2006-11-06 08:43:43

鹿島が中田浩を再獲得へ

テーマ:鹿島なひとたち
鹿島は、早ければ来年1月にも、04年末まで在籍した元日本代表MF中田浩二(27)=スイス・バーゼル=の再獲得に動くことが分かった。

 レフティーの再獲得に動く。この日までに鹿島は欧州移籍市場の開く来年1月、過去に7年間在籍した中田浩獲得に動くことを決定した。2008年6月までバーゼルと契約が残るが、移籍金を用意して完全移籍で3年ぶりに復帰させる構えだ。関係者は「1月が向こう(バーゼル)の都合で無理なら、6月」と話す。

 98年から04年末まで7年間在籍し、05年にフランスのマルセイユに移籍。今年1月末にはバーゼルに移った。中田は鹿島の補強ポイントであるセンターバックに加え、左サイドバックと本職のボランチがこなせる。「どのポジションでもやることが自分のレベルアップにつながる」とバーゼルでもマルチな才能を見せつける。さらにはキャプテンシーも魅力で、常勝軍団復活へフロントが再獲得へ動いた。

 Jリーグに復帰すれば、日程の都合で年内は招集されないオシム・ジャパン入りも確実。そうした面なども考慮され、中田サイドも復帰を前向きに検討。この日、国内10冠を逃した鹿島。欧州で経験を積んだ中田の力で再び王座奪還へ挑む。

 ◆中田 浩二(なかた・こうじ)1979年7月9日、滋賀県生まれ。27歳。左利きの守備的MF、DF。帝京高3年で全国高校選手権準優勝。98年に鹿島入団。05年1月からマルセイユ、06年1月、バーゼル移籍。99年世界ユース準優勝。A代表は00年2月5日のメキシコ戦(香港)でデビュー。02、06年W杯出場。国際Aマッチ通算56試合出場2得点。182センチ、74キロ。血液型B。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-30 04:33:40

小笠原がメッシーナと契約=背番号は16-伊サッカー

テーマ:鹿島なひとたち
2006年8月29日(火) 22時31分 時事通信
 【ロンドン29日時事】サッカーのJリーグ1部(J1)鹿島アントラーズからイタリア1部リーグ(セリエA)のメッシーナへの期限付き移籍が決まったMF小笠原満男が29日、メッシーナの本拠地で正式契約を結んだ。背番号は16に決まった。セリエA入りした日本人選手は、カターニアに今季加入したFW森本貴幸に続いて7人目。
 柳沢敦(現鹿島)も所属したメッシーナは昨季、セリエAで2部降格の18位に終わったが、不正問題でユベントスが2部降格処分を受けたため、セリエAに残留した。今季のセリエAは9月10日に開幕が予定されている。 



もう「鹿島なひとたち」のテーマにあたらなくなりますね・・

やべっち見て思いましたが、小笠原ってすごく不器用で正直なんですね。

監督が変わった今、海外移籍の得ってあるのか?それも繰り上げAのメッシーナ。

あの柳沢を宣伝のためだけに取ったメッシーナですよ。

でもたぶん・・満男はW杯後気持ちの整理ができず、

モチペーションをどこに向ければいいのかわからなくなっていたのでしょう。

海外移籍したから代表選出されるというのはジーコ時代(松井など選ばれない異例もありますが)

Jでがんばればいいんじゃないかなのですが・・

オシムのこれまたジーコ時代の選手を払拭するやり方ですと、

もちろん今まで代表経験のない若手はやりがいがあります。

でもちょっと・・かたよっていませんか?

それにあまりのハードさにケガ人がたえない。

肉体精神の強いものが勝つというやり方は合っています。

が・・ジーコ時代の久保や田中などのようなケガとか、

今でもケガ人が絶えないのだから強豪相手になったら、

海外組を最終的には呼ぶのかもしれませんね

いつでも替えがいるというハードな使い方も若手だからできること。

選手にはどんなケガにも対応できるような柔軟なスケジュール、

クラブ側との融合をしてほしいです

ちょっと強行すぎますね(直前練習とか・・)

まだ4年もあるのですから下地は十分にできますよ。

満男はそれも考えているのかもしれないなぁ・・

自分にモチペーションが足りないからわざわざ得のない海外に行き、

危機感を持ちたいのかもしれません。

と勝手に思っています。

同年代が海外で試合に出てるニュースが最近多いし、

Jでがんばりたくても同じ相手ばかり何年も変わらないとか、

普通の仕事でも飽きてくるからそれはわかります。

鹿島が降格するか優勝争いに食い込んでるチームならどうでしょうか。

今の鹿島はちょっと前のパルマのようなチームです。

好きな伝統あるチームなので応援してはいるのですが・・

覇気が見えないのです・・

イタリアリーグでたとえればパルマみたいだと書きましたが、

正直あのころはペルージャとかの下位チームのほうが試合は面白かった。

話が大きくそれましたが、

満男が今ごろピントはずれな選択をし、

何の得もなさそうな海外移籍・・

しかし何の得もないというのは柳沢のときの結果論であり、

またポジションも違うし一概には言えません。

そしてメッシーナというチームで見ないで、

対戦相手から見ればどうでしょう。

対戦相手のいいチームにいいプレーを見てもらえればいいのです

中田がペルージャで大活躍したようなことがあるとは思いませんが(年齢的にも)

失敗するにしろ成功するにしろ何か持って帰れるとは思います。

マスコミが祭り上げて勘違いをさせなければ(今までがそう)

海外で自分が何がやりたいのか見つかると思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-18 06:24:09

鹿島のしかお

テーマ:鹿島なひとたち

sikao


鹿島アントラーズのキャラクターの名前をご存知でしょうか?


鹿がマスコットなんですが・・

その名も



しかお


女の子もいててその名も


しかこ


キャラ商品の名もおかしい・・


横っ飛びしかおとか、

ブンブンしかおとか・・


地味で真面目な印象がちょっとという方、

鹿島のサイトで見つけると楽しめますよ(苦笑)


鹿島アントラーズオンラインショップ


モデルになってる増田選手はアンダー代表です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-16 09:31:24

小笠原のメッシーナ移籍が決定的に

テーマ:鹿島なひとたち

W杯日本代表の鹿島MF小笠原満男(27)が、セリエAに残留濃厚なメッシーナへ移籍することが14日、決定的となった。

来年2月末までの半年間の期限付き移籍を基本線に、両クラブ間で既に下交渉が進んでいる。

イタリアは現在、不正問題の影響でリーグ編成が遅れているが、メッシーナの今季セリエA残留が確定する今月下旬にも、正式契約をかわす見通しだ。
 小笠原は、1月にオファーを断っていたメッシーナから、今月上旬に再び移籍交渉の打診を受けた。

戦力として高い評価を得て、昨夏から「チャンスがあれば行ってみたい」と希望していた欧州リーグ挑戦の絶好機と判断。

この日の鹿島の練習後「(メッシーナの)セリエA残留が正式に決まるまでの間、チームについて情報を集めておきたい」と前向きな姿勢を示した。

今年2月まで同僚のFW柳沢が所属していたため、現地の生活環境などの情報も入手している。
 メッシーナは昨季18位に低迷したが、不正問題でセリエBに降格するユベントスに代わって、今季のセリエA残留が確実。

来週中にも確定する見込みで、鹿島幹部は「半年以上も下交渉をやってきたし、チームの残留が確定したら正式なオファーが届くことになっている」という。

小笠原は、メッシーナのセリエA残留確定後に鹿島関係者とともに渡欧。

メディカルチェックを経て、正式契約の運びとなる。セリエAで7人目の日本人プレーヤー誕生が、秒読みとなった

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-11 06:58:20

小笠原 メッシーナのオファー保留

テーマ:鹿島なひとたち

W杯日本代表のMF小笠原満男(27=鹿島)がセリエAメッシーナからのオファーに対して、

態度を保留していることが10日、分かった。

小笠原は、昨年12月にメッシーナからの正式オファーを断ったが、8日にファクスで再びオファーが届いた。

小笠原の海外移籍を容認している鹿島側も交渉に応じる文書を9日に送付。

鈴木強化部長はオファーを小笠原に伝えたことを明かした上で「交渉になるかどうかは本人次第」と話した。

 メッシーナ側は半年間のレンタル移籍を提示。

だが小笠原は昨年末に1度断った経緯もあり、「何も分からない」と返事を保留。

さらにFW森本が移籍したカターニアからのオファーもあったが、具体的な交渉まで進展しなかったことも明らかになった。

既にメッシーナ側の交渉役としてオベルト・ペトリッカ氏が来日。

移籍期限は31日までのため、移籍か残留か、週明けに方向性を示すことになる。


(スポーツニッポン) - 8月11日6時5分更新
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。