元保健室の先生が教える思春期・反抗期の子供の育て方・見守り方

保健室教諭19年の経験を活かして、思春期・反抗期の子供の育て方・見守り方をお伝えします。
月経、射精などのカラダの変化から、イライラ、モヤモヤなどココロの問題まで、思春期の子供の成長に関して、学んで子育ての不安を解消しましょう。


テーマ:
● 子どもの「行動」だけを、みて、生活に生かしていく勉強会に参加しました。

こんにちは! 三浦真弓です。

昨日は、NPO法人あっとわん代表理事のかわのゆみこさん主催の、行動分析の勉強会が始まりました。

IMG_1032.jpg

昨年の5月、行動分析を専門とされている奥田健次先生の講演会に参加いたしました。

みんな、だれしも、メリットがあるから(または、デメリットを避けるために)その行動をしています。

先日来、ブログ記事に書いている「先輩・後輩シリーズ」も、そうです。

意識しているかしていないかはわかりませんが、

先輩風を吹かせることができる。

先生や、先輩に怒られないようにする。

というように、

自分にとって良いことがおきるように、また、イヤなことを避けることができるように行動しています。

「それで、だれか、困っているの?」

ということがあると

「では、どうしましょうか?」

ということになります。

「○○ちゃんが、あんなことをするのは、実は、家庭環境があんなこんなで、彼女の心の中がいま、こんなふうで…」

という話し合いは、学校に勤務時代、よくしていました。

確かに、生徒の行動の背景を理解してあげることは大切です。

この行動分析では、そういう事情もあるかもしれないけど、それはさておき、行動の部分だけ見ていきましょう!

ということになります。

行動の背景が、例えば、かわいそうだったら、何でもしてよいということではありません。

よりよき行動にかえていく必要があるのだとしたら、どのように変えていくとよいのか。

そのようなところを学んでいく勉強会です。

そういえば、自宅にはこの本もありましたー。

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

親や大人の思い通りの行動をしてくれる子どもを育てるということではありません(当たり前!)

その人にとって、必要な、大切な行動がうまく取れていないとき、どのようにすると、よいのか。

感情論や情緒論ではない(だから叱らなくてもよい)方法を、生活レベルで理解できるよう、学びを深めていきたいと思います。

ゆみこさん、参加者のみなさん、よろしくお願いいたします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「今年の1年って生意気ー! 先輩にあいさつしないんだよ」(`Δ´)

こんにちは! 三浦真弓です。

先輩・後輩シリーズとなってきました(笑)

今日は、先輩の立場のお話です。

中学2年生は、初めて「先輩」という立場になります。

まだ、先輩である中学3年生がいますけど、それでも、新1年生には、先輩風を吹かせたくなる場合があります。

「今年の1年って生意気なんだよ。私たちにあっても、全然あいさつしない!」

なんて、家で言っていませんか?

自分たちは、先輩の姿を見かけると、必ず

「おはようございます!」「こんにちは!」

と声をかけていたのに、今年の1年生ったら…礼儀を知らないやつばかり…

そんなふうに、イライラしていることがあります。

なるほどー。

でもですね、これも、1つ上の先輩にもし聞くことができたとしたら

「あんたたちもそうだったけど、何怒ってるの?」

みたいに言われちゃうこと、ありえます。

自分が気づいたからといって、相手も気づいてくれるとは限らないんですよね。

でも、自分は気づいた、目があった!

なのに、無視した、あいさつしてこない!

ま、あるある。そういうこと。

「そんなに腹が立つんだったら、あなたたちは、3年生の先輩にしっかりあいさつするんだよ」

「してるって!!!」

確かに、自分がちゃんと先輩を見つけたときにはしてるかもしれません。

でも、自分は先輩に気づかなくって、先輩が気づいてくれていたということもありえますけどね…

それに関しては

「気づかなかったんだから、仕方ないじゃん」

え? じゃ、新1年生もそうだったってことはないの???

思春期・反抗期の判断力、思考力は、ときに、冷静ではありません。

「私たちは、先輩になったんだから~」

という眼鏡で物事を見ていることがあります。

おうちの会話では、そのメガネを透明にしてあげてくださいねー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「先輩に、にらまれて、こわいー」も気になりますかね!?

こんにちは! 三浦真弓です。

昨日、先生や先輩に目をつけられることが気になっている新入生のお話を書きました。

今日も、先輩と「目」のお話です。

目をつけられる…にも、やや似ています。

「先輩に、にらまれた。こわいー。小学校の時はやさしかったのに…」

ということも、ときにあります。

お子様が帰宅してから、そのようなことを言ってはいませんか?

1年生だから、学校生活のことがよくわかっていないから、ドキドキ不安なことがあると、そのような気持ちになることがあります。

そして、廊下で出会った、ご近所の○○ちゃんである、○○先輩。

ちらっとこちらを見立て、フン!という感じで行っちゃった…

きゃー! ○○先輩ににらまれた…

どうしようー。

あいさつしなかったからかな…

にこっと笑ったらよかったのかな…

気になりますよねー!

でもですね、これ、先輩の立場になってみると

「え? そこに、△△ちゃん、いたの?気づかなかった」

ということは、いっぱいあります。

そもそも、小学校の時は私服だったり、髪型も自由だったりします。

なので、いちいち顔を見なくても、遠くにいても、

「あれって、△△ちゃんだよねー」

とわかることもあります。

中学校になると、制服です。

新品の制服ですし、髪型も「中学生らしく、華美でない髪型」なんて事になっていますから、みんな、似ていたりします。

ぱっと見て、

「あ、△△ちゃんいる~」

とわかるかな? わからないことも多いんですよ。

しかも、中学校の移動教室のすれ違いだったりすると、急いでいますしね。

お友だちと話をしながら歩いていて、視線がたまたまあっただけということも。

1年生側は

「わ、目があったのに、ちらっと見ただけで、笑ってなくて、こわいー」

と思うかもしれません。

でも、先輩側は、ぼーっと見ていただけかもしれませんよ。

なんなら、ゲームのやり過ぎ、スマホの見過ぎで、あ、いや、勉強のしすぎで、視力が落ちていて、目を細めただけということも。

お子様が

「先輩に、にらまれた…。無視された…」

ということがあったとしても、

「そうだったんだね~。でも、こういう場合もあるかもしれないよ…」

と、色々な可能性を伝えてあげてくださいね。

くれぐれも

「え~○○ちゃん、先輩になったと思って、そんな態度になっちゃったの? やだねー。あなたは、そんな先輩にならないようにね」

みたいに、お子様と同じレベルになってしまわないでくださいね。

子どもの視野を広げてあげたり、視点を多くしたりできるような、声をかけてあげてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「先生や先輩に、目をつけられないように…」なんて言っていませんか?

こんにちは! 三浦真弓です。

そろそろ、新入生の部活動も正式入部となるころでしょうか?

高校生の運動部では、インターハイ予選が始まりますよね。

そんな中、新1年生は、のびのびと部活動に参加できているかしら?

お子さまは、楽しそうに部活動に出かけていますか?

「先輩や、先生に、余計な目をつけられないように、気をつけないと」

なんて、言っていませんか?

特に、中学校では、お隣の○○ちゃん、○○くんだった人が、○○先輩!になります。

1年間、中学校と小学校と別の生活をしていただけで、全然違う雰囲気になっていたりします。

からだも大きくなって、力強そうで、勝手に

「こわいかもー」

と思ってしまうお子様もあるようです。

そうなると

「先輩たちに目をつけられないようにしないとー」

なんて言い出すんですね。

お子さまは、過剰に反応している場合もあります。

ですから、お子さまが「目をつけられないように…」なんて言い出したら

「どんなことしていると、目をつけられるの?」

と聞いてみてくださいね。

意外と

「勝手に部活を休んだら」

「部活の始まりに遅れたら」

みたいな、

当たり前だろーそれは!みたいなことで、緊張しすぎていることもあります。

勝手に休んだり、理由なく遅れて参加するのは、そりゃダメでしょう。

こういう理由で休みますとか、遅れますとか、伝えればいいんだよ。

そうお子様に話してあげてくださいね。

それでも、もやもやしているようでしたら

「ま、いいじゃん。目をつけられたら、お顔に目が3つになるわけだから。

世の中のことがよく見えるようになるかもー」

なんて、ナゾのジョークで笑い飛ばしてあげてくださいね♪

それでも、笑えないような表情をしていたら!

「何かあったの?」

と聞いてあげてください。

中には、先輩になったということで、ちょっと威張りたい人もいるかもしれません。

ま、それもかわいいじゃないですか。

○○買ってこいとか、持ってこいとか、そういうことを言われだして、お子さまが誰にも相談できなくなるようなことに発展する前に!

ぜひぜひ、お子さまに声をかけてあげてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ソーシャルプランナー養成講座11期@金山会場、始まりました。

こんにちは! 三浦真弓です。

NPO法人あっとわん代表理事・かわのゆみこさんの「ソーシャルプランナー養成講座11期@金山会場」が昨日から、始まりました。

IMG_1018.png

金山会場は、金山総合駅から徒歩1分です。

金山総合駅はJRも名鉄でも、名古屋市営地下鉄もバスでも大丈夫!

ということで、今回参加されている方は、

名古屋市内はもとより、刈谷、豊橋の三河の方や、岐阜県の方も!

じわじわ~っと、受講生さんが広がっていきますね。

初日の午前は、皆様の自己紹介に続いて、ゆみこさんがオリエンテーションにて

「どうして、このソーシャルプランナー養成講座開催に至ったのか」

ということを詳しくお話くださいました。

このお話だけでも、行政の方々は、よりよきまちづくりのヒントが、いっぱいあるように感じました。

が! そうは簡単にいかないのよ!

では、どうしたらいいの? 私たち市民は、なにができるの?

ということを、この先、じわじわ~っと学んでいきます。

会場お世話係として、参加させていただきます。

ソーシャルプランナー養成講座は、例えば「明日から、あなたも○○ができるようになる、ナンチャラセミナー」みたいなものではありません。

参加したからといって、急に、社会の仕組みを理解して、一市民としての行動パターンが変わるというようなものでもありません。

だからでしょうか。

「ソーシャルプランナー養成講座って、気になるけど何やっているんだろう?」

といわれる方が多いようそうです。

でも、参加された方は、

ご自身の活動はもちろん、特別何もしてないよ?というママでも、所属しているPTAや子ども会、地域の団体などでの、動き方がよりよくなっています。

そうそう、小さな社会といわれる家庭内の、パートナーやお子様たちとの関係がよくなったという受講生さんも。

12期は9月ごろから、春日井市内で開催されるみたいですよ。

受講された方々に、どのような変化があったのか知りたい方は、ゆみこさんがまとめられている記事をお読みになってくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 4月のWまゆみのおやつ会は27日ですよ~。

こんにちは! 三浦真弓です。

少々風は強いのですが、春の暖かい日差しいっぱいですね。

これからは、お子様連れのお散歩が楽しみになる時期です。

Wまゆみのおやつ会、今月は27日(木)の開催です。

もう一人のまゆみさんである、村松万友美さんは、先日、中日新聞に「声」が載りました。

IMG_0978.jpg

名古屋市内の保育園事情に、とても詳しいです!

事情に詳しいだけでなく、現状をみて、どのようにすることができるか、日常生活の中での工夫もたくさんされています。

そのようなお話から、日常生活のあれこれまで、おやつを食べながらワイワイ話をしています。

もちろん、モーハウスの授乳服も、試着・ご購入いただけます。

これからの時期に必要な、お散歩のためのカジュアルなもの、学校行事などで先生にお会いするときのためのかちっとしたタイプのものなど、いろいろございます。

授乳服のご購入をお考えの方は、モーハウスさんのHPをご覧の上!

商品名やサイズ、色などをご連絡くださいね。

こちらのフォームをご利用いただくと便利です。

今週末21日までにご連絡くださる、27日のおやつ会の時に試着・ご購入いただけますよ。

入場は無料です。

時間は10時から13時。

お好きな時間にお出かけください。

場所はコーチング・ステーション(金山総合駅から徒歩1分。長谷川ビル8階)



金山総合駅を出てからが心配の方は、こちらの道順できてくださいね。

地下鉄から直接ビルにはいることができるのですが、6段くらい、段差があって、ベビーカーでは入りにくくってごめんなさいm(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● そろそろ、親子で視界が開けてきた感じですかね♪

こんにちは! 三浦真弓です。

新年度の学校生活も始まって、そろそろ学校でも通常の授業が行われていることでしょう。

親としても、あぁ~やれやれ、なんとなく新しい生活リズムが身についてきたぞ~というところですよね。

そうなると、周りも見えてくるようになります。

そして、見えてきた周りの出来事に

「なんでそうなってるの?」となることも出てきているようです。

「○○ちゃんって、どうして○○高校に合格したのかしら? そんなにお勉強できたのかしら」

(知りませーん)

「○○中学って、たくさんの人数が○○高校に通っているらしいんだけど、名古屋市内の中学校って名古屋市立高校に合格しやすいの?」

(そんなわけないです。高校入試は公正に行われています。

なんなら、たくさんの人数がある中学校から合格している愛知県立高校もありますよ。

たくさんの人が受けただけではないかな?)

「○○くんって、部活に入っていなかったのに推薦もらって受験したんだよね。なんで?ずるくない?」

(ずるくないです。部活動の県大会出場以上という条件の他にも、たくさんの条件があります。

それに、かなっていれば、推薦されることはあります)

ほんの一例です。

確かに気になりますよね。

我が子はコツコツ勉強していたと思うのに、○○高校進学。

一方、気づくと、え?そんな方法で入学できたの?みたいなお友達がいたら…

なんでなんで?なんか、ずるくない~?

そんな気持ちになってしまうかもしれません。

でもですねー。

ちょっと厳しいかもしれませんが、

学校では進路説明会で資料も配っていますし、説明もされています。

進路説明会でわからなかったら、後日でも聴いていいんですよ。

「塾の先生と、学校の先生が言われることが違うから、どちらを信じたらよいのか…」

そんなご相談を受けたこともありました。

塾の先生と学校の先生は、立場も違うし、お考えも違うし、見ているものが違うこともあります。

塾の先生は、よい結果を出させたがるから、難しいところを受けさせるよね?と思っているおうちの方もいるみたいです。

学校の先生は、あまりデーターを持っていないので信頼できない!と怒っている方もあります。

そういうときは

「どうして、そこをうちの子どもにすすめるのですか?」

と塾の先生にお聞きしてもよいですし、学校の先生にも

「そのように言われる根拠は、どのようなことですか?」

と聞いてみてよいのですよ。

言われたことを「そうなんだー!」といったん受け取る、素直な保護者の方が増えているのかな~。

ただ、いろいろ情報が入るたびに、え?なんでなんで?となってしまうみたいな。

周りの情報をいったん引き受けて、自分の中でかみ砕いて、疑問なことは確認してみる。

確認して、自分の行動を決める。

そういう作業が自分の中でできるとよいですよね。

私自身は、コーチングを学びだして以来、一人妄想会議ができるようになりました。

え? なんで? あ、そういうことか。じゃあどうしようかなーみたいな(笑)

その後は、ワイドショーを見ていたとしても、

「なんだ~。事実は少ないな~。想像ばかりで話してるー」

と、物事を客観的に、冷静に観ることができるようになってきました。

以前、開催していた「ご近所でも、学校関係でもないママ友ができる、親子のコミュニケーション講座」

親子でもコミュニケーションをとることができますし、自分自身の心とも、コミュニケーションをとることができます。

5月中旬以降、開催しようと考えています。

詳細は、決まり次第、こちらからお届けしますねー!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 反抗期のやる気スイッチを入れるきっかけは、どこにでも!

こんにちは! 三浦真弓です。

昨日は、大学入試セミナーでお世話になっている長坂先生のところへ伺い、

30日記憶法について子どもたちへお話をしていただきました。

IMG_0995.png

勉強させられることになりそうな話を、なんでわざわざ聴きに行かないといけないのか!?

せっかくお友達と遊ぶつもりだったのに…

文句たらたらで、絶賛、反抗期真っ最中の息子は、

「つまんない話だったら、全部聞かなくていい?」

と、抜け出し用交通費のmanaca持参(爆)

次女は、中学時代を振り返り、高校はもう少し英語ができた方がよいと思うと前向き参加。

なんなら、古文単語も覚えようかなくらいの勢い。

長坂先生のお話は、大学入試セミナーにご参加いただいたことがある方なら、よくわかると思うのですが、

「勉強しないといけないのかー(大変なことになりそうだ…汗)」

という子どもの立場に立って、説明してくださいます。

長坂先生のお話に、最初から、大笑いの息子は、結局、逃げ出すこともなく(笑)

なんなら、次女の倍くらい頑張るらしいです。

次女は部活も頑張りたいので、慎重に「頑張る」と。

ぜひ、頑張って、長坂先生との約束を守ってほしいと思います。

帰宅して、さっそくチャレンジするのかな?と思いきや

息子:今日はやらなーい。休憩。

次女:明日から~。

え?そ、そ、そうなの?

やると決めたら、その日から、さっさとやりたいなーって思わないの?

母としては、ズッコケるところなのですが、自分で勉強をスタートする日も決めるということで、よしとしましょう。

IMG_0998.jpg

昨夜は、3人の子どもの入学を祝いました。

中学生、高校生、大学生なわけなので、楽しい学校生活も大切だけど、お勉強をしに、学校に行ってるんだからね!

親としては、くどく、あれこれ言いたくもなるわけですが、子どもも成長していますので、自分で自分のスイッチを入れることでしょう。

今日のように、親ではない、他の大人の方から影響を受けたり!

同級生から影響を受けたり!

過去の自分を振り返ったり!

いろいろなところにスイッチが存在します。

反抗期なら、なおさら、親からのスイッチは、スイッチと思えず、邪魔なだけです。

子どもが成長すればするほど、自分で子どもが自分の人生のスイッチを入れて、加速できるような環境を整えていくことに、注力する方がよいかなと思います。

長坂先生にお話をお聞きしたい方は、詳細がこちらにありますよ。

ぜひぜひ、お問い合わせしてみてください。

長坂先生の日本史の講義を受けている生徒は、センター試験の日本史で90点以上とれる方ばかり!

実績が物語っていますよね。

これからの国際化を生きていく子供たちは、日本のことを知っていることが大切です。

英語を話せることも必要かもしれませんが、なんなら、それは通訳さんにしていただけるかもしれません。

でも、子ども自身が日本のことをどれだけ知っているか?は、本当に大切です。

ということで、

長坂先生に「ママ向け日本史講座(仮)」もお願いしようかなーと考えているところです。

決まり次第、まず、こちらからお届けしますねー!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 守山生涯学習センターにて「小学校入学前に強める親子の絆」講座!

こんにちは! 三浦真弓です。

今年も、守山区生涯学習センターにて講座を担当させていただきます。

IMG_0986.jpg

昨年は、思春期のお子様を育てていらっしゃる方向けの講座を親学関連講座で開催していました、守山生涯学習センター。

今年は「小学校入学前」のお子様がいらっしゃる方向けで企画されています。

(企画される社会教育主事の先生、アイデア豊富に色々考えてくださっていますね)

この親学関連講座のなかの、性教育にあたる部分を担当いたします。

IMG_0987.jpg

性の話は、早いほうがよいとか、親自身学んでないので話しにくいとか、いろいろなご意見がありますね。

私は、子どもの年齢に合わせて、子どもがわかる言葉で話せばよいと考えています。

医学的な話ができるママは、してもよいし。

いや~それはちょっと…汗という場合は、小さいうちは

「結婚して、○○ちゃんがおうちに来てくれますように、とお願いしたんだよ」

と伝えてよいと思っています。

そして、

お子様の身体の成長にあわせて、医学的な知識を必要な分だけ、必要な時期に伝えていけばよいと。

実際には

「やばっ。できちゃっった…汗」

ということもあるかもしれません。

でも、おなかにいる約9ヶ月の間には

「無事に、元気に産まれてきますように~!」

と思っていましたよね。

その想いをお子様につたえていただければと思うのです。

今回は、会場が守山生涯学習センターではなくて、しだみ図書館ですよー!

志段味図書館との共催で、絵本の紹介もあるようです。

名古屋市のHP、守山区のくらしの情報「守山生涯学習センターの定期講座のご案内」からお申し込みくださいね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 新年度、親子で下着を買いに行ってみませんか?

こんにちは! 三浦真弓です。

子どもたちは、学校生活に慣れてきていますか?

この土日、親子で下着を買いに行ってみませんか?

新学期が始まり、子どもたちは学級委員や係などを決めていることでしょう。

その合間を縫うように、身体測定も始まっています。

今は、体操服を着て行うところが多いと思います。

なので、どのような下着を着けているか?は問題ではないかもしれません。

ただ、成長に伴って、子どもが

「下着を替えたいな」

と思っていることもよくあります。

男子の場合は、小学生の時はブリーフだったけど、トランクスにしたいとか。

女子の場合は、胸が大きくなってきたし、お友だちもつけているからブラが欲しいとか。

制服があるところでは、まだ、冬服なので、それほど下着に注目することはないかもしれません。

でも、体操服に着替えると、白い体操シャツと言うことが多いですよね。

また、今は、肌寒い日も多いのですが、GW近づくと、突然暑い日が登場します。

そうなると、上着を脱いだり、中間服がOKになったりします。

登校前の着替え中に

「この下着、透けるからやだー」

と急に言われると困りますよね。

新しい気持ちの、新しい今のうちに!

身体測定で知った自分のサイズを子どもが知っているうちに、親子で下着を買いに行きましょう。

これをきっかけに、お子様に

「ママに、身体のこと、相談してもイイかもー」

と思ってもらえるとよいなーという意図も、ありますよ♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)