元保健室の先生が教える思春期・反抗期の子供の育て方・見守り方

保健室教諭19年の経験を活かして、思春期・反抗期の子供の育て方・見守り方をお伝えします。
月経、射精などのカラダの変化から、イライラ、モヤモヤなどココロの問題まで、思春期の子供の成長に関して、学んで子育ての不安を解消しましょう。

NEW !
テーマ:
● 子どもの体幹を育てつつ、ママも家事ができるおんぶの仕方!のようです♪

こんにちは! 三浦真弓です。

最近、何かと「体幹を鍛える」という言葉、聴きますよねー。

リオオリンピックで多くの階級で金メダルを取った女子レスリングの志學館大学。

体幹トレーニングをたくさんしていると放送されていたのをみたことがあります。

負荷をかけて足腰を鍛えるにあたり、仲間をおんぶして、坂を登っていました。

ただ、重いものをもって負荷をかけるよりも、少しでも動く可能性のあるもの(おんでいる人)で負荷を与える方が、トレーニングになるのですって。

なんとなく、わかるような気がします。

先日、育児ナビゲーターあんどうひさこさんのお宅で付箋ワークをしたときに、お子様を面白いおび方されている方がいらしたのです。

長いさらしでおんぶされていました!

写真とってくるとよかったのですがー。

さらしで、赤ちゃんをおんぶしているんです。

赤ちゃんの脇にさらしが通っていましたし、おしりもさらしで支えているので、落っこちることはありません(あたりまえ 笑)

ママの背中にもピッタリでしたしね。

よく見る、海外製のようなおんぶグッズですと、そのグッズ内で、赤ちゃんの背中が丸まっていることありますよね。

赤ちゃんが落っこちないのはよいのですが、背骨や内臓の成長は気になるところです。

さらしおんぶですと、赤ちゃんの背中はまっすぐですし、何より、赤ちゃん自身も、無意識だけど、よい姿勢にしていることを心がけるような感じです。

赤ちゃん自身の体幹が育てられるようなのです。

どんどん色々な研究がされていきますねー!

そのさらしおんぶの体験会が、豊明市のあんどうひさこさんのお宅で、開催されるようですよー。

さらしは、防災避難グッズにいれておいたら、おんぶもできるしスリングの変わりにもなるし、切ったらオムツにも!

自分のセミナー開催日でなければ、ぜったい、参加していたと思う~。

そして、保健の先生をしていたら、運動能力の高い、特に、体幹の軸のぶれない生徒の保護者さんに

「赤ちゃん時代、どのようなおんぶやだっこをしていました?」

って調査すると思います!

それくらい、なんかいいなぁ~とピンと来た「さらしおんぶ」

ご興味のある方は、ぜひぜひ、ひさこさんのお宅にお出かけくださいねー。

(豊明市といっても、名二環の有松インターから、10分も走るか走らないかくらいですよ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 【募集開始】性のメールセミナーを作りました

こんにちは 三浦真弓です。

お子さまと性の話ができるようになります。今まで、性の話をしてきていなくても大丈夫。

今からでも、ちゃんと話せるようになります。

お子さまから、急に性の質問をされても!

あわてずに、お返事できるようになりますよ。

IMG_9890.png

性の話は、聴かれたことは全部話してあげないと! 正しく伝えないと!という想いでいました。

それでいて、どう話すと、全部話したことになるのか、ちゃんと伝えることができるのか、わからずにいました。

今日のお話を聞いて、できることからでも、よいように思いました。

赤ちゃんができる方法も、全部話さなくていいんですね。

まずは、伝えられることから順番に、伝えて行こうと思います。

今まで、子どもからの質問は、答えられれば答えて、答えられないときはかわす感じで過ごしてきました。

これからは、ごまかせないなと思っていたので、今日のお話は参考になりました。

話せることからでもよいと聴いて、安心しました。

パパにも協力してもらいながら、できることから伝えていこうと思います。

自分の幼少期に、これだけ母親がきちんと教えてくれていたら、戸惑うこともなかったのに…と思うことばかりでした。

ので!

我が子にはきちんと向き合いたいと思いました。

「性のことは、子どもにどのように伝えていくとよいのか?」というのは、ずっと頭の中にあったので

今日は、とてもよい勉強になりました。

すべてを語らなくてもよい。

とにかく、子どもと会話を続けることが大切というのが、一番心に残りました。

わかりやすい事例も多くて、楽しい講座でした。

ありがとうございました。

実際に、家庭で実践できる内容が多くて、嬉しいです。

子どもからの質問に、どうしたらよいのか困ることが多かったのですが、今の私でも、できることがあることがわかりました。

完璧に話さないといけないと思っていたので、助かりました。

できることから、伝えていこうと思います。

私たち親世代が子どもの頃は、親や先生、周りの大人から性の話をきくということは、とても少なかったです。

なので、子どもから急に性の話を振られると、ドキッとしてしまいます。

そして、慌てて、適当なことを言ってしまうんですね。ごまかすこともあるでしょう。

でも、大丈夫です!

お子様からの性の話も、普通に話ができるようになります。

まずは、できることから、お子様と話をすればよいのですよ。

少しだけではだめですよね?全部話しておかないと、混乱したり、足りなかったりして困りますよ?

そんな心配もあるでしょうか。

でも、全部を話さなくても、大丈夫なのですよー。

IMG_9889.png

今の子どもたちは、学校で学ぶ場面があります。

小学校3.4年生には保健の教科書があります。

多くの学校では、4年生の1学期に男女のカラダの違いを学びます。

5年生の理科では、子宮の中で育つ胎児の様子を学びます。

そのタイミングを利用することができます。

日常生活で、子どもがどのようなときに、性に関係する発言をするのかわかっていたら、返事を考えておくことができますよね。

そのために、事例もたくさんご用意しました。

メールセミナーの内容です。

・性のお話で使う言葉を、増やしていきましょう。

・子どもからの、性の話題に対応するために。

・性的な器官について(名前や洗い方など)

・プライベートゾーンについて

・あかちゃんは、どうやってできるの?に答える

・SEXについて(からだのしくみ)

・中学生のSEX事例より(子ども部屋編、性的な自立編)

・思春期の性に関する感情や性欲

・避妊や性被害の防止について

・子どもが自分の性器を触っているかも?というとき

・思春期の子どもへの性的な配慮について(お風呂や寝室問題、性的な成長にたいして)

・男女平等という言葉と性

・日常生活で出会い育てられていく性に関する感覚(性情報、TVドラマ、ネットの情報など)

・周りの人々と協力し合い育てていく性の感覚(家庭環境が気になった事例編、悪ふざけ編、地域とのつながり編)

・性に対して明るいイメージを持てるために(性的な成長のためのからだ作り、誕生日)

・家族全体で愛情を育てていく

・日常の情報をもとに性の問題について親子で考える(価値観、アンチエイジング? 学歴社会、不倫ニュース)

・性に関する講演会などで多くいただく質問のQ&A(生理の説明、家族間の問題、性に関する情報、性教育におススメの本)

となっております。

具体的には…

・月経を子どもに質問されたら?
・セックスをどのように伝えたらよい?
・性器のあたりをさわっている子どもに、何と声をかける?
・TVや映画などの、思いがけないHシーン、どうしたらよい?

・いつから、兄と妹はお風呂(お部屋)を別に?
・男子の性的な成長に、母親はどのように関わったらよい?

・グラビア雑誌、Hな動画などと子どもの関わりについて
・保健室の先生時代にあった出来事などから
・もしも、わが子が援助交際やJKビジネスに関わっていたら?
・将来に向けて、親として伝えておきたいこと

などを中心に86通お送りします。

実際に、ご家庭でお子様との間で使っていただけるメールセミナーです。

IMG_9888.png

お子さまからの質問にあわてず、そして、親として堂々と答えられるようになります。

性の話を、お子さまとできるようになります。

つまり、これからの人生、生き方についても、話ができるようになります。

性的に成長していく子どもとともに、親として成長していくことで、子どもをひとりの人間として、一対一の立ち位置で接することができる。

86通目が届く頃には、そのような想いになっていただけるように、毎日、ワークが入っています。

子どもからの性の質問に、もう、あわてない!

どぎまぎせずに、答えられる♪

そして、何より、自分自身が生まれてきたことを大切に思うことができる。

このような親子の関わりをしていただきたいという想いでまとめた、メールセミナーです。

IMG_9891.png

パパの精子がママの卵子に届く過程など、普通に話ができるという方には、あまっちょろい部分もあると思いますので、お役に立たないことでしょう。

性器のこと、なんて子どもに伝えたらよいかしら?

どうやったら赤ちゃんができるのかなんて、説明できない…

息子の部屋で○○○○○を見つけたけど、どうしたらよいのかわからない、彼女がいるのかすら知らない…

と言う方に、お役に立てる内容です。

メールセミナーには、毎日、宿題ワークがあります。

できるだけチャレンジしてみてください。

そして、お届けする内容について分からないことは質問していただけます。

今回の性のメールセミナーは募集期間が2月23日から3月10日までです。

ご入金を確認させていただき次第、1通目をお送りいたします。

そしてそのあとは、2日おき(午前8時)の配信となります。

2日に1回届くメールセミナーを読んで、ワークを考えたり行動してみたりしてくださいね。

お申込みくださると、自動返信メールが配信されます。

mayumi@coaching-mam.comからのメールを受け取ることができるようにしておいてください。

金額は2万円です。

お申し込みは、こちらからお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自分のお子様にあった「性」の伝え方を考えるヒントをたくさん用意しました。

こんにちは! 三浦真弓です。

急に「妹か、弟が欲しい~」「赤ちゃんはどうしたらできるの?」と子どもに言われると、どきっとしますタイプですか?

それとも、全然、照れずに、事実としてお話ができるタイプですか?

私が小学生の低学年の頃は、

赤ちゃんはコウノトリが運んでくる。

かみさまにおねがいしたら、赤ちゃんができる。

と言われていて、それを信じていました(///∇//)

そして、6年生になったとき、お友だち(女子)に

「あかちゃんって、どうしたらできるか知ってる?」

と聴かれて、知らない~と言ったら、

「こんな感じのことをするんだって…」

と、隣で話を聴いていた、少々やんちゃな男子にむかって、正面から抱きつくようなしぐさをしました(ノ゚ο゚)ノ

「ん???」

と思っていると、その男子が

「何のこと言ってるのか、わかったぁ~(〃∇〃)」

と言いだして、その二人で盛り上がっていました…

そして、私は、なんのこっちゃかわかりませんでしたけど

「プールで男子と正面からぶつかると、やばいんだな」

これくらいの意識でした(笑)

多分、この話の前に、キャンプがあって、月経の話も聴いていたと思います。

でも、そのときに聴いた話すら、ちんぷんかんぷんだったので、月経の話があかちゃんにつながるとは、あまり思っていなかったようです。

今の子どもたちは…

4年生のほけんの授業で男女の身体の違いを学んだり、理科であかちゃんが大きくなる様子を学んだりします。

宿泊研修(キャンプや修学旅行)の前には、女子向けに、月経のお話もあることでしょう。

でも、それと、自分がいつか出産するかも、お父さんになるのかも、という話につながるかどうかはわかりません。

一度性の話を聴いたからと言って、身につくとは限りません。

普通のお勉強も、何度も聞かないと、理解できないこともありますよねー汗

性のことは、命に関わること。

ですから、日常生活に関わることです。

日常生活の中に、性の事を伝えるヒントはいっぱいあります。

残念ですが、18歳未満だと知りながら、お金を渡してみだらな行為を…みたいな、報道もありますね。

日常生活の話題の中に、性に関することはたくさんあるので、子どもからも、急に質問されることもあることでしょう。

お子様の様子にあった「性」の伝え方を考えるヒントをたくさん用意しています!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 思春期のお話はすごいリアルでした。

こんにちは! 三浦真弓です。

昨年、NPO法人あいちかすがいっこの「子育て支援者養成講座」で子どもの成長について、お話しさせていただいたときの感想です。

これから、思春期に向かうお子様の様子を思い出しながら聴いてくださったことが、よくわかります!

IMG_9446.jpg

ギャングエイジ、まっただ中です。

三浦先生のお話を初めてお聴きしました(お聴きしたかったのですが、仕事などタイミング合わず…)

思春期のお話は、すごいリアルでした(うちの娘は、一人でも何も思わないような子です)

ギャングエイジ(笑)も、自転車で遠いおうちのお友だちと遊ぶために、遠征することも。

小3の子が徐々に反抗的な言葉を使い始め、寂しい限りです…

弟の事も面倒に思うこともあり、ケンカに発展することも…

いろいろな顔があるというのも、よく言われます(娘は学校では委員長などリーダーシップ、なんでもやる)

家ではなーんにもせず弟たちにさせようとばかり…

これから成長するにつれ、対応を少しずつ考えてみようと思います。

昨日も「ママは言ってることが違う!!」と反抗しました。

Cさん、ありがとうございます。

感想に書いてくださったこと、一つ一つ、思春期の入口のお子様の様子そのものですね!

ここを

「最近、生意気になってきたなー」

で、ざっくり子どもを見るか、それとも

「今までと、こういう点が変わってきたなー。この先、どんな行動になる?」

と子どもを見るかの違いは大きいのです。

注意深く見ていくことで、

「この件は、もう、子どもに任せても大丈夫なんだな」

「この件は、まだまだサポートが必要だなー」

ということがわかっていきますよ。

そんな分岐点にたつ子どものこと、理解しにいらしてくださいね(残席3です)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● お子様の学校では、色覚検査をしていない学校が多いです。

こんにちは! 三浦真弓です。

今日の中日新聞朝刊に、色覚検査のことが載っていました。

IMG_0410.jpg

中日新聞のネット版でも出ていますね。

私が保健の先生になった頃は、春の定期健康診断で色覚検査をしていました。

途中から、なくなりました。

理由は、色覚検査で異常が見られた生徒がいじめの対象になることがあったり、異常といわれても日常生活には問題がない場合が多かったりするからです。

ただ、先日、息子の小学校で開催された「学校保健委員会」でうかがった眼科医の先生のお話によれば…

色覚異常の程度にもよるけれども、就職する段階になって、色覚異常がわかり、就職に困る人が出てきたという事実があるとのことです。

色のびみょうなグラデーションを表現したい業界や、命に関わる職種では、仕事に就けない場合もあることでしょう。

そのことを、就職する時点でわかるようでは、残念なので、希望者については、検査をしてもよいのでは?という眼科学会の見解です。

一方で、一斉検査による色覚検診によってつらい目に合われた事がある方々は、一斉検診が復活することを反対されています。

立場が違うので、違う意見が出て当然だと思います。

ただ、私は自分の身体がどのような状態であるかを知ることは、大切だと思っています。

飛行機が大好きで、パイロットになりたい!と頑張ってきて、それが色覚異常があると言うことでなれないとわかったら…

もし、早いうちにわかっていたら、違う進路を考えたかもしれないのに!

そういう想いになるのもわかります。

色覚の異常は、遺伝性のものです。

母親は色の見え方が正常であっても、原因を持っている可能性がある場合があり、そうなると、男子が産まれてきたときに、異常が出る場合があります。

(詳しくは、日本眼科医会のサイトを見てください)

ですから、

おじいちゃんに色の見え方が異常と言われた人がいるとか、いとこで言われた人がいると言う場合は、眼科医で検査してもらってもよいですよね。

自分を知るという大切な事だと思います。

遺伝性だからとはいえ、親が責任を追いすぎないことも大切です!

身長が高いとか低いとか、足が速いとか遅いとか、頭がいいとか悪いとか?も、冗談で

「親の遺伝だわー」

なんて口走ったことありますよね?

もちろん、これらのことと、色の見え方の遺伝とは、大きく違う部分もあります。

ただ、そういう自分を受け入れて、人生を歩んでいかないと行けないという部分では、同じだと思います。

家庭でまず、できること!としては、気にかかることがあるようでしたら、検査を受けてみる。

検査を受けて、異常の程度を知る。

その上で、日常生活や進路について、何事もなければ、これまでどおりの生活を送られたらよいと思います。

遺伝系の話は、自分を責めるお母さんが多くいらっしゃいます。

ご自身を責めすぎないようになさってくださいね。

親子で、この先の可能性をたくさん見つけていって欲しいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 男尊女卑はだめで、男女平等ならいいのか?それも違う気がしますよー。

こんにちは! 三浦真弓です。

一昨日、昨日と、名古屋にて100年愛講座の実践編でした。

IMG_0395.jpg

「新・良妻賢母のススメ」の本を「21世紀に何いってんの~?新たな男尊女卑?」くらいに思っていました(笑)

実践編は理論編に参加されたことがある方のみ、参加することができます。

実践編ということで、身体を動かすワークあり。

IMG_0399.jpg

心を癒すおいしいお弁当あり。

IMG_0400.jpg

なっちゃんのメイクプチ講座あり。

IMG_0402.jpg

盛りだくさんの内容でしたー。

男尊女卑ではなく、性差でわけることなく「平等」にあつかわれるべき!

これからの人生は、お勉強ができることが大事で、それは男女関係ない!

と育てられ、学校生活や仕事をしてきました。

大学入試までは、もちろん、そうなるのでしょうけど、実際問題として、就職ということになると、「?」が生まれます。

就職の後、結婚生活、出産、育児となると、男女平等って難しいですよね。

性差があるわけですから、女性の方が、得意な仕事があって普通だと思うし、男性の方が得意なことがあってもよい。

(男子、女子ってざっくりわけると、それに対して、クレームもあるでしょうが…)

脳だって、最近、脳科学が発達してきたことからいろいろな事がわかってきたようで「男性脳」「女性脳」なんていういい方をします。

そうなると「男性脳」が喜びを感じる「女性のあり方」というのもあるだろうし、「女性脳」がよろこぶ「男性のあり方」もあってよいはず。

知的な能力については、男なのか女なのか?という性差は関係ないでしょう。

だからといって、本来の男性らしさ、女性らしさというところを見ない「平等」は違うような気がしますー。

上手く言えないけど。

昨日の朝、所さんの目がテンという番組で「モテしぐさ」について、話題になっていたんですって。

ゆっちさんが、セミナー前に、ホテルで見ていたそうです。

「モテしぐさ」について…

「そんなしぐさをしてまで、女を表現しないとモテないのか?人柄を見てくれよ!」

という意見もあるでしょう。

一方で

「このしぐさがかわいいって、相手が喜んでくれるのなら、私も嬉しいからするわ♪」

という女性もいることでしょう。

最終的には、個人個人、一人一人がどう感じるかという価値観に行き着くのでしょうけど、男性脳を喜ばせる、女性脳が喜ぶという視点では…

と考えると、モテしぐさもありってことですよね。

私はこれまでの人生で、男女平等、人柄を見ろ!側の人だったので、それはできない人でしたけど(笑)

本来持ったDNAに沿って生きるほうが楽なんだろうな~とも思います。

そうなると、なんでも「平等」扱いになってる場面が多い昨今、大丈夫かなー?

イクメンと言われて、家事もバンバンさせられている(?)パパたち、草食系になっちゃっていないかな~

そんなことが少々気になりつつ、息子をどう育てようか、改めて考えたりもした100年愛講座でした。

気になる人は、ぜひ4月の大阪での100年愛講座に参加してみてくださいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 100年愛講座の内容が、就活家族でかいま見られることに気づきました!

こんにちは! 三浦真弓です。

今日と明日は、名古屋にて100年愛講座が開催されています。

IMG_0380.jpg

大阪のしまこちゃんと一緒に、お手伝いをさせていただきました。

講座内では、しまこちゃんの「お帰りダンス」も披露されました(*^_^*)

IMG_0385.jpg

昨年まで開催されていた「愛され妻講座」から進化した「100年愛講座」

今日は理論編で「男性とはどのような生き物なのか?」ということの理解を深めました。

その中で、男性のプライドの話や、家族や仕事に対する責任感のお話を聴いていて、ピン!ときました。

テレビ朝日系列で放映されている「就活家族」

最近の就活状況ってどんな感じ?

家族全員が就活って何?

と思って見始めたドラマなのですが、学校での出来事がつっこみどころ満載で、つい、見ていたんです(笑)

すでに退職に追い込まれたパパが、家族に「退職した」と言えず…

も~三浦友和、なにやってるんだよー

ちゃんと家族に話さないために、芋づる式にウソの上塗りで、面倒なことになってんじゃん…

そんなふうに見ていました。

でもですね!

100年愛講座的に見たら、男性とはそうなるモノなのでした!

そして、

「えー!? どうしてくれるの? なぜ黙っていたの?」

と正論を振りかざして、ガンガン追求しちゃう黒木瞳は、やっちゃーダメな妻そのものでした。

IMG_0394.jpg

就活について、様子を知ろうと思ったけど、もういいや~と思っていたこのドラマ。

次回からは、男女の特性がどのように描かれているのか?を見るために、見ていこうと思います(笑)

そんなふうに何度も思ったくらいの、今日の理論でした。

黒木瞳も、ゆっちさんみたいに、かわいくプリプリ怒ることができたらよかったのに~。

IMG_0391.jpg

とはいえ、一家の大黒柱が、こっそり退職したなんて聴いて

「え~しらなかったぁ~。もう~おこっちゃうぞぉ~(。・ε・。)」

なんて、いえないか…汗

明日は、実践編ですー!

先日、私も、夫に「カチン!」と来たことがありましたが、反射的に対応したしゃったので、ちょっと反省。

明日の内容が楽しみですっ。

男子も女子も「平等」と学んできますが、身体のつくりはもちろん、ホルモンや脳の仕組みは全然違います。

お互いの特性を理解して、相手に感謝して過ごせると、ハッピーな家庭が増えますね。

そうなると、悩める思春期・反抗期の子どもたちも、落ち着いて生活ができるようになります。

4月の大阪での100年愛講座は、まだ、参加できるようですよー!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 昨日は、息子の小学校最後の授業参観でしたー!

こんにちは! 三浦真弓です。

昨日は、息子の小学校最後の授業参観でした。

体育館で、1年生から6年生までの想いでの劇を見て、歌を聴きました。

歌の間奏を利用して、プレゼントをもらいました。

IMG_0372.jpg

プレゼントは、家庭科で作ったティッシュボックスケース。

前に、どれが欲しいか、調査?(笑)がありました。

なので、クッションを受け取っている方もいれば、エコバックのご家庭も。

近くに座っていたママから

「三浦さんちは男の子だけど、縫い目がキレイだね~」

なんてほめていただきました。

新しい学校だから、ミシンが新しいんじゃないの?とも思ったのですが(笑)

まっすぐぬうことができるように、細かくアイロンをかけて作業したような雰囲気があります。

算数の宿題を見ていると

「おいおい、大丈夫かな…」

と思うこともたくさんあるのですが(汗)

その他にも、作業的なことは丁寧なような気もするので、そういうところをこの先は、活かしてもいいのかも。

クラスでもじわじわと

「○○ちゃん(くん)は受験して、合格したらしい」

なんて話を聴くこともあるようで、姉たちの受験の雰囲気も重なり、多少は「勉強」ということが、意識にあがってきているようです。

とはいえ、勉強するかどうかは、また、別の話です…汗

身体がぐぐっと大きくなる前に、

「うるっっせぇわ」

みたいないい方をする時期がありました。

おお~きたか!反抗期!

とも思いましたが、そのときだけだったような。

中学校に入ったら、また、大きな反抗期時期がやってくるかもしれませんー!

(先日、学生服の採寸・注文に行ってきました)

IMG_0375.jpg

でも、まぁ、母としては、ダメなことはだめーと言い続けるし、もし、力技でくるようなら、負けないつもりだし(体重は 笑)

と、書きながらもよい子でいてくれたら、それは嬉しいとかも思ったりして(*^_^*)

大人に向かっているけど、子どもっぽいところもあるし、まだまだ子どもだと思っていたら、大人びたことを言うし。

そんなことを繰り返しながら、大人に近づいていると言うこと。

私自身も、そうして大きくなってきたんだしなーということ。

子どもの授業参観で、あれこれ頭の中がぐるぐるしていました。

卒業式まで、あと、ちょうど1ヶ月。

小学校生活を満喫してもらいたいモノです!


安心してお子様を中学校に送り出したい方も、こちらの内容はお役に立ちますよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 夫の帰宅が待ち遠しかった(///∇//) 出産5ヶ月後あたり…

こんにちは! 三浦真弓です。

上の二人が受験生で、何かとバタバタしているものの、夫との会話は増えています。

「で、(受験校は)どこにするって言ってるの?」

「結果、どうだったの?」

「え? 同じ大学の同じ学部を何度も受けれるの?」

って、なんとなく、事務的な会話だったりしますが(笑)

ずーっとさかのぼって、夫が帰宅するのが、待ち遠しかった時期があります。

長女の出産後、生後5ヶ月ごろかな。

9月生まれの長女の初めての出産は、なんだかんだと、10月末すぎまで実家にいました。

その後は初めての育児をどたばたこなしつつ…

気づくと年が明けて…

離乳食を開始しないと!のころに、乳児湿疹がひどくなってきたんですね。

アトピーなのか?そうでないのか?

もし、アトピーなら、どんな離乳食を始めたらよいのか?

全然知識はないし、育児書と本で調べまくり。

よくわからないので、手探りで、離乳食をはかりで量って(!)乳児湿疹の観察記録(?)と共に、食べた量も書いておく。

そんなナゾの時期がありました。

今思うと、

いちいち離乳食のグラムを測っていたのか~ヒマだなー

なんて思うのですが、当時は真剣そのもの!

帰宅した夫に、実況中継のように

「こんなのを私が食べた後の授乳で、ほっぺがこんなふうになって、離乳食でこんなのを食べさせたら、こんな感じになって…」

と、矢継ぎ早に語っていました。

夫の夕食中、この報告をすることがまるで使命かのように(笑)

あるとき、夫が

「そんなことじゃなくて、日中、『こんなことしてかわいかった』とか『こんなふうに笑った』みたいなことはないのかー!」

と強い口調で言った後、もくもくと(がつがつと?)夕飯を食べ出しました。。。

え、え、えー

私がこんなに乳児湿疹のこと心配しているのに、なんだよーこいつ!

と思うと共に、確かに、かわいいところなんて、頭になかった…今日、笑ったかな…?

ということも気になりました。

私はたまたま出産後、実家で2ヶ月近く、のんびりさせてもらったし、

乳児湿疹の混乱(勝手に自分が入り込んだんだけど 笑)も、子どもがある程度大きくなってからだったので、一応外には連れ出せました。

保健センターから

「アレルギっ子の会がありますが、来てみますか?」

と声をかけられたときも、出かける先ができたーくらいの気持ちで、出かけていきましたし。

でもでも。

出産後2週間で、自宅にまだいたときに、つらくなってしまったママも。

最初、このニュースを知ったときには

「自宅で、日中、子どもと二人だけだったのかな…」

と思ったのですが、まだ、ご実家にいらしたのだそうです。

もちろん、ご実家にいても、初めてのママ人生ですから、心安らかにいられるかどうかは別の話ですが。

このような悲しい事件を、もう、一人も出したくない!と、乳幼児子育てサポート協会さんでは、アンケートを実施しています。

もう、こたえられましたか?

3日間で694名の方が、お返事されたようです。

私も、ずいぶん前を思い出しながら、答えました!

10000人のママの声を集めて、行政などの関係機関へ、子育て支援の提案をされるそうです。

「まだ、答えてない~」と言う方は、ぜひ、お声をお聞かせくださいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● やみくもに「勉強しなさい!」だけにならないためにも♪

こんにちは! 三浦真弓です。

昨日は、メルマガでご案内と募集をした「愛知の高校について」の講座を開催しました。

IMG_0367.jpg

「公立愛知」と言われるけど、愛知県の公立高校の「複合選抜入試」は、他県からいらした方々にとっては、実にわかりにくい入試方法のようです。

以前からも

「2校受験できるってことは、2校合格するの?それから、行く学校を選ぶの?」

「公立高校の2次募集に行きたい学校があったら、受験していいの?」

などなど、聴かれることがよくありました。

もちろん、入試の方法については、中学の進路説明会で説明があります。

でも、だいたいにおいて、最初の説明会は中学3年生になってから。

その前に知っておきたいことも、山ほどありますよねー。

上記の質問に関して言えば…

複合選抜試験で2校受験しても、合格は1校です。

受験するときに、第1希望、第2希望を明記します。

そのどちらかに合格しているか、どちらも合格していないか(涙)なのです。

また、公立高校で欠員が出た学校や科では、2次募集がある場合があります。

その募集に応募できるのは

「公立高校はもちろん、私立高校にも合格していない生徒」

だけです。

だって、すでにほかの学校に合格しているのに、欠員の出た学校に行きたいからといって受験して、そちらに通うようなことになれば、先に合格している学校はどうしたらよいでしょう。

補欠合格を出す?とか、繰り上げ合格を出す?

などなど、混乱を招きますからね。

その他、高校によっては、内申書重視だったり、当日点重視だったりします(または、平等の扱いもある)。

それは、毎年、発表されます。

学校の定員数も、微妙に増減します。

行きたい学校の定員数が一クラス分、増えると嬉しいでしょうが、減るのはいやですよね(笑)

前の年の様子はわかっているので、参考にされるとよいです。

全然なんにもわからないままですと

「とりあえず、頑張りなさい!」

「入試のために、勉強しなさい!」

になってしまうかもしれません。

でも、

進学希望の高校が入試の配分をどのように考えているのか、それに照らし合わせると、わが子は頑張っているのかどうか?

そんなふうに見ることができると、ちょうど、思春期・反抗期の子ども相手の会話でも、けんか腰にならずにすみますね。

愛知県内には、世界的な優良企業もたくさんあるので、進学・就職には、かえって悩んでしまうという、他県の方から見たらうらやましい?事情もあるかもしれません。

ただ…

世界的な優良企業は、すでに「世界」の企業なので!

地元の学校に進学していたら、それで有利かどうかは、わかりませんよー(笑)

そのあたりは、就活している大学生さんに、確認してみないとですね♪

今回、水曜日なら、学校行事も少ないだろう~と思って開催してみたら、意外や

「学校行事で行けません…涙」

というメッセージが。。。

ということで、今年度の入試結果をふまえることができるであろう(?)4月以降に、また、開催予定です。

4月開催も、こちらの読者様で満席になりそうな勢いなので、よかったら登録しておいてくださいねー!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)