腹立つ若造

テーマ:
今日は
久し振りに鍼灸に行った。



ここは、
3つ目に通ってる治療院だ。




卵子提供に進んでからは、
何となく回数が減っていった。



鍼灸師の言うことに
ハテナ?
が多かったのもある。


通い始めた当時、

不妊治療にも
力を入れ出していたが、


はっきり言って、
儲かるから手を出した風が
みえみえだった。



その時の私の担当者が、
不妊治療カウンセラーの資格を
とる時だったから、

毎回私で実践を積む、
みたいな感じだった。



でもその人はいい人で
気も合ったので、
協力した。




その人が合格して、
一人認定カウンセラーが
出ると、


その治療院は、めちゃめちゃ
広告でアピールするように
なった。




私の担当者は
変わらず謙虚だったが、


その他の
資格を持たない若造まで

偉そうに
上から目線で説教
するようになった。





担当者がいない時は、
若造になってしまう。




全然詳しくないくせに、


「ホルモン値は?」


と聞いてくる。




私「E 2があまり上がらなかった」


と言えば、



若造「ああ、エストラジオールね。」

と何故か言い直すのだ。



それも何度も。


何だかカチンときた。





現場を知らないくせに、
教科書通りのことを言って
得意気になってやがる!

と。




たしかに
E2はエストラジオールだ。




だけど、
ドクター達はE2と言う。


検査結果表にも
E2と書かれてる。



不妊治療現場で、
エストラジオール
と言われたことはない。



なのに、
この若造は、
得意気にわざわざ
何度も何度も言い直すのだ。



全てがそんな感じだから
腹が立った。




ああ、
教科書で覚えたばかりなのね、

はいはい、


と思うようにしたが、
やはり腹が立った。




若造「大丈夫ですよ。
ここで体を整えれば、
40代だって授かれますよ。」


と軽く言われた時も
カチンときた。





“どこに
そんな根拠があるんだ!

体外受精でも
数%の確率なのに・・”



と、
私もいちいち腹が立った。



世間話を
してる訳じゃないんだ。


軽い、軽すぎる。





若造「大丈夫、50才以上で
妊娠された方もいるらしいですよ。」


と言われた時には、
脱力した。



私「それ、卵子提供だから。」


と思わず言ってしまった。




ポカーン顔の若造。



卵子提供のことも
わかってなかったのだ。




私のように
高齢で
ベテランこじらせ患者は、


何よりも
知ったかぶりで言われるのが
嫌なのだ。




最初の担当者のように、
知らないことは知らないと
言ってくれた方が安心する。



気持ちに寄り添った
心のこもった施術で十分だ。



余裕のない若造は、
偉そうなこと言ってる間は、
手がお留守になっている。


それじゃ仕方ない。



教科書通りの言葉を
聞きに行ってるんじゃ
ないんだよ!


手を動かせ!

と。






そんなイライラもあり、
足が遠のいたのかも。




新しい治療院を探すのも
もはや面倒だったので、

2ヶ月振りに
行ってみたら、


再診料を3000円とられた。



なんやねん。


前はそんなこと
なかったのに。



金儲けか。




そして
好きだった担当者は
異動していた。



仕方なく
若造のお説教を聞きながら
施術を受け、


“認定カウンセラーの資格を
とってから言わんかい!”


と心に思いながら、


二度と歩くことはない道を
帰ったのだった。













AD

コメント(5)