1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-05-13 02:01:22

東穀取のホームページがリニューアル

テーマ:商品先物
 
トウコクトリ(東京穀物商品取引所)の
ホームページが、5月10日からリニューアル
しました。

 連休前までは、過去データ検索し放題だったの
ですが、過去(ヒストリカル)データは有料
(月額2100円)になってしまいました…(T_T)

 過去の失敗を振り返る際に、値段の動きを
取り上げる予定にしていたので、お金払わないとです

 タイコム証券のチャンピオンシップ(ホーム
トレードコンテスト)で優勝した主婦が、
過去データの値動きのクセを自分なりにパターン化
したやり方だったそうので、

 いずれにしても過去データはじっくり検証して
みたかったので、お金払わないとですね。

 あと、各取引員の手口情報(どこの会社が
どの銘柄のどの限月を買った、あるいは売ったか)
は、たぶん今まで個人投資家が、当日リアルタイムには
見られなかったデータだと思うのですが、壮観です。

「取引高表」という項目を見てみて下さい

 もちろんプロは見ていたデータなので、手口を
もとに実況解説しているサイトなんかもあり、
見てみたいデータではありました。

 見ても(初心者だから)何もわからない、
というか何も感じることができないのですが…。

 手口なんか見なくてよろしい、見ても意味ない、
という投資家も、けっこういます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-12 01:32:00

商品先物キャッチフレーズを考えて100万円

テーマ:懸賞
 5月の「商品取引所法」の改正を記念して、
日本商品先物振興協会では、100万円相当が当たる
クイズとキャッチフレーズを6月10日まで募集中。
7月21日(木)に開催される無料のセミナーと
ホームページで発表されます。

 私も応募しますので、皆様もぜひ。 ここのリンクから応募して100万当たったら、キックバック 下さい(^^)

 ちなみに改正商品取引所法の要点は、 ①75歳以上口座開設不可 ②年収500万円以下の人口座開設不可 ③決済するまで(途中で回復しても)追証が消えない あたりです。

 セミナーも行きます。島実蔵さんは過去、スゴイトレーダー だったらしいですよ…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-08 23:33:19

電話営業2

テーマ:商品先物
 今年の年明けの電話で

「utchymail2さん!! コーン、今が格好の
押し目ですから!! 私に実績作らせて下さい!!
今 無理して下さい」

 …絶対に上がります、とか儲かります、とか、
お金がなかったら借金してでも買ってくれ、

 というような断定的なセールスはできない
のですが、ほぼそう言っているのと
ニアリーイコールな言い換えで、とにかく
買え買えと勧めてくる外務員。

 「仕事が手につかなくなるの、
絶対イヤですから!! 残念!!」と電話を
切りつつ

 私は日本株の投資をやったことがなく
(中国株は買ったことあります)、競馬などの
ギャンブルから入っている人間ですので、

 対面取引の30~60万円(5枚~10枚)の
投資単位は大き過ぎるとしても

 そこまで(とうもろこしが)上がると
言い張るんなら、1枚(証拠金6万円)
から取引できて、強引なセールスもない
オンライントレードなら、丁半博打と割り切って
ちょっとギャンブルしてみてもいいんじゃないの…?
という邪な考えが頭をもたげ始めました。
た。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-07 23:29:01

電話営業1

テーマ:商品先物
 私が先物に「手を出した」
(先物取引をする動詞って、“手を出す”
ですよね)きっかけは、昨年暮れの
某対面取引先物会社の、私の職場への
電話営業でした。

 「南米の旱魃で、とうもろこしが
暴騰しますから!!」とか何とか

 「エルニーニョ」とか「降霜」とか、枕詞は
何でもいいんですが、「…ですから!!残念!!」
みたいなテンションです。

 あれは電話営業を側で聞いている上司の手前、
なんでしょうか。どの会社の外務員も、
(3人ほど会ったことありますが)、

 実際に会うと穏やかな若者なのですが、電話で
顧客をあおる時は、必ずみなギター侍みたいな
テンションになります。

 対面営業の場合は、取引単位が
最低5枚からとか10枚からとか
けっこうな金額を強いられますので

(1枚というのは、最低取引単位の
証拠金のことです。とうもろこしであれば
1枚6万円ですので、5枚で30万円、
10枚で60万円です)

 「儲かっても損しても、30万円も
賭けたら心配で一日中仕事が手につか
なくなるだろうから、それがイヤ」

 …と言って断ったのですが、どうやって断っても
ゾンビのように何回も何回も電話してきます。
(ぶっつけで話をしてもらえる客が少ないから
でしょう)
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-05-07 00:34:16

レバレッジ

テーマ:商品先物
 先物は、「投資」と「賭博」の中間に位置する
「投機」。

 投機的と言われる所以はやはり、「レバレッジ
(梃子効果)」にあります。

 レバレッジ=てこ、とは、金融用語で、少ない投資金額で
大きな取引を行なうことを「レバレッジをかける」
と言います。小さな力で大きな石を動かす「てこの原理」
です。

 先物取引では、少ない資金(証拠金)によって、
多額の資金を用いて投資を行なった場合と同様の
投資成果を目指します。(商品先物の場合10~100倍。
株の信用取引で約3倍)

 このようなレバレッジを利用した投資成果は、
利益も損失も大きなものとなる可能性が高く、
これが「ハイリスク・ハイリターン」です。

 先物が怖いと言われるのはこの「レバレッジ効果」
が怖がられていると言ってもいいでしょう。

 しかし大多数の保守的なサラリーマンでも、
レバレッジを利かせているものがあります。

 「住宅ローン」なんかは、ある種のレバレッジです。
数十万~数百万の自己資金で、銀行から3千万円も
4千万円も借りてしまうのは(後から返すにせよ)、
一種のレバレッジを利用した金融取引です。

 バブル時は、買った不動産の価値が上がって
転売するだけで儲けが出たりしました(キャピタルゲイン)。

 数十万円の手元資金で、3千万円の物件を購入して、
将来的に3千5百万円で転売した場合、5百万円儲かります
(諸費用や手数料を除く)。

 先物取引は、それと同様の理屈です。

 何が言いたいかというと、「レバレッジを怖がるな」
ということです。

 貧乏人が成り上がるには、レバレッジしかありません。

 しかし、レバレッジを怖がらなくなる(レバレッジに
麻痺する)と、レバレッジの怖さを知ることになります。

「レバレッジの怖さを知りつつ、怖がらない」
ことが大事になります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。