか?は気になりますねー。

でも、具体的に、何をしたか?の前にできる大切なこと。

「子どもが何を考えて、どうしたいと思っているのかを聴いてあげること」

とても大切です。

子どもの年齢が小さくても、何を訴えようとしているのか、大人の側が聴こうという姿勢があることがとても大切です。

ミカさんの講座は、このことがとーってもよくわかる講座です。

子どもの気持ちや思っていることを受け取る。

それだけなんだけど、それがとても大事。

実際に、今回のミカさんの講座を主催してくださった、サトウ式リンパケアのサマンサ先生。

IMG_8389.jpg

サマンサ先生、普段は、シャキシャキ対応がお得意ということですが…

お嬢様のお話をじっくり聴かれたら、これまででしたら問題になりそうだった話題も、なんの問題もなく、受け取ることができたとか。

すてきですね~(*^_^*)

聴く・受け取る以上に、子どもの気持ちを代弁してあげちゃったり、承認しすぎちゃったりすることも、日常にはあることでしょう。

でも、それも、やりすぎるとヘンな「ブラック承認」なるよね~と、サマンサ先生と一緒にグループワークで盛り上がり(*^▽^*)

ただただ、聴くがよいみたいです。

IMG_8383.jpg

講座が終了して、リラックス~なミカさん♪

子どもも成長して、親の意見に反論!してくるようになると、なおさらいざというときには聴いてあげないとね。

お子さまが、小さいうちから、学びにいらしていて、インストラクターとしても学ばれている産業カウンセラーのモカちゃん。

IMG_8377.jpg

お子さまが5歳~。

他にも、お子さまが1歳とか3歳だったり、お孫さん育てに役立てようと参加されていらしたり!

小さいお子様に関わる方々が「聞く・聴く」を学ばれていいなぁと思います。

IMG_8388.jpg

ミカさんの講座は、とても心に寄り添ってくださるけど、共感しましょうの嵐というわけではないんですよー。

ママたちがどのように感じて、どのようにこの先関わっていくとよいかな?を、自分で考えることができる「コーチング」の部分たっぷり。

きっと、参加された皆さんは、

「じゃぁ、我が家の場合は今日からどうしようかな…」

と思いつつ、家に戻られたんじゃないかなと思います。

ママたちが、自分で考えて一歩を踏み出すことが大事ですものねー。

サマンサさん、ミカさんを名古屋に読んでくださって、ありがとうございました(*^_^*)

ミカさんは、また、来年も名古屋に来てくださるそうなので、ぜひ、チェックしていてくださいね~。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 子どもの成長ははやい~すでに、孫をみているような心境か!?笑

こんにちは。三浦真弓です。

昨日は、Wまゆみのおやつ会でした~。

昨日のおやつの目だまは、村松万友美さんの相方さんのご実家でつくっていらっしゃる、とうもろこし。

IMG_8366.jpg

そして、この後、いらした方が持ってきてくださったわらびもちも、とろけそうな柔らかさで、とてもおいしかったです~(*^_^*)

万友美さんのお子様たちは、すくすく成長中。

おねえちゃんは、お絵かきがマイブームなのかな~。

IMG_8367.jpg

会うたびに、いろいろな絵を描いています。

そして、だんだん絵の顔が人らしくなっています。

妹さんは、そろそろ7カ月かなというくらいですが、どんどん自分で移動中。

1471567321836.jpg

めっちゃ、かわいい~(*^_^*)

すでに、おばあちゃんクラスの心境です。

最近は、少人数のことが多いので、いろいろ社会情勢についても、話をしていたりします。

保育園の待機児童のことだったり、町の過疎化のことだったり。

名古屋市内は、一応、待機児童は0人となっています。

でも、兄弟姉妹で、別々の園に入れていらっしゃる方もあるんですよね。

そうそう、あとから来てくださった方も、ご兄弟姉妹で別の園に入れていらっしゃるということでした。

自分の市はどうなっているんだろう? どうしてこういう方針なんだろう?ということも、他の市町の方のお話を伺うと、今までとは違う側面が見えてくることもあります。

開催場所の金山は、JRでも名鉄でも、市バスや地下鉄でも、いらしていただきやすい場所です。

もちろん、車の方も、周りにはコインパーキングがいっぱいありますよ。

ぜひ、おやつを食べながら、モーハウスの授乳服をみたり試着したりしながら、子育てにまつわることや、自分自身のことなど、お話しましょうね~。

9月は7日(水)10時から13時を予定しています。

どうぞ、お出かけくださいねー。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ゲーム機でもインターネットにつながるというのは、親の常識になってるかな?

こんにちは。三浦真弓です。

お盆があけましたね。

普通にお仕事に戻られたご家庭も多いと思いますが、子どもたちはどうでしょうか?

宿題は順調に終わらせているかな?

ちなみに、ポケモンGOの熱中具合は、どうなっているでしょうか?笑

IMG_8340.png

お昼に買い物に行って、ゲットしました(笑)

このスーパー内でも

「位置情報を利用したゲームは、必ず立ち止まってご利用ください」

と、店内放送がかかります。

なんとなく、みんながやっているかのような印象がありますよね。

そんななか、昨日の中日新聞に、こんな情報が載っていました。

「ネット接続はゲーム機でー小学生の主流にー」

IMG_8338.jpg

知多半島にある、阿久比町立阿久比中学校の生徒会が、町内の小学生4年生から中学生にアンケートした結果です。

阿久比町は、私の実家がある半田市の隣の街です。

冬から春にかけて、田んぼでレンゲを育てて、それにより田んぼの土を栄養豊富にして育てた阿久比米が有名♪

つまり、のどかな田んぼが広がる地域ではあります。

のどかな町でも子どもたちは、ゲーム機でネット接続をしているということですね。

「パソコンは心配だけど、ゲーム機なら大丈夫よね」

と、初期のゲーム機育ちのママやパパは思っているでしょうか。

今は、ネットに接続できて、いろんなことができるんですよ。

お友達と通信できたり!

知らない人と「すれちがい通信」でポイントがたまったり!

パソコンではブロックしている、Hな動画を見ることができたり(///∇//)

色々できちゃいますよ。

おうちでは、ブロックしているから大丈夫だと思っていても、FREE-Wifiの場所でいったんブロックが外れた後、いえに帰っても外れっぱなしになっちゃう場合もあるんですよ。

「スマホ持たせてないから、大丈夫~」

と安心しきらずに、子どもに持たせているもので、どんなことができるのか、知っておきましょうね。

たまには、お子様に借りて、いろいろ触ってみてもいいかもしれませんよ~。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 半田、よいとこ~一度は、おいで~(*^_^*)

こんにちは。三浦真弓です。

私の実家は、愛知県の知多半島にある半田市です。

先日、高校時代の同級生で、カナダ在住のお友達が帰国されました。

IMG_8299.jpg

お土産にいただいたチョコレート♪

そのお友達を囲んで、半六邸にてランチ会が開催されました。

半六邸というのは、江戸時代から海運業、醸造業でさかえ、代々地元の発展に貢献した名家、中埜半六家の母屋だった部分です。

そちらに、今は「おとうふ湯葉いしかわ」というお豆腐屋さんのレストランが入っていて、食事をすることができるのです。

懐石ランチ♪

IMG_8291.jpg

ザル豆腐もおいしそうだったけど、こちらを選択。

IMG_8292.jpg

田楽!

IMG_8295.jpg

天ぷら(野菜やエビだけではなく、ゆばもあったよ!)

IMG_8296.jpg

豆乳ぷりん!

IMG_8297.jpg

あと、ごはんとお味噌汁、食後の飲み物もあって、大満足~。

お話にもたくさんの花が咲いて、とても楽しい時間を過ごしました。

お腹がいっぱい&この辺り久しぶりということで、周辺をお散歩しました。

半六邸が「中埜半六家」(なかのはんろくけ)の母屋だったのですが、この「中埜家」は、中埜酢店の中埜。

中埜酢店って、ミツカンのことです。

(今ではミツカンですらなく、mizkanと書くそうな~)

本社の写真は撮り忘れましたが(笑) 本社の横には、MIZKAN MUSEAMが。

IMG_8310.jpg

なぜに、アルファベット…と思わなくもないですが、以前は、酢の里と言って、酢ができるまでを知ることができる博物館がありました。

リニューアルされた建物です。

お盆期間は、休館でしたが(涙)

そして、その建物をぐるっと回ると、半田運河に栄えるミツカンの建物。

IMG_8312.jpg

IMG_8314.jpg

ここでつくられた酢を、船で運ぶのに運河は便利ですね。

半田運河沿いには、同じく発酵技術を生かして、みそ、たまりしょうゆなどを作っているキッコートミの建物も。

IMG_8316.jpg

醸造の技術で、お酒も作っていました。

IMG_8317.jpg

国盛(くにざかり)です。

このあたりは、子どもの頃に自宅から父の実家方面に向かうとき、よく通過していたエリアです。

もともと、お酒の工場とか、酒蔵とかあったのは知っていましたが、こうして、整備されるとさらに素敵です。

5年に一度開催される半田山車まつりでは、市内の山車が31台、この周辺に集まります。

そういう理由もあって、このエリアは、以前から電線が地下に入っていました。

それもあって、景色がすてきなのかな~。

空に、余分な線がなくって。

半田山車まつりは、5年に一度開催されます。

次は来年、2017年みたいですよ。

知多半島の真ん中にある半田市。

ぜひぜひ、お出かけくださいませ~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● NPO法人あいちかすがいっこの代表が、中日新聞「この人」に!

こんにちは。三浦真弓です。

昨日、2016年8月14日の中日新聞朝刊の3面「この人」に、NPO法人あいちかすがいっこの代表である、内田朋代さんが掲載されました。

IMG_8336.jpg

ご自身の、初めての子育てで感じられたいろいろな問題を、自分の身の丈にあったサイズからどんどん解決していこうと歩みを進めている朋代さん。

子育てサークルから、春日井市内の子育てサークルの情報を取りまとめて発信していくNPO法人あいちかすがいっこの設立へ。

朋代さんの活動の歩みについては、2年程前にインタビューさせていただきました。

HPにアップしていますので、どうぞご覧くださいね。

この3月には春日井市が宣言した「子育て宣言」の発表の場にも、同席していました。



左が、代表の内田朋代さん。

右は副代表の松元永己さん。



中央にいらっしゃるのは、春日井市にてすでに17年近く前に、NPO法人あっとわんを立ち上げられ、子育て支援をしつづけていらっしゃるかわのゆみこさん。

かわのさんには、何かとお世話になっております。

春日井市はもちろん、周りの市町をも巻き込んで、子育て支援の輪を広げ、実りあるものへと作り上げているところです。

これからも、NPO法人あいちかすがいっこの活動への応援、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)